リバプールFWイングス、セインツへ! シーズンローンが決定

2018.08.10 08:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サウサンプトンは9日、リバプールに所属する元イングランド代表FWダニー・イングス(26)のレンタル加入を発表した。期間は1年間となる。

▽サウサンプトン下部組織出身のイングスは、ボーンマスでプロデビュー後、ドーチェスター・タウン、バーンリーを経て、2015年夏にリバプール入り。だが、2度もヒザを痛めて戦線離脱を余儀なくされるなどケガに泣かされ、十分なアピールに至らなかった。

▽イングスはクラブ公式サイトで「新しい旅に向かうときが来たと感じた。自分を試したかったし、その準備もできていた。再び自分の価値を示したい」とコメントしている。

▽なお、イングスの契約には今シーズン終了後の買取義務が付随。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、買取額は2000万ポンド(約28億5000万円)程度とみられる。

関連ニュース
thumb

元横浜FMの韓国代表FWユン・イルロクら5名がモンペリエを退団

モンペリエは16日、韓国代表FWユン・イルロク(29)ら5名の退団を発表した。 ユン・イルロクは、かつて横浜F・マリノスに在籍。公式戦27試合に出場し2アシストを記録すると、2020年1月にモンペリエへ完全移籍していた。 モンペリエではなかなか出番がなく、1シーズン半で公式戦18試合に出場。今シーズンはリーグ・アンで12試合に出場していたがゴールはなかった。 その他、フランス人FWヤニス・アムール(22)、フランス人MFサミ・ベンシャマ(20)、フランス人MFキリアン・カイブー(22)、南アフリカ人FWキーガン・ドリー(28)も契約満了で退団することが発表されている。 2021.06.17 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ジョバニ・ドス・サントスがクラブ・アメリカを退団

クラブ・アメリカは16日、元メキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントス(32)が退団したことを発表した。 バルセロナのカンテラ出身であるドス・サントスは、2007-08シーズンにトップチーム昇格を果たすも、トッテナムやマジョルカ、ビジャレアルといったクラブを渡り歩き、2015年夏にLAギャラクシーへ移籍。同クラブでは在籍4シーズンで公式戦88試合に出場し28ゴール19アシストを記録。だが、契約最終年となった2018シーズンはリーグ戦14試合で3ゴールと思うような活躍を見せることはできず。そのままLAギャラクシーを退団。 LAギャラクシー退団以降、フリーの状況が続いていたドス・サントスだが、2019年の夏にドス・サントスの父親であるシシーニョ氏が2度に渡って在籍していたクラブ・アメリカへと加入。クラブ・アメリカでは在籍2シーズンで公式戦42試合に出場し4ゴール2アシストを記録したが、今季は公式戦18試合の出場にとどまっていた。 なお、クラブ・アメリカはレアル・マドリーのカスティージャからレンタル移籍していたFWセルヒオ・ディアス(23)の退団も併せて発表している。 2021.06.17 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、エンポリをセリエA昇格に導いたディオニージ監督を招へい

サッスオーロは16日、アレッシオ・ディオニージ監督(41)を新指揮官に任命したことを発表した。契約期間は2023年6月までの2年間となっている。 サッスオーロでは近年の躍進を支えたロベルト・デ・ゼルビ監督がシャフタールに引き抜かれていた。 ディオニージ監督はこれまでヴェネツィアなどセリエBのクラブを軸に歴任。昨年8月に就任したエンポリを今季セリエB優勝に導き、セリエA昇格を果たしていた。 なお、ディオニージ監督はサッスオーロでの新シーズンが自身セリエA初挑戦となる。 2021.06.17 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリーがセルヒオ・ラモスの退団を発表…明日にもセレモニーを開催

レアル・マドリーは16日、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)の退団を発表した。 2005年にセビージャから加入して以降、誰もが認めるカピタンへ成長したセルヒオ・ラモスに対して、クラブは17日にフロレンティーノ・ペレス会長出席のもと、同選手のお別れセレモニーを実施することを発表。 同選手はセレモニー後にメディアへ向けた記者会見に出席するとのことだ。 2005年にセビージャから加入して以降、公式戦671試合に出場し、101ゴールを記録したセルヒオ・ラモスは、5度のラ・リーガ制覇や、史上初の3連覇を含む4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、数々のタイトルをもたらした。 契約最終年となった今季は、度重なるケガや新型コロナウイルス感染の影響で公式戦21試合出場にとどまると、現在開催中のユーロ2020のスペイン代表からも外れていた。 なお、現時点でスペイン代表DFの去就は不明となっているが、古巣セビージャやパリ・サンジェルマンが獲得に動いていると報じられている。 2021.06.17 05:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、昨季レンタルで6Gを挙げたマクシミリアン・フィリップを完全移籍で獲得!

ヴォルフスブルクは16日、ディナモ・モスクワからレンタル移籍で加入していたドイツ人FWマクシミリアン・フィリップ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 かつてフライブルクやドルトムントでプレーしたM・フィリップは2019年の夏に クラブ最高額の移籍金でディナモ・モスクワに完全移籍。ディナモ・モスクワでは、加入初年度から主力としてリーグ戦20試合に出場し8ゴール1アシストを記録。 この活躍が認められ、昨夏にヴォルフスブルクへレンタル移籍で加入するとブンデスリーガ24試合に出場し6ゴール2アシストを記録していた。 ヴォルフスブルクへの完全移籍が決まったM・フィリップは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「ヴォルフスブルクの正式な一員となり、良い歩みを進めるチームをこれからサポートし続けていける事をとても嬉しく思っている。新シーズンへの期待はとても大きいよ。チャンピオンズリーグでの試合はもちろん、フォルクスワーゲン・アリーナでサポーターの前でプレーするのが待ち遠しいよ」 なお、ドイツ『キッカー』によれば、M・フィリップのレンタル移籍には1100万ユーロ(約14億6000万円)の買取オプションが付随していたが、ヴォルフスブルクはこれを行使せず。700万ユーロ(約9億3000万円)の移籍金で獲得に至ったとのことだ。 2021.06.17 02:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly