デ・ブライネ、復帰は11月か マンチェスター・ダービー出場を予告2018.09.21 10:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがマンチェスター・ダービーでの戦列復帰を予告した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。▽ジョゼップ・グアルディオラ体制下で完全無欠の創造者に君臨するデ・ブライネ。だが、プレミアリーグ開幕戦のアーセナル戦に途中出場して以降、ケガでチームから離脱している。

▽早期復帰が待たれるデ・ブライネは、出席したイベント先で復帰時期について次のように示唆。11月11日にホームで行われる第12節のマンチェスター・ユナイテッド戦での復帰に意欲を示した。

「まだ3〜5週間ほどかかるけど、よくなりつつある」

「早く戻りたい。良いパフォーマンスでチームを助けたいよ」

「次の代表ウィーク明けにも合流したい。ダービーで戻りたいね」
コメント
関連ニュース
thumb

シルバ、来季限りで在籍10年となるシティ退団を明言…「パーフェクトな時間だった」

マンチェスター・シティに所属する元スペイン代表MFダビド・シルバ(33)が、来シーズン限りで同クラブを退団することを明言したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2010年夏にバレンシアから加入して以来、クラブの核として活躍しているシルバ。ここまで公式戦396試合71ゴール129アシストを記録し、4度のプレミアリーグ制覇を含む12個のタイトル獲得に貢献してきた。今シーズンも公式戦50試合10ゴール14アシストを記録した。 そんなシルバとシティの契約は2020年6月まで。「その先もクラブに残る可能性はあるか?」と問われると以下のように答えた。 「いや、これが最後のシーズンになるね」 「10年間は、僕にとって十分なものだ。そしてパーフェクトな時間だった」 「サイクルが終わるんだ。切りの良い数字さ。他のチームでシティと対戦することなんて決して想像できないよ。だから10年いたんだ」 2019.06.26 08:55 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、エルモソ失敗ならブリントorオタメンディ?

アトレティコ・マドリーが、エスパニョールに所属するスペイン代表DFマリオ・エルモソ(24)の獲得を失敗した場合に備え、プランBを用意しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 今シーズン限りでウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン、フランス代表DFリュカ・エルナンデスが退団したアトレティコは、2選手のセンターバックの確保が急務に。すでにポルトからゴディンの後釜としてブラジル代表DFフェリペ(30)を獲得している中、現在はリュカの後釜としてエルモソの獲得に動いていることが報じられている。 エルモソの推定契約解除金は4000万ユーロ(約48億7000万円)。ただ、アトレティコは現行契約が残り1年を切ろうしている同選手に対して、同額を支払うことは躊躇しており、引き下げを要求している状況だが、エスパニョールはそれに応じない構えのようだ。 そこでアトレティコは、代替案としてアヤックスに所属するオランダ代表DFダレイ・ブリント(29)とマンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(31)をリストアップ。中でも、アトレティコを率いるディエゴ・シメオネ監督は、同胞である後者を好んでいるようだが、給与面がネックになると同メディアは見解を示している。 2019.06.25 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ、DF史上最高額でマグワイアの獲得迫る?

マンチェスター・シティが、レスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)の獲得に迫っているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 2017年6月にハル・シティからレスターに加入したマグワイア。圧倒的なフィジカルを武器に守備の要として今シーズンの公式戦32試合に出場した。 そんなマグワイアを巡って、マンチェスターの両クラブが熱視線を送っていると各紙は報道。そうした中、同選手自身は、昨年9月にレスターと2023年までの新契約を締結したものの、シティへの移籍を友人に仄めかしていたようだ。 そして、今回の記事によれば、シティは2017年12月にリバプールがオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの獲得時に支払ったDF最高額の7500万ポンド(約102億7000万円)を超える8000万ポンド(約109億5000万円)の移籍金に加えて、週給28万ポンド(約3900万円)という好待遇のオファーを準備できているという。今週中にも移籍が成立する可能性があるとのことだ。 2019.06.24 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェズス、来季から背番号「9」に変更!

マンチェスター・シティは22日、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの背番号を来シーズンから「9」に変更することを発表した。 2017年1月にパルメイラスから加入したジェズスはこれまでは背番号「33」を着用。シーズン途中からの加入となった2016-17シーズンは、リーグ戦10試合で7ゴール4アシストを記録し華々しいデビューを果たした。 22歳になったばかりの若武者の成長は著しく、今季はキャリア最多となる21ゴールを記録。まだまだ伸びしろたっぷりのジェズスに期待は高まるばかりだ。 シティはそんなジェズスに背番号「9」を託すことを決断。近年ではFWアルバロ・ネグレドやFWノリートが身に着けたエースナンバーでジェズスは気持ちを新たにしている。 「とても光栄だ。大きな誇りだよ。このユニフォームを着てたくさんゴールを決めてシティがさらなる栄光を掴めるよう手助け出来たらいいね」 「この番号はブラジル代表でいつも着ている番号だ。これを着てシティにすべてを捧げるよ」 2019.06.23 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ロドリ、エティハド行きを選択…シティ史上最高額で加入へ

アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)がマンチェスター・シティ移籍を決断した模様だ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 “ロドリ”ことロドリゴ・エルナンデスは昨夏、ビジャレアルから加入した守備的MF。アトレティコ・マドリーとの契約を2023年まで残しているが、既報でクラブ側に移籍希望の意思を表明したとされ、去就がよりヒートアップしている。 そのロドリを狙っているとされてきたのが、シティとバイエルン。両軍ともに契約解除金6300万ポンド(約83億1000万円)を支払っての獲得に意欲を示しているといわれるなか、ロドリ自身がシティ行きを選択したという。 これが実現すれば、ロドリはシティ史上最高額でのエティハド行きに。これまでの最高額は昨夏にレスター・シティから加入したアルジェリア代表FWリヤド・マフレズの6000万ポンド(約82億円)だった。 今夏、ブラジル代表MFフェルナンジーニョ(34)の後釜として、ロドリの獲得が有力的なシティ。今夏の補強第一号は、プレミアリーグ3連覇、悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇への機運が高まるものになりそうだ。 2019.06.22 12:40 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース