スパーズ、ユナイテッドも関心のDFミレンコビッチ獲得を検討

2018.10.13 21:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムがフィオレンティーナに所属するセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(21)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。

▽来夏の退団が有力視されるベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトの後釜を探しているトッテナムは、ボーンマスに所属するオランダ代表DFネイサン・アケ(23)と共にミレンコビッチの獲得にも関心を示しているようだ。

▽2016年に母国のパルチザンで台頭したミレンコビッチは195cmの長身センターバック。2017年に加入したフィオレンティーナでは今年に入ってからポジションを獲得。本職はセンターバックながら今季は右サイドバックのレギュラーを務めており、ここまでリーグ戦8試合に出場し2ゴールを記録している。

▽判断の悪さやファウルの多さなどまだまだ粗削りなプレーは目立つものの、抜群の空中戦の強さと長いストライドを生かした幅広い守備範囲、一定のボールスキルとマウリシオ・ポチェッティーノ監督好みのプレースタイルだ。

▽ただ、ミレンコビッチに関してはアケ同様に、マンチェスター・ユナイテッドが競合に挙がっている。セルビア国内でネマニャ・ヴィディッチの後継者として期待される同選手に関しては、代表の同僚MFネマニャ・マティッチも高い評価を与えている。

コメント
関連ニュース
thumb

ファイナルサードでの華麗なパス回しからソンがボレーを捻じ込む【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆トッテナムの華麗なパス回しからソンがボレーを捻じ込む<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIdzUyT1R5MyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2015年夏にレバークーゼンからトッテナムに加入したソン・フンミンは、タレントが多く集まる選手が集まるトッテナムの中でも主力として活躍している。 今シーズンもリーグ得点ランキング首位に立つなど、躍進を続けているソンだが、2018年3月11日に行われたプレミアリーグ第30節のボーンマス戦では、流れるようなパス回しからゴールを決めている。 ボーンマスに先制を許しながらもトッテナムが追いつき、1-1の同点で迎えた62分、右サイドを攻めたソン・フンミンがボックス内右でボールを持つ。ドリブルで中央にボールを運んだソン・フンミンが後方から上がってきたMFクリスティアン・エリクセンにボールを落とし、エリクセンがサイドを変える。 左サイドのDFダニー・ローズを挟んでMFデレ・アリがボックス内左でボールを受けると、アリがファーポストにクロスを上げる。最後はフリーでボールを受けたソン・フンミンが叩きつけるようなダイレクトボレーシュートを放ち、逆転弾となるシュートをボーンマスゴールに捻じ込んだ。 逆転に成功したトッテナムはその後も攻勢に回り、4-1で勝利している。 2020.10.30 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、アントワープ戦後のインスタ投稿話題に! ユーモア交えて叱咤激励

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、アントワープ戦の敗戦後に自身の公式『インスタグラム』で粋なメッセージを投稿した。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 直近の公式戦10戦無敗と好調を維持しているトッテナムだが、29日に敵地で開催されたヨーロッパリーグ(EL)グループJ第2節のアントワープ戦では攻守に低調なパフォーマンスに終始し、0-1の敗戦を喫した。 同試合後の公式会見の場では、11試合ぶりの敗戦を受けて、「悪いプレーをした自分たちを責める必要がある」、「ハーフタイムで11人を入れ替えたかった」など、選手たちに対して憤りを示していた。 ただ、会見での辛辣なコメントとは裏腹に、試合後の『インスタグラム』ではユーモアを交えた投稿で選手たちを改めて叱咤激励している。 モウリーニョ監督は帰りのチームバスの車内でマスクを着用し、少し落ち込んだ様子の自身の写真と共に、「悪いパフォーマンスは悪い結果に値する」、「このバスの中のみんな(選手)が私と同じように気を落とすことを願っている。明日のトレーニングは午前11時からだ」とのメッセージを綴っている。 フットボール界屈指のエンターテイナーは、ここ最近『インスタグラム』を効果的に活用しており、ここ最近ではELシュケンディヤ戦のゴールの小ささをアピールする投稿や、試合後のロッカールームですぐにスマートフォンをいじる選手たちを揶揄する投稿などが話題を集めていた。 なお、トッテナムは11月1日にプレミアリーグ第7節のブライトン戦を控えており、指揮官の叱咤激励に勝利という形で応えたい。 <div id="cws_ad">◆ユーモアを交えて叱咤激励<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CG8N7b8pYc1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CG8N7b8pYc1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CG8N7b8pYc1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank">Bad perfomances deserve bad results. Hope everyone in this bus is as upset as I am. Tomorow 11 AM training.</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/josemourinho/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> Jose Mourinho</a>(@josemourinho)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2020-10-29T20:29:59+00:00">2020年10月月29日午後1時29分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> <div id="cws_ad">◆巧みなインスタ使いに<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Jose Mourinho’s Instagram is goated <a href="https://t.co/HB9FSAIas3">pic.twitter.com/HB9FSAIas3</a></p>&mdash; TC. (@totalcristiano) <a href="https://twitter.com/totalcristiano/status/1321491904899489792?ref_src=twsrc%5Etfw">October 28, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.30 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

アントワープに屈したトッテナム、モウリーニョは「HTで全員入れ替えたかった」と怒り露わ

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がヨーロッパリーグ(EL)グループJ第2節のアントワープ戦で喫した黒星に失望を感じているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ELグループJ第1節のLASK戦に3-0のスコアで快勝を収め、29日にベルギーの地に乗り込んだトッテナムだが、一部主力を温存したチームは思うように機能せず、29分に失点。ハーフタイムにFWソン・フンミンら4選手を送り込み、58分にもFWハリー・ケインを投入したが、最後まで得点は奪えず、0-1で敗れた。 グループステージ連勝を逃したモウリーニョ監督は試合後の会見でアントワープを称えつつ、自チームのパフォーマンスに対する怒りと失望の感情を露わにした。 「自分たちを責め、相手を褒めることしかできない。アントワープは素晴らしいプレーをしたのだから、自分たちの酷いプレーに目を向けるよりも相手を称えたい。ただ、やはり悪いプレーをした自分たちを責める必要がある」 「パフォーマンスも結果も悪かった。これ以上言いたいことは何もない。誰かを責めるなら私だろうね。誰をプレーさせるか決めるのは私なのだから、責めは負うべきだろう。ただ、このゲームでいくつかの点を確認できたよ。問題解決の判断材料になると思う」 また、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、モウリーニョ監督は「ハーフタイムで(今日スタメンの)11人を入れ替えたかった。『なぜこの選手がスタメンにいないの?』という質問は当分聞かずに済むだろう」と語り、MFデレ・アリらアピールに奮起すべき選手たちのプレー内容に不満を露わにしている。 2020.10.30 11:35 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第2節結果まとめ】レスター、アーセナル、ミランがGS連勝! 三好アントワープがスパーズから金星

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第2節が29日に行われた。 グループG初戦でゾリャに快勝したレスターは、アウェイでAEKアテネと対戦し2-1で勝利。17分にヴァーディのPKで先制したレスターは、39分にも右CKの流れたボールをボックス左のチョードリーがダイレクトシュートをゴールに突き刺した。その後、後半立ち上がりに1点を返されたレスターだが、最後までリードを守り抜き、グループステージ2連勝を収めた。 一方、優勝候補のひとつであるトッテナムは、三好康児の所属するアントワープとアウェイで対戦し、1-2で敗れた。トッテナムは29分にレファエロフのゴールで先制されると、最後までアントワープ守備陣を崩し切れず。アントワープに金星を献上した。なお、アントワープMF三好康児は先発出場し58分までプレーした。 同じく優勝候補のひとつであるアーセナルは、ダンドークとホームで対戦し3-0で快勝した。前半にエンケティアとジョー・ウィロックのゴールで2点を先行したアーセナルは、後半開始早々にもペペが試合を決定づける3点目を挙げ、そのまま3-0で試合を終えた。 セリエA勢では、新加入ディアスやダロトなど3ゴールを奪ったミランがスパルタ・プラハに快勝しグループステージ連勝。一方、ホームにCSKAソフィアを迎えたローマは、格下相手に痛恨のゴールレスドローに終わった。 また、アウェイでソシエダと対戦したナポリは、ゴールレスで迎えた後半に均衡を破る。55分、右サイドからカットインしたポリターノが左足を振り抜くと、強烈なシュートがDFに当たってコースが変わりネットを揺らした。結局、これが決勝点となり、ナポリが今季グループステージ初勝利を挙げている。 その他の日本人所属クラブでは、久保建英の所属するビジャレアルがアウェイでカラバフと対戦し3-1で逆転勝利。公式戦3試合連続の先発出場となった久保は、ミドルシュートやクロス、スルーパスでチャンスを演出したが、この日は不発に終わり、75分に途中交代となった。 また、FW北川航也が先発出場したラピド・ウィーンは、アウェイでモルデと対戦し0-1で敗戦。北川は59分までプレーしたが、見せ場を作ることができなかった。一方、DF菅原由勢の所属するAZは、ホームでリエカと対戦し4-1で圧勝。菅原はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。 ■ELグループステージ第2節結果 ◆グループA クルージュ 1-1 ヤング・ボーイズ ローマ 0-0 CSKAソフィア ◆グループB モルデ 1-0 ラピド・ウィーン アーセナル 3-0 ダンドーク ◆グループC ニース 1-0 ハポエル・ベエルシェバ スラビア・プラハ 1-0 レバークーゼン ◆グループD レンジャーズ 1-0 レフ・ポズナン ベンフィカ 3-0 スタンダール・リエージュ ◆グループE オモニア 1-2 PSV グラナダ 0-0 PAOK ◆グループF レアル・ソシエダ 0-1 ナポリ AZ 4-1 リエカ ◆グループG ゾリャ 1-2 ブラガ AEKアテネ 1-2 レスター・シティ ◆グループH リール 2-2 セルティック ミラン 3-0 スパルタ・プラハ ◆グループI スィヴァススポル 1-2 マッカビ・テルアビブ カラバフ 1-3 ビジャレアル ◆グループJ アントワープ 1-0 トッテナム LASK 4-3 ルドゴレツ ◆グループK フェイエノールト 1-4 ヴォルフスベルガー CSKAモスクワ 0-0 ディナモ・ザグレブ ◆グループL ヘント 1-4 ホッフェンハイム ツルヴェナ・ズヴェズダ 5-1 リベレツ 2020.10.30 07:18 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 芸術点があるなら満点級!アイスランドの英雄の反転トラップ&ハーフボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月30日にご紹介するのは、エバートンに所属するアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソンがトッテナム時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆シュートまでの流れも完璧な鮮やかハーフボレー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNREZhQlNsWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 美しい反転トラップからの、鮮やかなハーフボレー。芸術点をあげるなら満点級です。 ◆ アイスランド代表の英雄的存在でもあるシグルドソン。2012年に加入したトッテナムでは、継続的な活躍はできませんでしたが、随所にその能力の高さを見せていました。 2013年10月30日に行われたEFLカップ4回戦のハル・シティ戦に先発で出場すると、前半16分にDFカイル・ノートンからの縦パスをバイタルエリア左で受けます。 ゴールに背を向ける格好だったシグルドソンは、絶妙なトラップ&ターンで相手DFをかわすと、その勢いのままハーフボレー。 相手GKのエルディン・ヤクポヴィッチが懸命に手を伸ばすも、ゴール左上隅に糸を引くようなシュートが突き刺さり、ホワイト・ハート・レーンの観衆を熱狂させました。 2020.10.30 07:00 Fri
twitterfacebook