サンチョ争奪戦は古巣シティが大きくリード! 買戻し条項が存在

2018.10.16 15:41 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)を巡り、プレミアリーグの複数クラブによる争奪戦が来夏に勃発しそうな構えだ。しかし、その争奪戦を大きくリードしているのは古巣マンチェスター・シティのようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。

▽14歳のときにワトフォードからサンチョを引き抜いたシティは、同世代のU-21イングランド代表MFフィル・フォーデンと同様にトップチーム契約を打診。しかし、すぐにトップチームでのプレー機会を求めたサンチョは昨夏にドルトムントに完全移籍した。

▽すると、超絶技巧を生かしたドリブルに加え、ラストパスや決定力にも優れる逸材は、左右のウイングを主戦場に昨シーズンはブンデスリーガ戦12試合で1ゴール4アシストを記録。さらに、今季はすでに公式戦10試合に出場し1ゴール9アシストを記録する大ブレイクを果たし、先日のUEFAネーションズリーグのクロアチア代表戦ではイングランドのフル代表デビューまで飾った。

▽そして、すでに市場価値が1億ポンド(約148億円)に高まっているサンチョにはマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リバプール、チェルシー、トッテナムといったプレミアリーグのビッグクラブに加え、ユベントスやレアル・マドリーら国外のメガクラブも獲得に関心を示している。

▽しかし、『MES』が伝えるところによれば、シティはサンチョのブレイクを見越してドルトムントと交渉を行う際に、買戻し条項を契約の中に盛り込んでいたという。そのため、サンチョに古巣復帰の意思さえあれば、シティが買い戻せる可能性が高いようだ。

▽なお、この買戻し条項に関してはすでに金額が決定しているものではなく、優先交渉権に近いもののようだ。

▽シティではイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)との契約延長交渉が難航しており、一部ではレアル・マドリー行きの可能性も報じられている。そのため、仮に同選手が流出する事態になれば、即サンチョの買い戻しに動くはずだ。
コメント