北九州FW平井将生、FCマルヤス岡崎に期限付き移籍

2018.07.30 12:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
▽ギラヴァンツ北九州は30日、FW平井将生(30)が日本フットボールリーグ(JFL)のFCマルヤス岡崎に期限付き移籍することを発表した。期間は2019年1月31日までとなる。

▽ガンバ大阪ユース出身の平井は2006年に同クラブでプロデビューすると、2010年にJ1リーグ14得点を記録。その後、アルビレックス新潟、アビスパ福岡を渡り歩き、2017年から北九州に加わり、今シーズンは明治安田生命J3リーグ9試合2得点を記録した。平井は、北九州の公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「この度FCマルヤス岡崎へ移籍することにしました。シーズンの途中でこれからもっと北九州のファンの皆さんに勝利を届けたかったのですが、それは仲間たちに任せました!いつもどんな時でも力強い声援を送ってくださったファン、サポーターの皆さんには感謝しています。1年半ありがとうございました」

関連ニュース
thumb

松本退団の田中パウロ淳一が栃木シティFCへ加入「死に物狂いで頑張ります」

松本山雅FCは3日、MF田中パウロ淳一(29)が栃木シティフットボールクラブへ加入することを発表した。 田中は大阪桐蔭高校から2012年に川崎フロンターレでプロキャリアをスタート。その後、ツエーゲン金沢、 FC岐阜、レノファ山口FCでのプレーを経て、2021年に松本へと加入した。 通算ではJ1で3試合、J2で203試合19得点、J3で32試合5得点、天皇杯で9試合4得点を記録。2022シーズンはJ3で8試合3得点に終わっていた。 TikTokなどSNSでの発信でも話題を呼んでいる田中は、クラブを通じてコメントしている。 「田中パウロ淳一です。栃木には闘いに来ました。死に物狂いで頑張ります。すべてはこれから魅せていきます」 2023.02.04 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

八戸退団の廣瀬智行、新天地は東京都2部に

ヴァンラーレ八戸は3日、DF廣瀬智行(28)の移籍先が東京都社会人2部リーグのTOKYO2020 FCに決まったと発表した。 城西国際大学出身の廣瀬は東京武蔵野シティFC、ラインメール青森FCで日本フットボールリーグ(JFL)でプレーを続けるなか、2021年に八戸でJリーグ初挑戦。だが、昨季も明治安田生命J3リーグで9試合と出番が限られ、契約満了による退団が決まっていた。 廣瀬は新天地の公式ツイッターを通じて、「こんにちは、廣瀬智行です。新しいチャレンジをさせてもらえることに感謝しています。自分の出せる力を出し切りチームに貢献できるように取り組んで行きたいと思います。よろしくお願いします」とコメントした。 2023.02.03 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥取がFC神楽しまねからFW遊馬将也が完全移籍で獲得「持っているものを全て出し切ります」

ガイナーレ鳥取は3日、FC神楽しまねからFW遊馬将也(29)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「29」となる。 遊馬は埼玉県出身で、武南高校から東洋大学へと進学。2016年にブラウブリッツ秋田へと入団する。 3シーズンを過ごし、J3で59試合に出場し7得点を記録。2019年に奈良クラブに完全移籍。2021年に松江シティFC(現:FC神楽しまね)へと完全移籍していた。 FC神楽しまねではJFLで51試合で8得点を記録。しかし、チームは選手などへの給与未払や資金繰りの問題があり、JFLからの退会が決定していた。 遊馬はクラブを通じてコメントしている。 「FC神楽しまねから加入する事になりました、遊馬将也です。チームの目標であるJ2昇格に向けて、自分の持っているものを全て出し切ります」 「そして日々を大切にし、感謝の気持ちを持って謙虚に取り組んでいきたいと思います!共に闘いましょう!応援よろしくお願いします!」 2023.02.03 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

柏が元U-21オランダ代表FWフロートを完全移籍で獲得、今季はデンマーク1部で9ゴール3アシスト…背番号は「17」

柏レイソルは2日、デンマークのヴィボーFFに所属するオランダ人FWジェイ・ロイ・ジョーネル・フロート(24)が完全移籍で加入することを発表した。 背番号は「17」。登録名はフロートとなり、手続きが完了次第出場登録されるという。 フロートは、NECナイメーヘンのアカデミー出身。2015年7月にファーストチームに昇格すると、2017年8月にはリーズ・ユナイテッドへと完全移籍する。 その後、レンタル移籍でVVVフェンロ、フィテッセに加入。2021年2月にドイツのオスナブリュックへと完全移籍。同年7月にヴィボーへと完全移籍で加入した。 今シーズンのスーペルリーガ(デンマーク1部)では17試合に出場し9ゴール3アシストを記録。4試合連続ゴールで中断期間に入っており、好調を維持している。 また、これまでエールディビジで85試合13ゴール4アシスト、スーペルリーガで33試合11ゴール3ゴールを記録しているストライカーだ。 なお、U-17からU-21まではオランダ代表としてもプレーしている。 フロートはクラブを通じてコメントしている。 「この日本に来ることができて嬉しく思っていますし、新しいチャレンジに向けて興奮しています。私のストロングポイントはスピードと体の使い方です」 「常にベストを尽くし、多くのチャンスに絡んで、得点を重ねていきたいです。ニックネームの『ジェイ』と呼んでください。これから応援よろしくお願いします」 2023.02.02 18:14 Thu
twitterfacebook
thumb

堂安律の同期、天才とも呼ばれたVONDS市原のMF市丸瑞希が25歳で現役引退…G大阪、岐阜、琉球でもプレー

VONDS市原は1日、MF市丸瑞希(25)の現役引退を発表した。 ガンバ大阪下部組織出身の市丸は2016年、DF初瀬亮(現:ヴィッセル神戸)、MF堂安律(現:フライブルク)、FW髙木彰人(現・ザスパクサツ群馬)と共にトップチーム昇格。元日本代表MF遠藤保仁(現:ジュビロ磐田)の後継者と目されるなど高い期待がかけられた。 しかし、G大阪ではポジションを掴めず、期限付き移籍していたFC岐阜から復帰した2020年もトップチームに定着できず、2020年8月から琉球に期限付き移籍。2021年から完全移籍となった。 2022シーズンはVONDS市原に所属したが、現役引退を決断した。 J1通算5試合、J2通算51試合、J3通算58試合1得点。リーグカップ通算8試合に出場した。また、世代別の日本代表も経験していた。 市丸はクラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンを最後に現役を引退することに決めました。7年間という短い時間ではありましたが、幸せな時間を過ごさせていただきました」 「ガンバ大阪でプロ生活をスタートしてFC岐阜、FC琉球、そして最後にVONDS市原FCでプレーをさせていただき、本当に感謝してます」 「今後はGustare Soccer Schoolで未来ある子供たちに僕の経験を伝えます。指導者としてサッカーに携わっていきたいと思います。今まで応援していただいた皆様、本当にありがとうございました」 2023.02.02 16:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly