C大阪、下部組織在籍FW中島元彦とFW山田寛人の来季加入内定を発表!

2017.09.29 18:12 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
▽セレッソ大阪は29日、同クラブ下部組織に所属しているU-18日本代表FW中島元彦(18)とU-17日本代表FW山田寛人(17)が来シーズンの加入で内定したことを発表した。▽C大阪の下部組織でキャリアをスタートさせ、順調にカテゴリーを上がってきた中島は、昨シーズンからC大阪U-23に2種登録で参加し、明治安田生命J3リーグでプレーしている。今シーズンはここまで9試合に出場し、3得点を記録。クラブは、同選手を「ボールを引き出す動きに優れ、攻撃の起点を作るだけでなく、スペースを有効に使いながらゴールに向かうプレーが得意」と評している。

▽また、愛知県出身の山田は、2015年にセレッソ大阪の下部組織に加入した。中島と同様に、2016年から2種登録でC大阪U-23に参加し、今シーズンはここまで4試合に出場。クラブは、山田を「足元の技術に優れ高いシュート技術を生かし、貪欲にゴールに向かうプレーが得意」だと評している。

▽両選手は来シーズントップチーム昇格発表を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

◆FW中島元彦
「セレッソ大阪のトップチームに昇格する事が決まりました。まず、サッカーを続けさせてくれた両親を含めサッカーの指導に携わってくれた方々に感謝します。プロになる事は通過点なので1日でも早くトップチームで活躍して世界で戦える選手になれるように日々頑張りたいと思います」

◆FW山田寛人
「夢であったプロサッカー選手をセレッソ大阪でスタートする事ができ嬉しく思います。今まで、そして、これから応援して下さる方々に感謝し全力でプレーして行きたいと思います。応援よろしくお願い致します」
コメント
関連ニュース
thumb

熊本、順天堂大MF杉山直宏の来季加入内定を発表 「精一杯努力」

ロアッソ熊本は27日、順天堂大学に在学するMF杉山直宏(22)の2021シーズン加入内定を発表した。 福岡県出身の杉山は身長175cm、体重69kgのMFで、アビスパ福岡ジュニアユース、大津高校を経て、順天堂大学に進学。左足のプレー精度がアピールポイントの杉山は内定決定を受け、クラブの公式サイトを通じて次のように意気込みを語っている。 「この度、来シーズンよりロアッソ熊本に加入することになりました順天堂大学の杉山直宏です。幼い頃からの夢であるプロサッカー選手としてのキャリアをロアッソ熊本という素晴らしいチームでスタート出来ることを心から嬉しく思います」 「今まで僕を支えてくれた、家族、スタッフ、チームメイトなど、全ての方々に感謝をして、これからも頑張っていきます。チームの勝利に貢献できるように精一杯努力していきますので、応援よろしくお願いします」 2020.11.27 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪がロティーナ監督と来季契約結ばず 後任は決定次第発表へ

セレッソ大阪は27日、ロティーナ監督(63)との契約が今季で満了となり、来季の契約を更新しないことで合意したと発表した。 スペイン出身のロティーナ氏はセルタやデポルティボなどの母国複数クラブの監督を歴任。その後、キプロスやカタールのクラブを経て、2017年から東京ヴェルディの指揮を執り、2年連続でJ1昇格プレーオフに導いた実績を評価され、2019年からC大阪の監督に就任した。 C大阪指揮初年度の昨季は明治安田生命J1リーグで最少失点の堅守を武器に5位フィニッシュ。2年目の今季もその堅守を軸に上位争いを続け、29試合消化の現時点で4位と天皇杯出場権や来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権がかかる3位以内に入る可能性を残している。 なお、C大阪は残り5試合で横浜FC、北海道コンサドーレ札幌、柏レイソル、サガン鳥栖、鹿島アントラーズと対戦。退任を受けたコメントは最終戦終了後に改めて発表され、後任も決まり次第知らせるという。 2020.11.27 17:20 Fri
twitterfacebook
thumb

秋田一筋の前山恭平、今季限りで現役引退 「11年間ありがとうございました」

ブラウブリッツ秋田は27日、MF前山恭平(32)の今季現役引退を発表した。本拠地最終戦の12月5日に予定する明治安田生命J3リーグ第31節のFC今治戦後、セレモニーが行われる。 佐賀県出身の前山は2010年に福岡大学から秋田入り。日本フットボールリーグ(JFL)時代から秋田一筋のキャリアを歩み続け、今季が11年目だった。 J3リーグ参入の2014年以降も主力として活躍を続け、J3リーグ通算成績は168試合30得点。今季はここまで9試合に出場している。 チームが来季のJ2リーグ初昇格を果たすなか、今季終了後の引退を決断した前山はクラブ公式サイトを通じて、感謝の言葉を綴った。 「この度、2020シーズンを持ちまして現役を引退することを決めました。まずは、スポンサー企業の皆様、後援会の皆様、ファンサポーターの皆様、ボランティアスタッフの皆様、試合運営に関わる全ての皆様、これまで在籍していた選手スタッフの皆様、そして家族。僕に関わる全ての方に支えられて11年間ブラウブリッツ秋田でサッカーをすることができ、感謝しています。今シーズン目標だったJ3優勝、J2昇格を達成することができて、嬉しく思います。来シーズンJ2での活躍を願っています。11年間ありがとうございました」 2020.11.27 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

千葉が高橋悠太GMの今季退任を発表 「期待を大きく裏切る結果」

ジェフユナイテッド千葉は27日、ゼネラルマネージャー(GM)を務める高橋悠太氏(39)の今季限りでの退任を発表した。高橋GMは退任決定を受け、次のようにコメントしている。 「クラブの目標であったJ1昇格を果たすことができず、期待を大きく裏切る結果となってしまい本当に申し訳なく思っております。これまで共に闘ってくれた選手、スタッフ、常にフクアリを最高の雰囲気にしてくださったファン・サポーターの皆様には、この場を借りて心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。2021シーズンがジェフにとって最高の1年となりますよう心から願っております」 高橋氏は2005年に早稲田大学を卒業後、楽天株式会社に入社すると、2009年から2015年まで常務取締役やチーム統括本部長を歴任。2016年から千葉に移り、ゼネラルマネージャーに就任した。 2010年を最後にJ1リーグの舞台から遠ざかり、今季も昇格を目指したシーズンだった千葉だが、ここまで13勝6分け17敗の14位。今季6試合を残して、すでに昇格の可能性が消滅している。 2020.11.27 11:35 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府が産業能率大DF野澤陸の来季加入内定を発表 「山梨県を盛り上げていきたい」

ヴァンフォーレ甲府は27日、産業能率大学に在学するDF野澤陸(21)の2021シーズン加入内定を発表した。 栃木県出身の野澤は身長185cm、体重80kgの右利きDF。加入内定を受け、次のようにコメントしている。 「来シーズンからヴァンフォーレ甲府に加入する事になりました。産業能率大学の野澤陸です。まず、今まで私を支えてくださった家族、友人、指導者の方々に感謝の気持ちでいっぱいです」 「そして、ヴァンフォーレ甲府という素晴らしいクラブで私のプロキャリアがスタートできることを非常に嬉しく思います。1年目から自分の特徴を存分に出し、ヴァンフォーレ甲府の勝利に貢献し、山梨県を盛り上げていきたいと思っています。応援よろしくお願いします」 2020.11.27 11:25 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly