元インテルFW、セリエBで監督業開始か…会長のラブコールで実現へ

2018.06.06 19:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリア2部セリエBのブレッシアが、新監督にかつてインテルやカリアリで活躍したダビド・スアソ氏を迎えることが決定的になった。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

▽元ホンジュラス代表のスアソ氏は、現在38歳。現役時代は主にカリアリでプレーした。カリアリでは特に街から愛される存在となり、当時の会長だったマッシモ・チェッリーノとも親交が深い。そこでブレッシア行きが決まったようだ。

▽チェッリーノ氏は2017年からブレッシアで会長を務めている。そこにスアソ氏を招こうという決断だ。同氏は現役引退後、カリアリの下部組織などを率いた経験はあるが、トップチームを担当するのはこれが初めて。それでも、会長からの信頼は厚いという。

▽ブレッシアは2017/18シーズンのセリエBを16位で終えていた。1シーズンで4人の指揮官がチームを率いる忙しい一年を過ごしている。スアソ氏は長期政権を築けるだろうか。

関連ニュース
thumb

ユーロ制覇の影響がすごい…インシーニェの“シュート名”が辞書に!?

ナポリのFWロレンツォ・インシーニェの“シュート名”がイタリアの辞書に載ったという。イタリア『スカイ』が伝えている。 インシーニェと言えば、ボックス手前左から放たれる右足のコントロールショットが印象的。イタリア代表の優勝で幕を閉じたユーロ2020でもベルギー戦で同様のゴールを決めていた。 イタリアでは「tiro a giro(回転のかかったシュート)」と呼ばれ、元々はナポリサポーターが作った名前。彼らは「destraggiro(右足の回転)」とも呼んでいるそうだ。 そして、この度辞書に載ることになったのは「tiraggiro」という言葉。「tiro a giro」がナポリの発音で「tir a ggir」に近いことから、“o”は付けずに1単語として、イタリアのオックスフォード英語辞典の新語に採用された。 なお、インシーニェの代名詞ともなっているこのシュートだが、イタリアのレジェンドであるアレッサンドロ・デル・ピエロ氏も得意としていたもので、日本でもゴールに向かって左45度の角度は「デルピエロゾーン」と呼ばれることも少なくない。 そのため、特にイタリアでは賛否両論あり、「gol alla Del Piero(デル・ピエロ風ゴール)」とも言われているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】辞書に載ったインシーニェ特有のゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2ZG9NWDJ6USIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.27 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

キエーザを過小評価していたと明かすブッフォン「それほど良い選手と思わなかった」

パルマの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは、ユベントスに所属する同胞のFWフェデリコ・キエーザの実力を低く見積もっていたと告白した。 フィオレンティーナのエースとして活躍した後、昨夏ユベントスにステップアップしたキエーザ。昨シーズンは公式戦46試合で15ゴール11アシストと立派な成績を残した。 その活躍もあり、イタリア代表としてユーロ2020にも出場。全7試合に出場し、ラウンド16のオーストリア代表戦では決勝ゴール、準決勝のスペイン代表戦では先制点を記録するなど、母国の53年ぶりの優勝に貢献していた。 ユベントスで1年間共に戦ったブッフォンは、加入した当初はキエーザのことを過小評価していたとコメント。しかし、昨季のクラブと代表での活躍によってその実力を見直したようだ。 「正直に言うと、彼がユベントスに来たとき、それほど良い選手とは思わなかった」 「ユーロでは相手をかなり手こずらせていたね。先発出場したイングランドとの決勝戦では、相手は彼を抑えることができなかった」 「クラブでの1年間で彼のプレーには驚かされたけど、あのような状況で高いパフォーマンスを発揮することは尋常ではないよ」 「高いレベルの中で結果を残すことは、本当に特別な存在であることを意味するんだ」 2021.07.26 15:54 Mon
twitterfacebook
thumb

伊代表指揮官マンチーニ、ユーロ制覇を振り返る「最初の冒険を最高の形で終えられた」

イタリア代表のロベルト・マンチーニが自身のSNSでユーロ2020を振り返った。 ユーロ2020を優勝で飾ったイタリア。下馬評こそ決して高くなかったが、堅固な守備を際立たせながら多彩な攻撃パターンも駆使して、53年ぶり2度目の欧州制覇を成し遂げた。 優勝の歓喜から1週間が経とうとしていた18日、マンチーニ監督は自身のツイッター(@robymancio)を更新。華々しい結果に終わった大会を振り返り、チームへの称賛と感謝の気持ちを綴った。 「ちょうど7日前の今頃はユーロ2020の最後の試合、イングランド代表との決勝戦という大きなチャレンジに臨もうとしていた。結果は皆さんのご存知の通りだが、誰もがその舞台裏を知っているわけではない」 「ご存知のように、このチームの強さは、才能だけではない。人間性や、明るさ、自信も兼ね備えていたところだ」 「素晴らしいチームだ。彼らはPK戦のような緊張感のある場面でも、笑顔で喜びを持ってプレーすることができる。我々は、1人の人間でありながら、偉大なプロフェッショナルになれるということを示した」 「最初の冒険を最高の形で終えられた。私はファンや、選手たち、スタッフ、友人といった全ての人に感謝の言葉を送りたい」 2021.07.19 17:18 Mon
twitterfacebook
thumb

ドンナルンマがトロフィーのタトゥー! ユーロ制覇を呼び込んだPKストップの左腕に

ユーロ2020で53年ぶり2度目の優勝を果たしたイタリア代表。その立役者が、思い出を体に残した。 ユーロ2020決勝は、イタリア代表とイングランド代表の対戦に。53年ぶりの優勝を目指したイタリアと、初優勝を目指したイングランドがロンドンのウェンブリー・スタジアムで激突した。 試合は開始2分にイングランドが先制するも、後半にイタリアが追いつくという展開に。延長戦でも決着がつかず、PK戦にもつれ込んだ。 そのPK戦で気を吐いたのがイタリア代表の守護神、ジャンルイジ・ドンナルンマ。あまり騒がれないが、22歳と若手に部類される選手だが、2本のPKをストップ。イタリアにユーロのトロフィーをもたらせていた。 ユーロ終了後は、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が完了し、活躍の場をイタリアからフランスへと移す事が決まったドンナルンマ。イタリアにタイトルをもたらせたその左腕には、思い出を残していた。 ドンナルンマは、そのPKを止めた左腕に、ユーロのトロフィーのタトゥーを彫ることを決め、そのトロフィーは緑、白、赤のイタリアカラーのリボンで装飾されていた。 また、トロフィーの下にはユーロ決勝の日付が刻まれている。 タトゥーアーティストのステファノ・レイノソさんがインスタグラムにドンナルンマがタトゥーを彫る動画をアップ。この先もタイトルを獲得したらトロフィーを彫っていくのかにも注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】ドンナルンマがイタリアをユーロ制覇に導いた左腕にトロフィーを刻む</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CRcNzjcMZaJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CRcNzjcMZaJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CRcNzjcMZaJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">SportsCenter ESPN(@scespn)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.07.18 22:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「僕たちは食べ続けるけど…」ユーロ制覇のボヌッチがキエッリーニと仲良くパスタを食べる

ユーロ2020を見事に制したイタリア代表。そのチームを優勝に導く活躍を見せたユベントスのDFレオナルド・ボヌッチが、再び煽りを見せた。 ボヌッチは、ユベントスの同僚であり、長年最終ラインを支えたDFジョルジョ・キエッリーニとともにユーロ2020でも躍動。チームの守備を支えた他、イングランド代表との決勝戦では同点ゴールを記録。スター・オブ・ザ・マッチを受賞していた。 受賞後の会見では、今大会注目を集めていたコカ・コーラとハイネケンのボトルを持ち込み、記者会見場で飲み出し、スポンサーのボトルをどかしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやMFポール・ポグバを挑発していた。 さらに、優勝を決めた後のピッチでは「パスタをもっと食べろ」と叫んでいたが、このフレーズはイタリアのスポーツ界で「もっと経験を積め」という意味でよく使われている。 初優勝を逃したイングランドは若手選手も多く、ベテランとしてチームを支えたイタリアに及ばなかったことで使ったとされるが、ボヌッチはユーロが終わってからも煽っていた。 ボヌッチは、自身のツイッターでキエッリーニとの2ショットを投稿。2人で仲良く笑顔でパスタを食べる写真だった。 写真とともにボヌッチは「僕たちはパスタを食べ続けるけど…あなたは?」と綴り、改めて優勝を祝っていた。 <span class="paragraph-title">【写真】ボヌッチが守備の相棒キエッリーニと仲良くパスタ食べる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Noi continuiamo a mangiare pastasciutta… e voi? <a href="https://twitter.com/hashtag/LB19?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LB19</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Euro2020?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Euro2020</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/VivoAzzurro?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VivoAzzurro</a> <a href="https://t.co/SOvqOUx65G">pic.twitter.com/SOvqOUx65G</a></p>&mdash; Leonardo Bonucci (@bonucci_leo19) <a href="https://twitter.com/bonucci_leo19/status/1416381332880609281?ref_src=twsrc%5Etfw">July 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.18 13:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly