昨季引退の石川直宏氏が「FC東京クラブコミュニケーター」に就任

2018.01.13 22:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽FC東京は13日、昨シーズン限りで現役引退した元日本代表でクラブOBの石川直宏氏(36)が「FC東京クラブコミュニケーター」に就任することを発表した。

▽石川氏は2002年に横浜F・マリノスから加入以降、FC東京一筋で16年間プレー。J
1リーグ通算290試合49ゴールを誇り、昨シーズンをもって現役にピリオドを打った。

▽新シーズンよりクラブと、FC東京の全関係者を繋ぐパイプ役という新たな形でサポートすることになった石川氏。就任決定を受けて、次のようにコメントしている。
「このたびクラブコミュニケーターとして、新たな立場でFC東京を強く、愛されるクラブにしていく役職に就きました。今まで自分がFC東京で積み重ね感じてきた伝統と新たな歴史を融合させ、首都クラブの誇りを持ってみんなが一つになって戦っていく姿を示していけるような存在、クラブを創っていきたいと思います。今後はクラブの中で人と人をつなげていくことはもちろん、クラブとファン・サポーターのみなさま、ステークホルダーのみなさまをつなげていく役割を目指す新たなチャレンジをしていきますので、引き続き共に歩んでいただけると嬉しいです」

関連ニュース
thumb

徳島の大卒ルーキー森昂大が契約更新 「来シーズンはJ1復帰に向けてチームに貢献」

徳島ヴォルティスは3日、DF森昂大(23)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 創造学園高校出身の森はびわこ成蹊スポーツ大学に在学中の2021年9月から徳島の特別指定選手となり、今年から正式入団。明治安田生命J2リーグで出番なしだったが、カップ戦の2試合でプレーし、4月のルヴァンカップでプロ初出場を記録した。 契約更新を受け、クラブ公式サイトで「来シーズンも徳島ヴォルティスでプレーすることができ、とても嬉しい気持ちです」と喜び、今季の振り返りとともに、来季に向けた抱負を語った。 「今シーズンはチームとしても個人としても苦しく厳しいシーズンになりました。しかし個人としてはとても成長でき、このチームで試合に出て活躍したいという気持ちがより一層湧いてきました。来シーズンはJ1復帰に向けてチームに貢献し、ファン・サポーターの皆さんと共に喜びを感じられるように覚悟を持って戦います! 共に戦いましょう!」 2022.12.03 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥取が文仁柱、糸原紘史郎、世瀬啓人、丸山壮大、坂本敬と契約更新

ガイナーレ鳥取は3日にMF文仁柱(23)、GK糸原紘史郎(24)、MF世瀬啓人(23)、MF丸山壮大(23)、DF坂本敬(21)の5選手と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 今季の明治安田生命J3リーグでは文が15試合1得点、糸原が11試合出場、世瀬が31試合1得点、丸山が26試合出場、坂本が3試合出場の数字をマークした。5選手はそれぞれ契約更新を受け、来季の抱負を語っている。 ◆文仁柱 「来季もガイナーレ鳥取でプレーすることになりました。プロ一年目、自分が思い描いていたシーズンとは程遠く、納得のいく結果を残せず、悔しい思いをしました。来シーズンは今年以上に成長した姿を見せられるように、そしてガイナーレ鳥取のために全力でプレーします。2023シーズンも共に戦いましょう! 応援よろしくお願いします」 ◆糸原紘史郎 「来シーズンもガイナーレ鳥取でプレーさせていただくことになりました。今シーズン、初めて声出し応援のあるバードスタジアムで試合をした最終節、とても感動しました。ガイナーレ鳥取というチームをさらに好きになり、サポーターの皆さんの熱い声援に応えたいと思いました! このチームでプレーする喜びを来年は優勝・昇格とともに味わえるように頑張っていきます! 来シーズンも沢山の応援・声援をよろしくお願いします!」 ◆世瀬啓人 「来年も鳥取でプレー出来る事とても嬉しく思います。今年果たせなかったチームの目標、そして個人の目標に向かって全力で頑張ります。来シーズンもよろしくお願いします」 ◆丸山壮大 「来シーズンもガイナーレ鳥取でプレーさせていただくことになりました! 2022シーズンはJ2昇格という目標を達成することができず、個人的にも満足のいくシーズンではありませんでした。来シーズンはJ2昇格という目標を達成できるように、日々の練習から切磋琢磨し、血の滲む努力で、さらに熱く、熱く、闘います!! ガイナーレ鳥取に関わる全ての方々、オールガイナーレで、熱狂して一緒に闘いましょう!!!」 ◆坂本敬 「来シーズンもガイナーレ鳥取でプレーさせて頂くことになりました。このガイナーレ鳥取でJ2昇格を掴み取りたいです。そのために誰よりも努力して、目に見える結果を出す。それだけです。来シーズンも一緒に闘ってください。宜しくお願いします!」 2022.12.03 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

徳島が大卒1年目の田中颯と契約更新 「全てを懸けて挑んでいきたい」

徳島ヴォルティスは3日、GK田中颯(23)の契約更新を発表した。 田中は東京ヴェルディのアカデミー卒で、トップチームに昇格せず、京都産業大学に進学。今年から徳島入りし、1年目は出番なしだった。 クラブ公式サイトで「2022シーズンも徳島ヴォルティスでプレーさせていただくことになりました」と報告し、来季の抱負を語った。 「来シーズンこそJ1に戻れるように、その力になれるように全てを懸けて挑んでいきたいと思っています。みんなで頑張りましょう!」 2022.12.03 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台がMF氣田亮真と契約更新「宮城県に住むすべての人たちを熱狂させたい」

ベガルタ仙台は3日、MF氣田亮真(25)の契約更新を発表した。 氣田はジェフユナイテッド千葉の下部組織出身で、専修大学を経て、V・ファーレン長崎でプロ入り。2021年に仙台に加入した。 仙台での2年目となった今シーズンは、明治安田生命J2リーグで33試合に出場し6得点、天皇杯で1試合に出場した。 氣田はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンも熱いご声援ありがとうございました。引き続きベガルタ仙台でプレーできることになりました。2023シーズンはより多くの笑顔と感動をお届けします」 「そして、ベガルタ仙台を応援してくださるみなさまはもちろんのことですが、宮城県に住むすべての人たちを熱狂させたいと思います。来シーズンもよろしくお願いいたします」 2022.12.03 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京がエンリケ・トレヴィザンと来季契約合意 移籍1年目の今季はケガに泣く

FC東京は3日、DFエンリケ・トレヴィザン(25)と2023シーズンの契約に合意した旨を発表した。 エンリケ・トレヴィザンは2021年の大分トリニータ入りでJリーグ初挑戦。今季からFC東京に活躍の場を移したが、4月末の試合で左肩関節脱臼のケガを負い、公式戦9試合にとどまった。 今年7月に治療による一時帰国がリリースされ、結局はシーズンの大半を棒に振ったが、来季もFC東京でプレーする運びに。契約更新を受け、クラブ公式サイトで決意を新たにしている。 「2023シーズンもFC東京でプレーできることをとても嬉しく思います。ケガにより2022シーズンは難しいシーズンとなりましたが、この困難な状況を支えてくださったクラブ、スタッフ、ファン・サポーターのみなさんには感謝しきれません。みなさんにもっと信頼をしていただけるように努力を積み重ね、チームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」 2022.12.03 13:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly