10人のCSKAモスクワに辛勝のローマがGS3連勝で決勝T進出に王手!《CL》2018.11.08 04:57 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第4節、CSKAモスクワvsローマが7日にルジニキ・スタジアムで行われ、アウェイのローマが2-1で勝利した。なお、CSKAモスクワのFW西村拓真はベンチ入りも出場機会はなかった。▽オリンピコでの前回対戦を3-0で快勝した2位ローマ(勝ち点6)が、敵地ルジニキに舞台を移して3位CSKAモスクワ(勝ち点4)と再び対峙する一戦。今季出入りの激しい戦いが目立つローマはナポリ、フィオレンティーナとのセリエA上位対決をいずれも1-1のドローに終わり9位に低迷。リーグ戦の悪い流れを払拭したいディ・フランチェスコ監督は先発4人を変更。ファン・ジェズスとジェンギズ・ウンデル、エル・シャーラウィ、ザニオーロに代えてマノラス、サントン、クリスタンテ、クライファートを起用した。

▽一方、直近のリーグ戦2試合を1敗1分けで終えて調子が今一つのCSKAモスクワは、前回対戦を出場停止で欠場した守護神アキンフェエフが復帰したほか、ヴラシッチやチャロフが先発入り。前節、CLデビューを飾った西村は引き続きベンチスタートとなった。

▽氷点下に近い厳しいコンディションの中でスタートした試合は開始早々に動く。4分、ローマの右CKの場面でペッレグリーニがクロスを入れると、ゴール前で飛び出したGKアキンフェエフより先に頭で触ったマノラスのシュートがゴールネットを揺らした。

▽立ち上がりに失点する厳しい入りとなったCSKAモスクワだが、12分にはスライディングの際にコラロフのヒザを後頭部にもろに受けたマリオ・フェルナンデスが負傷。急遽、シェンニコフを投入するアクシデントに見舞われた。

▽一方、先制したローマは相手の攻めを受けながらカウンターを起点に2点目を目指す。29分にはカウンターからクライファートがボックス付近まで運んでジェコをオトリにゴール前へ飛び出したフロレンツィにラストパス。しかし、ここはフロレンツィが歩幅を合わせきれず、良い形でのフィニッシュとはならない。さらに31分にはボックス手前で得たFKをキッカーのコラロフが枠の左隅に飛ばすと、GKが弾いたボールをジェコがすかさず蹴り込むが、ここはシュートをふかしてしまう。

▽前半終盤にかけてはホームチームがリスクを冒して攻勢に出る。40分にはゴール前の混戦からオブリャコフ、シェンニコフと決定的な場面を迎えるが、相手の決死のブロックに阻まれて、前半のうちに追いつくことはできなかった。

▽だが、前半終盤からの勢いを持って後半に入ったCSKAモスクワは51分、右サイドの高い位置でパスを受けたアフメトフの内へ切り込むドリブルからボックス左で足下にパスを受けたアルノル・シグルドソンが巧みなファーストタッチでDFサントンの前に身体を入れて右足のシュートを右隅に流し込んだ。

▽前半同様に早い時間帯にゴールが生まれた中、CSKAモスクワに再びアクシデント。56分、快足を飛ばしてゴール前に抜け出しかけたクライファートを後方から倒したDFマグヌソンにこの試合2枚目のイエローカードが出され、ホームチームは追いついた直後に退場者を出してしまう。

▽すると、数的優位を手にしたローマは59分、左サイドのコラロフからの横パスをペナルティアーク付近で受けたクリスタンテがワントラップからやや雑に縦パスを入れると、手前でジェコにディフレクトしたボールがゴール左のペッレグリーニに繋がり、最後は左足のシュートを右隅に流し込んだ。リプレーで確認すると、ペッレグリーニはオフサイドポジションに居たもののゴールが認められた。

▽数的優位に加えて、リードを手にしたローマはここから前回対戦と同様に相手を圧倒する展開が予想された。しかし、ここから試合の主導権を握ったのは1人少ないCSKAモスクワだった。逆転突破に向けて勝ち点3がほしいホームチームはリスクを冒して前から圧力をかけると、ヴラシッチやチャロフが積極的にフィニッシュのシーンに絡んでいく。

▽一方、繋ぎの部分と崩しの局面で雑さが目立つローマはフロレンツィらに幾度かカウンターチャンスが訪れるも、最後の精度や連係でミスが多く、試合を決定づける3点目が奪えない。試合終盤にかけてもゲームコントロールできないアウェイチームはファン・ジェズスら守備的な交代策を採り、割り切って逃げ切り態勢に入る。そして、辛くも10人相手に逃げ切ったローマはグループステージ3連勝で決勝トーナメント進出に王手をかけた。
コメント
関連ニュース
thumb

サッリ、1年でイタリア帰還か…後任探すユベントスとローマが興味

チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督(60)にセリエA復帰の可能性が浮上している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 セリエAでは現在、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督(51)と、ローマのクラウディオ・ラニエリ監督(67)の退任が決定。両チーム共に後任探しに動いており、前者はトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督(47)やラツィオのシモーネ・インザーギ監督(43)ら、後者はジョゼ・モウリーニョ氏(56)やサンプドリアのマルコ・ジャンパオロ監督(51)らの招へいの可能性が伝えられている。 そんな中、今回伝えられるところによると、ユベントスとローマは、チェルシーのサッリ監督にも注目している模様。これに対して、サッリ監督もイタリアへの帰還にオープンであるようだ。 サッリ監督は今シーズン、ナポリからチェルシーの指揮官に就任。“サッリ・ボール”と呼ばれる独自の戦術をもたらし、シーズン序盤は快進撃を見せた。だが、徐々に衰えを見せ、終わってみればマンチェスター・シティとリバプールから大きく水をあけられ、3位という結果に終わった。度々、見せる貧相な試合からファンから批判されることもしばしば。現在、オーナーを務めるロマン・アブラモビッチ氏が同監督の解任の準備を進めているとも伝えられている。 仮にサッリ監督がチェルシーを退団した場合、同クラブはチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティで指揮を執るフランク・ランパード監督(40)の招へいに動く可能性が高いようだ。また、チェルシーは現在、今シーズン限りでの現役引退が決定しているアーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフ(37)やアストン・ビラでアシスタントコーチを務める元イングランド代表DFジョン・テリー氏の復帰を画策するなど、クラブの黄金期を支えた選手たちの帰還を望んでいることが伝えられている。 2019.05.22 10:10 Wed
twitterfacebook
thumb

敵でもデ・ロッシは敬意を払うべき男! ラツィオのウルトラスが宿敵に別れのメッセージ

ラツィオのクルヴァ・ノルド(ウルトラス)が、今シーズン限りでローマを退団する元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシに向けて別れのメッセージを送った。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えた。 共に永遠の都ローマに本拠地を置くローマとラツィオのライバル関係はイタリアでも屈指のものだ。その中でローマ生え抜きのデ・ロッシは、過去の“デルビー・デッラ・カピターレ”で幾度となく退場沙汰を起こすなど、ラツィオにとって宿敵とも言えるプレーヤーの筆頭だ。 ラツィオのクルヴァ・ノルドに陣取る熱狂的なサポーターは、人種差別や地域差別、男女差別など、多くの問題を抱えている一方、ローマっ子ならではの粋を大事にすることでも知られる。 ちょうど、2年前に宿敵のFWフランチェスコ・トッティに引退報道が出た際には「生涯の敵、フランチェスコ・トッティに敬意を表する」と、長年戦ってきたジャロロッシのカピターノに粋なメッセージを送っていた。 そして、20日に行われたセリエA第37節、ボローニャ戦ではローマと共同で使用するスタディオ・オリンピコでのホーム最終戦ということもあり、前述のトッティに倣うかのようにデ・ロッシに向けた以下のようなメッセージを掲げた。 「ノルドはデ・ロッシに敬意を表する。お前は誇り高く、常にピッチ上では簡単に屈しない敵だった。(Curva Nord 12)」 デ・ロッシは先日の退団発表会見で、「デルビーやナポリ、ベルガモ、レッジオ・カラブリアでの激しい戦いは僕に生きている実感を与えてくれた。フットボールはライバル意識、サポート、それに対する誠実さを表すものなんだ。スポーツを通じた友人、ライバルを持つことができたことは本当に嬉しいことだし、自分が相手にとってそう認識されたなら嬉しいよ」と、ライバルたちとの関係に関して言及。 また、直近のデルビーでの敗戦時には「相手の方が優れていた」と素直に認めたコメントが、多くのラツィアーレに好意的に受け止められていた。 2019.05.21 17:19 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ムスタフィ売却でマノラス獲得を画策か

アーセナルがローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラス(27)の獲得を画策しているようだ。イタリア『Il Messaggero』の情報をもとにイギリス『メトロ』が報じている。 今シーズン限りで長年クラブを支えてきた元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシの退団が決定しているローマ。記事によれば、マノラスらの複数選手はデ・ロッシとの契約延長を見送ったクラブの態度を良く思っていないようだ。 そのマノラスに関して目を光らせているアーセナル。ユベントスも興味を示しているというマノラスの契約解除金が3200万ポンド(約44億8000万円)であるのに対して、今夏の補強資金が4000万ポンド(約56億円)程度と報じられているアーセナルは、ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ(27)の売却資金を投じたいと考えている模様だ。 2014年にオリンピアコスからローマへ加入したマノラス。189cmという恵まれた体躯と鋭い読み、抜群の瞬発力を武器にローマのディフェンスラインに君臨し続け、今シーズンの公式戦35試合に出場している。 2019.05.21 16:33 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマのCL出場権獲得絶望的に…相手GKコンシーリの牙城崩せず痛恨ドロー…《セリエA》

セリエA第37節、サッスオーロvsローマが18日にマペイ・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 前節、ユベントス相手に2-0の勝利を収めた6位のローマは逆転のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に望みを繋いだ。しかし、良い精神状態で残り2試合に臨めると思った矢先の14日にバンディエラ、デ・ロッシの今季限りでの退団が電撃発表。クラブが来季契約更新をオファーしなかったこともあり、怒り狂うロマニスタが抗議の姿勢を強めるなど、騒然とした状態で10位サッスオーロとのアウェイゲームを迎えることになった。 この一戦に向けてラニエリ監督はユベントス戦から先発3人を変更。負傷のマノラスに代えてファン・ジェズス、クライファート、ペッレグリーニに代えてジェンギズ・ウンデル、クリスタンテを起用。渦中のデ・ロッシはベンチスタートとなった。 強い雨が降りしきる中でスタートしたサッスオーロの今季ホーム最終戦。試合は後方からショートパスを繋ぐホームチームに対して、アウェイチームが前から圧力をかけていく展開に。開始7分には右に流れてボールを引き出したジェコがボックス右でキープして丁寧なマイナスの落とし。これを受けたジェンギズが縦に仕掛けてから右足のシュートを枠に飛ばすが、相手GKコンシーリのビッグセーブに遭う。 時間の経過と共にショートカウンターやサイドからの攻撃を起点に相手ゴールへ迫っていくローマ。29分にはコラロフの左クロスにニアのエル・シャーラウィが頭で合わすが、これは枠の左。続く38分にはボックス手前左でコラロフがニアポストを狙った低い弾道のシュートを放つが、今度は相手GKの好守に遭う。 前半終盤にかけては行ったり来たりの展開の中で互いにカウンターから決定機を作り合う。前半終了間際にはベラルディからのスルーパスに抜け出したジュリチッチがゴール右から決定的なシュートを放つが、ここはGKミランテが右足を使った圧巻のセーブではじき出し、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、ビルドアップ時の立ち位置やボールの動かし方を微調整してきたサッスオーロに対して、なかなかプレスがハマらず、ズルズルと後退する守備を強いられるローマ。それでも、ボガら相手のシュートミスにも救われて失点は許さない。 すると57分、ローマに後半最初のビッグチャンスが訪れる。ボックス右でジェンギズとパス交換したフロレンツィが短く折り返す。これをゴール前でワントラップしたエル・シャーラウィがハーフボレーの形でシュートも、ややアウトにかかった左足のシュートは枠の左に外れる。 畳み掛けるローマは60分付近にはエル・シャーラウィの頭での落としからジェコが右ポストを掠めるシュート、直後にはコラロフからのパーフェクトな左クロスに反応したゴール前のクリスタンテが決定的なダイビングヘッドシュートも、ここはGKコンシーリのビッグセーブに阻まれた。 ようやくゴールの匂いをさせ始めたローマは65分、ザニオーロ、ジェンギズを下げてパストーレ、クライファートを同時投入。パストーレをトップ下に配した[4-2-3-1]に布陣を変更する。75分にはカウンターから左サイドを突破したエル・シャーラウィからのアーリークロスにクライファートが飛び込む。GKとDFと好sカウしながら脛に当たったボールがゴールに向かうが、これは左ポストに阻まれる。 その後、エル・シャーラウィに代えてペロッティを最後の交代カードとして投入したローマ。逆転でのCL出場権獲得には勝つしかない中、リスクを冒して攻勢を仕掛けていく。しかし、高い集中力を見せる相手の守備を崩し切れない。後半アディショナルタイムには攻撃参加したファシオに2度の決定機も味方のオフサイドとシュートミスによって劇的決勝点とはならず、試合はゴールレスのままタイムアップ。 暫定ながら4位のアタランタとの勝ち点差を「2」に縮めたローマだが、2試合を残すアタランタの連敗、前節終了時点で同勝ち点のミランが2試合のいずれかを落とさない限り、逆転できない痛恨の勝ち点逸に。 最悪の場合、来週行われるデ・ロッシのラストゲームとなる最終節パルマ戦を前にCL出場権獲得の可能性が潰えることになる。 2019.05.19 05:43 Sun
twitterfacebook
thumb

日本への移籍も噂されるローマ退団のデ・ロッシに南米からも興味?

今シーズン限りでローマを退団する元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)だが、南米クラブも獲得に興味を示しているようだ。 ローマで生まれ、ローマで育ち、下部組織時代からローマ一筋でプレーを続けてきたデ・ロッシ。2000年からトップチームでプレーしてきたものの、そのユニフォームを纏うのは今シーズンが最後となる。 現役を続行する意思のあるデ・ロッシの行き先には、アメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)が濃厚と見られているが、日本でプレーする可能性もあるとイタリアでは報じられていた。 そんな中、南米からもデ・ロッシ獲得に興味の声が上がっている。それが、ボカ・ジュニアーズだ。 アルゼンチンの名門クラブとして名高いボカ・ジュニアーズ。そのボカで現在スポーツ・ディレクターを務めているのが、元アルゼンチン代表DFのニコラ・ブルディッソ氏だ。 ブルディッソ氏はかつてローマにも在籍し、デ・ロッシともチームメイトとして多くの試合でプレー。そのブルディッソ氏が、『FOX Sports』でデ・ロッシへの興味を語った。 「彼の将来は我々と共にすることができる」 「現時点では、単に希望ではあるけれど、ダニエレ(・デ・ロッシ)は友人だ。私は彼と定期的に連絡を取る。そして、彼のような選手のために、我々のドアはいつも開いている」 「今、彼には明らかなプレッシャーをかけたくはない。彼がローマに別れを告げることは、とても難しいことだとわかっているからだ」 ローマで公式戦通算615試合に出場し63ゴール54アシストを記録してきたデ・ロッシ。今シーズンはケガの影響もありセリエAで17試合の出場に留まっているが、新シーズンはどこでプレーするのか注目だ。 2019.05.18 11:18 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース