仙台、今季期限付き移籍で加入していた名古屋MF古林将太を完全移籍で獲得

2017.12.25 13:54 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベガルタ仙台は25日、今シーズン名古屋グランパスから期限付き移籍で加入していたMF古林将太(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。▽古林は今シーズン、名古屋の選手として明治安田生命J2リーグで1試合、天皇杯に2試合出場。仙台の選手としては、明治安田生命J1リーグで16試合、YBCルヴァンカップに3試合出場していた。

▽仙台への完全移籍が決定した古林は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆ベガルタ仙台
「今シーズンから期限付き移籍でお世話になり、引き続きベガルタ仙台の一員としてみなさんと共に戦えることを本当に幸せに思います。上位進出を目指すことはもちろんですが、自分自身さらにレベルアップし、チームの勝利により貢献できるよう常に自分の力を120%発揮し、がんばっていきます。来シーズンもよろしくお願いいたします」

◆名古屋グランパス
「1年半本当にありがとうございました。この1年半本当に自分のなかで悔しい気持ちでいっぱいです。ですが、"最高の"サポーターのみなさん、"最高の"仲間と出会えたのは、自分の中で"最高の"財産です。次のステップで精一杯頑張ります。本当に1年半ありがとうございました」
関連ニュース
thumb

仙台、マルティノスとの契約を協議の上で解除!今季は印象的なゴールを奪うも…

ベガルタ仙台は31日、元キュラソー代表FWマルティノス(30)との契約を協議を重ねた上で解除したと発表した。 マルティノスはヘーレンフェーンやスパルタ・ロッテルダム、ハンガリーのフェレンツヴァーロシュなどでプレー。 2016年に横浜F・マリノスに加入し、2018年には浦和レッズへと移籍。今年からはベガルタ仙台に加わり、日本での5シーズン目を迎えていた。 今季は公式戦19試合に出場し、4得点という成績。推進力のあるドリブルやパンチ力を武器に、限られた出場時間の中でも5月12日の川崎フロンターレ戦のようなインパクトのあるゴールを奪っていた。 2021.07.31 15:39 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台、高卒3年目の田中渉が恩師率いる山口に武者修行!

レノファ山口FCは20日、ベガルタ仙台からMF田中渉(20)の育成型期限付き移籍加入を発表した。背番号は「20」を着用する。 田中は桐生第一高校から2019年に仙台入りした若きレフティ。プロ入りから着実に出番を増やしての今季だったが、ここまで明治安田生命J1リーグで出番がなく、JリーグYBCルヴァンカップ2試合の出場のみだった。 2019シーズンまで仙台を率いた渡邉晋監督との再会となる田中。山口を公式サイトを通じて自己紹介とともに、意気込みを語った。 「レノファ山口FCに関わるみなさま初めまして! ベガルタ仙台から育成型期限付き移籍で加入することとなった田中渉です。レノファ山口FCに1つでも多くの勝利を届けられるように全力で戦います! 応援よろしくお願いします!」 一方、仙台を通じては「このたび、レノファ山口FCに育成型期限付き移籍することとなりました」と移籍の報告とともに、将来的な復帰を約束した。 「これからのベガルタ仙台をけん引する存在になれるよう、成長して帰ってきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いいたします」 2021.07.20 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

仙台がFWフェリペ・カルドーゾの浦和戦での侮辱的行為を謝罪、Jリーグからも厳重注意

ベガルタ仙台は8日、ブラジル人FWフェリペ・カルドーゾの行為を謝罪した。 クラブの発表によると、フェリペ・カルドーゾは、3日に行われた明治安田生命J1リーグ第21節の浦和レッズ戦で、侮辱的で不適切な行為を行なっていたとのことだ。 今シーズンから加入したフェリペ・カルドーゾは、浦和戦が5試合目の出場に。22分に西村拓真に代わって途中出場。92分にはボックス内で槙野智章とやり合い、イエローカードを提示。この際に槙野は激怒していた。 侮辱的な行為がどのシーンかは明らかにされていないが、仙台は今回の件について「同行為につきましては、リスペクト精神を欠くものであり、Jリーグからの厳重注意を厳粛に受け止め、改めて当クラブから当該選手に厳重注意をいたしました」と声明を発表している。 また「このたびは、浦和レッズの関係者の方々をはじめ、両クラブのファン、サポーター、サッカーファンのみなさま、Jリーグおよび、各クラブの関係者の方々にご迷惑をおかけいたしました。大変申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「7月中旬からのリーグ中断期間に、コンプライアンス、インテグリティの研修をチームとして実施し、今後に向けて再発防止に努めてまいります」と再発防止のために選手たちへ指導するとしている。 <span class="paragraph-title">【動画】ベガルタ仙台vs浦和レッズ ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=ksrblrqce9dn1vhlgmeh6n1sk" async></script> 2021.07.08 13:40 Thu
twitterfacebook
thumb

スウォビィクが好セーブ連発!浦和は決定機決め切れずゴールレスドロー【明治安田J1第21節】

明治安田生命J1リーグ第21節、ベガルタ仙台vs浦和レッズが3日にユアテックスタジアム仙台で行われ、0-0の引き分けに終わった。 仙台は前節、勝ち点で並んでいた清水エスパルスとの打ち合いを2-3で敗戦。不調から抜け出せず、暫定で降格圏の17位に位置している。 一方の浦和はリーグ戦2連勝中で、前節のアビスパ福岡戦で今季10勝目を挙げた。すでにリーグ戦7得点のユンカーを中心に調子を上げており、暫定ながら5位まで順位を上げた。 立ち上がりからボールを握ったのは3連勝を狙う浦和。両サイドバックが高い位置を取り、ボランチの柴戸や伊藤がセンターバックの横に降りて攻撃を組み立てていく。6分に槙野のサイドチェンジから西がクロスを上げてユンカーが頭で合わせるも、GKスウォビィクの好セーブに阻まれて先制ならず。 11分には自陣でボールを持った小泉がユンカーにつなぎ、汰木にラストパス。2本のパスで一気にゴールまで迫ったが、これもGKスウォビィクがはじき出した。 その後は左サイドでショートパスをつなぎ、仙台の守備を左に寄せたところで、槙野のサイドチェンジでスペースのある右サイドに展開するシーンが何度か続いたが、仙台の素早いスライドに手を焼いてゴールまでたどり着けなかった。 一方、4試合ぶりの勝利を目指す仙台は、ボールを持っても浦和の素早い守備を前に簡単に失ってしまう。また、西村の負傷交代によって途中から入ったフェリペ・カルドーソへ縦パスを送るも、槙野の執拗なマークに潰されてしまい、有効なカウンターが打てず。 継続して攻める時間帯が続く浦和は、25分に田中のクロスにユンカーがヘディングで合わせたが、ボールは再びGKスウォビィクの正面へ。この時点でボール保持率は70%を記録していたが、肝心のゴールは奪えないまま前半が終了した。 後半が始まってわずか30秒、浦和に決定機が訪れる。ユンカーへのロングボールのこぼれ球を拾った小泉がゴール左下に強烈なシュート。しかし、波に乗っている仙台守護神スウォビィクがまたもや好セーブで凌いで見せた。 対する仙台も絶好機を作る。52分、左サイドからのクロスに対してペナルティエリア左に侵入した加藤がドンピシャで合わせるも、惜しくもボールはポストを直撃。待望の先制点とはならなかった。 67分、浦和はトーマス・デンに代えて岩波、田中に代えて興梠を投入する。すると76分、敵陣中央でボールを持った小泉が絶妙な浮き球を仙台のDFライン裏に走った興梠に送る。興梠も完璧なタイミングで抜け出したが、足にうまくヒットせず。またも得点のチャンスを逃してしまった。 興梠は89分にも相手DFラインの裏で受け、冷静にDFをかわしてシュートを打つもボールはスウォビィクの正面へ。ボール保持率およそ70%を記録し幾度となく仙台ゴールに迫るも決め切れず。両チームともにゴールレスで試合終了となった。 ベガルタ仙台 0-0 浦和レッズ 2021.07.03 21:28 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第21節:仙台vs浦和】残留圏かACL圏か、上を目指す両者が勝利を狙う

【明治安田生命J1リーグ第21節】 2021年7月3日(土) 19:00キックオフ ベガルタ仙台(17位/15pt) vs 浦和レッズ(5位/34pt) [ユアテックスタジアム仙台] ◆後半戦で巻き返したい【ベガルタ仙台】 前節は前半戦最後の試合。ホームで残留を争う清水エスパルスと対戦。点の取り合いとなったなか、2-2としてすぐに勝ち越しを許してしまい、2-3で敗れた。 開幕直後の6連敗などチームとして不甲斐ない戦いに終わった前半戦。それでも徐々に守備面が改善して勝ち点を拾えるようになっていただけに、後半戦ではしっかりと残留に向けて勝ち点を積み上げたい。 脆さを見せる部分があるのは相手のシステムが変わった時の対応だ。相手に合わせて自分たちのバランスを崩してしまうことで、隙が生まれて失点を重ねるパターンが多い。 浦和も選手たちがポジションを変えて攻めてくるだけに、そこにどこまで食らいつくか。それとも食らいつかずに構えるのか。強力なストライカーであるキャスパー・ユンカーをどう抑えるかにも注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:真瀬拓海、吉野恭平、平岡康裕、石原崇兆 MF:関口訓充、フォギーニョ、松下佳貴、加藤千尋 FW:西村拓真、赤崎秀平 監督:手倉森誠 ◆上位3つに食らいつけるか【浦和レッズ】 前節は後半戦の初戦でアビスパ福岡を相手に2-0で勝利。これでリーグ戦連勝を飾るとともに、好スタートを切った。 ACL出場圏である3位も見えてきた浦和。夏の新戦力も補強が進んでおり、チームとしての充実感が日に日に増している状況だ。 その新戦力が起用できるのはまだ先になるが、ポジションを奪われる可能性がある選手たちも気合いは入っている。しっかりとここで結果を残しアピールを続けなければ、出番が減るだけに、強い気持ちを持って臨むことだろう。 キャスパー・ユンカーの得点力も武器だが、ユンカーのおかげで周りの選手たちの特徴も生き始めている。マークを引き連れることもあるだけに、ユンカーを生かし、ユンカーに生かされることが勝利への近道と言える。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:西大伍、岩波拓也、槙野智章、明本考浩 MF:柴戸海、伊藤敦樹 MF:田中達也、小泉佳穂、汰木康也 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス 2021.07.03 14:47 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly