「GREEN BECOMES A BLUE」元イングランド代表GKロバート・グリーンがチェルシーに加入!

2018.07.26 16:31 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは26日、元イングランド代表GKロバート・グリーン(38)をフリーで獲得したことを発表した。契約は1年間。▽キャリア晩年に差し掛かったこのタイミングでのキャリア最大のビッグクラブへの移籍に、グリーンは興奮を隠せない様子だ。

「疾風怒濤の24時間だった。自分のキャリアについて自分が今どこに居たいのか考えていた時に電話が鳴ったんだ。会話はすぐに終わったよ」

「本当にドラマティックだった。スタートが待ち切れないね。ここに来られて非常に嬉しい。スリルもあるけど誇り高いよ」

▽ロバート・グリーンはこれまでにノーウィッチやウェストハム、QPRで活躍。2017年夏にはリーズからハダースフィールドに移籍したが、昨シーズン終了後に契約満了を迎えていた。また、イングランド代表としては通算12試合に出場し、2010年のワールドカップでは、初戦のアメリカ代表戦でゴールマウスを守った。

▽チェルシーには第3GKとしてポルトガル代表GKエドゥアルドやイングランド人GKジャマル・ブラックマンが在籍しているが、両者はそれぞれ今夏にフィテッセとリーズへのレンタル移籍が決まっているため、ロバート・グリーン獲得に動いたようだ。

▽チェルシーはグリーン獲得発表をこのような見出しにしている。

「GREEN BECOMES A BLUE(グリーンが青に染まる)」

関連ニュース
thumb

FC東京FW田川亨介がポルトガル1部挑戦! 守田英正所属のサンタ・クララに1年半レンタル

FC東京は18日、FW田川亨介(22)がポルトガルのサンタ・クララに期限付き移籍すると発表した。期間は2023年6月30日までとなる。 田川はサガン鳥栖下部組織在籍中の2016年に2種登録され、翌年にトップチーム昇格を果たすと、2019年にFC東京移籍。同年のEAFF E-1サッカー選手権で日本代表デビューを飾った。 2020年は明治安田生命J1リーグ21試合出場で2ゴールを記録して、昨年は30試合に出場して5ゴール。シーズン途中の昨夏には東京オリンピック出場が期待されたが、最終的に落選した。 欧州初挑戦となる田川はクラブを通じて、ポルトガルでの飛躍を誓った。 「このたび、ポルトガルのサンタクララに移籍することになりました。海外へのチャレンジに協力してくださったクラブ関係者の方々に感謝しています。3年間という短い期間でしたが、いつも大きな後押しで支えていただいたファン・サポーターのみなさんには感謝してもしきれません。この3年間の恩を結果で返せるように。みなさんに良いニュースを届けられるように新しい環境で成長してきます。これからも応援よろしくお願いします。本当にありがとうございました」 ポルトガル1部を戦うサンタ・クララは日本代表MF守田英正も所属。今季はここまで4勝5分け9敗で18チーム中13位につけている。 2022.01.18 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪が瀬古歩夢のグラスホッパー移籍合意を発表! 完全移籍で欧州初挑戦、「僕には桜の血」

セレッソ大阪は18日、DF瀬古歩夢(21)のグラスホッパー移籍でクラブ間の基本合意を発表した。移籍形態は完全移籍。瀬古は現地でのメディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ。グラスホッパー側の発表によると、契約期間は2025年までとなる。 瀬古はC大阪アカデミー育ちのセンターバックで、2017年5月にルヴァンカップでクラブ史上最年少となる16歳11カ月でトップチームデビュー。2018年10月にプロ契約を結ぶと、2020年にルヴァンカップのニューヒーロー賞とJリーグのベストヤングプレーヤー賞に輝き、史上4人目のダブル受賞した。 出番こそなかったが、昨夏の東京オリンピックメンバーにも飛び級で選出。その昨季も明治安田生命J1リーグで27試合に出場するなど主力を張ったなか、体調不良で辞退したものの、17日から国内組のみでスタートした日本代表候補合宿にも呼ばれていた。 11日にクラブから2年間の契約更新が発表され、その1週間後に欧州初挑戦が決定した形の瀬古。移籍の経緯、決断に至るまでの苦悩、そしてスイスでの活躍を誓った。 「みなさん、突然ですがスイス1部のグラスホッパーに完全移籍することになりました。チームが始動し僕自身は今年もセレッソでプレーするという気持ちでしたが、海外からオファーをいただき、とても悩んだのですが海外移籍は小さい時からの夢だったので決断しました。クラブからは引き留めてもらいましたが、最終的には僕の挑戦したい、という夢を尊重してくれました」 「昨年苦しいシーズンを過ごした中このタイミングでの移籍に背中を押して頂いたクラブには感謝しています。アカデミーから桜のユニフォームしか着たことのない僕にとっては凄く新鮮な気持ちとワクワクした気持ちがあります。アカデミーから11年間サッカー選手としても、人としても凄く大きな成長をさせてもらいました。今まで出会った監督、チームメイト、スタッフの皆さんにも、とても感謝しています」 「このセレッソ大阪というクラブの名に恥じないような活躍をしてきます。そして、パートナー様をはじめ、ファンサポーターの皆様、ハナサカクラブの皆様、このセレッソ大阪というクラブに関わる全ての皆様に感謝しています。今後の僕の活躍を皆さんに届けられるように頑張ります。ずっと僕には桜の血が流れています。 WE ARE CEREZO 瀬古歩夢」 日本代表MF川辺駿がウォルバーハンプトンからのレンタルで在籍するグラスホッパーはリーグ優勝27回を誇るスイスの名門。チューリッヒがホームタウンで、今季は第18節消化の現時点で10チーム中6位につけている。 2022.01.18 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマでほぼ構想外のディアワラ、今冬のバレンシア移籍が濃厚か

ローマのギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ(24)がバレンシア移籍に向かっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2019年夏にナポリからローマ入りしたディアワラはここまで公式戦通算66試合に出場して2ゴール2アシストを記録。加入当初は高い期待がかけられていたが、今シーズンから就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下では主軸の座を掴めず。久々のスタメン出場となった10月のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では大敗を喫し、これに激怒したモウリーニョ監督からは構想外の扱いを受けることになった。 その後はやや立場を回復し、セリエAで3試合に出場したものの、11月に行われた第14節のトリノ戦を最後に先発なし。こうした状況を受け、クラブもディアワラ本人も今冬の移籍に向けて動いている。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ギニア代表MFに対しては2016年から関心を示し続けているバレンシアが獲得に近づいているようだ。当初は半年間のレンタル移籍のみのオファーだったが、移籍金を得たいローマは買い取りオプションの付随を望んでいるという。バレンシアがこの条件を受諾さえすれば、交渉の成立は近いようだ。 2022.01.18 17:59 Tue
twitterfacebook
thumb

積極補強のニューカッスル、アタランタのコロンビア代表FWにオファーか

ニューカッスルがアタランタのコロンビア代表FWドゥバン・サパタ(30)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・レコード』が伝えている。 昨年10月にサウジアラビア政府系の投資ファンドに買収され、莫大な資金を手にしたニューカッスルは、現在19位に沈むプレミアリーグでの挽回を目指し、今冬の移籍市場で積極的な補強に着手。すでにアトレティコ・マドリーからイングランド代表FWキーラン・トリッピアー、バーンリーからニュージーランド代表FWクリス・ウッドを獲得するなど、即戦力の補強に成功している。 そして『デイリー・レコード』によると、ニューカッスルは次なるターゲットとしてD・サパタの獲得に動き始めたようだ。 D・サパタは2018年7月から所属するアタランタで、これまで公式戦152試合出場で78ゴール38アシストを記録。上位争いを繰り広げるチームのエースに君臨しており、今シーズンもここまで公式戦22試合に出場して12ゴール7アシストを記録している。 ニューカッスルはサパタの移籍金として3000万ユーロ(約39億円)以上の移籍金を提示したとされており、選手本人もクラブ間で合意するようなら、移籍に前向きな姿勢のようだ。 ニューカッスルは現在、プレミアリーグで6ゴールを記録し、チーム内得点王のイングランド代表FWカラム・ウィルソンが負傷で離脱しており、サパタ加入が実現すれば残留に向けて大きな後押しとなる。 2022.01.18 16:56 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルで出場機会減少のセンシ、吉田麻也所属のサンプドリアが獲得に関心か

インテルのイタリア代表MFステファノ・センシ(26)がサンプドリア移籍に向かっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 センシは2019年夏にサッスオーロからインテルに加入。開幕戦からスタメンを飾るなど主力として活躍すると、翌年には完全移籍に切り替わった。しかし、昨シーズンは度重なるケガにも悩まされ、公式戦21試合の出場にとどまると、昨夏に開催されたユーロ2020も負傷欠場した。 シモーネ・インザーギ監督が就任した今季もケガの影響でコンディションを取り戻すのに苦労しており、ここまでセリエAでの先発はわずか1試合のみにとどまっている。 移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、出場機会減少に苦しむセンシに対しては日本代表DF吉田麻也の所属するサンプドリアがレンタル移籍での獲得に興味を示しており、交渉が成立間近のところまできているようだ。 サンプドリアは現在、セリエA16位。センシの加入が残留に向けた起爆剤となることを期待されている。 2022.01.18 15:37 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly