クリホヴィアクがL・モスクワに買い取りOP付きレンタルで加入

2018.07.24 23:46 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロコモティフ・モスクワは24日、パリ・サンジェルマン(PSG)のポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアク(28)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。期間は1年間で、買い取る際の移籍金はフランス『レキップ』によれば1000万ユーロ(約13億円)とのことだ。

▽クリホヴィアクは、2014年夏から所属したセビージャで、当時指揮を執っていたウナイ・エメリ監督の下、ヨーロッパリーグ(EL)3連覇などを達成。その後、2016年の夏にエメリ監督と共にパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍するも、ポジション争いに苦しみ、昨シーズンは1年間のレンタルでWBAに加入。主力としてリーグ戦27試合に出場していたが、チームは降格していた。

▽ポーランド代表としてロシア・ワールドカップに参戦したクリホヴィアクは日本代表戦で意地の1勝を手にするも、有力な突破候補に挙げられながらも1勝2敗の戦績でグループリーグ敗退を強いられた。その失意の地、ロシアで再起を図ることになる。
コメント
関連ニュース
thumb

走り込んだオコチャが全力のダイレクトミドルシュートを叩き込む【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ナイジェリア代表MFジェイ・ジェイ・オコチャ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆オコチャが放った衝撃のダイレクトミドルシュート!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIybGFrYUhJNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現役時代にナイジェリア代表やPSG、ボルトン、フェネルバフチェで魔法のようなテクニックを披露していたオコチャ氏。トリッキーかつ多彩なドリブルと決定的なラストパスに加え、強烈なミドルシュートも持ち味であった。 2001年10月14日に行われたリーグ・アン第10節のリヨン戦では素晴らしいゴールを決めている。 PSG1点ビハインドの18分、FWアレックス・ディアスが敵陣右サイド深くに抜け出すと、近くに走りこんでいたオコチャへとマイナスのパス。オコチャはこれを迷うことなくミドルシュート。放たれたシュートはゴールネットを突き破る勢いでゴール左隅に突き刺さった。 この試合のPSGのスターティングメンバーには、オコチャ氏の他、マウリシオ・ポチェッティーノ氏や現アーセナル指揮官のミケル・アルテタ氏もおり、さらに途中交代で元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が出てくるなど、豪華なメンバーが揃っていた。 2020.07.03 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

序列低下のズマにPSG&古巣エバートンが関心か?

チェルシーに所属するフランス代表DFクル・ズマ(25)にパリ・サンジェルマン(PSG)やエバートンが熱視線を注いでいるようだ。フランス『Le10Sport』が報じている。 昨シーズンにレンタル先のエバートンで主力として活躍したズマは、昨夏フランク・ランパード新監督率いるチェルシーに復帰。シーズン序盤から主力として起用され、ここまで公式戦34試合に出場している。 しかし、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーの完全復活以降は、デンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン、イングランド代表DFフィカヨ・トモリとポジションを分け合う形が増え、リーグ再開後のリーグ戦では3試合連続ベンチと序列が低下。 また、今夏の移籍市場でスカッド刷新を目指すランパード監督は、現在は守備的MFを主戦場としながらも、センターバックでプレー可能なウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(21)をリュディガーの新たな相棒としてリストアップしているとも言われており、ズマの立場はより厳しくなっている。 そのため、選手・クラブ双方が条件次第で今夏の移籍を検討していると見られている。 そういった中、『Le10Sport』はズマの新天地候補として、いずれもセンターバックの補強を目指しているPSGとエバートンの名前を挙げている。 PSGでは今シーズン限りでの退団が決定しているブラジル代表DFチアゴ・シウバ(35)に加え、プロ契約締結を拒否したU-18フランス代表DFタンギ・クアシ(18)がバイエルンに旅立っており、センターバックの補強が急務だ。 これまではバイエルンのフランス代表DFリュカ・エルナンデス(24)らの名前が挙がっているが、コロナ禍で緊縮財政が求められる中、その移籍金の捻出は困難だ。 そこでより安価な金額で獲得可能であり、3バックと4バックの双方でプレー可能なズマが新たな獲得候補として浮上しているようだ。 一方、昨夏にも完全移籍での買い取りを目指していた古巣エバートンは、カルロ・アンチェロッティ監督がセンターバックの現陣容に満足していらず、同ポジションの補強を優先事項に掲げているという。そういった中、前述のチアゴ・シウバらと共に獲得候補の一人として関心を示しているようだ。 なお、ズマには両クラブ以外にもトッテナムやレスター・シティといったプレミアリーグ勢が関心を寄せている。 2020.07.03 15:54 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルンがPSGのU-18フランス代表DFクアシをフリーで獲得、2024年まで契約

バイエルンは1日、パリ・サンジェルマン(PSG)のU-18フランス代表DFタンギ・クアシ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。 バイエルンの発表によると、契約期間は2024年6月30日までの4年間。フリートランスファーでの加入となる。 <div id="cws_ad">◆クアシ、2019-20シーズンのベストモーメント<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJYOVdGaTdVUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> クアシはPSGのユースで育ち、今シーズンからファーストチームに昇格。リーグ・アンで6試合に出場し2ゴール、チャンピオンズリーグで2試合に出場していた。 世代別のフランス代表を経験し、2019年のU-17ワールドカップにも出場。6試合にフル出場し、フランスの3位に貢献していた。なお、フランスとコートジボワールの二重国籍となる。 バイエルン加入が決定したクアシは「バイエルンでプレーできてとても嬉しい。素晴らしい伝統のあるビッグクラブだ。僕はここで自分を確立させ、多くの試合に出場できることを望んでいる。そのために一生懸命頑張る」と移籍を喜んだ。 また、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるハサン・サリハミジッチ氏は「タンギ・クアシをバイエルンに連れてこられたことをとても嬉しく思う。我々の見立てでは、ヨーロッパで最高の才能の1つだ」とクアシを高く評価。また、「彼のベストポジションはセンターバックだが、いくつかのポジションでもプレーできる。ミュンヘンで素晴らしいキャリアを築き、チームを強化してくれることは間違いない」と、若き才能に期待を寄せた。 2020.07.01 18:02 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGがチアゴ・シウバら3人との短期契約延長を発表、8月のCLまで起用可能に

パリ・サンジェルマン(PSG)は29日、ブラジル代表DFチアゴ・シウバ(35)、カメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ=モティング(31)、元スペイン代表GKセルヒオ・リコ(26)との短期契約延長を発表した。 PSGはリーグ・アンこそ新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でシーズン途中で打ち切りとなったが、7月24日に行われるクープ・ドゥ・フランス決勝のサンテチェンヌ戦、7月31日に行われるクープ・ドゥ・ラ・リーグ決勝のリヨン戦、そして8月に開催されるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントで勝ち残っている状況。今シーズンはまだ終了していない。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJYbzZEczE1WiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 6月30日で契約が終了するはずだった3選手とは契約延長が完了。また、同日にはフランス代表DFレイヴァン・クルザワ(27)との4年契約締結も発表されていた。 一方で、今シーズン限りで契約が切れるベルギー代表DFトーマス・ムニエ(28)やウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(33)については、現時点で契約延長は発表されていない。残り契約期間は1日となったが、果たしてどうなるのだろうか。 2020.06.30 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

移籍取り沙汰されたクルザワ、PSGに一転残留! 2024年までの新契約にサイン

パリ・サンジェルマン(PSG)が29日、フランス代表DFレイヴァン・クルザワ(27)との契約延長を正式発表した。延長期間は4年。新たな契約期間は2024年6月30日までとなる。 モナコでキャリアをスタートさせたクルザワは2015年にPSG入り。5年契約での加入となり、左サイドバックとして公式戦通算123試合13得点を誇り、4度のリーグ・アン制覇や3度のクープ・ドゥ・フランス優勝を経験している。 しかし、主軸の座を射止め切れず、契約失効となる今季限りでの退団が既定路線に。新天地候補としてアーセナルら欧州の複数クラブが挙がり、フリー移籍の見方も強かったが、一転してPSGとの契約延長を選択した格好だ。 なお、他にも今季限りで契約切れの選手がいるPSGでは、その1人であるベルギー代表DFトーマス・ムニエがドルトムントに移籍。ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとブラジル代表FWチアゴ・シウバも退団する見通しだ。 2020.06.30 09:45 Tue
twitterfacebook