【CLグループC展望】PSG、リバプール、ナポリ… 死の組を抜け出すのは2018.09.18 18:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。グループCでは今大会屈指の激戦の組が生まれた。パリ・サンジェルマン(PSG)、リバプール、ナポリの3クラブによる決勝トーナメント進出を懸けたハイレベルな争いが繰り広げられること間違いなしだ。ただ、世界屈指のアタッカーを擁するリバプールとPSGが突破候補と予想。ナポリが割って入れるかが焦点となる。◆編集部予想
◎本命:リバプール
○対抗:パリ・サンジェルマン
△連下:ナポリ
☆大穴:ツルヴェナ・ズヴェズダ

◆昨季ファイナリストがパワーアップ~リバプール~
Getty Images
▽昨季CLファイナリストのリバプールが、死の組の首位突破本命と予想した。FWサラー、FWマネ、FWフィルミノのPSGに引けを取らない世界最高の3トップを擁す上、ウィークポイントとなっていたGKにブラジル代表正GKのアリソンを補強し、穴のない布陣が完成した。アリソン以外にもMFナビ・ケイヤにMFファビーニョ、MFシャキリと好タレントを補強し、プレミアリーグとの両立を十分に図れるスカッドとなっている。

◆トゥヘル新体制で挑む欧州の頂~パリ・サンジェルマン~
Getty Images
▽エメリ体制下での2年はいずれもベスト16敗退と不本意な結果に終わっていたPSG。悲願の初優勝に向けてクラブはドルトムントを指揮していたトゥヘル監督を招へい。多様な戦術を駆使する指揮官の下、FWネイマール、FWムバッペ、FWカバーニの世界最強3トップがどのような機能性を見せるのかに注目だ。仮にトゥヘル監督が主張の強い彼らをコントロールしきれない事態に陥れば、まさかの結果が待っているかもしれない。人格者であるGKブッフォンがチームにもたらす好影響に期待したい。

◆クジ運の悪さを跳ね返せるか~ナポリ~
Getty Images
▽他のグループであれば十分にグループステージを突破できるだけの戦力を持つナポリだが、ポット3最強のリバプールを引いてしまったのが痛恨だった。サッリ監督が3年をかけて作り上げてきたポゼッションスタイルのチームを引き継いだ百戦錬磨のアンチェロッティ監督の手綱捌きに注目が集まる。バイエルンでは持ち前の人心掌握術が発揮されなかったが、母国イタリアでの指揮であれば勝手は違うだろう。戦術の要であったMFジョルジーニョと守護神のGKレイナが抜けて戦力ダウンしている中、リバプールとPSGを出し抜くことはできるか。

◆セルビアの名門が初出場~ツルヴェナ・ズヴェズダ~
Getty Images
▽ザルツブルクとのプレーオフをアウェイゴール差で劇的に制したセルビアの名門がCL移行後、初の本戦初出場を果たした。1990-91シーズンにMFストイコビッチやFWサビチェビッチらを擁してCLの前身であるチャンピオンズカップを制覇した経験を持つツルヴェナ・ズヴェズダは、前横浜FマリノスのDFデゲネクの活躍もあって予選1回戦から勝ち上がって見せた。CL本戦出場を決めたチームはFWマリンやFWボアキエといった実力者を移籍期限最終日に迎え入れたが、如何せん他3クラブとの実力差があり過ぎ、最下位が必至の情勢だ。
コメント
関連ニュース
thumb

PSGがネイマール移籍金を驚愕の360億円に設定!?

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(27)にバルセロナ復帰が噂されている中、PSGがネイマールの移籍金に驚愕の3億ユーロ(約360億円)を要求しているとスペイン『アス』が伝えている。 18日にスペインのラジオ番組『エル・ラグエロ』にて、既にバルセロナがネイマールと連絡を取っており、移籍金1憶ユーロ(約121億円)に加えMFウスマーヌ・デンベレ、MFイバン・ラキティッチ、DFサミュエル・ユムティティを提供する用意があると報じられた。 しかし翌日にフランスの日刊紙『ル・パリジャン』が、PSGはネイマールの移籍金として驚愕の3億ユーロ(約360億円)を要求していると伝えた。これは同選手が2年前にバルセロナからPSGに移籍した際の金額よりも7800万ユーロも高い金額である。 ネイマール自身は近頃「もうここ(PSG)ではプレーしたくない、バルセロナに帰りたい」、「僕はバルセロナを去るべきでは無かった」などの発言をしているとされ、復帰希望が高まっているようだ。ただ上記の法外な移籍金設定等により復帰は簡単ではない模様で、金額だけでなく人的トレードも含めて交渉にあたっていると同紙は伝えている。 はたしてバルセロナでのM(リオネル・メッシ)S(ルイス・スアレス)N(ネイマール)復活はあるのか、サッカー界きってのスーパースターの今後の動向に注目が集まる。 2019.06.20 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG、バレッラ獲得関心のインテルに横やりか

パリ・サンジェルマン(PSG)がイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 カリアリ生え抜きのバレッラは、172cmと上背はないものの、高水準のパス精度にパンチ力のあるミドルシュートも兼備しているボックス・トゥ・ボックスタイプの万能型MF。インテルに在籍する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランを彷彿させるイタリア代表MFは、今シーズンの公式戦38試合で1ゴール4アシストを記録した。 そんなバレッラに強い関心を示しているというインテルにPSGが横槍。最近スポーツ・ディレクター(SD)に復任したレオナルド氏が、イタリアからのパイプを駆使してバレッラ獲得を考えているようだ。同氏は過去にペスカーラからイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティを1100万ユーロ(現在のレートで約13億3000万円)で引き抜いた実績を持っている。 なお、バレッラの移籍金は4000万ユーロ~5000万ユーロ(約48億5000万円~約60億6000万円)になると複数のイタリアメディアは推測している。 2019.06.19 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG会長、ムバッペ残留“200%”確信「こんな最高な選手、手放さない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケラフィ会長が、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)の残留を強調している。イギリス『BBC』が『フランスフットボール』を引用して伝えた。 フットボール界のニュー・スターとして、その存在感を高め続けるムバッペ。リーグ・アンでは最終節を残して、ここまでリーグ戦29試合33ゴール9アシストを記録し、2018-19シーズンのリーグ・アン年間最優秀選手賞と3年連続の年間最優秀若手選手賞に輝いた。 しかし、その授賞式でムバッペが「ここで多くのことを学ばせてもらった。次は、その僕がもっと責任を負うべきときなのかもね。その場所がPSGであれば、大きな喜びだけど、新しいプロジェクトを持つ他の場所かもしれない」と移籍をほのめかすようなスピーチを発したことが原因で周囲を騒がせた。その後、クラブは火消しのツイートをし、その場を収めたが、依然としてレアル・マドリーからの関心が伝えられている。 そうした状況の中だが、PSGのアル・ケラフィ会長はムバッペのクラブ残留を確信している。 「こんな最高な選手、手放さないよ」 「彼はチームやクラブと成長するという我々のプロジェクトに関わりたいと思ってくれている。彼はとても知的で理解してくれている。彼が来年もPSGにいるかって? 100パーセントではなく、200パーセントと確信している」 2019.06.19 14:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベ、ラムジーに続きラビオもフリーで獲得へ!

ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)との合意に至ったようだ。スペイン『El Chiringuito TV』の情報を引用して『フットボール・イタリア』が伝えている。 PSGとの契約延長交渉を固辞したことで今夏の移籍が決定的となっているラビオ。当初はバルセロナ行きが濃厚と思われていたが、アヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(22)の獲得もあり消滅した。 最近の報道では、ラビオ争奪戦はマンチェスター・ユナイテッドとユベントスの一騎打ちだと見られていた。そうした中で同選手は先日に、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』で「ユベントスは誰もがプレーを望むビッグクラブだ。僕らはいくつかの協議をしている。それは事実さ」とイタリア王者との交渉を認めていた。 そして、今回伝えられるところによると、サラリー面では、年俸700万ユーロ(約8億4000万円)に1000万ユーロのサイン料(約12億1000万円)。さらに2024年までの5年契約で合意に至ったようだ。 なお、ユベントスは来シーズンに向けてアーセナルからウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)の獲得に成功。フリーでの補強は2人目となる。 2019.06.18 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマール、金銭+選手でカンプ・ノウ帰還か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)のバルセロナ復帰が迫っているという。ブラジル『Globoesporte』が報じた。 2017年夏に移籍史上最高額2億2200万ユーロ(現レートで約269億9000万円)の超ビッグディールでバルセロナからPSGに加入したネイマール。その新天地フランスで王様として扱われ、公式戦通算58試合51得点29アシストを誇るが、2シーズン連続の長期負傷離脱や、女性に対する性的暴行のスキャンダルなど、ピッチ内外のネガティブな話題が先行している。 そのネイマールに対して、古巣バルセロナが水面下で連れ戻しに動いている様子。PSGとの交渉は順調に進められており、バルセロナは移籍金を1億ユーロ(約121億1000万円)に抑える代わりとして、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(25)や、同代表FWウスマーヌ・デンベレ(22)、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(31)のいずれかを譲渡するという。 PSGの会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏は先日、『フランス・フットボール』で具体名こそ避けたが、「スター気取り」の選手に対して「ドアは開かれている」とコメント。この発言はネイマールに向けたものとして話題を集めており、フランス『レキップ』によると、これまで放出を否定してきたPSGは適切なオファーが届けば、交渉に応じる姿勢だとみられる。 なお、ネイマールとPSGの契約は2022年6月まで。PSG会長の発言により、一層の脚光を浴びることになったネイマールの去就は、どのような形で終着するのだろうか。 2019.06.18 18:15 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース