ニコ・シュルツの逆転弾で逃げ切ったドイツがペルーに辛勝《国際親善試合》2018.09.10 05:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドイツ代表は9日、国際親善試合でペルー代表と対戦し、2-1で勝利した。

▽6日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ1のフランス代表戦をゴールレスドローで終えたドイツは、その試合から先発を5人変更。GKノイアーやミュラー、フンメルスらに代わりGKテア・シュテーゲンやギュンドアン、ブラントらが先発に名を連ねた。

▽一方、6日にオランダ代表との親善試合で惜敗したペルーは、その一戦から先発を3人変更。カリージョ、ロヨラ、ラモスに代えてフローレス、ルイディアス、アラウホを先発で起用した。

▽ブラント、ロイス、ヴェルナーを3トップに並べた[4-3-3]を採用したドイツは開始2分、ギュンドアンのスルーパスからロイスがゴール前に抜け出したが、シュートは飛び出したGKガジェセに防がれる。さらに13分には、右CKからギンターがヘディングシュートでペルーゴールに迫ったがこれは相手GKの正面を突いた。

▽対するペルーは23分、中盤からカウンターを仕掛けるとクエバのパスをボックス右手前で受けたアドビンクラがそのままボックス右まで持ち上がり、豪快なシュートをニアサイドに突き刺した。

▽先制を許したドイツだが、すぐに反撃。25分、敵陣右サイドでボール奪取に成功したギンターのバイタルエリア中央に素早くパスを送ると、クロースが縦へのドリブルで相手DFを引き付けラストパス。これをゴールエリア右付近で受けたブラントが冷静に決めて、試合を振り出しに戻した。

▽同点弾で攻勢を強めるドイツは、34分にもキミッヒのパスが相手DFに当たりゴール前のヴェルナーに繋がると、飛び出したGKを冷静にかわしゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。

▽迎えた後半、ドイツはロイスとJ・ボアテングを下げてドラクスラーとリュディガーを投入。しかし、先にチャンスを作ったのはペルー。54分、クエバの右CKをトラウコがヘディングシュートで合わせたが、これはGKテア・シュテーゲンの好セーブで難を逃れた。

▽対するドイツも、直後に自陣からのロングカウンターで決定機を迎える。56分、右サイドを持ち上がったブラントが絶妙なスルーパスを供給すると、相手DFの裏に抜け出したヴェルナーがループシュートを狙ったが、これは枠の上に外れた。

▽一進一退が続く中、ドイツは84分にギュンドアンを下げてミュラーを投入。すると直後の85分、左クロスを相手DFがクリアミスすると、こぼれ球をペテルゼンがワンタッチではたくと、ボックス手前に走り込んだニコ・シュルツがダイレクトシュート。これにGKガジェセも反応したが弾き切れず、ゴールはそのままゴールネットに吸い込まれた。

▽結局、試合は2-1のまま終了。決定力不足が響き苦戦を強いられたドイツだが、終盤のニコ・シュルツ弾で逆転勝利を飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

ドイツ代表が公式戦7戦ぶり勝利! レーブ監督が歓喜「ここ一年のことは考えない」

ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督が、オランダ戦での勝利の喜びに浸っている。スペイン『アス』が伝えた。 ドイツ代表は24日、ユーロ2020予選・グループC第2節でオランダ代表とのアウェイマッチに臨み、3-2で勝利。世代交代を推し進めている最中、ようやく公式戦7試合ぶりの白星を手にした。 ブラジル・ワールドカップ(W杯)を圧倒的な戦いぶりで制したドイツは、世界王者として臨んだロシアW杯でまさかのグループステージ敗退。その後、UEFAネーションズリーグ(UNL)でも未勝利でグループB降格の屈辱を味わっていた。 また、UNLでは第3節でオランダ代表に0-3と完敗。第6節のリターンマッチでもホームで2-2の引き分けと苦汁をなめており、先日の一戦はリベンジマッチとなっていた。試合後、久々の勝利を手にしたレーブ監督は、喜びを噛み締めている。 「非常に満足している。個人的にとても気分が良い。ここ一年の間に起ったことはこれ以上考えない。それは過ぎ去ったんだ」 「最近の試合では良いプレーをしていて、私はこの試合の前から既に好感触を感じていた。報われはしなかったが、(UNL最終節の)ホームでのオランダ代表戦でも上手くプレーしていた」 2019.03.26 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

世代交代のドイツが終了間際弾で復活オランダに劇的勝利! 白熱の打ち合いを制す!《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選・グループC第2節、オランダ代表vsドイツ代表が24日に行われ、2-3でドイツが勝利した。 昨年行われたUEFAネーションズリーグでも対戦したグループC突破候補筆頭の両国の一戦。ドイツに1勝1分けと勝ち越して復活を予感させているオランダは、3日前に行われた予選初戦のベラルーシ代表戦を4-0と快勝した。そのベラルーシ戦のスタメンからベルフワインに代えてプロメスのみを変更した。 一方、4日前に行われた親善試合のセルビア代表戦を1-1と引き分けた世代交代中のドイツは、初戦のオランダ戦に向けてセルビア戦のスタメンから7選手を変更。ザネ、キミッヒ、ジューレ、GKノイアーが引き続き先発となって、クロースやニャブリ、リュディガーらがスタメンとなった。 オランダは3トップに右からバベル、デパイ、プロメス、中盤アンカーにF・デ・ヨングを配す[4-3-3]で臨んだ。 一方のドイツは2トップにザネとニャブリ、トップ下にゴレツカ、3バックの中央にジューレを配す[3-5-2]で臨んだ。 開始2分にニャブリがGKを強襲するシュートを浴びせる良い入りを見せたドイツに対し、ディフェンスラインに下りてくるF・デ・ヨングを軸に徐々にポゼッションを高めるオランダが応戦する序盤となった。 そんな中15分、ドイツが先制する。N・シュルツの左クロスを受けたザネがボックス左からゴール右サイドネットにシュートを突き刺した。 先制後、5バック気味に守るドイツ相手に、オランダは25分にバベルが決定的なシュートを浴びせるも、GKノイアーのファインセーブに阻まれる。続く27分にもバベルのゴール至近距離からのボレーシュートが枠を捉えたが、ここもGKノイアーのビッグセーブに阻まれた。 すると34分にドイツが加点する。左サイドから中に切れ込んだニャブリがボックス左からゴール右上に豪快なシュートを叩き込んだ。 攻守に充実のドイツは39分にケーラーがヘディングシュートで、直後の40分にもザネがディフェンスライン裏を取って決定的なシュートを浴びせるも、いずれもGKシレッセンの好守に阻止され、3点目は奪えずに前半を終えた。 迎えた後半、開始3分にオランダが1点を返す。左CKの流れからデパイの鋭いクロスをデ・リフトが打点の高いヘッドでゴール右に流し込んだ。 その後も攻勢をかけるオランダは63分に追いついた。プロメスの左クロスを受けたボックス中央のデパイが密集の中からゴール左にねじ込んだ。 2点のビハインドを追いついたオランダが引き続き押し込む展開が続いたが、3点目に迫るには至らない。すると終盤にかけてはドイツも盛り返し、互角の展開に。 そして90分、ドイツが劇的な勝ち越しゴールを挙げる。スルーパスに抜け出した途中出場のロイスがボックス左からクロスを入れると、N・シュルツが右足ダイレクトでゴール右に流し込んだ。 これが決勝点となってドイツが勝利。オランダとのグループ本命対決を制し、白星発進としている。 2019.03.25 06:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ドイツを侮るなかれ! ビッグマッチに臨むファン・ダイクが警戒

リバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、ドイツ代表との一戦に気を引き締めている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 オランダは24日、ユーロ2020予選グループC第2節でドイツと対戦する。オランダは先日の第1節ベラルーシ代表戦を4-0と快勝しており、勢いそのままに臨むビッグマッチだ。 一方のドイツは、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)ではグループステージで敗退しており、UEFAネーションズリーグでもまさかのグループB降格と不振が続いている。しかし、ファン・ダイクは元世界王者との一戦を前に気を引き締め直した。以下のように語っている。 「現時点で彼らが最高の時期にあるわけではないが、素晴らしい選手を擁していることを忘れてはいけない」 「彼らは個の力のあるハイクオリティーなチームだ。それを捨ておくことは出来ない」 2019.03.24 10:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ザネとギュンドアンへの人種差別で3人の男が逮捕

ヴォルフスブルク警察は、ドイツ代表MFレロイ・ザネ、MFイルカイ・ギュンドアンへの人種差別虐待の容疑で、3人の男を取り調べているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ドイツ代表に招集されているザネとギュンドアンは、20日に行われたセルビア代表との一戦に出場。試合は1-1の引き分けに終わったが、その際に1人のジャーナリストが人種差別行動を訴えた。 3人の男は木曜日に警察に拘束。ザネとギュンドアンに対し、「ネグロ」という言葉を使用。また、試合中にはナチスのスローガンを唱えていたとされている。 ヴォルフスブルク警察は声明を発表。事件について捜査を続けることを明かした。 「水曜日の夜、サッカーの試合であるドイツvsセルビアでドイツ代表チームの2人の選手を侮辱したとされる3人の男を木曜日の午後に取り調べた」 「30〜40歳の3人の男が、最初の取り調べで事件についてコメントしている」 「警察は来週の初めにさらなる捜査を行い、ブラウンシュッヴァイク検察へ引き渡す」 2019.03.23 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

危険なファウルを受けて途中交代のザネ、無事を報告 レーブ監督「幸運にもケガをせず済んだが…」

セルビア代表との国際親善試合で危険なタックルを食らったドイツ代表FWレロイ・ザネ(マンチェスター・シティ)だが、無事だったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ドイツは20日、国際親善試合でセルビアと対戦。試合は1-1のドローで終了したものの、終了間際にはセルビアのミラン・パブコフがザネの足首に強烈なスパイクを見舞い一発退場となる場面があった。このラフプレーであわや大ケガを負ったかと思われたが、大事を取って交代した際には自らの足でベンチまで下がっていた。 しかし、試合後、ドイツを率いるヨアヒム・レーブ監督は同シーンについて「あれは危険なファウルだった。ザネは幸運にもケガをしないで済んだが、あれは骨折する可能性もあるものだった」とコメント。また、ザネ本人は「ファウルは悪質なものに見えたけど、僕の足首は全然大丈夫だよ」と無事を報告している。 2019.03.21 09:50 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース