ラファエル・シルバ、母国クラブとの対戦に「皆様の心に長く残るような試合になると確信している」《スルガ銀行チャンピオンシップ》

2017.07.18 20:31 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は18日、8月15日に埼玉スタジアム2002で行われる「スルガ銀行チャンピオンシップ 2017 SAITAMA」に向けて、記者会見を行った。

▽会見には田嶋幸三氏(日本サッカー協会会長)、岡野光喜氏(スルガ銀行株式会社 代表取締役会長兼CEO)、日本代表として出場する2016JリーグYBCルヴァンカップ王者の浦和レッズのミハイロ・ペトロヴィッチ監督、FWラファエル・シルバが出席した。

▽記念すべき第10回目の開催となる今大会。クラブ史上初出場の浦和は、コパ・スダメリカーナ2016王者であるシャペコエンセ(ブラジル)を迎え撃つ。
▽会見に出席したFWラファエル・シルバ(浦和レッズ)は、この一戦が「皆様の心に長く残るような試合になると確信している」と主張。また、シャペコエンセの選手とのつながりを尋ねられ、エピソードを明かした。

◆FWラファエル・シルバ(浦和レッズ)
「このイベントを開催するにあたって、ご協力いただいた皆様に心から感謝を申し上げたいと思います。僕らにとって、この試合は本当にスペクタクルな試合になると思います。それはシャペコエンセも同様だと思います。そして、この試合を観てくれる皆様の心に長く残るような試合になると確信しております。重ねて、このイベントを開催するにあたってご協力をして頂いた皆様に心から感謝しております」

「先ほども監督がおっしゃったように、我々はシャペコエンセを迎え入れるにあたって、僕らにできるホスピタリティを全て彼らのためにしてあげたいと思いますし、彼らが日本のことを忘れないような試合にしていきたいと思います。ブラジル人の私としては、ブラジルを離れて数年経ちますが、こういったキッカケを頂いて、そして母国であるブラジルのチームと対戦することは、大変楽しみなことです。そしてブラジルのサッカーの魅力を含め、違ったリーグを見ていただければ皆さんも非常に楽しんでいただけると思います」

「シャペコエンセというチームは、僕らにとって見本となるチームだと思います。悲しい事故があってからほとんどの人たちが諦めかけていましたが、彼らは底力を見せてもう一度チームの立て直しに努めてきました。そして今、観ての通り魅力のあるチームになっていきました。ですので、僕個人、1人の選手として、シャペコエンセと日本で対戦できることを心から楽しみにしております」

──シャペコエンセのメンバーとのつながりやエピソードなどはありますか
「残念ながら“前のチーム”には2人の友達がいました。現在のチームにも知り合いはいます。現在、シャペコエンセというチームは強いチームに変わってきていることは間違いありません」

「僕がクリチーバでプレーしていた頃、ジウとセルジオ・マヌエルと一緒にプレーしていました。その2人とは常に近い距離で様々なことをサポートしてくれました。僕にとっては思い出深い2人です」

▽なお、試合は8月15日(火)の19時に埼玉スタジアム2002でキックオフ。フジテレビNEXTでは、18時50分から生放送、同日23時からBSフジにて録画放送される。

関連ニュース
thumb

ルヴァン王者・湘南、歯が立たず…アトレチコ・パラナエンセに4失点完敗《スルガ銀行チャンピオンシップ》

JリーグYBCルヴァンカップ王者の湘南ベルマーレは7日、Shonan BMW スタジアム平塚でコパ・スダメリカーナ王者のアトレチコ・パラナエンセ(ブラジル)と対戦し、0-4で敗れた。 新たなタイトル獲得を目指す湘南は、劇的勝利を飾った直近の鹿島アントラーズ戦からスタメンを8名変更。今夏新加入となった山田やトカチを起用した。対するアトレチコ・パラナエンセのスタメンには元アルビレックス新潟のホニが先発に名を連ねた。 試合開始からボールを支配される湘南は6分、ボックス左外までホニに侵攻されると、シュート性のクロスを許す。これがゴール方向へ飛び、枠をとらえたがGK松原が横っ飛びではじき出した。 ヒヤリとした湘南は17分、敵陣中央左サイドから鈴木が山なりのクロスを送る。ゴール前で指宿が相手GKに競り勝つと、こぼれ球を山田が押し込む。しかし、指宿のプレーがオフサイドの判定となりゴールは認められない。 29分にまたしても湘南にピンチ。GKサントスのロングフィードがホニに渡ると、ボックス左に侵攻され、強烈なシュートを放たれる。だが、ここはGK松原が反応し、左手1本で防いだ。 劣勢な展開が続く湘南は37分、GK松原のロングパスを敵陣中央の指宿が競り勝つ。このボールに反応したトカチがバイタルエリア左から右足を振りぬくと、ゴールネットに突き刺さる。だが、トカチの戻りオフサイドと判定されて、またしてもゴールとはならない。 ここまで耐えてきた湘南だったが先制を許してしまう。41分、鈴木のクリアミスを拾ったウェリントンがそのままクロス。ボックス中央でフリーになっていたマルセロ・シリノにヘディングシュートを決められた。 1点ビハインドで試合を折り返した湘南は後半から古林や杉岡といった主力を投入。しかし56分、敵陣中央のブルーノ・ナザリオのフィードをボックス右のホニに収められると、反転から右足を振りぬかれ、リードを広げられた。 アトレチコ・パラナエンセに圧倒され続ける湘南。63分にはボックス右のマルセロ・シリノパスを受けたトニー・アンデルソンにもゴールを許し3点目を献上した。さらに84分には、トニー・アンデルソンのスルーパスに反応したロメロに突破を許すと、冷静にゴールへ流し込まれてしまい万事休す。 その後もアトレチコ・パラナエンセにゴールを脅かれ続けた湘南は力の差を見せつけられ、0-4で敗れている。 2019.08.07 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪と激突するインデペンディエンテ、アルゼンチン代表MFメサら来日メンバー発表《スルガ銀行チャンピオンシップ》

▽スルガ銀行チャンピオンシップ2018 OSAKAのセレッソ大阪戦に臨むインデペンディエンテ(アルゼンチン)の来日メンバーが決まった。 ▽スルガ銀行チャンピオンシップは、JリーグYBCルヴァンカップ覇者とCONMEBOLスダメリカーナ王者が激突する試合。昨年は、浦和レッズとシャペコエンセ(ブラジル)が対戦した。そして、今年はC大阪が8月8日にヤンマースタジアム長居でアルゼンチンの名門インデペンディエンテと対峙する。 ▽インデペンディエンテは27日に来日メンバー26名を発表。ロシア・ワールドカップに出場したアルゼンチン代表MFマクシミリアーノ・メサや、ウルグアイ代表GKマルティン・カンパーニャ、DFガストン・シルバがリスト入りした。 ◆インデペンディエンテの来日メンバー GK 13.ミルトン・アルバレス 25.マルティン・カンパーニャ 31.レンソ・バッチア DF 2.アラン・フランコ 3.ギジェルモ・ブルディッソ 4.ニコラス・フィガル 6.ファン・サンチェス・ミーニョ 15.ゴンサロ・アシス 16.ファブリシオ・ブストス 20.ガストン・シルバ 23.エマヌエル・ブリテス 24.セルヒオ・バレト MF 5.ニコラス・ドミンゴ 8.マクシミリアーノ・メサ 10.フェルナンド・ガイボル 19.ペドロ・パブロ・エルナンデス 21.カルロス・ベナビデス 22.フランシスコ・シルバ FW 7.マルティン・ベニテス 9.エマヌエル・ジグリオッティ 11.レアンドロ・フェルナンデス 17.ブライアン・ロメロ 18.シルビオ・ロメロ 29.フランシスコ・ピッシーニ 30.ゴンサロ・ベロン 32.エセキエル・セルッティ 2018.07.28 15:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ルヴァンカップを制したC大阪のスルガ銀行チャンピオンシップ出場が決定

▽日本サッカー協会(JFA)は、2018年夏に行われるスルガ銀行チャンピオンシップ2018に、2017 Jリーグ YBCルヴァンカップを制したセレッソ大阪が出場することを発表した。C大阪は初出場となる。 ▽スルガ銀行チャンピオンシップは、南米サッカー連盟(CONMEBOL)が主催するCONMEBOL スダメリカーナ2017の優勝チームと対戦する試合。今シーズンは、浦和レッズとシャペコエンセ(ブラジル)が対戦していた。 ▽CONMEBOLスダメリカーナは現在ベスト4が決定。リベルタ(パラグアイ)、フラメンゴ(ブラジル)、アトレティコ・フニオール(コロンビア)、インデペンディエンテ(アルゼンチン)が勝ち残っている。 ▽なお、開催日や会場は現在のところ未定となっている。 2017.11.06 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

終了間際の阿部のPK弾で浦和がシャペコエンセを退け、大会初優勝!《スルガ銀行チャンピオンシップ》

▽スルガ銀行チャンピオンシップ、浦和レッズvsシャペコエンセが15日に、埼玉スタジアム2002で行われ、1-0で浦和が勝利。今大会初優勝を飾った。 ▽2008年から始まったスルガ銀行チャンピオンシップも今回で10回目を迎えた。記念すべき今大会は、昨年のYBCルヴァンカップ王者の浦和と、コパ・スダメリカーナ王者のシャペコエンセ(ブラジル)が対戦した。 ▽ホームの浦和はGKに榎本、ディフェンスラインはマウリシオ、槙野、森脇の3人が固めた。中盤は宇賀神、柏木、駒井、阿部の4枚、前線の3トップにラファエル・シルバ、武藤、ズラタンが入った。 ▽一方、昨年11月のラミア航空2933便墜落事故で、元Jリーガー4名を含む選手19名や監督、スタッフら71名が犠牲となったシャペコエンセの先発メンバーには、かつて東京ヴェルディでプレーしたアポジや、アビスパ福岡に在籍したモイゼス・リベイロが選ばれた。 ▽試合序盤は浦和がボールを支配する展開が続いた。シャペコエンセの選手は遠征疲れからか、少々動きが重い様子。柏木を中心に攻める浦和は15分に、その柏木のスルーパスからボックス右に抜け出したズラタンがクロスを上げるが、シャペコエンセDFにカットされる。 ▽攻め込まれるシャペコエンセだが、粘り強い守りで浦和にゴールを許さない。主に右サイドから攻撃の起点を作るシャペコエンセは、アポジのクロスから何度かゴール前まで運ぶものの、なかなかシュートで終われない。 ▽ここまで拮抗した試合が続く中、浦和が42分に前半最大の決定機を迎える。ボックス外右からの柏木のFKに、ゴール前でズラタンが頭で合わせるがGKジャンドレイの正面。無得点のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、最初のチャンスはアウェイのシャペコエンセに訪れる。54分、右サイドの深い位置で得たFKから、ゴール前で192cmの長身トゥーリオ・デ・メロが頭で合わせるが枠を外した。 ▽後半になってギアを1つ上げてきたシャペコエンセは、59分にスルーパスに抜け出したカイケが無人のゴールにシュートを放つが、角度がなくサイドネットに外してしまった。対する浦和は、攻撃のキーマンだった柏木を封じられ、思うような攻撃を作れない。 ▽このまま終わるかに思われた後半終了間際の88分、相手のクリアボールに反応したズラタンが、シャペコエンセDFグローリにボックス内で倒され浦和にPKの判定。シャペコエンセの選手たちは主審に猛抗議したが、判定は覆らず。このPKを阿部がきっちり決めて、浦和に待望の先制点をもたらした。 ▽後半アディショナルタイムも10分を経過し、ようやく試合終了。試合終了間際の阿部のPK弾で、1-0で勝利した浦和がスルガ銀行チャンピオンシップ初優勝を決めた。 2017.08.15 21:17 Tue
twitterfacebook
thumb

シャペコエンセの来日メンバーが発表! 墜落事故の生存者DFルシェウは来日せず…《スルガ銀行チャンピオンシップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、「スルガ銀行チャンピオンシップ2017SAITAMA」で浦和レッズと対戦するシャペコエンセ(ブラジル)の来日メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、かつて東京ヴェルディに所属していたDFアポジや、ル・マン時代に元日本代表MF松井大輔とプレーした経験を持つFWトゥーリオ・デ・メロらも含まれている。なお、昨年11月にコパ・スダメリカーナ決勝前に発生した悲劇の飛行機墜落事故の生存者でバルセロナとのジョアン・ガンペール杯で復帰を果たしたDFアラン・ルシェウは、来日メンバーから外れた。 ▽今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆シャペコエンセ来日メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">アルトゥール・モライス</span>(ブラジル) 93.<span style="font-weight:700;">ジャンドレイ</span>(ブラジル) 12.<span style="font-weight:700;">エリアス</span>(ブラジル) <span style="font-weight:700;">DF</span> 22.<span style="font-weight:700;">アポジ</span>(ブラジル) 6.<span style="font-weight:700;">レイナウド</span>(ブラジル) 3.<span style="font-weight:700;">グローリ</span>(ブラジル) 26.<span style="font-weight:700;">ディエゴ・レナン</span>(ブラジル) 21.<span style="font-weight:700;">ルイス・オタビオ</span>(ブラジル) 14.<span style="font-weight:700;">ファブリシオ・ブルーノ</span>(ブラジル) <span style="font-weight:700;">MF</span> 40.<span style="font-weight:700;">セイハス</span>(ベネズエラ) 23.<span style="font-weight:700;">ゲレーロ</span>(エクアドル) 5.<span style="font-weight:700;">モイゼス・リベイロ</span>(ブラジル) 11.<span style="font-weight:700;">ルイス・アントニオ</span>(ブラジル) 33.<span style="font-weight:700;">ルーカス・マルケス</span>(ブラジル) 25.<span style="font-weight:700;">ルーカス・ミネイロ</span>(ブラジル) <span style="font-weight:700;">FW</span> 30.<span style="font-weight:700;">ネネン</span>(ブラジル) 9.<span style="font-weight:700;">ウェリントン・パウリスタ</span>(ブラジル) 10.<span style="font-weight:700;">トゥーリオ・デ・メロ</span>(ブラジル) 7.<span style="font-weight:700;">ペニージャ</span>(エクアドル) 17.<span style="font-weight:700;"> アルトゥール・カイケ</span>(ブラジル) 2017.08.13 16:02 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly