メキシコ新鋭ロサーノ、バルサと相思相愛?2018.09.18 12:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽PSVに所属するメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)が、バルセロナへの憧れを口にしている。スペイン『マルカ』が伝えた。▽ロサーノは、今夏に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)で注目を集めた一人。大会中から現在までバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、ユベントスといった数々のビッグクラブからの関心が伝えられている。

▽そのロサーノ擁するPSVは、18日に行われるチャンピオンズリーググループB・第1節でバルセロナと対戦。前日会見に出席したロサーノは、バルセロナからの関心を認め、同クラブでのプレーが夢であることを明かした。

「とても難しい試合になると思う。相手は偉大な選手たちがいる素晴らしいチームだ。僕らができることはベストを尽くして立ち向かうのみだね」

「僕は部屋に何枚かポスターを張っていた。その一つがバルセロナさ。メッシは偉大でとてつもない選手なんだ。僕にとっては世界最高の選手だよ」

「(カンプ・ノウでの試合)それは夢が実現するということだよ。この機会を与えてくれた神に感謝したいね」

「僕にとっては重要な試合になる。それを最大限活用したい。ワールドカップで上手くプレーすることができ、多くのクラブから関心を寄せられた。僕のエージェントからもその一つがバルセロナであるということを聞いたんだ」

「このような偉大なクラブに加入するということは、夢が実現するということだよ」

▽2017年7月にパチューカからPSVに完全移籍を果たしたロサーノは、昨シーズンは公式戦34試合19ゴール11アシストを記録。ロシアW杯ではグループリーグ初戦でドイツ撃破の一撃を決めるなど、4試合1ゴール1アシストの成績を残し、メキシコ代表のベスト16入りに貢献した。
コメント
関連ニュース
thumb

バレンシア、新守護神としてGKシレッセンを43億円で獲得!

バレンシアは26日、バルセロナからオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は3500万ユーロ(約43億円)。契約期間は2023年6月30日までとなり、契約解除金は8000万ユーロ(約98億円)に設定されている。 2016年にアヤックスからバルセロナに加入したシレッセンは、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンから正GKの座を奪えず、ここまでの3シーズンで公式戦31試合の出場にとどまっていた。 バレンシアへの移籍の決まったシレッセンは、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語った。 「バレンシアは素晴らしい歴史のある特別なクラブだ。僕にとってこの決断をすることは簡単なことだった。僕はスタートから出てチームを勝利に導きたい。今日は僕にとって特別な日となったね」 また、移籍するシレッセンに向けてバルセロナは公式サイトで以下のような声明を発表している。 「バルセロナはイェスパー・シレッセンに対し、その責任感と献身的な姿勢に感謝の意思を示すとともに今後の幸運と成功を祈っている」 2019.06.27 05:35 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、"ロベリ"後釜にデンベレをリストアップか

バイエルンが、バルセロナに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(22)の獲得に興味を示しているようだ。ドイツ『sportbild』が伝えている。 今シーズン限りでの元フランス代表MFフランク・リベリ(36)と元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の退団が決まっているバイエルン。その"ロベリ"の後釜としてマンチェスター・シティのドイツ代表FWレロイ・ザネ(23)の獲得を目指している。 しかし、バイエルンのウリ・ヘーネス会長が「上手くいく可能性は低い」と発言するなど交渉は難航。そこでバイエルンはザネの代替案として、2016年にも獲得に動いたデンベレをリストアップしているようだ。 2017年にドルトムントから1億500万ユーロ(約128億円)でバルセロナへ加入したデンベレ。負傷癖があるものの爆発的なスピードを武器に今シーズンの公式戦42試合で14ゴール9アシストを記録した。 なお、クラブとの契約を2022年までとしているデンベレには、バルセロナがパリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール獲得のためのトレード要員にするのではないかと報じるメディアもある。 2019.06.26 19:42 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、ビダル獲得に向けナインゴランとのトレードを画策?

インテルが、バルセロナに所属するチリ代表MFアルトゥール・ビダル(32)の獲得を検討しているようだ。イタリア『Corriere della Sera』の情報を引用してイタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 インテルの新指揮官に就任したアントニオ・コンテ監督がビダルの獲得に興味を示しているようだ。両者は2011年からユベントスで3年間共闘したことで良好な関係を築いているというが、900万ユーロ(約10億9000万円)の年俸がネックに。そこで、インテルは構想外と見られている元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(31)とのトレードを画策しているようだ。 2018年夏にバイエルンからバルセロナに加入したビダルは、加入当初こそ出場時間が少なかったが、ファイターとしてチームに大きく貢献。最終的に今シーズンは公式戦53試合に出場し、3ゴール7アシストを記録した。 ナインゴランは昨夏にローマからインテルに加入。公式戦36試合で7ゴール3アシストを記録したが、数回にわたってトレーニングに遅刻するなど素行面で問題を起こしていた。 2019.06.26 17:42 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア、今夏最初の補強はシレッセンに! ツイッターに投稿された動画から推測

バレンシアの公式ツイッターに投稿されたある動画が話題を呼んでいる。 バレンシアは25日、公式ツイッターにひとつの動画を投稿した。ホテルのフロントのようなところである人物が紙にサインし、バレンシアの象徴であるオレンジのサンダルを受け取っている映像なのだが、顔は最後まで隠されておりそれが誰なのかは確認できない。 だが、ファンはこれまでの報道や映像の少ないヒントからバルセロナのオランダ代表GKイェスパー・シレッセンだと特定し、そのツイートには多くのリプライが寄せられている。 スペイン『マルカ』をはじめとする多くのメディアもシレッセンのバレンシア移籍を報じており、同選手がバレンシアのホテルに宿泊していることまでキャッチしている報道機関もある。 また、スペイン『ムンド・デポルティボ』は以前にシレッセンとバレンシアのブラジル代表GKネトがトレードされるのではないかと報じており、今後の公式発表が注目されている。 2016年にアヤックスからバルセロナに加入したシレッセンは、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンから正GKの座を奪えず、ここまでの3シーズンでリーグ戦出場はわずかに5試合。公式戦全体でも31試合しか出場していなかった。 <a href="https://twitter.com/valenciacf_en/status/1143592024127524864">◆Big shoes to fill? No problem for this guy...◆</a> 2019.06.26 14:59 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサはデ・リフトから撤退? ターゲット変更か

バルセロナが、最終ラインの補強に関して、ターゲットを変更するようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 今夏の移籍市場で最大の注目株となっているアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)。各国のビッグクラブが狙う中、バルセロナは早くから獲得に動いていた。 しかし、代理人の手数料の条件を飲めないなど、交渉がもたついている間に、パリ・サンジェルマン、ユベントスへの移籍が濃厚に。バルセロナもデ・リフト側の要求に答える意思が薄まりつつあり、ターゲットを変更したようだ。 そこで新たに候補に挙がっているのが、マンチェスター・ユナイテッドのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(24)だ。2017年夏にベンフィカから3500万ユーロ(約42億7200万円)でユナイテッド入りしたリンデロフは、加入1年目は苦しんだものの、2年目の2018-19シーズンはプレミアリーグで30試合に出場。チームの守備を支える存在となっている。 デ・リフトは7500万ユーロ(約91億5300万円)の移籍金がかかると見られているが、リンデロフは値段的にも安く済むため、現状を考えるとデ・リフトよりも実現性は高いのかもしれない。 2019.06.26 12:47 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース