チェルシー、U-21イングランド代表MFベイカーと新契約締結もミドルズブラへレンタル移籍

2017.08.12 14:32 Sat
Getty Images
▽チェルシーは11日、U-21イングランド代表MFルイス・ベイカー(22)と2022年6月30日まで契約延長したことを発表。そして、チャンピオンシップ(イングランド2部)ミドルズブラへレンタル移籍することを併せて発表している。期間は1年間となっている。期間は1年間となっている。
PR
▽チェルシーのアカデミー出身の攻撃的MFであるベイカーは、2014年1月にトップチームデビューを果たすも、その後はシェフィールド・ユナイテッドやMKドンズ、フィテッセなどにレンタル移籍を繰り返していた。
▽2015-16シーズンの活躍により、昨季はフィテッセとのレンタル期間を延長。リーグ戦33試合に出場し10ゴール4アシストを記録した。

▽また、各年代のイングランド代表に選出されてきたベイカーは、2015年にU-21イングランド代表に選出されると、ここまで17試合に出場。6月に行われたU-21欧州選手権でも全試合に出場し1ゴールを記録していた。

PR
関連ニュース

水戸ユースのMF木村晟明がクロアチア2部のHNKブコバル1991に移籍「夢であった海外でプロサッカー選手に」

水戸ホーリーホックは21日、ユースに所属するMF木村晟明(18)が、クロアチア2部のHNKブコバル1991に加入することを発表した。 木村は北海道出身で、FC DENOVA U-15から水戸のユースに加入していた。 夢だったという海外移籍を果たした木村はクラブを通じてコメントしている。 「今年からHNK Vukovar1991(Croatia division2 3位)に加入することになりました、木村晟明です。ずっと夢であった海外でプロサッカー選手になることができ、とても嬉しく思います」 「高校3年間は思い通りの結果を出せず、逆境やスランプに陥りとても苦しい思いをしました。ですが、そんな時も努力を辞めませんでした。努力を続けてくうちに努力は人生の成功への道標ということを学びました」 「これまで僕に携わってくれた友達やチームメイト、僕にたくさんのことを指導してくださったチームスタッフのみなさん、そして僕に人生をくれた両親、面倒を見てくれた姉、夢のきっかけになってくれた兄。すべての人に感謝しています」 「これからは日々を大切にしていきながら更に上にいけるように努力を継続していきます。そして皆さんに応援してもらえる選手になります。これからも応援よろしくお願いします!」 ブコバルは、かつて破産したクラブを引き継ぎ、2012年に設立されたクラブ。4部からのスタートとなったが、2022-23に2部の1. NLへ昇格。2位の成績を収め、惜しくも1部昇格は果たせなかった。 2024.02.22 12:25 Thu

38歳ゴディンが現役復帰! 昨年7月に引退発表も盟友チョリ・カストロ在籍の母国クラブに加入

元ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(38)が、母国で現役に復帰することになった。 昨年7月にベレス・サルスフィエルドで現役を引退したゴディン。しかし、その発表から7カ月を経て現役に復帰することが決定した。 ウルグアイの地域フットボールリーグに属するCRポロンゴスは20日、ゴディンの加入を発表。同選手は1年契約にサインした。 なお、ポロンゴスにはゴディンのナシオナル、ウルグアイ代表の元同僚であるチョリ・カストロが在籍しており、その友人のラブコールを受けてのポロンゴス入りとなった模様だ。 ゴディンはウルグアイのCAセロ、ナシオナルでプレーしたのち、2007年8月に海を渡りビジャレアルへと加入。2010年8月にはアトレティコ・マドリーへと完全移籍した。 チームの中心選手として守備を支えると、ラ・リーガ、コパ・デル・レイで1度ずつ、ヨーロッパリーグで2度の優勝を経験。2019年7月にインテルへと完全移籍した後、2020年9月からカリアリへと活躍の場を移していた。その後、ブラジルのアトレチコ・ミネイロ、アルゼンチンのベレス・サルスフィエルドと南米の名門でプレーした。 クラブキャリアを通じては626試合に出場。ウルグアイ代表では2005年10月のデビュー以降、ここまで同国歴代最多となる161試合に出場。2010年南アフリカ大会から2022年カタール大会まで4大会連続でワールドカップ本大会に出場していた。 <span class="paragraph-title">【動画】ポロンゴスがゴディン加入を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="es" dir="ltr">¡Hola, <a href="https://twitter.com/diegogodin?ref_src=twsrc%5Etfw">@diegogodin</a>!<br><br>El Faraón. El histórico capitán de la celeste, Diego Godín.<br><br>La felicidad y la ilusión de tenerte en el club, bienvenido Diego <a href="https://t.co/Rsr5bpVVNv">pic.twitter.com/Rsr5bpVVNv</a></p>&mdash; PORONGOS (@porongosoficial) <a href="https://twitter.com/porongosoficial/status/1759973349273248161?ref_src=twsrc%5Etfw">February 20, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.02.21 06:30 Wed

アスレティック、今季ラ・リーガ9Gのグルセタと2028年まで契約延長

アスレティック・ビルバオは20日、スペイン人FWゴルカ・グルセタ(27)と2028年6月まで契約を延長したことを発表した。 2014年からアスレティックに在籍するストライカーのグルセタは、2018年8月にトップチームデビュー。しかしケガによる長期離脱もあってトップチーム昇格には至らず、2部のサパテル、アモレビエタを経て、2022年夏にアスレティックに復帰していた。 そして昨季はラ・リーガで6ゴールを挙げると、今季ここまでラ・リーガ24試合に出場して9ゴールと、FWイニャキ・ウィリアムズと並んでチームトップスコアラーの活躍を見せていた。 2024.02.21 00:00 Wed

自国開催CAN優勝に導いたファエ氏がコートジボワール代表の正指揮官に!

アフリカ・ネーションズカップ2023(CAN)優勝に導いたエメルス・ファエ氏(40)が、コートジボワール代表の正指揮官に就任することになった。『ロイター通信』が伝えている。 コートジボワールサッカー連盟(FIF)のイドリス・ディアロ会長は「エメルス・ファエはこれまで暫定監督だったが、現在は正規監督として承認されている」と、ファエ氏の正指揮官就任を認めた。 フランス生まれで現役時代はナントやニース、レディングで活躍したファエ氏。2005年には両親の母国であるコートジボワール代表でのプレーを選択し、通算41試合に出場。2006年ドイツ・ワールドカップや通算3度のCANに出場した。 現役引退後はニースのユースやクレルモンのリザーブチームを指揮したのち、2022年5月からU-23コートジボワール代表の監督に就任。その後、先月末にはジャン=ルイ・ガセ前監督の解任に伴い、CAN2023の決勝トーナメントから暫定指揮官としてチームを指揮し、自国開催での優勝に導いていた。 2024.02.20 23:49 Tue

マルセイユがガットゥーゾ監督を解任…後任は前コートジボワール代表指揮官に決定

マルセイユは20日、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督(46)の解任およびジャン=ルイ・ガセ氏(70)の新監督就任を発表した。 ガットゥーゾ監督は昨夏に就任したマルセリーノ・ガルシア・トラル前監督の後任として、昨年10月にマルセイユの指揮官に就任。中位に位置するチームの立て直しを期待されたが、就任後は公式戦24試合で9勝8分け7敗の9位と期待外れの結果に。とりわけ、2024年に入ってからはリーグ戦5試合で3分け2敗、公式戦全体では7試合未勝利が続いていた。 この成績不振を理由にクラブはイタリア人指揮官の更迭を決断。その後任として国内で経験豊富なフランス人指揮官を招へいした。 ガセ氏はこれまでモンペリエやサンテチェンヌ、ボルドーなど国内クラブで指揮を執ってきた老将。直近では2022年5月からコートジボワール代表の監督を歴任したが、先月行われた自国開催のアフリカ・ネーションズカップ2023(CAN)のグループステージで苦戦を強いられると、1勝2敗の3位で終えた失態の責任を取る形で解任されていた。 なお、契約期間に関して明かされていないが、今シーズンの成績次第で契約が延長されるオプションが付帯しているようだ。 2024.02.20 22:23 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly