讃岐が町田FW重松健太郎を完全移籍で獲得! 「讃岐の勝利のために」2017.12.23 12:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽カマタマーレ讃岐は23日、FC町田ゼルビアに所属するFW重松健太郎(26)の完全移籍加入を発表した。▽重松は、FC東京、アビスパ福岡、ヴァンフォーレ甲府、愛媛FC、栃木SCを経て、2015年から町田でプレー。2017シーズンは明治安田生命J2リーグ23試合3ゴールをマークした。移籍決定を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

「カマタマーレ讃岐のファン・サポーターの皆様、初めまして。この度FC町田ゼルビアから加入することとなりました重松健太郎です。自分の持ち味を活かして、讃岐の勝利のために全力でプレーします! 温かい応援をよろしくお願いします!!」
コメント
関連ニュース
thumb

名古屋のU-20日本代表DF菅原由勢、蘭1部AZへ! 単年レンタルが決定

AZは18日、名古屋グランパスに所属するU-20日本代表DF菅原由勢(18)のレンタル加入合意を正式発表した。加入期間は1年間。菅原は20日に現地入りした後、翌21日にメディカルを受ける見通しだ。 世代別代表歴を持つ菅原は名古屋下部組織出身で、2018シーズンに2種登録選手としてトップチームデビュー。同年4月にチーム史上最年少の17歳10カ月の若さでプロA契約を結び、最終的に明治安田生命J1リーグ13試合に出場した。 今シーズンはJ1リーグこそ出番がなかったが、5月にポーランドで行われたU-20ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーに選出。全4試合でフル出場を果たして、ベスト16入りに貢献した。海外移籍を受け、次のようにコメントしている。 「このたび、AZアルクマールという歴史あるクラブに期限付き移籍することとなりました。アンダー世代ですがワールドカップという舞台を2度経験した際に"世界で闘いたい、活躍したい"という気持ちが芽生えました」 「今回お話をいただき、そのチャンスだと思いました。世界中の選手と真剣に闘うことの楽しさ、激しさ、厳しさは僕の中で常に刺激となるものでした。そして僕自身が選手として、人としての殻を破り、成長するには日本を出て世界に行かなければいけないと強く思いました」 「僕は名古屋グランパスのアカデミー出身選手です。風間監督をはじめ7年間で多くの方々と出会いご指導いただき、本当にこの名古屋グランパス、グランパスアカデミーで育ていただき感謝しています。だからこそアカデミーの選手もここまで出来るぞ、ここまで来れるんだぞと、グランパスアカデミーの存在価値を示さなければいけませんし、僕にはその責務があります」 「そして世界一のファミリーの皆さん。シーズン途中にチームを離れるご報告になってしまい、申し訳ございません。また、このタイミングで今回のチャレンジを理解してくれたクラブにも感謝しています」 「いつもどこからでも熱い声援を本当にありがとうございました。僕の夢はこのクラブでリーグ優勝をすること、日本一のクラブにすること、そしてこのクラブで引退することです。その為にもこのチャレンジを応援いただき見守ってください。僕は必ずグランパスにこの恩をお返ししたいと思います」 「僕はこのクラブを心から愛しています。しっかりとファミリーの皆さんにいい報告が出来るように頑張ります。行ってきます!!」 2度のエールディビジ優勝を誇るAZは、1967年創設のオランダ西部に位置するクラブ。昨シーズンはアヤックス、PSV、フェイエノールトに次ぐリーグ4位に入り、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得している。 2019.06.18 18:35 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMがポーランドクラブ退団のMF泉澤仁を獲得…大宮、G大阪、東京Vでプレー

横浜F・マリノスは18日、MKSポゴニ・シュチェチン(ポーランド1部)を退団していたMF泉澤仁(27)の加入を発表した。 泉澤は2014年に阪南大学から大宮アルディージャに入団後、チームの主軸としてプレー。2017年からガンバ大阪でプレーすると、2018シーズン途中から出場機会を求めて期限付き移籍で東京ヴェルディに加わった。 2019年1月にポゴニ・シュチェチン移籍が決まると、4月に途中出場でリーグ戦デビューを飾り、その試合で移籍後初ゴールもマーク。しかし、リーグ戦の出場はその1試合にとどまり5月に退団が発表されていた。 J1では通算70試合に出場し5得点、J2で58試合に出場し10得点、J3では8試合に出場し2得点を記録。リーグカップで18試合出場し2得点、天皇杯では13試合に出場し7得点を記録していた。泉澤はクラブを通じてコメントしている。 「はじめまして、泉澤仁です。1日でも早くマリノスのファン、サポーターの皆さんに認めてもらえるよう、精一杯頑張ります。よろしくお願いします!」 2019.06.18 10:56 Tue
twitterfacebook
thumb

6連敗中の最下位・岐阜が大木武監督と契約解除…新指揮官は昨季まで讃岐を指揮した北野誠監督

FC岐阜は18日、大木武監督(57)と双方合意の下で契約を解除することを発表した。なお、新監督には、昨シーズンまでカマタマーレ讃岐で指揮を執っていた北野誠氏(51)が就任する。 大木氏は、ヴァンフォーレ甲府で監督業をスタート。その後は清水エスパルス、川崎フロンターレユース、甲府を経て、2008年から2010年まで日本代表のコーチを務めていた。 その後、京都サンガF.C.、ジュビロ磐田U-18の監督を経て、2017年から岐阜の監督に就任した。 ボールを大事にするポゼッションサッカーを標榜する大木監督だったが、就任1年目の2017年は明治安田生命J2リーグで18位。2年目の2018年は20位と順位を落とすと、今シーズンはここまで3勝3分け12敗の勝ち点12で最下位に位置。15日に行われた第18節の大宮アルディージャ戦では土壇場に勝ち越しゴールを許し、2-1で敗戦。6連敗となり、退任となった。 後任の北野監督は、2009年にロアッソ熊本で監督を務めると、2010年からは讃岐を指揮。チームをJFL、J2へと昇格させていたが、2018シーズンにJ3へと降格。監督を退任していた。大木前監督、北野新監督、宮田博之代表取締役社長のコメントは以下の通り。 ◆大木武前監督 「日頃よりFC岐阜を応援してくださるファン・サポーター、スポンサー、株主、後援会、FC岐阜に関わる全ての皆様ありがとうございます」 「この度、私大木武は監督を退任することになりました。多くの優秀な選手がいるにも関わらず、現在の様な状態であるのは全て監督である私の責任です。誠に申し訳ございません」 「しかし試合はまだまだ続きます。本来の力を発揮し、素晴らしいチームになって行くことを信じております。皆様には引き続き応援、ご支援の程よろしくお願い致します。本当にありがとうございました」 ◆北野誠新監督 「大木武監督の後任としてFC岐阜の監督を受ける事になりました。自分に与えられたミッションは分かっています。もう一度チーム、選手達に自信を取り戻させ躍動感のあるプレーが出来るよう責任を持って取り組んでいく所存です。1試合、1試合を戦う気持ちを前面に出し勝ち点を積み上げていきますので応援よろしくお願い致します」 ◆宮田博之代表取締役社長 「2017年にFC岐阜の強化のために監督として迎え入れ、非常に熱心に指導をして頂いてきました。お蔭で監督の元でスキルを磨きたい選手が大勢集まり、優秀な選手に育ち本当に有難く思っています。今シーズンこそ良い結果に結びつくことを期待していましたが、残念ながら最下位が続いており、今後浮上させるために新監督への交代を決意いたしました。しかし、大木監督の残された数々のご指導や熱い思いは、今後もFC岐阜の財産になると確信していま」 「今シーズンは大木監督の3年目でもあり、良い結果を出せると期待していました。しかし、なかなか勝利することが出来ず、18節を終え最下位が続き皆様にはご心配をお掛けしております。今般チームを上昇させるために、新しく北野監督体制に切り替えて、心機一転チーム、クラブ一丸で戦って行くことにしました」 「北野監督は守備やチームマネジメントを得意とされ、直近のJ2リーグ5年間の戦いの中で様々な経験をされて来た方で、リーグの状況も一番よく把握されています」 「この状況で託すのに最も相応しい監督であり、チーム一丸で必ずや良い結果を生み出せると確信しています。ファン、サポーター、スポンサー、関係者すべての皆様方の一層の応援をよろしくお願い申し上げます」 2019.06.18 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

大分の坂井大将が群馬へ! 育成型期限付き移籍

ザスパクサツ群馬は14日、大分トリニータに所属するMF坂井大将(22)の育成型期限付き移籍加入を発表した。期間は2020年1月31日まで。同期間中、大分との公式戦に出場できない。なお、背番号は「50」を着用する。 坂井は大分の下部組織出身で、2015年のトップチーム昇格を経て、2017年8月にベルギー2部のテュビズに期限付き移籍。2018年1月に期限付き移籍でアルビレックス新潟入り後、今シーズンから大分復帰を果たしたが、ここまで出番がなかった。シーズン途中での移籍を受け、両クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆ザスパクサツ群馬 「初めまして、坂井大将です。だいすけかだいちゃんと呼んでください。絶対にJ2昇格しましょう。よろしくお願いします!」 ◆大分トリニータ 「群馬に移籍する事にしました。僕のユニフォームを着て応援してくる方や、ドームや練習場に来て応援してくれる方々には本当に申し訳ない気持ちと大分は僕にとって特別な場所なので離れるのはやっぱり寂しいです。ただ自分で決めた決断なので、しっかりと自分らしく頑張って来たいと思います!」 2019.06.14 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英、レアル・マドリー移籍迫る…西マルカ「ハッピーエンドは非常に近い」

FC東京に所属する日本代表MF久保建英(18)に対して、レアル・マドリー移籍の可能性が高まっているという。13日付のスペイン『マルカ』が報じた。 レアル・マドリーは久保に年俸100万ユーロ(約1億2000万円)の5年契約を提示しており、FC東京に対しても移籍金200万ユーロ(約2億4000万円)のオファーを打診。「100%完了に至っているわけではないが、ハッピーエンドは非常に近い」という。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=4xlwad0wi0gc14ct3w8145v8d" async></script> </div> これが事実であれば、気になるのは久保の処遇だ。ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールらの歩みと同じように、まずはセカンドチームが基本的な主戦場となり、トップチームデビューのチャンスをうかがうことになる見通しとみられる。 久保は10歳でバルセロナの下部組織に加入後、国際サッカー連盟(FIFA)が定める18歳未満の外国籍選手獲得および登録違反の煽りを受け、2015年3月に帰国。FC東京の下部組織に加入後、順調に成長を遂げ、2017年に16歳でトップ昇格を果たした。 そして、今シーズン、その才能がトップチームで花開き、明治安田生命J1リーグ首位を走るFC東京の原動力として活躍し続け、今月の代表ウィークで待望のA代表デビュー。今月4日に18歳の誕生日を迎えたことで、海外移籍の可能性が加熱している。 その移籍先の筆頭として目されたのが古巣バルセロナだが、交渉の難航が指摘され、それに乗じるかのように、レアル・マドリーや、パリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・シティの関心報道がヒートアップしている状況だった。 2019.06.14 08:50 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース