ムバッペの身体のヒミツ2018.06.03 20:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペのコンディショニングの秘訣を、同選手のアドバイザーが語った。フランス『ル・パリジャン』でのインタビューを、スペイン『マルカ』が伝えている。▽モナコでブレイクを果たし、昨年の夏に買取オプション付きのレンタルでPSGに加入したムバッペ。今シーズンも公式戦46試合21ゴール16アシストの記録を残したが、同選手のアドバイザーによると今がピークではないようだ。


「世界でもトップ10のクラブに入団して、(キリアン・)ムバッペは最高レベルの方法で努力してきた」

「今シーズン、彼は1センチメートル伸びたよ」

「彼の筋肉の発達は未だ終わりを迎えていない。あと1年半は続くだろう。彼が21歳になるまでね」

「その時点で、彼の上半身は自然に強化されるはずだ。彼の肩はさらに肥大化する」

「彼は機械的に更なるスピード、爆発力、技術的アビリティーを得ることになる」

▽また、ムバッペは身体的に素晴らしい状態を保っており、その秘訣はタラソテラピーという海水ベースの民間療法にあるという。タラソテラピーとはフランスのブリュターニュで発祥した療法であり、海の恵みを利用して内側からの健康と美を保つことを目的としたものだ。具体的には、海水に浸かりミネラルを肌から吸収するものや、潮風に当たる方法、海藻のペーストを身体に塗るものがある。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、カバーニ後釜にイカルディをリストアップか インテルは88億円を要求

パリ・サンジェルマンがインテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)に関心を寄せているようだ。フランス方面の情報をもとにイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 PSGでは、長年ゴールゲッターとして活躍してきたウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(32)が今夏に退団する可能性が指摘されている。フランス王者は後釜としてイカルディをリストアップしているという。 今年2月にインテルからキャプテンマークを剥奪されたイカルディ。それもありクラブはイカルディを絶対的な選手と捉えていないようで、移籍金を7000万ユーロ(約88億1000万円)に設定した模様だ。 なお、ワンダ・ナラ氏は今夏の去就についてイタリア民放局『Canale 5』で「私たちは来シーズンもインテルに残るわ」と残留を明言するコメントを残していた。 2019.04.23 19:17 Tue
twitterfacebook
thumb

久保建英の獲得レース、PSGも参戦か

FC東京に所属するU-21日本代表FW久保建英(17)に対して、パリ・サンジェルマン(PSG)が目を光らせているという。フランス『RMC Sport』が報じた。 フランスの絶対的王者に君臨するPSG。今夏の移籍市場で来シーズンのチャンピンズリーグ(CL)制覇に向けた積極補強の可能性が取り沙汰されるが、それと平行して将来に向けた若い才能の確保にも動く模様だ。 そこで名前が挙がったのが久保だ。スポーツディレクター(SD)を務めるアンテロ・エンリケ氏はナンシーに所属するU-17フランス代表ビエル・アッサニの契約に近づくなか、久保にも好意を寄せているようだ。 だが、久保を巡っては現在、レアル・マドリーのほか、かつてアカデミーに籍を置いた古巣バルセロナも関心。PSGはその久保を巡るスペイン勢との獲得レースにおいて劣勢の様相とみられる。 2014年からFC東京に所属する久保は、今年6月に18歳の誕生日を迎えることで、国際移籍が可能に。今シーズンの活躍ぶりを受け、バルセロナ復帰報道も沸騰しているが、果たして…。 2019.04.23 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

怪物ムバッペ、そのスピードも化物級だった…あのボルトの平均速度も超える

20歳にして世界屈指のスコアラーの一人に数えられるパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ。昨年のワールドカップでもその才能をまざまざと見せつけ、レ・ブルーを世界王者に導いた。そのムバッペがまたフットボールファンを驚かせている。 22日に行われたリーグ・アン第33節のモナコ戦。試合前に優勝が決まっていたPSGだったが気を緩めることなくゴールを量産。その1点目のムバッペのゴールが話題を呼んでいる。 開始から17分、自陣でボールを奪いカウンターに転じたPSGは、DFダニエウ・アウベスからムバッペ、MFムサ・ディアビへ繋ぎ一気にゴール前へ。左のハーフスペースを駆け上がったディアビのクロスをオフサイドラインギリギリで受けたムバッペは走ってきた推進力そのままにゴールに押し込んだ。 素晴らしいカウンターからの先制ゴール。だがこのゴール、イギリス『デイリー・メール』などによると、実はカウンターでハーフウェイライン付近からゴール前まで走り込んだムバッペは時速38㎞を記録していたという。 これは昨シーズン、プレミアリーグ最速記録を更新したマンチェスター・シティのドイツ代表FWレロイ・ザネの35.48km/hを遥かに上回る数字。サッカー界最速記録というムバッペのスピードは、あの元陸上世界王者のウサイン・ボルトの平均速度(37.58km/h)をも超える速さだという。 ムバッペはその後、さらに2点を追加し古巣相手にハットトリックを達成。PSGの2連覇を飾った。そして、このハットトリックで同選手は史上最年少で1シーズンにおけるリーグ・アン30ゴールに到達。1998年生まれの怪物に今後も目が離せない。<div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=t1xgat8om4sq1gve9be7tu70j" async></script> </div> 2019.04.23 13:47 Tue
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、史上最年少でリーグ・アン“30ゴール”を達成

神童は偉大な記録をも樹立する。パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが新たな記録を残した。 ムバッペは、21日に行われたリーグ・アン第33節のモナコ戦に先発出場。優勝が決定した後に行われたこの試合で、ハットトリックを達成し、リーグ戦のゴール数を「30」に伸ばした。なお、試合は3-1でPSGが勝利している。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=t1xgat8om4sq1gve9be7tu70j" async></script> </div> シーズンのゴール数を「30」に伸ばし、得点ランキングでもトップを独走するムバッペ。20歳での30ゴールは、リーグ・アンの1シーズンでの最年少達成選手となった。 なお、過去10シーズンでで30ゴール以上を記録したのは、PSGのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(2016-17/35ゴール)、同じくPSGでプレーしていた元スウェーデン代表ズラタン・イブラヒモビッチ(2012-13/30ゴール、2015-16/38ゴール)の2名のみ。 それ以前となると、今から29シーズン前の1989-90シーズンに当時マルセイユでプレーしていたジャン=ピエール・パパンが記録した30ゴールまで遡ることとなる。ムバッペの記録がいかに凄いかが分かるだろう。 2019.04.22 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ムバッペ「ジズー復帰は嬉しいが…」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)がレアル・マドリー移籍の可能性を否定した。フランス『Canal+』が報じた。 長らくレアル・マドリーのターゲットとして名前が挙がるムバッペ。21日にホームで行われたリーグ・アン第33節のモナコ戦でハットトリックをやってのけ、リーグ連覇に導いた。 そのムバッペはリーグ得点ランキングトップに立つ得点数を「30」に。ジャン=ピエール・パパン氏が1889-90シーズンに達成して以来、誰も到達していないリーグ30発に乗せた。 ムバッペは試合後、PSGの連覇に喜びのコメントを残すなか、レアル・マドリー行きの可能性について問われると、次のように返答した。 「僕はPSGが掲げるプロジェクトの完全な一部だ。ジズー(ジネディーヌ・ジダン)の復帰はレアル・マドリーのことを思うと、嬉しいよ。彼らの試合を追って観ている者としてね」 2019.04.22 10:50 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース