低調ローマがピッポ・インザーギ率いるボローニャに今季初得点&初勝利献上…泥沼の公式戦5戦勝利なし…《セリエA》2018.09.24 00:08 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第5節、ボローニャvsローマが23日にスタディオ・レナト・ダッラーラで行われ、ホームのボローニャが2-0で勝利した。▽開幕戦のトリノ戦での勝利以降、取りこぼしが目立つローマは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦も敵地で0-3の完敗。公式戦4試合未勝利と厳しい状況の中でボローニャとのアウェイゲームに臨んだ。ディ・フランチェスコ監督は必勝が求められるこの一戦に向けて先発5人を変更。コラロフ、ザニオーロ、エンゾンジ、エル・シャーラウィ、ジェンギズ・ユンデルに代わってマルカノ、クリスタンテ、ペッレグリーニ、ペロッティ、移籍後初先発のクライファートが起用された。

▽互いに様子見の入りとなった中、ローマは開始9分に最初の決定機を創出。左CKの場面でペッレグリーニのクロスをファーで競り勝ったファシオが頭で合わすが、これは古巣対戦のGKスコルプスキの好守に遭う。直後の10分にはデ・ロッシのスルーパスに抜け出したクライファートがボックス右から右足を振り抜くが、これも好守に遭う。

▽立ち上がりの決定機を逸したローマはその後、サンタンデールを起点にカウンターを狙うボローニャの反撃に遭い、ゴール前であわや先制点献上というピンチも招く。19分にはペロッティが得意のカットインからの右足シュートで再びゴールに迫るが、元同僚が守るゴールをこじ開けられない。

▽前半半ばから終盤にかけてはボローニャが盛り返したことで拮抗した展開が続く。だが、36分にはセットプレーの流れから左サイドのデ・マイオが入れたクロスをボックス右で回収したマッティエッロが鋭いカットインから左足の見事なシュートをゴール左隅に突き刺し、ホームチームが待望の今季リーグ戦初ゴールを奪った。

▽一方、相手のファインゴールで先手を許したローマはすぐさま反撃。42分には右CKからファシオが続けてヘディングシュート、前半アディショナルタイムには相手DFとGKの連係ミスを突いたゴール前のペッレグリーニに絶好の同点機が訪れるも、いずれも決め切れず前半を1点ビハインドで終えた。

▽迎えた後半も引いた相手に苦戦するローマは54分にクリスタンテを下げてパストーレを投入する。だが、59分には波状攻撃で攻め切れず相手にロングカウンターを許すと、ファルチネッリのスルーパスに抜け出したサンタンデールにボックス内での一対一を許し、痛恨の2失点目を喫した。

▽勝ち点3奪取に向けて暗雲立ち込めるローマは失点直後にクライファートを下げてジェンギズ、65分にはファシオを下げてコラロフを投入し、早々に交代カードを使い切る。ここからフロレンツィの右サイドを起点に猛攻を仕掛けていくが、フロレンツィやゼコの決定的なシュートはことごとく古巣対戦のスコルプスキに阻まれる。逆に、不用意なボールロストから前がかりな最終ラインの背後を突かれてあわや3失点目というピンチを幾度となく招く。

▽その後もリスクを冒して前に出るものの、5バックとハードワークする中盤に中央を固められて崩しの形を見いだせないローマは一矢報いることも叶わず、0-2で完敗。フィリッポ・インザーギ率いるボローニャに今季初ゴールと初勝利を献上したローマは今季2敗目で泥沼の公式戦5試合未勝利となった。
コメント
関連ニュース
thumb

コラロフがフェネルバフチェと個人合意か

ローマのセルビア代表DFアレクサンドル・コラロフ(33)がフェネルバフチェと個人合意したようだ。トルコの複数メディアが報じている。 ローマとの契約が2020年6月までとなっているコラロフに関しては、古巣のツルヴェナ・ズヴェズダが獲得に関心を持っていると報じられていたが、フェネルバフチェが年俸280万ユーロ(約3億4000万円)の2年+オプションで1年更新の契約でコラロフと合意したとのことだ。 ラツィオ、マンチェスター・シティで活躍し、2017年7月にローマへと移籍したコラロフは在籍2シーズンで公式戦90試合に出場して12ゴール15アシストを記録していた。 2019.06.21 02:42 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマFWジェコ、インテルとの移籍話も条件に隔たり

ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)についてインテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)とローマのグイド・フィエンガCEOにより話し合いが行われたとイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ジェコはヴォルフスブルクやマンチェスター・シティで活躍後、2015-16シーズンにローマへレンタル移籍。その後16-17シーズンから完全移籍で加入し、同年度にはリーグ戦29得点を挙げセリエA得点王に輝いた。今シーズンはリーグ戦で33試合9得点という成績を残した。 ローマはジェコ移籍に際し、インテルにおよそ2000万ユーロ(約24億円)を要求。それに対しインテルのマロッタCEOの反応は思わしくないようで、それ以降どちらのクラブも特に動くことはなく移籍話は停滞しているという。 現金だけでは移籍成立困難な為、話し合いの中でインテルからはGKイオヌ・ラドゥ、FWアンドレア・ピナモンティ、ローマからはFWダビデ・メロラといった若手選手をトレードする事も挙がっているようだ。各国リーグで輝かしい成績を残してきたベテランFWの今後に注目が集まる。 2019.06.20 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマがベティスのGKパウ・ロペスとDFバルトラに熱視線

ローマがベティスのスペイン代表GKパウ・ロペス・サパタ(24)と同代表DFマルク・バルトラ(28)に興味を持っているとイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えた。 パウ・ロペスはエスパニョールのカンテラ出身で2013-/14シーズンに同Bチームでプロデビュー。今シーズンはベティスの正GKとしてリーグ戦33試合に出場した。2016年にはスペイン代表にも召集されている。 バルトラはバルセロナのカンテラ出身で、09-/10シーズンのアトレティコ・マドリー戦でプロデビュー。その後16-/17シーズンにはドルトムント、2018年1月にはベティスに移籍をし、両チームでレギュラーとして活躍。代表では2013年のギニア戦でA代表デビューを果たしている。 バルセロナやドルトムント等で豊富な国際経験を持つバルトラにはおよそ2500万ユーロ(約30億円)が必要とされている。主力DFコスタス・マノラスに移籍の噂が出ており、守備陣の整備を進めたい同クラブが熱視線を送っているようだ。 また、GKアリソンの後釜として獲得したGKロビン・オルセンも期待されたような活躍が残せず、クラブは複数の新守護神候補をリストアップしている。 2019.06.20 14:07 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマと決別のトッティが復帰の可能性について言及 「新しいオーナーが必要としてくれれば…」

ローマのディレクター職を務める元イタリア代表FWのフランチェスコ・トッティ氏(42)が17日、在籍30年間を過ごしたローマ退団を公式会見の場で明かした。 今回の公式会見の場でディレクター職としての権限を一切与えられなかったことを公言し、それが退団の理由のひとつだと語ったトッティ氏だが、ジェームズ・パロッタ会長、その個人アドバイザーを務めるフランコ・バルディーニ氏との確執に関しても言及している。 「個人的に会長は常にクラブハウスや試合会場を訪れる必要があると思っている。それはクラブを束ねるといううえで必要なことなんだ。多くの職場においても同じことだが、上司がいないときに部下はそれぞれ別のことをやり始めるものだ」 「監督が練習を見ているときはみんなが懸命にトレーニングをするが、それがアシスタントコーチの場合は緩くなったりというようにね」 「(ローマ復帰の可能性について)仮に、私がここに戻ってくるとすれば、新しいオーナーの存在が必要になると思う。そして、その新しいオーナーが私を信じてくれれば、素晴らしいことだね」 「正直なところ、パロッタ会長やバルディーニに対して何も感情はないよ。彼らは彼らの選択をしただけだ。そして、私はそれを尊重する。ただ、バルディーニがクラブを去ったとしても、私が戻ることはないはずだ。一度壊れてしまった花瓶を完璧に同じ形に復元することはできないのだからね」 パロッタ会長を非難した一方、トッティはグイド・フィエンガCEO(最高経営責任者)と、恩師クラウディオ・ラニエリ監督への感謝を口にしている。 「フィエンガには感謝の言葉を送りたい。彼はクラブ幹部を前にして唯一、自分のことを新たなテクニカル・ディレクターに推薦してくれた人なんだ」 「ラニエリにも感謝している。彼はローマのために無償で働いてくれた。彼は本物の男だ。彼とはお金の話は一切しなかったし、オファーの話をすると、“明日、トリゴリアで会おう”と即答してくれた」 「ローマのファンはラニエリに感謝すべきだよ。ただ、ダニエレ(・デ・ロッシ)のラストゲームの際にファンたちがラニエリに対して感謝を伝えてくれたことが何よりも誇り高いよ」 2019.06.17 23:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ退団のトッティ、盟友デ・ロッシについて言及 「私の二の舞にしたくなかった」

ローマのディレクター職を務める元イタリア代表FWのフランチェスコ・トッティ氏(42)が17日、在籍30年間を過ごしたローマ退団を公式会見の場で明かした。 今回の公式会見の場で愛する後輩で盟友の元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシに関する質問を受けたトッティ氏は、自身が同選手の去就に関する決定に関わっていなかったことを明かした。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=aiibae7zjfum1l3vkld2h2ft5" async></script> </div> 「私がデ・ロッシの(契約非更新)決定に関わることは一度もなかった。昨年9月に何人かの取締役と話し合ったことは確かだ。そのときにこれが彼にとってラストシーズンになるのならば、すぐに伝えるべきだと助言していた。私の引退のときのような形にすべきではないとね」 「彼はローマのカピターノだ。リスペクトされるべきなんだ。私はそのことを周りに伝えた。彼はケガを負っていたし、その状態を含めて多くのことを評価しなければならなかったことは理解できるし、チームとして結果も出ていなかった。さらに、ディ・フランチェスコとモンチの退団が状況をより複雑なものにした」 「トリゴリアが抱える問題は彼らが適切な時期にきっちりと決断を下すことなんだ。多くの人たちが決断を下すことを恐れている。だから、決定権は10人ではなく1人の人間が持つべきだ」 「私はあの時期にクラブの幹部としてではなく、1人の友人としてダニエレと話していた。彼に対しては今後を見通すことが大事だと伝えていた。ローマの幹部としてハッキリとしたことを言えなかったし、友人としてできることは今後に問題が生じる可能性があることを助言することだけだった」 「しかし、結局、ダニエレに関して私と同じような問題が起きてしまった。個人的な見解としては、彼らはローマからローマ人を排除することを望んでいると感じている」 また、トッティ氏は自身と同じく退団が決定したデ・ロッシと共に来シーズンのローマの試合を、1人のロマニスタとしてクルヴァ・スッド(ホームゴール裏)で観戦したい考えであることを明かしている。 「個人的に来シーズン、いくつかの試合を観戦しに行くことになると思う。私はロマニスタだからね」 「彼が他の(セリエA所属)クラブでプレーしない限り、ダニエレ・デ・ロッシと一緒にクルヴァ・スッドで観戦することもできるかもしれない。ただ、その場合はカツラ(変装)が必要になるね。でなければ、落ち着いて試合を見ることができなくなりそうだからね」 2019.06.17 23:50 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース