4シーズンぶり浦和復帰のMF山田直輝、ユース時代の恩師の下で活躍誓う「少しくらい感謝されるようになりたい」

2018.01.11 21:14 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽浦和レッズは11日に新体制発表会を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。

▽MF山田直輝が会見終了後、メディア陣による囲み取材に応対。3年間の湘南での経験や浦和復帰へ抱いていた思いを明かした。また、ユース時代の恩師である堀孝史監督の下での活躍を誓った。

◆MF山田直輝(浦和レッズ)
──帰ってきたという感じか、それとも新しい気持ちか
「両方ですね。来る時に埼スタを観て、またあそこでプレーしたいという気持ちよりも早くあそこでプレーしてみたいという気持ちだったので、そこは新しい気持ちでした」

「ただ、北浦和に帰ってきた時は懐かしいなと思ったので、両方の気持ちが自分の中であると思います」

──ベテラン選手たちとのレギュラー争いについて
「日本で誰もが憧れるようなチームなので、良い選手がいてライバル関係があるというのは百も承知でここに来ています。誰であろうとポジションを奪いに行くつもりですし、このチームで試合に出ることができれば、日本代表にも近づけると思うので、負ける気は最初からありません」

「それだけでなくチームを勝たせたいという気持ちがあるので、埼スタでそれを表現して皆さんに見せることができたら良いなと思います」

──ユース時代の堀孝史監督がトップチームを指揮しているが
「堀さんには指導してもらっている間のことについては感謝しかありません。少しくらい感謝されるようになりたいです。僕もタイトルが欲しいですけど、堀さんと一緒に獲って、ありがとうと言い合えるような結果を残せたら少しは恩返しができるのかなと。それとまた堀さんの下で成長できたら良いなと思っています」

──ポジションについては
「こだわりはないですね。出場できるところで自分の最大限を出すことしか考えていないです。柔軟に与えられたポジションでやれたらと思います」

──湘南での3年間で培ってきたものと一度復帰を諦めかけたというリリースでのコメントについて
「3年間で一番学んだことはチームを勝たせるために責任を持ってプレーすることや貪欲さです。やっとプロのサッカー選手というか、勝つためのサッカーができるようになりました。そこを浦和で表現することができれば、湘南のサポーターや人たちに成長していると思ってもらえると思います」

「僕が浦和でチャレンジする時はパフォーマンスがフルな状態になった時でないと絶対に帰ってきてもノーチャンスだと思っていました。1年半くらい湘南で過ごした時に自分のパフォーマンスが思うように出せず、これでは浦和に戻れることはないなと諦めかけたことがあったので、リリースの時に言葉にしました」

「そこからまた成長させてもらって、これだったら入れるなと思えるくらいに持っていてもらえました。その感謝の気持ちと浦和でもう1度チャレンジしたいということをリリースで言わせてもらいました」

──プレー面でどういったところが向上したか
「90分通してチームのために走れるようになりました。勝つためのプレーが選択できるようになったというか、そこが大きく変わったところだと思います」

──「諦めかけた」問うことはずっと浦和に戻りたいけどタイミングがなかったということか
「もちろん出て行った時は1年で帰ってくるのが当たり前だと思っていました。2年目で途中まで思うようにプレーできなくて、2年目が終わった後にパフォーマンスが出せるようになって、もう1年このチームでプレーすれば自分のフルの状態になれるのではないかと思い、3年目を過ごさせてもらいました」

「今回浦和に復帰することになりましたけど、その時になれば湘南にいたらもっともっと良くなるかもしれないという気持ちもありました。悩みましたけど、浦和に帰りたいという気持ちはずっとありました」

──どのようにアピールしたり、吸収したりしたいか
「最初なのでチームに合わせるというよりかは自分の良さを前面に出して、ライバルの選手たちがヤバイなと思うぐらいのアピールをしたいです。アジアでチャンピオンになっているチームでポジションを獲るのは難しいと思うので、自分の良さを出していきたいです」

──また熱いサポーターの前でプレーできることに関して
「去年のACL決勝を観て、日本一ではなく世界一だなと思える衝撃を受けました。ああいう雰囲気の中で試合をするためには決勝や最終戦で優勝争いをしなくてはいけないです。そういう雰囲気を味わえるようにやっていきたいです」

関連ニュース
thumb

浦和の選手1名が新型コロナ陽性、埼玉では1日の過去最多感染者を記録

浦和レッズは28日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は26日の夜に発熱と体調不良を訴えたとのこと。27日に病院受診してPCR検査を行い、28日に陽性判定と診断されたとのことだ。 23日のJリーグ公式検査を受けていた当該選手はチーム活動に参加。この検査の結果では陰性と判定されていた。しかし、26日の夜に38.5℃の発熱があると、27日朝も39.2℃の発熱があったが、昼以降は熱は下がっていた。 なお、28日のチームトレーニングは中止に。当該選手以外の全選手、チーム関係者にPCR検査を実施したところ、全員が陰性だったとのことだ。濃厚接触者に関しては、現在特定しているところだという。 このところ新型コロナウイルスの感染者が急増中。28日には東京都で過去最多の3177人が感染。埼玉県でも過去最多の870名、神奈川県も1051人と一気に蔓延している状況となっている。 2021.07.28 18:28 Wed
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す琉球が浦和MF武田英寿を育成型期限付き移籍で獲得、東京五輪代表のトレーニングパートナーにも

FC琉球は28日、浦和レッズのMF武田英寿(19)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2021年12月31日までとなり、今シーズンの浦和との公式戦には出場できない。背番号は「37」をつける。 武田はベガルタ仙台ジュニアから青森山田中学校に進学。そのまま青森山田高校に進学し、第97回全国高等学校サッカー選手権大会では、優勝に貢献すると共に、個人としても優秀選手に輝いた。 2020年に浦和に入団すると明治安田生命J1リーグで3試合に出場。YBCルヴァンカップで4試合に出場していた。 今シーズンもシーズン前は出場機会が増えるとみられ、ここまで明治安田J1で8試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場。しかし、徐々に出番が減り、直近の試合では出場機会がなかった。 また、U-18日本代表、日本高校選抜にも選出。東京オリンピックに臨むU-24日本代表のトレーニングパートナーにも選出されていた。 武田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC琉球 「このたび、期限付き移籍で加入することとなりました、武田英寿です。FC琉球のJ1昇格に貢献できるように全力でがんばりたいと思います。FC琉球のファン・サポーターのみなさんにスタジアムでお会いできるのを楽しみにしております」 ◆浦和レッズ 「このたび、FC琉球に期限付き移籍することとなりました。浦和レッズに加入してから新型コロナウィルスの影響で、満員の埼玉スタジアムでプレーすることができなかったことが、本当に残念です。1年半の期間、チームスタッフや、優しい先輩、ファン・サポーターのみなさんに支えられながらプレーすることができました。素晴らしい環境の中で、プロサッカー選手として様々なことを学ぶことができましたが、プレー面でまだまだ足らないと感じていました」 「埼スタのピッチで自分を表現できるようにしっかりとFC琉球で成長してきたいと思います。FC琉球で試合に出場し、チームの勝利に貢献するための結果を出してきます。そして、浦和レッズのエンブレムをつけて、満員の埼スタのピッチでゴールを決めて躍動する姿をみなさんに見せられるように、がんばってきます。熱く素晴らしいファン・サポーターのみなさんと一緒に、ゴールと勝利が喜べるのを楽しみにしています」 2021.07.28 18:02 Wed
twitterfacebook
thumb

これはお家芸!? 平川忠亮の引退試合でピッチ外から"猛抗議"の森脇良太にイエローカード! 会場からは笑いと拍手!

京都サンガF.C.の元日本代表DF森脇良太が持ち味を発揮した。 22日、三菱重工カップ、平川忠亮引退試合が浦和駒場スタジアムで行われた。 2018シーズンをもって現役を引退した平川忠亮(現浦和レッズコーチ)氏。2002年の入団以降、浦和一筋でプレーし、浦和が獲得してきた全てのタイトルに関わってきた。 メンバーには日本代表GK西川周作や元日本代表MF小野伸二といった現役選手に加え、OB勢からも元日本代表DF田中マルクス闘莉王や元日本代表FW岡野雅行らといった、超豪華な顔ぶれが集結した。 平川が14個目のタイトルを懸けて現役の浦和選手に挑むなか、この男が試合を盛り上げた。 前半途中、ファウルで試合が止まると、森脇がピッチ脇から手を広げて大声で「レフェリー!」と激しく抗議する。主審はそれに気づくと、ライン際まで猛然とスプリント。森脇は慌ててベンチへ退避するも当然警告が提示された。 一連の流れに会場は拍手と笑いに包まれ、ツイッターにも賛辞が殺到。「さすが盛り上げ役!」、「コントじゃん」、「永久保存版」といった意見に加え、「森脇さすがだが、空気読んだレフリーもさすが!」のように『お約束』に乗っかった主審にも温かいコメントが寄せられた。 レジェンドの引退試合でも自らの良さを発揮した森脇。お家芸の効果もあってか、試合はURAWA☆☆☆LEGENDS(ウラワスリースターレジェンズ)が3-2で浦和レッズを下し、平川に14個目のタイトルをもたらした。 <span class="paragraph-title">【動画】主審への"猛抗議"で警告を受ける森脇!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">前半途中、審判への執拗な抗議により <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A3%AE%E8%84%87%E8%89%AF%E5%A4%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#森脇良太</a> に警告<br><br>三菱重工カップ <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B9%B3%E5%B7%9D%E5%BF%A0%E4%BA%AE%E5%BC%95%E9%80%80%E8%A9%A6%E5%90%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#平川忠亮引退試合</a>は、オンラインにて配信中(有料)です<a href="https://t.co/4HyEzhD97z">https://t.co/4HyEzhD97z</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B9%B3%E5%B7%9D%E5%BF%A0%E4%BA%AE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#平川忠亮</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/urawareds?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#urawareds</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/wearereds?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#wearereds</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E9%87%8D%E5%B7%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三菱重工</a> <a href="https://t.co/f4haU7PkMg">pic.twitter.com/f4haU7PkMg</a></p>&mdash; 浦和レッズオフィシャル (@REDSOFFICIAL) <a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL/status/1418131590220156929?ref_src=twsrc%5Etfw">July 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.23 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMが浦和FW杉本健勇を期限付き移籍で獲得! 海外移籍のオナイウ阿道の代役に期待

横浜F・マリノスは23日、浦和レッズの元日本代表FW杉本健勇(28)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。今季の浦和との公式戦には出場できない。背番号は「41」。 杉本はセレッソ大阪の下部組織出身で、2010年6月にプロ契約を結美、同年7月にトップチーム昇格を果たす。 2011年にトップチームデビューを果たすと、初ゴールはなんと横浜FM戦。2012年には、ロンドン・オリンピックの候補メンバーだったものの、出場機会を確保するために東京ヴェルディへと期限付き移籍。4カ月間という短期契約だったが、18試合に出場し5得点3アシストを記録すると、1チーム3人までという招集制限の結果、MF清武弘嗣、MF山口蛍、MF扇原貴宏と4名の選出となることも回避でき、東京Vの選手としてオリンピック出場を果たした。 その後C大阪に戻るも、2015年には川崎フロンターレへと完全移籍。しかし、1年でC大阪へと復帰すると、2019年に浦和へと完全移籍していた。 浦和では2シーズン半分で明治安田J1通算70試合に出場し6得点と、期待された得点での貢献はあまりできていなかった。また日本代表としても、2017年、2018年に8試合に出場し1得点を記録している。 杉本は両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「このたび、期限付き移籍で加入することとなりました、杉本健勇です。F・マリノスの掲げる目標を達成できるよう、チームに貢献したいと思います。ファン・サポーターの皆さんと、スタジアムでお会いできるのを楽しみにしています」 ◆浦和レッズ 「このたび、横浜F・マリノスに期限付き移籍することとなりました。2年半の期間でなかなか結果を出すことができずに本当に残念でした。この時期に移籍することについて考えましたが、自分の中でチャレンジしたいという気持ちが強かったので、今回この決断をしました。マリノスが掲げる目標に少しでも貢献できるようにがんばってきます」 横浜FMはここまで12得点の日本代表FWオナイウ阿道がリーグ・ドゥ(フランス2部)のトゥールーズへと完全移籍していた。なお、今夏は杉本の他、元日本代表FW宮市亮を獲得している。 2021.07.23 09:10 Fri
twitterfacebook
thumb

この精度が当たり前?浦和GK西川周作は呼吸をするように正確なフィードを供給!

浦和レッズの日本代表GK西川周作がピンポイントのフィードを披露した。 浦和は10日、明治安田生命J1リーグ第22節で大分トリニータと昭和電工ドーム大分で対戦した。 前節のベガルタ仙台戦こそゴールレスドローに終わったものの、3戦連続でクリーンシートを達成中。7日の天皇杯もSC相模原に1-0で勝利しており、守備陣は好調を維持していた。 その中心であり、自身が育った古巣大分との試合となった西川が、今節はセーブだけでなくフィードで会場を沸かせた。 ゴールレスで迎えた10分。大分の左ウイングバックDF香川勇気のクロスをキャッチすると、空いたスペースへ位置取ったMF田中達也がボールを要求。それを見逃さなかった西川は、力みのないフォームからライナー性のボールを田中の足元へピンポイントで届けた。 Jリーグファンの間では正確なキックの持ち主として知られている西川。「こんな綺麗なパント蹴ってみたい」という羨望の声以外に、高精度のキックがデフォルトとなっているためか「実況解説が何も触れてくれないのが地味に悲しい」と苦笑するコメントも上がっていた。 残念ながら、試合はその後MF町田也真人にゴールを許し、0-1で4試合ぶりの黒星。だが、失点よりも約70%もボールを支配しながらの無得点の方が気がかりだろう。今後は西川が見せたような鋭いフィードからの速攻も必要かもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】西川が見せた超高精度のパントキック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>ナイスコントロール<br>\<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和レッズ</a> のゴールキーパー <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E5%91%A8%E4%BD%9C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#西川周作</a> 選手がお馴染みのパントキックを披露<a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL?ref_src=twsrc%5Etfw">@REDSOFFICIAL</a> <a href="https://twitter.com/SHUSAKU_1?ref_src=twsrc%5Etfw">@SHUSAKU_1</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://t.co/Lc0yiXzFCa">pic.twitter.com/Lc0yiXzFCa</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1414517387156627460?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.13 20:52 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly