井手口陽介、右ヒザ後十字じん帯断裂で長期離脱へ…今季ここまで独2部で4試合1G

2018.10.03 08:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ2部のグロイター・フュルトは2日、日本代表MF井手口陽介が右ヒザ後十字じん帯を断裂したことを発表した。

▽井手口は、30日に行われたブンデスリーガ2部のディナモ・ドレスデン戦に先発。しかし、29分に相手選手との接触で負傷し、ピッチを後にした。

▽井手口のケガについてダミル・ブリッチ監督はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「我々はみな陽介のことを思っている。重傷で彼が離脱することはとても悲しい。できる限り彼をサポートしていきたい。彼の回復を祈っている」

▽井手口は今夏チャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズからグロイター・フュルトにレンタル移籍で加入。ここまでリーグ戦4試合に出場し1ゴールを記録していた。

関連ニュース
thumb

ウニオン・ベルリンが来季に向けて2人目の補強! グロイター・フェルトDFイェッケルを獲得

ウニオン・ベルリンは29日、ブンデスリーガ2部のグロイター・フェルトに所属するDFパウロ・イェッケル(22)が来季から加入することを発表した。移籍金は発生しない。 ウニオン・ベルリンへの加入の決まったイェッケルは、公式サイトでいかにように喜びを語っている。 「ウニオンとブンデスリーガ楽しみにしている。僕にとってこの移籍はヨーロッパで最高のリーグのひとつでプレーするチャンスを得ることだ。ウニオンは特別なクラブで、ブンデスリーガの中ではまだ若いクラブだ。だけど、そのクオリティーは証明されている。チームの重要な一部になるために全力を尽くすよ」 ヴォルフスブルクの下部組織で育ったイェッケルは、2018年の冬にトップチームに昇格するも、同年の夏にグロイター・フェルトへ完全移籍。グロイター・フェルトでは3シーズンで公式戦67試合に出場。今季もセンターバックのレギュラーとしてリーグ戦20試合に出場している。 なお、ウニオン・ベルリンは先日にドイツ人MFラニ・ケディラの獲得を発表しており、来シーズンに向けた2人目の補強となった。 2021.04.29 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、グロイター・フェルトからU-21ドイツ代表DFを獲得 !

ホッフェンハイムは13日、ブンデス2部のグロイター・フェルトからU-21ドイツ代表DFダビド・ラウム(22)を獲得したことを発表した。2021年7月1日付での加入となるラウムは2025年6月30日までの4年契約にサインしている。 なお、グロイター・フェルトとラウムの契約は今シーズン限りで満了となるため、移籍金は発生しないとのことだ。 8歳でグロイター・フュルトの下部組織に入団したラウムは、2017年にトップチームデビュー。当初は攻撃センスに長けたサイドアタッカーとして出場を重ねていたが、2018-19シーズンにダミル・ブリッチ監督の下、サイドバックにコンバートされた。 そんなラウムはこれまで、クラブ公式戦通算79試合に出場し、5ゴール14アシストを記録。今季は左サイドバックを主戦場に公式戦全試合に出場し9アシストを記録していた。 DFBポカール2回戦でグロイター・フェルトと対戦し、ラウムのプレーを見たアレクサンダー・ローゼンSDは、「ダビドはとても才能があり、非常にスピードのある選手だ。左足も強く今シーズンの素晴らしいパフォーマンスにより、ドイツでも注目されるサイドバックの一人に成長した」と、評価している。 2021.01.14 02:40 Thu
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフFWニールセン、2部のグロイター・フュルトに完全移籍

ブンデスリーガ2部のグロイター・フュルトは26日、デュッセルドルフの元ノルウェー代表FWホバール・ニールセン(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの2年間となっている。 ストライカーやトップ下でプレー可能なニールセンは、2017年にフライブルクからデュッセルドルフに完全移籍。しかし、デュッセルドルフでは結果を残せず、昨季後半は2部のデュイスブルクにレンタル移籍していた。そのデュイスブルクではリーグ戦16試合の出場で4ゴール2アシストの記録を残していた。 2019.07.27 06:25 Sat
twitterfacebook
thumb

井手口陽介、リーズ復帰へ フュルトが高すぎて買い取れずか

来シーズンもグロイター・フュルトでプレーする可能性が熱を帯びた元日本代表MF井手口陽介(22)だが、一転して退団が既定路線だという。ドイツ『キッカー』が報じた。 井手口は昨夏、リーズ・ユナイテッドからシーズンローンで加入。昨年9月に行われたブンデスリーガ2部第5節のホルシュタイン・キール戦で新天地デビューを果たしたが、右ヒザ後十字じん帯断裂や半月板損傷に見舞われ、6日に行われた第32節のケルン戦でようやく実戦復帰を果たした。 その井手口に関して、買取希望を持つグロイター・フュルトだが、リーズ・ユナイテッドの求める移籍金額が高額すぎるため、交渉が暗礁に。来シーズンも引き続きグロイター・フュルトでプレーする見通しだった井手口は、一転してリーズ・ユナイテッド復帰の可能性が高まった模様だ。 だが、リーズ・ユナイテッドに井手口の居場所はないのかもしれない。イギリス『HITC』によると、リーズ・ユナイテッドを率いるマルセロ・ビエルサ監督のなかで、井手口は昨夏の段階で構想外の選手。監督交代がない限り、井手口にプレー機会が巡ってくる可能性は極めて低いという。 なお、その井手口とリーズ・ユナイテッドの契約は2022年まで。来シーズンはどこのユニフォームを来てプレーすることになるのだろうか。 2019.05.17 07:55 Fri
twitterfacebook
thumb

終盤のフント弾で逃げ切ったHSVがリーグ戦3試合ぶりの白星で首位ケルンを追走《ブンデスリーガ2部》

ハンブルガーSV(HSV)は4日、ブンデスリーガ2部第24節でグロイター・フェルトと対戦し、1-0で勝利した。HSVのDF酒井高徳はフル出場、FW伊藤達哉は73分からプレー、グロイター・フェルトのMF井手口陽介はケガのためベンチ外となった。 リーグ戦3試合ぶりの勝利を目指す3位のHSVが、12位のグロイター・フェルトをホームに迎えた一戦。前節のレーゲンスブルク戦でリーグ3試合ぶりの黒星を喫したHSVは、その試合から先発を2人変更。酒井高は2試合連続でスタメンに名を連ねた。 酒井高をアンカーに配置した[4-1-4-1]の布陣で試合に臨んだHSVは8分、ボックス右から仕掛けたファン・ヒチャンのクロスからラソッガが決定機を迎えたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。さらに13分にもフントの縦パスをボックス手前で受けたラソッガが反転から右足を振り抜いたが、このシュートは相手GKのセーブに防がれた。 その後は一進一退の展開が続く中、HSVは35分にアクデント。右サイドで相手とボールを奪い合ったファン・ヒチャンが左モモ裏を痛めると、一度はピッチに戻ったが38分にエズカンとの交代を余儀なくされた。 ゴールレスで迎えた後半、HSVはホルトビーを下げてギデオン・ユングを投入。布陣を[4-4-2]に変更した。後半もグロイター・フェルトのハイプレスに苦戦するHSVだが67分、グリーンがシュミレーションで2枚目のイエローカードで退場し、数的優位となる。 数的優位となったHSVは73分、ジャッタを下げて伊藤を投入。すると83分、ボックス左付近でボールを受けた伊藤のクロスにラソッガが飛び込んだが、これはわずかに届かない。 それでも攻勢を続けるHSVは85分、エズカンのパスをボックス右横のネイリーをダイレクトで折り返すとゴール前に走り込んだフントがすべり込みながら右足で流し込み、待望の先制点を奪った。 結局、フントのゴールが決勝点となり1-0でHSVが勝利。リーグ戦3試合ぶりの勝利を飾ったHSVが、首位ケルンを追走している。 2019.03.05 06:29 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly