ユナイテッド、デ・ヘアとの契約延長に“自信”か レアル・マドリーの長期追跡が終了2018.08.14 08:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『デイリー・スター』は、マンチェスター・ユナイテッドが所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)に契約延長の可能性が高まっていると報じた。▽デ・ヘアを巡っては、以前からレアル・マドリーの関心が取り沙汰され続けてきたが、チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが今夏にサンティアゴ・ベルナベウへ。これにより、デ・ヘアのレアル・マドリー移籍も終焉を迎えたとみられる。

▽そうした状況を受け、デ・ヘアの囲い込みに自信を深めたユナイテッドは、新たに5年契約を用意。個人条件もボーナス付きの週給20万ポンド(約2800万円)に引き上げ、オールド・トラフォードでのデ・ヘアの将来を揺るぎないものにしようとしているという。

▽なお、そのデ・ヘアの契約は、1年間の延長オプションを含めると、2020年まで。10日に行われたプレミアリーグ開幕節のレスター・シティ戦もフル出場し、チームの白星スタートに貢献している。
コメント
関連ニュース
thumb

デ・ヘア、ツアー後にも新契約締結か…英複数メディア報道

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)に契約延長の可能性が高まっている。イギリス『BBC』など複数メディアが報じた。 新シーズン限りでユナイテッドとの契約が失効するデ・ヘア。1年以上前から続く延長交渉は長らく平行線を辿っており、チームの新シーズンに向けた準備が始まろうかとする今も合意に至っていない。 だが、15日付のイギリス有力メディア『BBC』によれば、「ユナイテッドはプレシーズンツアーから帰還後、デ・ヘアが新契約にサインすることをますます自信を高めている」という。 また、『テレグラフ』もデ・ヘアとユナイテッドの長期契約締結を取り上げ、「週給35万ポンド(約4700万円)以上の契約を結ぶ見込みで、世界最高給のGKになる」と綴っている。 ユナイテッドは今夏、ウェールズ代表FWダニエル・ジェームズやU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカを獲得。イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードらとの契約延長にも成功した。 絶対的守護神の慰留にも成功となれば、オーレ・グンナー・スールシャール監督にとっても、ファンにとっても、待ちに待った知らせとなるが、果たして…。 2019.07.16 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍のワン=ビサカ、先輩ザハからのアドバイスを明かす

先月29日にマンチェスター・ユナイテッド移籍が発表されたU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ。移籍決定後にクリスタル・パレスのチームメイト、FWウィルフレッド・ザハからアドバイスを受けていたことを明かした。 推定5000万ポンドというDFとしては史上6番目に高額な移籍金で赤い悪魔に加入した同選手。先日行われたオーストラリアのパース・グローリーとの親善試合でデビューを果たしたその試合後、ザハからユナイテッド移籍に向けてアドバイスがあったことを話した。 「僕がユナイテッドに移籍することを知った時、彼は僕に恐れずにプレーしろと言ってくれた。『君のプレーを見せればいいんだ。昨シーズンの様にね』とも言ってくれたよ」 「僕の移籍を喜んでくれた。ユナイテッド移籍に相応しいと、ハードワークを続けろと助言があった」 「プレッシャーに気を取られ過ぎないよう頑張るよ。チームが前進するのを助けるために、選手としてもっと成長しなければならない」 「クリスタル・パレスでプレーしていなかったら僕がここに来ることはなかっただろう」 なお、ザハは2013年1月にクリスタル・パレスからユナイテッドに移籍。出場したのはわずか4試合で成功とは言えない移籍だったが、先輩として新たな挑戦に立ち向かう21歳の若者に、力強い言葉を送ったようだ。 2019.07.15 15:29 Mon
twitterfacebook
thumb

新天地決まらずのモウリーニョ、フリー満喫宣言!

ポルトガル人指導者であるジョゼ・モウリーニョ氏(56)が現場復帰の可能性に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2018年末にマンチェスター・ユナイテッド監督の座を辞して以来、無所属の状態が続くモウリーニョ。最近、中国から好条件のオファーが舞い込んだが、これを断ったとみられる。 14日に行われるモータースポーツ『フォーミュラ1』のイギリスGPを観戦するため、現地入りしたモウリーニョ氏は去就について問われると、こう述べたという。 「現場復帰を渇望しているが、適したプロジェクト、適したクラブを待つよ。その間、私はやりたいことをやる。仕事が好きだが、ほかのスポーツも好き。それを楽しむ良い機会だ」 2019.07.14 16:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、マグワイア獲得迫る! 選手自らアクションか

レスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)に対して、“赤い悪魔”入りの可能性が高まっているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏、マンチェスター勢の関心が取り沙汰されるマグワイア。だが、マンチェスター・シティは、リバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが2018年1月にサウサンプトンから移籍時に記録したDF史上最高額に並ぶ移籍金の支払いに難色を示しており、マンチェスター・ユナイテッドが行き先の本命として浮上している状況だという。 そのマグワイアは現在、フランスで行われているレスターのトレーニングキャンプに参加中。選手側のリクエストがない限り、売却しない方針を示すレスターだが、ユナイテッドから移籍金7500万ポンド(約101億7000万円)のオファーが届いているマグワイアはブレンダン・ロジャーズ監督や、チームメイトに移籍願望を明らかにした模様だ。 オーレ・グンナー・スールシャール監督の下で新シーズンに臨むユナイテッドは今夏、ウェールズ代表MFダニエル・ジェームズと、U-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカを獲得。だが、長らく補強の必要性が指摘されるセンターバックの獲得に至っておらず、スールシャール監督はさらなる新戦力の確保に向けた動きを示唆している。 2019.07.14 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ、ポグバ復帰の扉をクローズ

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)のユベントス復帰は実現しなさそうだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏、新たなチャレンジとしてユナイテッドからの移籍希望を公言したポグバ。代理人を務めるミノ・ライオラ氏も先日、「誰もがポールの移籍意思を知っている。我々はそのプロセスにある」と述べ、ユナイテッドにプレッシャーをかけている。 だが、そのポグバの移籍先候補としてレアル・マドリーとともに長らく挙がるユベントスは、争奪戦から手を引いたとのこと。ユベントスの副会長を務めるパベル・ネドベド氏がポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏にその旨を言い渡したという。 ユベントスは今夏、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーとフランス代表MFアドリアン・ラビオの加入で中盤の補強に成功。さらに、フィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザの獲得を目指しているため、ポグバを見送った模様だ。 これにより、ポグバが移籍するとなれば、その行く先はレアル・マドリー一択に。だが、ポグバを売る気のないユナイテッドは、売却額として1億5000万ポンド(約203億4000万円)を設定しているとされ、そう容易く移籍できない様相となっている。 2019.07.13 18:45 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース