堂安律にシティ、ユーベ、アトレティコ?2018.10.25 14:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『ミラー』は、マンチェスター・シティがフローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律(20)を“欲している”と報じた。▽シティは、ユベントスやアトレティコ・マドリーも関心を寄せる堂安を長らく追跡し続けており、来年1月の獲得を視野に。ただ、フローニンヘン側は500万ポンド(約7億2000万円)の市場価値を持つ堂安の手放し時期に関して、今シーズン終了後まで考えていないという。

▽堂安は2017年夏、ガンバ大阪からフローニンヘンに移籍。初年度から公式戦31試合10得点4アシストの好成績を収めた。そして、背番号「7」に変更の今シーズンも主力としてプレー。ここまで公式戦10試合1得点1アシストを残しており、初招集の日本代表で初得点もマークした。

▽その中、堂安はバロンドールを主催するフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が今年新設した21歳未満の選手が対象となるコパ・トロフィーの候補10名に選出。注目度が沸騰中だ。
コメント
関連ニュース
thumb

堂安、ガンバ復帰報道の宇佐美は「今でも変わらず僕のアイドル」

フローニンヘンの日本代表MF堂安律(21) が自身のインスタグラム(@doanritsu)で20日、ガンバ大阪復帰が報道されたMF宇佐美貴史(27)との写真を上げた。 堂安と宇佐美は同じG大阪ユース出身。年齢は6つ違いであるが幼き頃から間近で見てきた憧れの選手であった。3月に共に日本代表に招集された際には「メンバーを見たときに一番気になったのは宇佐美くん。一緒に同じピッチに立てればなあと考えていた。」と発言し、ポジション争いについては「サッカー選手である以上そこは切り捨てられないところなので、同じポジションになる場合は僕も全力で奪いに行きますし、宇佐美くんも同じ気持ちでいると思う」とライバル心も口にしていた。 この日更新されたインスタグラムでは同じユース出身のMF井手口陽介(22)と3ショットを上げ「13歳の頃、初めて彼らと会ってから今でも変わらず僕のアイドルです」と綴り憧れの先輩への熱い思いを記している。 所属のフローニンヘンや日本代表ではレギュラーに定着し、来年の東京五輪での活躍も期待される堂安。更なる飛躍を期待したい。 2019.06.20 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

MF堂安律、2シャドーに手応えも無得点を反省「僕、前の選手たちのせい」《キリンチャレンジカップ》

日本代表(FIFAランキング26位)は5日、豊田スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のトリニダード・トバゴ(同93位)戦に臨み、0-0の引き分けに終わった。 試合後、2シャドーの一角を務めたMF堂安律(フローニンヘン/オランダ)がメディア陣による取材に応対。3バックシステムに多少の手応えがあったことを明かすもノーゴールに終わったことを反省した。 ◆MF堂安律(フローニンヘン/オランダ) ──試合を振り返って 「ボールを保持したいという狙いで、ボールを保持しながらというのは意識しました。僕のポジション的には前の選手が1人減っているので、3人の連携、コンビネーションが大事になるなと思って挑みました」 「狙いとしているところや、やろうとしてること自体は悪くなかったと思います。でもやはり0点というのは僕の責任でもありますし、前の選手たちのせいでもあるかなと思ってます」 ──立ち位置について 「特に変化はなかったですね。サイドハーフに入っても中に入ってプレーしてますし、特に変化はなかったです」 ──ウイングバックとの連携について 「数的優位を作れる状況が今日は多かったです。簡単に(酒井)宏樹くんを使ってクロスを上げるというシーンも多かったですし、そこに対しては今まで通りのプレーができたかなと思います」 2019.06.06 02:24 Thu
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、堂安同僚の21歳ドイツ人DFシャボットを獲得

サンプドリアは23日、MF堂安律が所属するフローニンヘンからドイツ人DFユリアン・シャボット(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 フランクフルトやライプツィヒの下部組織に在籍していた195cmの大型センターバックであるシャボットは、2017年夏にオランダのスパルタへ移籍。そこでシーズン後半にレギュラーポジションを掴み、2018年夏にフローニンヘンへ移籍していた。そして今季、エールディビジで28試合に出場して1ゴール1アシストを記録し、主力として活躍していた。 また、各世代のドイツ代表ではU-17から選出され、U-20まで選出されていた経歴を持っている。 2019.05.24 01:09 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、堂安同僚のU-19オランダ代表MFライスを獲得!

バルセロナは23日、MF堂安律が所属するフローニンヘンからU-19オランダ代表MFルドビド・ライス(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。 移籍金は325万ユーロ(約4億円)で、契約期間は2022年6月30日までの3年間。2年延長のオプションが付いている。なお、契約解除金は1億ユーロ(約122億円)に設定された。 スロバキア出身の両親の下、オランダで生まれたセントラルMFのライスは、2015年からフローニンヘンでプレー。2017年9月にトップチームデビューを飾り、今季から主力に定着。2018-19シーズンはエールディビジで29試合に出場して1ゴール1アシストを記録していた。 また、U-19オランダ代表としては8試合の出場歴を持っている。 2019.05.24 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安律、ロッベンのフローニンヘン復帰の噂に言及「一緒にプレーしたい気持ちはありますけど…」

フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律が、元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の同クラブ復帰の可能性について言及した。 昨夏にガンバ大阪からフローニンヘンに加入して以来、センセーショナルな活躍を続ける堂安。公式戦10ゴール4アシストを記録し、完全移籍を勝ち取ると、今シーズンも5ゴール3アシストを記録した。また、2018年9月にデビューを飾った日本代表でもキャップ数はすでに13。日本の若きアタッカーとして、期待を集めている。 フローニンヘンでは現在、今シーズン限りでバイエルンを退団することが決まっているロッベンの帰還の噂が浮上している。しかし、同選手と同じポジションの堂安は、「一緒にプレーしたい気持ちはあります」と共演を希望をするも、冗談交じりに出場機会の減少を心配した。 「僕が説明しなくてもいいくらい本当に偉大なプレーヤーであることは間違いないので、僕が今から何かを言うのは必要ないと思っています」 「もちろん、一緒にプレーしたい気持ちはありますけど、彼が(フローニンヘンに)帰ってきたら僕が試合に出られなくなる可能性があるので、止めときます(笑)」 <div id="cws_ad"><script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=19kqgy081wx091lrmqiiqaogba" async></script> </div> 2019.05.23 16:15 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース