キャプテンとして厳しい評価を下すDF宇津木瑠美「個人の力がどれだけ足りていないか」《EAFF E-1サッカー選手権》

2017.12.15 23:29 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽なでしこジャパンは15日、EAFF E-1サッカー選手権の最終戦の北朝鮮女子代表戦に望み0-2で敗北した。この結果、北朝鮮女子代表の優勝が決定し3連覇を飾った。

▽試合後、DF宇津木瑠美(シアトル・レイン/アメリカ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。キャプテンとしてチームにあえて苦言を呈している。

◆DF宇津木瑠美(シアトル・レイン/アメリカ)
──試合を振り返って
「結果が大事で厳しい試合になるとは全員がわかっていました。その中で、0-0の引き分けでも勝てない状況でしたし、強い気持ちで臨みました。しかし結果が全てで、自分たちの現状がこれです。課題として各々が見つけなければいけないものもありますが、それ以前に代表として足りないものについてもっと考えないといけません。遅いかもしれませんが、それを考える良いタイミングだと思っています。一人一人が成長するために、大事な試合だったと思います」

──自身のプレーについては
「ディフェンスとして入ったので2失点したことを考えると、フォワードが点を取ろうとしている中で失点してしまい課題は浮き彫りです。個人的な課題は多いですが、失点してしまったことをディフェンスラインで考えなければいけないと思います」

──個人と組織でどちらが多く課題が見つかったか
「高倉監督の方針の中で、組織で戦うことを大事にしています。それ以前に個人としても成長し、どれだけやれるかが大事です。そこを重点的にやっています。不慣れなポジションで起用される選手や、初めてペアを組む選手もいますが、その中で自分たちができているのかどうか。結果になっていないので、個人がどれだけ足りないかということだと思います」

「サッカーなのでチームスポーツで、チームとしてやっていかなければいけない課題も多いです。ただ、同じくらい個人としての課題も多いです。そういう意味で、チームとして形を作らなければいけませんが、個人でもやっていかなければいけないです。どっちも必要なことです」


「アジアの試合は、私が予選に出ていなかったこともあり久しぶりの試合でした。アジアでやることを、自分の中で舐めていた部分があるかもしれません。なでしこの苦手な部分として欧米対策があり、それを何年もやってきました。メンタル的な部分が大事です。最後、どちらが勝つかというところでメンタリティが大事で、アジアのチームはそこが強いです。刺激を頂いたと個人的に感じています」


関連ニュース
thumb

「だれも取れないコース!」なでしこMF猶本の代表初弾となる華麗FKをファンも称賛「鮮やかな軌道」

なでしこジャパンのMF猶本光(三菱重工浦和レッズレディース)が代表初ゴールを決めた。 なでしこジャパンは21日、AFC女子アジアカップのグループC第1節でミャンマー女子代表と対戦。ベンチスタートとなった猶本は、1-0とリードして迎えた43分に負傷したMF林穂之香に代わって途中出場を果たす。 後半の立ち上がりに欲しかった追加点をゲットしたなでしこジャパンは53分、ボックス手前左の好位置でFKを獲得。キッカーの猶本が右足を振り抜くと、鋭いシュートがクロスバーに直撃しながらゴールネットを揺らした。 記念すべき代表初ゴールとなった猶本のFKは、『DAZN』の公式ツイッターも「猶本光 ビューティフルFKで追加点 鮮やかな軌道を描いたボールがバーを叩いてネットに吸い込まれる」と称賛。ファンも「お見事」、「スーパー」、「だれも取れないコース!」と続いたが、ミャンマーの壁が跳ばなかったことを指摘する声もあった。 FIFAランク47位のミャンマーとは地力の差もあったものの、なでしこジャパンはその後も追加点を重ね、5-0で完勝。ミャンマーを全く寄せ付けないまま、初戦を勝利で収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】ミャンマーの壁はなぜ飛ばない?猶本光の華麗なFK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%8C%B6%E6%9C%AC%E5%85%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#猶本光</a><br>ビューティフルFKで追加点<br>\<br><br>鮮やかな軌道を描いたボールが<br>バーを叩いてネットに吸い込まれる<br><br>AFC女子アジアカップ GS第1節<br>日本×ミャンマー<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> でライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/nadeshiko?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#nadeshiko</a> <a href="https://t.co/aHInCSnryB">pic.twitter.com/aHInCSnryB</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1484455822054801409?ref_src=twsrc%5Etfw">January 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.22 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、初戦のミャンマー戦で快勝! 猶本光ら3選手が代表初ゴール《AFC女子アジアカップ》

なでしこジャパンは21日、AFC女子アジアカップのグループC第1節でミャンマー女子代表と対戦し、5-0で勝利した。 2023年のワールドカップ(W杯)アジア予選も兼ねたAFC女子アジアカップ。なでしこジャパンは、昨年10月の池田太監督の就任から、11月のオランダ遠征でアイスランド女子代表、オランダ女子代表とテストマッチを実施。しかし、帰国後は隔離期間を設けられたことから、12月のキャンプが中止となっていた。 インドで行われる今大会に向けて紅白戦などで調整を続けていた中、今月18日に岩渕の新型コロナウイルス感染が判明。アーセナル所属の岩渕はイングランドを出発する72時間以内に行われた検査では陰性だったが、インド到着直後の検査で陽性反応が確認された。 そのため、岩渕はチームへの合流はお預けとなり、このミャンマー戦はベンチ外に。スタメンについては、田中と植木が2トップを組む[4-4-2]の布陣が採用されている。 FIFAランク47位のミャンマーに対し、13位のなでしこジャパン。地力で劣る相手に立ち上がりから攻勢に出て、15分までに10本に迫るシュートを浴びせていく。その中で4分には、長谷川とのワンツーで右サイドを突破した清水のクロスから田中がヘディングシュート。これがクロスバーを叩く惜しいシーンに。 9分には味方とのパス交換で右サイドハーフの長谷川がカットインからシュートへ。安定したシュートシーンを演出していくなでしこジャパンが先制したのは22分のことだった。 自陣右サイドの深い位置からスローインで再開し、GK山下にボールが渡ると、正確なロングキックで右サイドに展開。これに反応した長谷川が深い位置からクロス。飛び込んだ植木がヘディングシュートを突き刺した。植木がこれが代表初ゴールとなった。 その後も攻勢を続ける中、40分過ぎに相手との接触で足首を負傷した林が続行不可能に。担架でピッチを後にし、代わりに猶本が出場した。その直後の42分には、右サイドバックの清水のクロスを長谷川が胸トラップからスムーズなシュートに繋げるが、ここもクロスバーを叩き、前半は1点にとどまった。 それでも後半立ち上がりに追加点が生まれた。47分、敵陣中央でパスを受けた宮澤が縦パスを入れると、ボックス手前の植木がポストプレーに入りワンタッチではたく。これでゴール前に抜け出した長谷川が難なくシュートを流し込んだ。 欲しかった2点目が生まれたなでしこジャパン。さらに53分には、ボックス手前左の位置から猶本が直接FKを叩きこみ3点目。猶本もこれが代表初ゴールとなった。 ハーフタイムで遠藤を下げて長野を投入していたなでしこジャパンは、70分手前にさらに宮澤と植木を下げて成宮と菅澤を投入。するとその直後、右サイドからパスを繋ぎ、ボックス手前の成宮にボールが渡ると、チェックが甘かったこともあり、迷うことなく左足を一閃。これがゴール左に突き刺さり、代表2試合目にして初ゴールを挙げた。 後半アディショナルタイムには、長谷川がダメ押しの5点目を決めて勝負あり。ミャンマーを全く寄せ付けないまま、なでしこジャパンが初戦快勝を収めた。 なでしこジャパン 5-0 ミャンマー女子代表 【日本】 植木理子(前22) 長谷川唯(後2) 猶本光(後8) 成宮唯(後26) 長谷川唯(後47) 2022.01.21 18:52 Fri
twitterfacebook
thumb

「浦和のツートップ」この日の相手は遠藤優、なでしこMF塩越柚歩が銀座でのランチショットを公開「優柚最高」

三菱重工浦和レッズレディースのなでしこジャパンMF塩越柚歩はカフェ巡りを楽しんでいるようだ。 中盤でゲームを作れるプレーヤーとして代表での活躍を期待する声も多い塩越。AFC女子アジアカップに向けたなでしこジャパンのメンバーからは、残念ながら漏れてしまっていた。 13日にはインスタグラムで木﨑あおい(サンフレッチェ広島レジーナ)とのカフェタイムを投稿した塩越。19日には再びのカフェショットを公開した。 今回のお相手は浦和レディースのチームメイトMF遠藤優。「最高においしすぎました」とのコメントとともに、銀座の『HILLS CAFE』を訪れた際の写真を投稿している。 「銀座のHILLS CAFEさんでゆうとランチ。最高においしすぎました。ふたりで行って2つの味食べるのとってもおすすめ」 「キミイツさんの高級生食パンで作ったサンドウィッチ みなさんもぜひ食べに行ってみてください〜」 「次行ったらなに食べようかな~」 "キミイツ"とはさいたま市を中心に展開されている高級食パン専門店「君とならいつまでも」の愛称だ。おしゃれなランチショットにはファンからも「浦和のツートップ、癒されます」、「優柚最高」、「最強ツーショット」、「指輪してる?」などの声が寄せられることとなった。 塩越は今夏開幕したYogibo WEリーグで6試合に出場し、2得点を挙げている。5日に行われた皇后杯準決勝、セレッソ大阪堺レディースでもフル出場を果たし、チームを3大会連続の決勝まで押し上げた。 決勝は2月27日にサンガスタジアム by KYOCERAで行われる。しばしの休息を満喫する塩越。来る日での活躍に期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【写真】浦和Lの塩越柚歩と遠藤優による銀座でのカフェショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CY6hx7jvmBZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CY6hx7jvmBZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CY6hx7jvmBZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">塩越 柚歩(@yuzuho_shiokoshi19)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.20 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

新型コロナウイルス感染の岩渕真奈が感謝&エール「最短で戻れるように努力したい」

アーセナルのなでしこジャパンFW岩渕真奈が、感謝の気持ちとエールを送った。 岩渕はインドで開催されるAFC女子アジアカップに出場するため、なでしこジャパンに選出された。 イギリスから直接インドへと入国したが、入国時の検査で新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受け隔離措置を受けることに。最短でも24日まではチームに合流することができない。 JFA(日本サッカー協会)は岩渕の回復を待つ方針を示した中、本人は自身のインスタグラムで今回の件について言及。励ましのメッセージに感謝しながら、チームメイトを信じて応援するとし、女子W杯出場権を懸けた戦いへの応援を呼びかけた。 「本日の報道の件。沢山の温かいメッセージありがとうございます」 ⁡ 「無症状で元気なだけにとてももどかしいですが、チームとは別にしっかりと隔離をし、出来る事をやって、最短で戻れるように努力したいと思います」 ⁡ 「なでしこジャパンはW杯出場権をかけ21日からアジアカップを戦います。DAZNで配信予定なのでぜひなでしこジャパンへの沢山の応援をよろしくお願いします」 ⁡ 「スタートからチームの力になれずものすごく残念ですが、みんなならやってくれると信じ、隔離の部屋から沢山のパワーを送りたいと思います!!」 「インド到着後誰にも会えていないので今はただただ早くみんなに会いたいです。応援よろしくお願いします」 この投稿にも多くのメッセージが寄せられ、回復を祈る声、そして復活してピッチでプレーすることへの期待が寄せられた。 岩渕は早くても3戦目からの出場に。チームとして結果を残して岩渕を安心させられるか。なでしこジャパンの初戦は21日のミャンマー女子代表戦。2戦目は24日のベトナム女子代表戦となるため、ここまでは岩渕不在にとなる。 <span class="paragraph-title">【写真】コロナ陽性の岩渕真奈が感謝とエール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CY6E0gYs9zM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CY6E0gYs9zM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CY6E0gYs9zM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.19 22:13 Wed
twitterfacebook
thumb

岩渕真奈の新型コロナ陽性に佐々木則夫女子委員長がコメント「共にこのAFC女子アジアカップを戦っていく方針」

日本サッカー協会(JFA)の佐々木則夫女子委員長が、なでしこジャパンのFW岩渕真奈についてコメントした。 JFAは19日、岩渕が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表。チームに合流する前に判明し、別室で隔離されていることを発表した。 なでしこジャパンは、女子ワールドカップ出場に向けて、今回のAFC女子アジアカップを戦う中、エースである岩渕を欠いて初戦を戦うこととなる。 今回の陽性判定を受け、佐々木女子委員長はJFAを通じてコメント。復帰を待つ方針であるとし、それまではしっかりと残りの選手で戦うとした。 「まずは岩渕真奈選手の回復のために、JFAとしてしうるサポートを全てしていく所存です」 「AFCのレギュレーションとして最短でも1月24日(月)まで自室での隔離を続け、また24日の検査での陰性と、検査日までの直近3日間の継続した無症状をもって隔離解除となるため、当面チームからは離れた状況が続きます」 「今後の岩渕選手の体調、コンディションを注視したうえでの判断になりますが、現時点ではチームとして彼女の復帰を待ち、彼女と共にこのAFC女子アジアカップを戦っていく方針です」 「初戦は選手1名を欠いた中での戦いとなりますが、池田太監督は着々と準備を進めてくれていますし、選手も変わらず初戦に向けて集中しています」 「全員でFIFA女子ワールドカップへの切符を、そしてアジアのタイトルを獲得できるよう引き続き戦ってまいります」 2022.01.19 20:43 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly