ユトレヒトのテン・ハグ監督がアヤックス新指揮官に就任! ユトレヒトとは双方合意の下で契約解除

2017.12.29 04:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アヤックスは28日、新監督にユトレヒトからエリク・テン・ハグ監督(47)を迎えたことを発表した。契約期間は2年半となる。

▽現役時代にトゥベンテやユトレヒトでプレーしたテン・ハグ監督は、2002年に現役を居引退。現役引退後は、トゥベンテやPSVでアシスタントコーチを務めると、2012年7月に当時エールステ・ディヴィジ(2部相当)に所属していたゴー・アヘッド・イーグルスの監督に就任。就任1年目ながら6位でシーズンを終えると、昇格降格プレーオフを制し、18シーズンぶりにチームをエールディビジ昇格に導いた。

▽その後、バイエルンのセカンドチームの監督を経て、2015年5月にユトレヒトの監督に就任。すると、就任1年目からチームをKNVBカップ準優勝に導くと、自身もオランダ年間最優秀監督賞を受賞した。さらに昨季はリーグ4位でシーズンを終え、ヨーロッパリーグ出場権を獲得。今季もユトレヒトを率いていたが、クラブは同日に双方合意の下で契約解除したことを公式サイトで発表していた。

▽4シーズンぶりの覇権奪還を目指すアヤックスは、エールディビジでPSVに次いで2位に位置しているが、クラブ幹部がコーチ陣の能力に対して疑問を持っており、21日にマルセル・カイザー監督、アシスタントコーチのへニー・スパイケルマン氏、デニス・ベルカンプ氏を解任していた。

関連ニュース
thumb

ユナイテッド、アントニーに再挑戦もアヤックスが門前払い…代替案にPSVガクポ

今夏のマーケットが終盤に差しかかり、補強の手を強めるマンチェスター・ユナイテッドだが、以前から噂されるアヤックスからブラジル代表FWアントニー(22)の獲得は難しそうだ。 ここまでDFタイレル・マラシア、DFリサンドロ・マルティネス、MFクリスティアン・エリクセンを獲得したユナイテッドだが、プレミアリーグでまさかの開幕2連敗。先が思いやられる結果でなりふり構っていられず、補強の動きにも噂レベルながら拍車がかかっている。 そんな赤い悪魔は二の足を踏むコネクター役にレアル・マドリーでプレーするブラジル代表MFカゼミロの獲得話が唐突に浮上して、実際にその動きが前進中とされるが、同時に今夏の早い段階から関心が取り沙汰されるアントニーにも再チャレンジしているといわれている。 そして、イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者によると、ユナイテッドは17日に移籍金8000万ユーロ(約109億7000万円)のオファーを打診したが、アヤックスは拒否。今後もプッシュし続けるか否か不明で、獲得の可能性は現時点で希薄だという。 なお、ユナイテッドはほかのターゲットとして、PSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポをあげている模様だ。 2022.08.19 11:16 Fri
twitterfacebook
thumb

アヤックスがティンバーと契約延長! 若き蘭代表CBが新たに25年までサインで移籍話絶つ

アヤックスは18日、オランダ代表DFユリエン・ティンバー(21)との契約更新合意を発表した。新契約は2025年6月30日まで。2024年6月30日までだった現行契約を新たに1年延長した格好だ。 ティンバーはアヤックスのアカデミー出身で、2020年3年にトップチームデビュー。上背こそ179cmだが、対人守備にビルドアップ能力も光らす現代型のセンターバックで、今夏に人気を博した。 なかでも、昨季までアヤックスで共闘したエリク・テン・ハグ監督のマンチェスター・ユナイテッド行きが噂されたが、今年11月に迫るカタール・ワールドカップも考慮して残留の見通しだった。 今夏の移籍話を封印したティンバーは「気持ちが決め手だった。でも、僕らの計画もだ。1人で決めるのは簡単じゃないし、周りの人たちも必要だった。慌ただしい夏だったよ」と語っている。 2022.08.19 09:50 Fri
twitterfacebook
thumb

トリノがアヤックスDFスフールスを完全移籍で獲得! ブレーメルの後釜候補に

トリノは18日、アヤックスからオランダ代表DFペル・スフールス(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 アヤックスの発表によると、移籍金は900万ユーロ(約12億3000万円)となり、アドオンを含めると最大1130万ユーロ(約15億5000万円)となる。契約期間は1年の延長オプションが付随する2026年までの4年契約となる模様だ。 フォルトゥナ・シッタートでプロキャリアをスタートしたスフールスは、2018年1月にアヤックスへ完全移籍で加入。フォルトゥナ・シッタートへのレンタルバック、ヨング・アヤックスでのプレーを経て、2019–20シーズンから本格的にトップチームに定着。ここまで公式戦93試合に出場していた。 191cmの恵まれた体格を生かした強さと巧さを兼ね備えた安定した守備、中盤でもプレー可能なほどの足元の技術、そのパスセンスから、バイエルンDFマタイス・デ・リフトらとも比較される万能型のセンターバックだが、やや伸び悩んでいる印象もあり、守備者として学ぶものが多いイタリアへの移籍を決断した。 ユベントスに旅立ったブラジル人DFグレイソン・ブレーメルの後釜と目される若きオランダ人DFは、その穴を埋めることができるか。 2022.08.19 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アヤックスが右SBにメキシコ代表DFサンチェスを確保…東京五輪では日本とも2度対戦

アヤックスは10日、メキシコのクラブ・アメリカからメキシコ代表DFホルヘ・サンチェス(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年間。背番号は「19」を着用する。 サントス・ラグーナの下部組織育ちのサンチェスは、2018年7月にクラブ・アメリカへと完全移籍していた。 クラブ・アメリカでは公式戦150試合に出場し2ゴール8アシストを記録していた。 また、世代別のメキシコ代表を経験し、2021年の東京オリンピックにも参加。U-24日本代表戦も2試合ともプレーし、3位決定戦でも銅メダル獲得に貢献していた。 A代表としても21キャップを持ち、1ゴールを記録している。 2022.08.11 08:25 Thu
twitterfacebook
thumb

アヤックスFWタディッチが強盗の被害に…幸いにも手の軽傷のみに

アヤックスのセルビア代表FWドゥシャン・タディッチが強盗に襲われていたようだ。 オランダ『テレグラフ』によれば、現地時間7月27日から28日にかけての深夜、タディッチが車で帰宅したところ、ヘルメットを被り武装した男2人が近づいてきたという。 不審に思ったタディッチはすぐに逃げようとしたが、腕時計を狙った加害者の攻撃を受け、手に軽傷を追ってしまったようだ。 だが一方で、強盗の一人のヘルメットを外し、平手打ちを喰らわせたとも。服を引き裂かれるなど思わぬ反撃を被った強盗はスクーターで逃げ、タディッチも近くのレストランへ避難できたようだ。 また、情報によればその2人組は、タディッチを襲う数日前にピザの宅配員になりすまし、家にやってきていたという。だが、当時タディッチは留守にしており、家にいた妻は不審に思って扉を開けなかったようだ。 その後、タディッチはPSVとのオランダ・スーパーカップやエールディビジ開幕戦に出場。プレーに影響はないようだ。 2022.08.10 19:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly