堂安律にシティ、ユーベ、アトレティコ?

2018.10.25 14:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『ミラー』は、マンチェスター・シティがフローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律(20)を“欲している”と報じた。

▽シティは、ユベントスやアトレティコ・マドリーも関心を寄せる堂安を長らく追跡し続けており、来年1月の獲得を視野に。ただ、フローニンヘン側は500万ポンド(約7億2000万円)の市場価値を持つ堂安の手放し時期に関して、今シーズン終了後まで考えていないという。

▽堂安は2017年夏、ガンバ大阪からフローニンヘンに移籍。初年度から公式戦31試合10得点4アシストの好成績を収めた。そして、背番号「7」に変更の今シーズンも主力としてプレー。ここまで公式戦10試合1得点1アシストを残しており、初招集の日本代表で初得点もマークした。

▽その中、堂安はバロンドールを主催するフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が今年新設した21歳未満の選手が対象となるコパ・トロフィーの候補10名に選出。注目度が沸騰中だ。


関連ニュース
thumb

37歳ロッベンがプロデビューの地フローニンヘンで2度目の現役引退セレモニー!

フローニンヘンは7日、元オランダ代表FWアリエン・ロッベンの引退セレモニーを行った。 フローニンヘンでプロキャリアをスタートさせ、チェルシーやレアル・マドリー、バイエルンといったビッグクラブを渡り歩いて輝かしい経歴を築いたロッベン。8度のリーグ優勝に加え、ビッグイヤーも掲げたバイエルンで、2019年7月に現役を一度引退したものの、新型コロナウイルスの影響で財政が逼迫していたフローニンヘンの一助になるため、1年のブランクを経てに現役復帰を果たしていた。 19年ぶりに古巣に戻り、シーズン開幕前のフレンドリーマッチで早速得点を挙げるなど、高い期待が寄せられていたが、約1年4カ月ぶりの公式戦となったエールディビジ開幕戦でふくらはぎを負傷。3試合の欠場を経て第5節で復帰したものの、ケガが悪化し、10月下旬から4月上旬までの長期離脱を強いられ、7月に2度目の現役引退を発表していた。 ロッベンの引退セレモニーは、7日に行われたエールディビジ第12節のRKCヴァールヴァイク戦前に実施。家族とともに自転車でスタジアムを訪れたロッベンは、スーツ姿でピッチに現れると、観客からのスタンディングオベーションを受けながら一周し、最後の挨拶をかわしていた。 37歳のロッベンは、自身のツイッターを更新。セレモニーの写真とともに「温かい歓迎と素晴らしいメッセージをありがとう。フローニンヘンよ永遠に」と感謝を綴っている。 <span class="paragraph-title">【動画】自転車でさっそうと現れるロッベン!セレモニーではスーツ姿で観客にあいさつ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr"><br><br>Clubicoon, voor altijd in ons hart.<a href="https://twitter.com/hashtag/arjenbedankt?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#arjenbedankt</a><a href="https://twitter.com/hashtag/trotsvanhetnoorden?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#trotsvanhetnoorden</a> <a href="https://t.co/pNz4IHoTky">pic.twitter.com/pNz4IHoTky</a></p>&mdash; FC Groningen (@fcgroningen) <a href="https://twitter.com/fcgroningen/status/1457362205742022660?ref_src=twsrc%5Etfw">November 7, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.09 21:01 Tue
twitterfacebook
thumb

オランダでノールックのスコーピオンキック! 菅原由勢の目の前でとんでもないゴールが誕生

オランダで信じられないゴールが誕生した。 そのゴールが生まれたのは24日に行われたエールディビジ第10節のフローニンヘンvsAZの一戦。DF菅原由勢が右サイドバックとして先発フル出場した試合だ。 ゴールを決めたのはフローニンヘンのU-21ベルギー代表FWシリル・ウンゴニエだ。 0-0で迎えた20分、左サイドを仕掛けたモハメド・エル・ハンクリが菅原と対峙すると、右足でゴール前へとクロス。これをボックス内でウンゴニエが待ち構えていたが、クロスは精度を欠いてしまい、合わないことがわかった。 すると、ウンゴニエは突如立ち止まり、ボールを見ながら左足のヒールで合わせると、これがゴール右に吸い込まれまさかのゴール。ノールックでのスコーピオンシュートを決めて見せたのだ。 とりあえずクロスに足を出したというよりは、しっかりとヒールで合わせようと足を振っており、ノールックでゴールを狙ったものと見られる。 このシュートには多くの驚きの反応がある中「これがもしプスカシュ賞じゃなければ、ショックだ」との声も寄せられる程、美しすぎるゴールだった。 なお、試合は2-0でフローニンヘンが勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】クロスを驚愕のノールック・スコーピオン!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cyril Ngonge hit the scorpion kick <br><br>WOW <a href="https://t.co/Q7PJRdMRW1">pic.twitter.com/Q7PJRdMRW1</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1452591067128270856?ref_src=twsrc%5Etfw">October 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.25 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

3人に囲まれながらも浮かせてオーバーヘッド!後半ATの劇的決勝点に「今すぐプスカシュ賞を」

昨季まで日本代表DF板倉滉が所属していたフローニンヘンは、開幕戦でカンブールとアウェイで対戦。33分に先制したものの、後半に追い付かれ、同点のまま迎えたディショナルタイムにドラマのような展開が待っていた。 残り時間の少ない中でフローニンヘンは後方からロングパスを供給。ボックス内の競り合いで相手のクリアが小さくなると、途中出場のノルウェー代表FWヨルゲン・ストランド・ラーセンはDFを背負いながら足の裏でボールをバウンドさせ、リフティングの要領で浮かせる。3人に囲まれながらもそのままオーバーヘッドを放つと、これが見事にネットを揺らした。 劇的かつ素晴らしいゴールには「今すぐ彼にプスカシュ賞を贈ろう」、「この時間のゴール、素晴らしい!」、「素晴らしいスキルに素晴らしいコントロール」など、感嘆や喜びの声が多数寄せられた。 展開だけでも劇的ではあるが、ゴールそのものもファンタスティック。J・ラーセンのゴラッソが決勝点となり、フローニンヘンが開幕節での勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】3人に囲まれた中で決めた!後半ATの劇的オーバーヘッド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Goedemorgen!<br><br> <a href="https://twitter.com/jorgenwester?ref_src=twsrc%5Etfw">@jorgenwester</a> <br><br> Bekijk hier de hele samenvatting: <a href="https://t.co/XW8q7KepBX">https://t.co/XW8q7KepBX</a><a href="https://twitter.com/hashtag/camgro?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#camgro</a> <a href="https://t.co/MvR9Ww23yW">pic.twitter.com/MvR9Ww23yW</a></p>&mdash; FC Groningen (@fcgroningen) <a href="https://twitter.com/fcgroningen/status/1427139342603014146?ref_src=twsrc%5Etfw">August 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.18 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.80】冨安負傷のアクシデントに冷静に対処。守備のマルチタスクが東京五輪躍進のカギを握る/板倉滉(フローニンヘン/DF)

「非常に重要な選手。国際舞台で戦うことに長けている」と17日に対峙したU-24スペイン代表のルイス・デ・ラ・フエンテ監督に言わしめた若き守備の要・冨安健洋(ボローニャ)。そのキーマンが22日の東京五輪初戦・U-24南アフリカ戦(東京・味の素)をまさかの負傷欠場。森保一監督率いるU-24日本代表は予期せぬ事態にいきなり見舞われた。 「何らかのアクシデントはあるだろうとは思っていましたけど、まさかしょっぱなで来るとは思っていなかった」とキャプテン・吉田麻也(サンプドリア)も神妙な面持ちで言うほど、チームにとって衝撃は大きかった。 そこで奮起したのが、スタメンに抜擢された板倉滉(フローニンヘン)だ。 「つねにスタメンを奪いに行くつもりで練習からやっていますし、『ベンチでいいや』とか『自分が出た時に頑張ればいい』という気持ちでやっていてはダメだと思いますし、スタメンの選手をどんどん脅かしていく存在にならないといけない。ボランチで出てもセンターバック(CB)で出ても、とにかく自分のよさを出してチームにためにというのは第一に考えています」と事前合宿でも強調していたが、重圧のうかる大舞台初戦でも彼は平常心を失わなかった。 コロナ陽性者が出て準備がままならなかった相手が5-4-1の超守備的布陣を敷いてきたこともあるが、板倉はコンビを組む吉田と意思疎通を図りながら落ち着いてボールポゼッションに参加し、攻撃の起点になろうとしていた。吉田や酒井宏樹(浦和)とは5月28日の2022年カタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選・ミャンマー戦(フクアリ)でも最終ラインを構成し、左の中山雄太(ズウォレ)ともU-18日本代表時代から積み上げてきた関係があるだけに、安心してプレーできたことも大きいだろう。前半は相手のシュートが1本とほぼ攻められることもなく、「冨安の穴」を一切、感じさせなかった。 後半も日本ペースが続いたが、前半に比べて相手はやや攻めに圧力をかけてきた。特に久保建英(レアル・マドリー)の後半26分の一撃が決まった後は4バックにシフトして攻め込んできた。それでもオランダ・エールディビジで20-21シーズンリーグ戦全試合フル出場という偉業を達成した男はバタバタしなかった。最後まで失点を許さず、1-0の勝利に貢献。「試合の進め方としてはよかった」と板倉本人も手ごたえをつかんだ様子。国際経験や戦術眼含め、冨安に匹敵するレベルのマルチタスクがいてくれたおかげで、森保監督も心から「助かった」と感じているのではないだろうか。 18人しかベンチ入りできない五輪のような大会では、幅広い役割を担ってくれるハイレベルの選手が何人いるかが勝負の分かれ目になる。今回はコロナ禍の特例で選手枠が22人に拡大され、もともとバックアップメンバーだった林大地(鳥栖)や町田浩樹(鹿島)がベンチ入りできたのは朗報だが、この先も何が起きるか分からない。 実際、守備陣に関しても、すでに中山がイエローカード1枚をもらっていて、遠藤航(シュツットガルト)も警告を受けてしまった。25日の次戦・メキシコ戦(埼玉)が勝ち点3同士のグループ突破をかけた大一番となることをを考えると、28日のフランスとの3戦目は2人揃って出場停止という事態も視野に入れなければいけない。 そこで、CBでもボランチでも臨機応変にこなせる板倉がいることは、チームにとって何よりの安心材料になる。特にボランチは田中碧(デュッセルドルフ)しか本職がいない手薄感のあるポジション。板倉がいなければ回らない部分も少なくない。大会前は「サブからのし上がる」と野心をみなぎらせていた彼が東京五輪のキーマンになる可能性は少なからずあるのだ。 「航君と碧とボランチは外から見ていてすごくいい連携でできていると思います。(12日のU-24)ホンジュラス戦(ヨドコウ)では前半お互いがいい距離感で中盤を経由してタテパスをつけれていた。そこはいいなと思います。2人の長所と自分の長所は違うし、同じことをやろうとは思っていないけど、できるだけのことをチームに還元したいです」と彼は自らのやるべきことを整理している。遠藤と田中碧の距離感や連携に近いものをどちらと組んでも出せれば、チームの安定感やバランスは崩れないはずだ。 メキシコやフランス、さらに決勝トーナメントで対峙するであろうブラジルやスペイン相手にクオリティの落ちないパフォーマンスを維持し、悲願の金メダルを手にできれば、板倉自身の今後のキャリアも大きく変わる。レンタル元のマンチェスター・シティ復帰、あるいは他の強豪クラブへの移籍も見えてくるかもしれない。日本代表でも「吉田と冨安の控え」という立場から「ボランチもCBもこなせる主力」へと飛躍を遂げられる可能性もあるのだ。 温厚なキャラクターの彼はそこまで野心を強く押し出すタイプではないが、心の中は燃えたぎるものがあるはず。ここまで同世代の冨安、中山の後塵を拝する傾向が強かったものの、この大舞台で序列を変えられれば、理想的なシナリオだ。南ア戦を自信にして、残り5試合で持てる全てを出し切ってほしいものである。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.07.25 11:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ロッベンが2度目の引退 「結論から言えば…」

フローニンヘンは15日、元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(37)が現役を引退することを発表した。 2度目の引退発表となるロッベンは、クラブの公式サイトを通じて別れと感謝の言葉を述べている。 「1年前、私はフローニンヘンの選手としてカムバックすることを発表した。エネルギーと熱意を持ってこの冒険に乗り出したんだ」 「昨シーズンを振り返ってみると、結論から言えば試合時間数は残念な結果となった。最後の試合の後、将来のことはじっくり考えて決断すると言った。理性と感情は正反対で、とても難しいことだった」 「私の中のサッカーの心はエウロボルグでのフル出場という究極の目標を掲げて前に進むことを望んでいた。しかし、辞めるという決断は正直で現実的なものだ」 「したがって、私は今日から選手ではなく、このクラブのサポーターになる。この1年間、私に温かいサポートや優しいメッセージをくれたサポーターやファンの皆さんに感謝しているよ。とても素晴らしく、心温まるものだった」 「すべてのもの、そしてすべての人が、満員のスタジアムで美しいサッカーシーズンを過ごせること、そして何よりも健康であることを祈っている」 フローニンヘンでプロキャリアをスタートさせ、チェルシーやレアル・マドリー、バイエルンといったビッグクラブを渡り歩いて輝かしい経歴を築いたロッベン。8度のリーグ優勝に加えビッグイヤーも掲げたバイエルンで2019年7月に現役を一度引退したものの、新型コロナウイルスの影響で財政が逼迫していたフローニンヘンの一助になるため、1年後に現役に舞い戻っていた。 19年ぶりに古巣に戻り、シーズン開幕前のフレンドリーマッチで早速得点を挙げるなど、高い期待が寄せられていたが、約1年4カ月ぶりの公式戦となったエールディビジ開幕戦でふくらはぎを負傷。3試合の欠場を経て第5節で復帰したものの、ケガが悪化し、10月下旬から4月上旬までの長期離脱を強いられた。 結局、昨シーズンの出場は7試合のみとなり、出場時間はフル出場一度の263分だった。クラブキャリア通算では、公式戦614試合209ゴール166アシストを誇った。 2021.07.15 20:47 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly