長期離脱中のナポリDFグラムは9月復帰の見通し

2018.07.14 14:18 Sat
Getty Images
▽ナポリのアルジェリア代表DFファウジ・グラムの復帰が迫っているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。
PR
▽グラムは、昨年11月に行われたマンチェスター・シティ戦で右ヒザ前十字じん帯を断裂。その後、驚異的な回復を見せた同選手だったが、復帰が目前に迫った今年2月に今度は練習中に右膝蓋骨骨折の重傷を負い、長らく戦線から遠ざかっていた。
▽だが、今月上旬にグラムの手術が成功したことが伝えられ、ナポリの広報を務めるニコラ・ロンバルド氏もイタリア『Radio Kiss Kiss』の取材で近いうちに復帰できるだろうと語っている。

「グラム?悪くないよ。今は膝蓋骨をくっつけておくための固定物が入っているが、それが取れれば準備を始められるよ」

「彼は長い間トレーニングに参加していないけど、9月のインターナショナルブレークの後には100%になって戻って来るだろう」

PR
関連ニュース

低調ナポリ、ラストプレー被弾で逃げ切り失敗… カリアリにドロー【セリエA】

ナポリは25日、セリエA第26節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 前節ジェノアに辛くもドローとした9位ナポリ(勝ち点36)はマッツァーリ監督を解任し、現スロバキア代表指揮官のカルツォーナ監督を招へい。そして4日前に行われたチャンピオンズリーグのバルセロナ戦ではオシムヘン弾でドローに持ち込んだ。そのナポリはオシムヘン、クワラツヘリア、ラスパドーリの3トップとする[4-3-3]で臨んだ。 19位カリアリ(勝ち点19)に対し、序盤の主導権争いを経てナポリは28分、ラスパドーリのミドルでGKを強襲した中、32分に失点しかける。FKをヘディングでクリアにかかったラフマニがオウンゴールを献上しかけたが、VARでオフサイドがあったと判定され助かった。 42分にはGKメレトが飛び出して無人となったゴールにルブンボのヘディングシュートでゴールに迫られるも枠を外れ、ゴールレスで前半を終えた。 枠内シュート1本、決定機なく迎えた後半もナポリは主導権を掴みきれない。 65分にようやくCKからオシムヘンがヘディングで枠内シュートを放ったナポリは、直後に先制する。敵陣でボールを奪ったラスパドーリの右クロスをオシムヘンがヘッドで押し込んだ。 一瞬の隙を突いてスコアを動かしたナポリは終盤、90分にポリターノ、追加タイム4分にシメオネに追加点のチャンスが訪れるも決めきれず。 するとラストプレーの追加タイム6分にまさかの被弾。ロングボールの目測をファン・ジェズスが誤ると、ルブンボに決められて同点とされてしまった。 このまま1-1でタイムアップ。勝ち点2を失っている。 2024.02.26 01:02 Mon

ナポリ初陣はいきなりのCLバルサ戦も引き分け 指揮官「まだ課題が多いが選手を祝福したい」

ナポリがチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグを1-1の引き分けに持ち込んだ。 21日にバルセロナとの1stマッチをホームで迎えたナポリ。60分にロベルト・レヴァンドフスキのゴールで先制を許したが、その15分後にビクター・オシムヘンが同点ゴールを決め、1-1のドローに終わった。 初陣がいきなりのCL、しかもバルセロナが相手だったが、引き分けに持ち込んだフランチェスコ・カルツォーナ監督は『UEFA.com』によると、選手の頑張りを労ったようだ。 「まだ課題が多いが、選手を祝福したい。戦ったし、後半は良かった。最後の15分間は素晴らしかったよ」 「スピリットにおいてはとても私好みだった。最後の方はこの試合を勝てるという自信があったんだ」 「序盤の30分間は苦しんだが、それからチームが反発してくれた。交代選手においてもとても満足だ」 バルセロナとのリターンレグは来月。12日に今度は敵地で行われる。 2024.02.22 09:55 Thu

「今季を象徴」 バルサが敵地で先制も引き分けに…チャビが語る欠如した部分とは?

バルセロナが21日に敵地でチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのナポリ戦に臨んだ。 0-0で折り返した試合を60分にロベルト・レヴァンドフスキのゴールで動かしたバルセロナだが、75分にビクター・オシムヘンの同点弾を被弾。昨季のセリエA王者との1stマッチは1-1に引き分けに終わり、12日にバルセロナのホームでリターンレグを迎える運びとなった。 『UEFA.com』によると、バルセロナを率いるチャビ・エルナンデス監督はこう振り返っている。 「我々はもっと値した。作戦はうまくいって、1-0でリードしたんだ。欠けたのはあのスコアラインの厳しい試合を落ち着いてコントロールする力だった」 「試合を眠らせなかった。これがCLであると忘れてはいけない。ボールを握り、相手陣内に運んでいくべきだった。全体的に良い戦いぶりではあったがね」 「チャンスはもっとあった。良いトランジションもできたし、この試合の大部分が我々のイメージどおり、計画どおりに進んだのには満足だよ」 「ファンの前で突破するために大きな一歩を踏み出すだろう」 追いつかれてのドローは悔やまれるが、指揮官も「そうだね。バルセロナに持ち帰るには良い結果じゃない。勝てるはずなのに勝てなかったというのは今季を象徴している」と話した。 一方で、「あのようなプレーをすれば、負けるよりも勝つ方がずっと多いだろう」とも。ラ・リーガの連覇も険しい道となり、このCLに力を注ぎたいバルセロナだが、次のラウンドに勝ち進めるか。 2024.02.22 09:30 Thu

レーティング:ナポリ 1-1 バルセロナ【CL】

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、ナポリvsバルセロナが21日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ナポリ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240221_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 メレト 6.5 好守を見せて1失点に凌いだ DF 22 ディ・ロレンツォ 5.5 レヴァンドフスキに付ききれず失点。カンセロとペドリの対応に苦戦 13 ラフマニ 5.5 失点場面ではペドリに吊り出された。それ以外はよく耐えていた 5 ファン・ジェズス 6.0 要所を締めた守備を続けた 17 オリベラ 5.5 前半はヤマルの対応に苦慮も徐々に封じていった MF 99 ザンボ・アンギサ 6.0 よくボールに絡んでロボツカと共にゲームを作る。オシムヘンのゴールをアシスト 68 ロボツカ 6.0 ポゼッションを取り戻す要因になっていた 24 カユステ 5.0 イマイチ持ち味がわからない (→ハメド・トラオレ 5.0) カユステと大差ない出来 FW 21 ポリターノ 5.5 前半半ば以降にボールを持てるようになって仕掛けた (→ラスパドーリ -) 9 オシムヘン 6.5 アフリカネーションズカップからようやく帰還。唯一の決定機を仕留めた (→シメオネ -) 77 クワラツヘリア 5.0 関心を寄せられているバルセロナ相手のプレー。見せ場は作れず (→リンドストローム 5.5) さほどボールに絡めずもゴールの起点にはなった 監督 カルツォーナ 6.0 就任間もない中、引き分けは御の字の結果 ▽バルセロナ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240221_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 テア・シュテーゲン 5.5 枠内シュート1本で1失点。ただ止められないシュートだった DF 23 クンデ 6.0 クワラツヘリアに何もさせず 4 アラウホ 6.0 オシムヘンとのフィジカルバトルで負けず 5 イニゴ・マルティネス 5.0 オシムヘンに対応できず失点に関与 2 カンセロ 6.0 ペドリと良い関係。攻撃にうまく絡んだ。守備もポリターノに我慢強く対応 MF 22 ギュンドアン 6.0 ゴール前への絡みでアクセントに 15 クリステンセン 6.0 シンプルにボールを捌いてリズムを作った (→ロメウ -) 21 F・デ・ヨング 6.0 攻守に存在感を見せた FW 27 ヤマル 6.0 前半は果敢な仕掛けからのシュートでアクセントに (→ハフィーニャ -) 9 レヴァンドフスキ 6.0 前半の決定機は決めきれずも後半に先制点を挙げ、仕事を果たした 8 ペドリ 6.5 中にポジションを取ってカンセロのオーバーラップを促す。レヴァンドフスキのゴールをアシスト (→フェリックス -) 監督 チャビ 6.0 勝ち切りたい内容だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! メレト(ナポリ) 前半半ばまでの劣勢を凌いで最終的に引き分けに持ち込めたのはメレトの好守があったからこそ。 ナポリ 1-1 バルセロナ 【ナポリ】 オシムヘン(後30) 【バルセロナ】 レヴァンドフスキ(後15) 2024.02.22 06:55 Thu

両主砲がゴール、ナポリとバルセロナは譲らずドロー決着【CL】

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、ナポリvsバルセロナが21日に行われ、1-1で引き分けた。 レアル・マドリー、ブラガ、ウニオン・ベルリンが同居したグループを3勝1分け2敗の2位で通過したナポリは、セリエAで9位と低迷するなどマッツァーリ監督就任後もチーム状態が上向かなかったため、前々日に電撃解任を決断。現スロバキア代表指揮官のカルツォナ監督を迎えた中、[4-3-3]を継続して臨んだ。 一方、ポルト、シャフタール、アントワープが同居したグループを4勝2敗の首位で通過したバルセロナもラ・リーガでは首位レアル・マドリーに8ポイント差と苦戦し、チャビ監督の今季限りでの退任が決定。残るタイトルがほぼCLに絞られている中、レヴァンドフスキ、ヤマル、ペドリの3トップとする[4-3-3]で臨んだ。 立ち上がりからボールを握ったバルセロナは8分、ヤマルのミドルシュートでGKメレトを強襲。良い入りを見せ、ハーフコートゲームとする中、22分には決定機。カンセロがボックス左ポケットまでえぐってクロス。レヴァンドフスキが合わせるもGKメレトの好守に阻まれた。直後にもギュンドアンがミドルシュートでオンターゲットを記録したが、ここもGKメレトの好守に阻止された。 防戦一方と苦しいナポリだったが、30分を過ぎてようやくボールを持てる展開に。それでもシュートは1本も打てずにゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、ナポリがを前がかったことでオープンな展開で立ち上がる。そんな中60分、バルセロナが均衡を破る。ペドリの縦パスを受けたボックス内のレヴァンドフスキがDF2枚に寄せられながらもシュートを決めきった。さらに66分、ペドリのミドルシュートでGKメレトを強襲したバルセロナが主導権を握っていく。 しかし厳しい時間が続いていたナポリだったが、75分にワンチャンスで追いつく。アンギサの縦パスをボックス内で受けたオシムヘンがイニゴ・マルティネスをなぎ倒してシュートを決めきった。 両主砲のゴールで1-1となった中、終盤にかけては互いにアタッカーを入れ替えて勝ち越しゴールを目指したが、ラストプレーでのギュンドアンのコントロールシュートはわずかに枠を外れて1-1のままタイムアップ。3月12日に行われる2ndレグに決着が委ねられることになった。 2024.02.22 06:54 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly