ユナイテッド、今冬にアンドレアス・ペレイラ売却検討か

2018.11.26 14:56 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは今冬の移籍市場でブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(22)の売却を検討しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。

▽ベルギー出身のブラジル人プレーヤーのアンドレアス・ペレイラはPSVのアカデミーを経て2011年にユナイテッドのアカデミーに移籍。2014-15シーズンにトップチームデビューを果たすも、直近2シーズンはグラナダ、バレンシアとスペインのクラブへ武者修行に出ていた。
▽今夏、買い取りに動いていたバレンシア残留の選択肢もあった中、ユナイテッドでのポジション争いに挑むことを決意した同選手は、リーグ開幕からの2試合でスタメン出場を勝ち取るも、以降は負傷者の復帰などもあり、ベンチにすら入れない厳しい状況が続いている。

アンドレアス・ペレイラとユナイテッドの現行契約は今季終了までとなっており、翌年に関してはクラブ側に契約を1年延長するオプションがある。しかし、ユナイテッドは同選手を構想外とみなしており、今冬の移籍市場でキャッシュに変換することを検討しているようだ。
▽なお、ブラジル代表MFに関しては昨季レンタル先のバレンシアに加えて、モナコ、インテルと国外のクラブが関心を示している模様。その一方、プレミアリーグ残留を希望する選手自身は以前に関心が伝えられたアーセナルやチェルシーというライバルクラブへの移籍も視野に入れているようだ。

関連ニュース
thumb

レギュラー剥奪のマグワイア「慣れたくないけど、フットボールにつきもの」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表ハリー・マグワイアがベンチウォーマーとしての立ち位置に言及した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 2019年夏のユナイテッド入りから、センターバックの一番手を譲らず、キャプテンも託されるマグワイア。エリク・テン・ハグ監督就任の今季もスタートこそその地位揺らがずだったが、早々にDFラファエル・ヴァランと新顔のDFリサンドロ・マルティネスに取って代わられ、今やサブに成り下がっている。 先のカタール・ワールドカップ(W杯)では存在感を示して、再開後の巻き返しが期待されたが、蓋を開けてみれば、左サイドバックが本職のイングランド代表DFルーク・ショーにセンターバックとしての先発機会を奪われる試合も。今季も折り返し地点を過ぎ、チームも調子を掴むが、個人は厳しい状況を極める。 そうした状況を受けて、今冬の移籍話もちらほらと挙がり、去就も騒がれ出すマグワイアは久々に先発機会が巡った28日のFAカップ4回戦、レディング戦後にイギリス『ITV』で序列低下の苦しさを認めつつ、ファイティングポーズを取った。 「もう29歳の選手だし、これまでのキャリアでこの立ち位置の経験がない。慣れたくはないけど、フットボールにつきもの。毎日のように頑張っているし、追い込み、うまく練習している」 「このクラブにいれば、ポジション争いを避けては通れないのはわかっている。トップクラスのセンターバックが何人もいるわけだから、これからシーズンの終わりまで問題ないと思う」 「(出られなかった時期は)自分のケアをしてきた。最後の先発から2カ月半も経つ。だから、トレーニングに励んできた。プレーする選手はよくやっている」 「僕もチャンスが巡ったら、それを掴み、必ず勝っていかないといけない。試合に出て力になれたのは良かったし、チャンスが来たときの準備はできている」 2023.01.29 15:25 Sun
twitterfacebook
thumb

途中交代エリクセン、足首痛める…テン・ハグが明らかに

マンチェスター・ユナイテッドのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンがケガをしたようだ。 28日のFAカップ4回戦でレディングをホームに迎え撃ち、3-1で勝利したユナイテッド。中盤で配給役を司るエリクセンはこの試合も先発したが、1-0の57分にブラジル代表MFフレッジとの交代でピッチを後にした。 リードしているとはいえど、まだ1点差という状況下の交代と不安がよぎったが、やはりケガによるものだったようだ。クラブ公式サイトによると、エリク・テン・ハグ監督が試合後の会見で明らかにしている。 「試合が終わったばかりのタイミングで答えるのはいつだって難しい。だが、足首(の問題)だ。診断結果を確認しなければならず、把握するまで最低でも1日を要す。それがわかればもっと話せるようになるはずだ」 今季加入のエリクセンはポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスとともに司令塔として存在感。中2、3日で試合をこなすハードスケジュール下のチーム状況からしても、ここでの離脱は痛いが、程度やいかに。 2023.01.29 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ痛手のデンベレ負傷離脱…迫るELユナイテッド戦も出場難しく

バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレがケガを負ってしまった。 今季のここまで公式戦28試合に出場して8得点7アシストのデンベレ。28日にラ・リーガ第19節のジローナ戦に先発したが、スプリント時に左足を痛め、26分にスペイン代表MFペドリと交代を余儀なくされた。 この試合を1-0で勝利したものの、デンベレの状態が懸念されるバルセロナは検査結果を公表。左大腿部の前直筋に負傷が確認され、離脱が決まったという。復帰時期はリカバリー具合によるとだけ記される。 スペイン『マルカ』によると、最低3週間の離脱が予想され、1カ月を要す恐れも。2月中旬から下旬にかけてホーム&アウェイで行われるヨーロッパリーグ(EL)プレーオフのマンチェスター・ユナイテッド戦も難しいという。 今季のここまで大きなケガなく、存在感を示すデンベレの離脱はバルセロナにとって打撃となりそうだ。 2023.01.29 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

テン・ハグ、4回戦突破に導いた2発カゼミロに「攻撃も楽しんでいるのがわかる」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がコメントした。 28日のFAカップ4回戦でレディングをホームに迎え撃ったユナイテッド。前半こそイマイチなシュート精度が尾を引いて0-0に終わったが、後半に入り、MFカゼミロの2発と途中出場のMFフレッジによる技ありヒールで畳みかけ、3-1で勝利した。 アシスト役に回ったMFアントニーを含め、ブラジル代表トリオの活躍で5回戦進出を決めたテン・ハグ監督はイギリス『ITV』で戦いぶりを振り返った。 「60分間は本当に良く、完全に支配した。良い場面もあった。前半はいくつかのチャンスもあったし、マーカス・ラッシュフォードのゴールがどうして認められなかったのかわからない。トロフィー争いに勝ち残ったわけだが、まだまだ道半ば。これからも頑張らないといけない」 オランダ人指揮官はまた、均衡を破る一発を含む2ゴールの活躍を披露したカゼミロについてもレアル・マドリー時代を引き合いに出しながら言及した。 「彼が素晴らしい選手なのは周知済み。マドリーの中盤では(トニ・)クロースや、(ルカ・)モドリッチとともに素晴らしい活躍ぶりだった。能力のある選手だし、攻撃も楽しんでいるのがわかる。バリエーションに富み、ポジションチェンジを繰り返すダイナミックなフットボールこそ、私の好むものだ」 そして、シュート精度こそ改めて改善の余地を感じさせたが、右サイドで攻撃の起点となり続けたアントニーにも触れている。 「彼は成長していると思う。もっとダイナミックに、変化をつけて、ダイレクトにプレーしてほしい。今日の1点目は素晴らしいパスからだった。彼の成長ぶりに満足しているよ。彼には大きなポテンシャルがあるわけだし、それを日々伸ばしていかないといけない」 2023.01.29 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

カゼミロ圧巻2発などブラジル人トリオ活躍のユナイテッドが格下に快勝で5回戦進出《FAカップ》

マンチェスター・ユナイテッドは28日、オールド・トラッフォードで行われたFAカップ4回戦でレディングと対戦し、3-1で勝利した。 3回戦でエバートンとのプレミアリーグ勢対決を3-1で勝利し4回戦進出を決めたユナイテッド。リーグ前節では首位のアーセナルに競り負けて公式戦無敗記録が「9」でストップしたが、直近のEFLカップ準決勝1stレグではノッティンガム・フォレストに3-0で完勝。しっかりとリバウンドメンタリティを示した。 今季のチャンピオンシップ(イングランド2部)で14位に位置し、クラブレジェンドのポール・インスが率いるレディングをホームで迎え撃った一戦では、そのフォレスト戦からマルティネスに代えてマグワイアを起用した以外、同じスタメンを継続した。 [5-3-2]の後ろ重心のレディングに対して、キックオフ直後から圧倒的に押し込んでいくユナイテッド。14分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのラッシュフォードが直接狙うも、GKラムリーの好守に遭う。 以降もボールの主導権を握って相手陣内でハーフコートゲームを展開するホームチームは、ボックス内に人数をかける相手に対してブロックの外で素早くボールを動かしながら、アントニー、ブルーノ・フェルナンデスが積極的なミドルシュートでゴールへ迫っていく。 ゴールの匂いを強くさせる攻撃が続く中、35分にはカゼミロのスルーパスをDFがブロックして浮いたこぼれに反応したヴェグホルストからのヘディングパスをゴール前のラッシュフォードが頭で合わせてゴールネットを割る。だが、先制点かに思われたこのプレーはオフサイドポジションでプレーに関与したヴェグホルストのオフサイドを取られてゴール取り消しとなった。 その後も攻勢を続けるホームチームは幾つか決定機を作り出した一方、前半終了間際には自陣ボックス内でのマラシアの軽率な対応からホイレットに決定的なシュートを打たれるが、ここはGKデ・ヘアの好守で事なきを得た。 80%に迫るボール支配率にシュート15本と相手を圧倒しながらも、ゴールレスで試合を折り返したテン・ハグのチーム。後半も引き続き押し込む状況が続く中、百戦錬磨のブラジル代表MFが違いを生んだ。 まずは55分、エリクセンから右サイドのアントニーにミドルレンジのパスが通ると、中央で絶妙なアクションを起こしたカゼミロに同胞MFから完璧な斜めのラストパスが渡る。ここでカゼミロは相手DFをブロックしつつ、飛び出したGKの寸前で絶妙なチップキックでゴールネットを揺らした。 さらに、直後の58分にはバイタルエリア中央でエリクセンに代わって投入されたフレッジのワンタッチの落としに反応したカゼミロがうまく力の抜けた見事な右足のミドルシュートをゴール右下隅へ突き刺し、圧巻の連続ゴールとした。 カゼミロの2ゴールで一気にラクな展開となった赤い悪魔は、さらにレディングのベテランFWキャロルが続けて2枚のイエローカードをもらって退場となり、数的優位まで手にする。 そして、67分には右CKの場面でのクイックリスタートからB・フェルナンデスが意表を突いて入れたグラウンダーのクロスをニアに飛び込んだフレッジが巧みなヒールシュートで合わせてダメ押しの3点目とした。 この直後にユナイテッドはラッシュフォードとB・フェルナンデスを下げてペリストリとガルナチョ、73分にはカゼミロとヴェグホルストを下げてメイヌー、エランガと若手をピッチに送り出す。一連の交代によって緩みが出始めると、72分には右CKからエンベングに一矢報いるゴールを奪われる。 その後も10人相手に幾度かバタ付くシーンを作ったホームチームだったが、最終的には3-1のスコアで試合をクローズ。格下相手に危なげなく勝ち切り、5回戦進出を決めている。 2023.01.29 06:58 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly