FIFA会長へ手紙…南米サッカー連盟が2022年のカタールW杯から出場国増加を要請

2018.04.13 11:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽南米サッカー連盟(CONMEBOL)は20日、カタールで開催される2022年のワールドカップで、出場国を48カ国に拡大する計画を、FIFAに発表するように求めたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽FIFAは、2026年のアメリカ・メキシコ・カナダが共催として立候補しているワールドカップから、出場国を48カ国に増加させることを発表。現行の32カ国から16カ国増えることとなる。

▽しかし、CONMEBOLのアレハンドロ・ドミンゲス会長は、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長へCONMEBOLの10カ国の会長がサインした手紙を送り、出場国増加の計画を早める要請を行ったようだ。
▽ドミンゲス会長は、「2022年のワールドカップが48カ国で行われることを願っている」とコメントしている。

▽ロシア・ワールドカップには、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、コロンビア、ペルーの5カ国が出場。しかし、現在の予選では4カ国がストレートインとなるも、5位の国は大陸間プレーオフを戦う必要が出てくる。

▽出場国が48カ国に増えた場合は、南米の枠が6カ国に増加。7カ国目が大陸間プレーオフに行くこととなり、南米の各国は出場国増加を望んでいるようだ。


関連ニュース
thumb

「試合見えてるのかな」「ずっとつけてたわけじゃないよね?」セネガルのスタンドに現れた“ライオン”に日本のファンも大注目「めっちゃリアル」

セネガル代表がカタール・ワールドカップ(W杯)で決勝トーナメント進出を決めた。 29日、グループA最終節でエクアドル代表と対戦したセネガル。ここまで1勝1敗のグループ3位という状況から逆転での決勝トーナメント進出を目指した。 試合は前半終了間際にFWイスマイラ・サールがPKを決めてセネガルが先制に成功。67分には反撃に出た相手に同点を許したが、その直後にセットプレーからDFカリドゥ・クリバリのゴールで再度ゴールを奪うと、2-1で勝利した。 20年ぶりとなるW杯決勝トーナメント進出に沸くセネガルだが、スタンドにはひときわ目を惹く存在があった。 スタンドでセネガルを応援していたのはライオンの被り物を被ったサポーター。国際映像にも抜かれると、W杯を放送している「ABEMA」やテレビ朝日の放送でもその姿が映った。 被り物のクオリティが異常に高く、解説を務める元日本代表FWの福田正博氏も笑ってしまうほど。その姿にはファンからも「楽しそう」、「試合中ずっとつけてたわけじゃないよね?」、「見えてるのかな」、「しかもめっちゃリアルやし」と笑いや驚きの声が上がっていた。 試合に向いているかは分からないが、“テランガのライオンたち”の愛称で親しまれるセネガル代表にピッタリの被り物だった。 <span class="paragraph-title">【写真】クオリティ高め!セネガルのスタンドに現れた“ライオン”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This Senegal fan&#39;s lion head is awesome! <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://t.co/LDcycQPDvS">pic.twitter.com/LDcycQPDvS</a></p>&mdash; NBC Sports Soccer (@NBCSportsSoccer) <a href="https://twitter.com/NBCSportsSoccer/status/1597614133670723584?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.30 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ルーク・ショーの祖母が他界…カタールW杯直前の凶報

イングランド代表としてカタール・ワールドカップに参戦中のルーク・ショーだが、開幕直前に祖母の死に直面していたようだ。 今大会においてグループステージ全3試合に先発出場し、チームの決勝トーナメント進出に貢献したルーク・ショー。初戦のイラン戦ではジュード・ベリンガムの攻撃をアシストした。 大車輪の活躍を見せるショーだが、実は大会前に祖母の訃報があった模様。イギリス『アスレティック』のインタビューで明かし、ガレス・サウスゲイト監督からは慰めの言葉がったという。 「悲しいことに、祖母が大会前に亡くなったんだ。長い間ガンを患っていて、亡くなったのは初戦の直前だったよ」 「でも、ガレスは本当によくしてくれて、『大丈夫か?』と言ってくれた。時間が必要かと尋ねてくれたんだ」 「だけど僕はここにいる。このW杯は僕にとっていろんな意味を持つ。だから絶対に逃したくなかったんだ」 「子供の頃、彼女は本当に大切な存在だった。だけど悲しむ時間を経て、W杯に集中することができたよ」 2022.11.30 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラ、モロッコ代表GKボノを獲得へ? ラ・リーガ屈指の守護神

アストン・ビラが、セビージャのモロッコ代表GKボノ(31)に関心を寄せているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ボノはカタール・ワールドカップ(W杯)を戦うモロッコ代表の正GKで、23日に行われたグループF初戦のクロアチア代表戦でスタメン出場。2日の最終節では決勝トーナメント進出をかけ、生まれ故郷のカナダ代表と対戦する。 所属するセビージャでも正GKに君臨。今季のチームはラ・リーガで降格圏に低迷も、昨季は1試合あたりの平均失点が最も少ないGKに贈られるサモラ賞を受賞するなど、リーグ屈指のシュートストッパーとして名高い。 そんなボノに対し、元セビージャ指揮官のウナイ・エメリ監督が率いるアストン・ビラが来年1月の獲得に照準。現在のセビージャは深刻な財政難のため、適切なオファーがあれば拒否するのは難しいという。 アストン・ビラが留意している点はボノのコンディション面。ボノは27日のベルギー代表戦で、当初はスタメンに名を連ねていたものの、キックオフ直前の国歌斉唱中に気分が悪くなり、急遽メンバーを外れることとなった。 どうやら元々体調が優れず、さほど深刻なものではなかったようだが、アストン・ビラとしては慎重に動向を追っているとのことだ。 2022.11.30 20:09 Wed
twitterfacebook
thumb

「時にフェアではない」初の決勝T進出を逃したイラン、ケイロス監督は選手を称える「全てを与えても何も得られない選手を見たことはない」

イラン代表のカルロス・ケイロス監督が、アメリカ代表戦を振り返った。『ESPN』が伝えた。 29日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループBの最終節が行われた。 グループ2位で最終節を迎えたイランは、3位のアメリカに勝てば決勝トーナメント行きとなる試合。引き分けでも良い状況だった。 試合は38分にクリスチャン・プリシッチがゴールしアメリカが先制。イランは後半こそアメリカを圧倒するもゴールが最後まで遠く、試合終盤にはPKかと思われるシーンもあった中で何もなく試合終了。アメリカがベスト16に駒を進めた。 史上初のグループステージ突破を目指したイランだったが、逆転での敗退に。チームを率いるケイロス監督は、選手たちが報われなかったことを嘆いた。 「2018年、私はこれまで多くのクラブや代表チームを指導してきたと言ったが、キャリアの中でイランの選手のように全てを与えても何も得られない選手を見たことはなかった」 「フットボールは時にフェアではない。我々はより強くなって戻ってきて、全世界の尊敬を得ることになるだろう」 選手のパフォーマンスが結果に繋がらなかったとしたケイロス監督は、ゴールが生まれなかったことを嘆き、アメリカが良いプレーをしたと振り返った。 「ゴールを決めた人間には、フットボールの神々が祝福を与えてくれるが、残念ながら我々はゴールを決められなかった」 「私は試合前に、最初の2試合でアメリカが最も安定したチームだと言った」 「アメリカはウェールズやイングランドと同じように試合をスタートさせた。彼らは我々よりも優れ、より獰猛で、よりスピーディーでゴールを決めた。ただ、驚きはなかった」 「しかし、後半になると状況が変わり、ボールを保持して、前半のアメリカよりも多くのチャンスを作った。少なくとも1点を奪うには値した」 「アメリカの選手たちはスピードがある。フェラーリと対戦するときは、ハイウェイを閉鎖する必要がると言えるかもしれないが、それがハーフタイム後に我々がやったことであり、より良いチームだった」 また、改めて選手たちを称賛。チームへ捧げる精神を称えた。 「我々は他のチームとは比較にならない雰囲気の中でトレーニングしている。私が毎日選手たちと仕事をしていると、彼らはイランを代表したいという熱意と願望を示している」 2022.11.30 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

セネガル代表監督がスヌープ・ドッグにそっくり?本人まで反応も、実はもっと似ている監督がW杯にいた

セネガル代表のアリウ・シセ監督がヒップホップ界からも注目を集めている。 2015年からセネガルの指揮を執っているシセ監督。2002年の日韓ワールドカップ(W杯)では選手として出場していた人物だ。 2018年のロシアW杯に続いての出場となった今回のカタールW杯では、グループステージ初戦のオランダ代表戦では敗れたものの、第2節でカタール代表を破ると、29日の最終節エクアドル代表戦で勝利。逆転での決勝トーナメント進出を決めている。 シセ監督にヒップホップ界からの視線が集まる理由はその容姿。ドレッドヘアーのシセ監督がグレーのスウェットパーカーに黒のキャップというカジュアルないで立ちで指揮する姿が、アメリカのラッパーであるスヌープ・ドッグに見えると話題になっているのだ。 ロシアW杯ではスーツ姿で指揮していたが今回はラフなスタイルということもあり、ファンからは「似ている」という声が殺到。すると、スヌープ・ドッグ本人も「なぜセネガルの監督なの?」というツイッターでの投稿に、サッカーボールの絵文字で反応している。 だが、今大会にはシセ監督以上にスヌープ・ドッグ似の指揮官が。それはカメルーン代表のリゴベール・ソング監督だ。 ソング監督もドレッドヘアーで試合中にはキャップを被って指揮しており、目元などはむしろシセ監督以上にそっくりだ。ファンも「カメルーンの監督がスヌープドッグにしか見えない」、「カメルーンの監督は絶対スヌープドッグに寄せてる」、「カメルーンの監督ファンキー過ぎてスヌープドッグかと思った」と反応している。 2人の対決となれば盛り上がることになりそうだが、カメルーンはグループステージ突破へは勝利が必須。12月2日の最終戦でブラジル代表と対戦する。 <span class="paragraph-title">【比較写真】スヌープ・ドッグとシセ監督、さらに似ているソング監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/snoopdogg.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/cisse.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/song.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2022.11.30 19:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly