暴行にセクハラ、妻に夫殺害指示のトゥランにクラブが多額罰金 今後判決を待つ

2018.10.17 15:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イスタンブール・バシャクシェヒルが、所属するトルコ代表MFアルダ・トゥラン(31)に多額の罰金を科した。スペイン『マルカ』が報じている。

▽トゥランは10日、ナイトクラブでトルコの有名歌手ベルカイ・シャヒン氏の妻であるエズレムさんにアプローチをかけ、喧嘩が勃発。トゥランはベルカイ氏の鼻の骨を折ったほか、同氏が搬送された病院でエズレムさんにベルカイ氏を銃で撃ち殺すよう促したと報道されている。

▽これに関して、トゥランは“セクシャルハラスメント”“銃器不法所持”“傷害罪”の疑いで起訴。最大12年半の懲役刑が下される可能性もあると、伝えられていた。

▽また、公的機関だけでなくこの件を重く受け止めているバシャクシェヒルもトゥランを罰することを決定。37万ユーロ(約4800万円)の罰金を科した。とはいえ、「この問題を正義の場(法廷)に移し、更なる決定と措置は保留する」、「判事が判決を命じるまで、プレーヤーはプロとしての責任を果たす」と声明を出し、裁判の判決を待った後、再び正式に処分するとしている。
コメント