ユーベ復帰のボヌッチ「トリノは僕の家」

2018.08.03 08:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントス復帰を果たしたイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(31)がコメントした。『フットボール・イタリア』が報じた。

▽ボヌッチは、2017年夏にユベントスからミランに移籍。ミラン復権のキーマンとして存在感を放ち、ヨーロッパリーグ出場権の獲得に大きく貢献した。

▽だが、ボヌッチは今夏の移籍志願が明らかになり、2日にイタリア代表DFマッティア・カルダーラ(24)とのトレードでユベントス復帰が決定している。

▽わずか1シーズンでユベントス復帰を決断したボヌッチ。復帰決定を受け、次のように思いを明かした。

「この先の出来事はイメージし難いけど、きっと素晴らしいことに違いない。ワクワクするね。トリノは僕の家。そして、ユベントスも僕の家だ。戻ってこられてすごく嬉しいよ」
コメント
関連ニュース
thumb

9連覇に前進するユベントス、4発快勝も課題に言及するサッリ

ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督が“トリノ・ダービー”を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは4日、セリエA第30節でトリノと対戦。オランダ代表DFデ・リフトがハンドでPKを与えて失点を許すも、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの4試合連続となるアベック弾などで4-1と快勝した。 試合後、サッリ監督はスコアでは3点差がついたものの、苦労した試合だったとコメント。またゴールを決めたディバラと最終ラインでプレーするコロンビア代表MFフアン・クアドラードにも言及している。 「2点をとった後は簡単だと思っていた。そして、相手がPKを決めたことでナーバスになった。なぜなら、彼らが差を縮めたと考えたからだ」 「少し高い位置をとって相手をコートの半分へ押しやり、ラインの間に留まることにした。試合のある時間帯はあまり上手くいかず、後半終盤にはチームに疲れが見えてクオリティが落ちた」 「ディバラを疑ったことはないよ。私はいつも彼にどのようにトレーニングしてプレーすべきか話している。もっとボックスとクリスティアーノ(・ロナウド)の近くでプレーする必要がある。それはお互いにとって良いからだ」 「試合の終盤、彼は「ついに」とFKでのゴールについて言ったよ。クアドラードがディフェンスラインでプレーすることへの意欲と応用力には驚いた。彼はいつもトレーニングに集中しているし、優れた技術を保ったまま、素晴らしいディフェンダーになっている」 なお、試合後に行われたラツィオvsミランでは、ミランが0-3で快勝。この結果を受けて、首位ユベントスと2位ラツィオとの勝ち点は「7」にまで広いている。 2020.07.05 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“闘犬”ダービッツの強烈ミドルにゴール裏の警備員も思わず顔を背ける【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元オランダ代表MFエドガー・ダービッツ氏がユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆警備員も思わず避ける!? ダービッツの強烈ミドル!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3czFYWUtpMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 名門アヤックスユースで育ったダービッツ氏は、1991年にトップチームデビュー。アヤックスでは、数々のタイトル制覇に大きく貢献した。 この活躍が認められ、1996年にミランへ加入するもケガやフロントとの確執から1997-98シーズン途中にユベントスへ移籍。ユベントスでは、シーズン途中加入ながらスクデット獲得に大きく貢献し信頼を勝ち取ると、2003-04シーズンにバルセロナへレンタル移籍するまで、在籍6年間で公式戦243試合に出場した。 1999年の1月26日に行われたコッパ・イタリア準々決勝、ボローニャとの2ndレグでは見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた78分、中盤から持ち上がったダービッツは、ゴールまで25m以上の距離があったものの、そのまま利き足である左足を一閃。グングンと伸びたボールは相手GKフランチェスコ・アントニオーリに触ることすら許させず、ゴール左上隅に突き刺さった。 この強烈なシュートには、ゴールネットの裏にいた警備員も思わず顔を背けており、その威力の程が分かる圧巻のシュートだった。 2020.07.05 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ移籍後初FK弾のC・ロナウドが快記録! クラブ60年ぶりのセリエA25ゴール達成

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(35)が快記録を成し遂げた。 C・ロナウドは4日に行われたセリエA第30節のトリノ戦に先発。2点リードの61分、バイタルエリア中央のやや左寄りから直接FKを沈め、4-1の勝利に大きく貢献した。 C・ロナウドが直接FKを成功させたのはユベントス加入後初。データ集計サイト『Opta(@OptaJoe)』によると、直接FKからゴールを挙げるまで43本目を要した模様だ。 また、今季のセリエAで記録した25得点目(26試合)はユベントスの歴史的に好記録。セリエA1シーズンで25得点以上は1960-61シーズンのオマール・シボリ氏以来だという。 直近の出場16試合で20得点4アシストの圧倒的な数字が物語るとおり、35歳の年齢を超越するパフォーマンスを披露するC・ロナウド。今後の活躍から目が離せない。 2020.07.05 09:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ブッフォン記録樹立のユーベ、ディバラ&ロナウドの4戦連発揃い踏み弾でトリノ・ダービー快勝!《セリエA》

セリエA第30節、ユベントスvsトリノのトリノ・ダービーが4日に行われ、4-1でユベントスが快勝した。 4日前に行われた前節ジェノア戦をC・ロナウド&ディバラの3試合連続アベック弾で快勝した首位ユベントス(勝ち点72)は、2位ラツィオとの4ポイント差を維持した中、ジェノア戦のスタメンからシュチェスニーに代えてマルディーニ氏の持っていたセリエA最多出場記録を塗り替える648試合出場となる42歳のブッフォンが先発となった。 2連敗中の14位トリノ(勝ち点31)に対し、開始3分にユベントスが先制する。ボックス右でクアドラードのパスを受けたディバラがDF2人を外し、左足でシュートを流し込んだ。 好スタートを切ったユベントスは18分にC・ロナウドがGK強襲のシュートを浴びせると、29分に加点した。カウンターに転じた流れから、C・ロナウドのラストパスを受けたボックス右のクアドラードがDFに対応されながらもゴール左に蹴り込んだ。 ハーフタイムにかけても主導権を握っていたユベントスだったが追加タイム2分、ヴェルディのシュートがボックス内のデ・リフトの手に当たりPKを献上。これをベロッティに決められ、2-1で前半を終えた。 迎えた後半、開始4分にイエローカードを受けていたピャニッチに代えてマテュイディを投入したユベントスは、56分にベルナルデスキに代えてドグラス・コスタを投入。 すると61分、ユベントスに3点目。ボックス手前左で得たFKをC・ロナウドが直接狙い、ゴール左上に蹴り込んだ。C・ロナウドはユベントス加入後、初の直接FK弾となった。 4試合連続となるディバラ&C・ロナウドのアベック弾でリードを広げたユベントスは、余裕の展開に持ち込むと、終盤の87分にドグラス・コスタの左クロスがオウンゴールを誘って4-1。 ブッフォンの記録達成試合を快勝で制し、この後ミランと対戦するラツィオにプレッシャーをかけている。 2020.07.05 02:14 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第30節プレビュー】トリノ・ダービーやラツィオvsミランの好カード開催!

ミッドウィークに行われた前節、首位ユベントスと2位ラツィオが揃って勝利し、両チームの4ポイント差が維持された。迎える第30節は土曜にトリノ・ダービーとラツィオvsミラン、月曜にナポリvsローマの太陽ダービーが組まれ、好カード満載となっている。 3試合連続のC・ロナウド&ディバラのアベック弾でジェノアに快勝した首位ユベントス(勝ち点72)は、2連敗中の14位トリノ(勝ち点31)とのダービーに挑む。再開後のリーグ戦3連勝と、9連覇へ向けて勝負強さを見せつけているユベントスは、絶好調のディバラと試合毎に調子を上げているC・ロナウドのコンビで地元のライバル撃破といきたい。 続いてトリノ・ダービー後に行われるラツィオvsミラン。トリノに逆転勝利し、2戦連続での逆転劇となってユベントスを追走する2位ラツィオ(勝ち点68)。難しい展開を強いられながらも勝ち切っているここ2試合を見れば、地力が付いていることを証明している。ミランを下し、更なる勢いに乗れるか。 一方、最下位SPALに何とかドローに持ち込む形となった7位ミラン(勝ち点43)は、イブラヒモビッチが途中出場で復帰。カスティジェホの負傷は痛いが、戻ってきた大黒柱がチームに勝利をもたせるかに注目だ。 サンチェスの躍動などで6発圧勝とした3位インテル(勝ち点64)は、冨安ボローニャとのホーム戦に臨む。前節ブレシア戦ではルカクやエリクセンをベンチスタートとした中、余裕の圧勝劇を飾った。首位ユベントスとは8ポイント差とまだまだ逆転スクデットへの望みがある中、圧勝の勢いを持続できるか。 対する11位ボローニャ(勝ち点38)は前節カリアリとの中位対決を1-1で引き分けた。ヨーロッパリーグ出場圏内の7位ミランとの5ポイント差は維持したが、何とか勝ち点を持ち帰り、欧州カップ戦出場の望みをつなぎたい。冨安としてはインテルの強力2トップをいかに抑え込むかがポイントとなる。 レッチェとの残留争いをフル出場で勝利に貢献したサンプドリアの吉田。そのサンプドリアは今節も19位SPALとの残留争いに臨む。降格圏の18位レッチェと4ポイント差を付けた中、今節も残留を争う相手を下して一気に安全圏に浮上したいところ。吉田の守備の統率に期待だ。 最後に月曜に行われる5位ナポリvs6位ローマ。4位アタランタが好調で、共にCL出場権獲得が難しい状況となっているが、打ち合いの好ゲームを期待したい。 ◆セリエA第30節 ▽7/4(土) 《24:15》 ユベントスvsトリノ 《26:30》 サッスオーロvsレッチェ 《28:45》 ラツィオvsミラン ▽7/5(日) 《24:15》 インテルvsボローニャ 《28:45》 サンプドリアvsSPAL ブレシアvsヴェローナ カリアリvsアタランタ パルマvsフィオレンティーナ ウディネーゼvsジェノア ▽7/6(月) 《28:45》 ナポリvsローマ 2020.07.04 18:00 Sat
twitterfacebook