リーベル・プレートがアルゼンチン代表MFエンソ・ペレスをバレンシアから獲得2017.07.01 12:48 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーベル・プレートは30日、バレンシアのアルゼンチン代表MFエンソ・ペレス(31)を完全移籍で獲得した。契約期間は2020年6月までとなる。

▽E・ペレスは、エストゥディアンテス、ベンフィカを経て2015年1月にバレンシアへと移籍。バレンシアでは2シーズン半で公式戦74試合に出場していた。また、アルゼンチン代表としてもプレーし、19試合に出場している。
コメント
関連ニュース
thumb

マドリー、ミリトン加入でアルゼンチン期待の若手パラシオスの獲得見送りへ

レアル・マドリーが、リーベル・プレートのアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(20)の獲得を見送るようだ。スペイン『アス』が伝えている。 リーベル・プレート下部組織出身のパラシオスは、2015年11月にトップチームデビュー。昨シーズンまではなかなか出番が回ってこなかったものの、今シーズンは公式戦16試合に出場。献身的な守備と豊富な運動量を武器に、攻守両面で活躍できるポテンシャルを秘めるセントラルMFであり、アルゼンチンのトニ・クロースと評されている。 スペイン『Telemadrid』によれば、パラシオスは移籍金2000万ユーロ(約25億円)でのマドリー移籍に近づいていた模様。だが、同選手が負傷したことに加え、マドリーがポルトからブラジル代表DFエデル・ミリトン(21)を獲得し、EU外選手枠が埋まったことで今夏での獲得は見送るようだ。 ちなみに、マドリーではミリトンの他、ブラジル代表FWヴィニシウス(18)、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデがEU外選手。バルベルデが、EUパスポートを取得する予定だが、サントスのU-20ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエス(18)の今夏での加入が内定していることから埋まっている。 なお、パラシオスに関しては、インテルが継続して関心を示しており、オファーを準備しているとのことだ。 2019.03.26 18:12 Tue
twitterfacebook
thumb

”イケメンの天才肌”パストーレ、母国帰還か

ローマに所属する元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(29)に母国帰還の可能性が浮上した。アルゼンチン『TNT Sports』が報じた。 パストーレは昨夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からローマに加入。2010-11シーズンのパレルモ以来となるセリエA復帰に湧いたが、ケガやイタリア代表MFニコロ・ザニオーロの台頭により、ここまで公式戦わずか14試合の出場(3得点1アシスト)にとどまっている。 そのパストーレに対して、アルゼンチン屈指の強豪リーベル・プレートが関心を示しているという。左ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負ったコロンビア代表MFフアン・フェルナンド・キンテーロの穴埋めとして、獲得を検討している模様だ。 なお、パストーレが帰国を決断したとなれば、ウラカンに在籍した2009年以来の母国凱旋となる。フットボール界屈指の“男前ファンタジスタ”の決断はいかに…。 2019.03.19 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

悩めるコロンビアの天才キンテロ、昨季レンタルで加入したリーベル・プレートへ完全移籍

リーベル・プレートは27日、ポルトからコロンビア代表MFフアン・フェルナンド・キンテロ(26)を完全移籍で獲得した。 2013年に行われたU-20南米選手権、2013 FIFA U-20ワールドカップでの圧巻の活躍を見せたキンテロは、2013年にポルトに完全移籍。卓越した左足のテクニックを誇る同選手は、2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)、2018年ロシアW杯に連続出場。ロシアW杯のグループリーグでは、日本代表戦で同点となる直接FKを決めるなど、3試合で1ゴール2アシストを記録しコロンビアの決勝トーナメント進出に貢献した。 しかし、所属先のポルトでは定位置を掴めず、これまでレンヌやインデペンディエンテ・メデジンへレンタル移籍。昨シーズンはアルゼンチンの強豪リーベル・プレートに1年間のレンタルで加入すると、公式戦41試合に出場し9ゴール5アシストを記録。昨年末に行われたコパ・リベルタドーレスでは、決勝戦2ndレグのボカ・ジュニアーズ戦で値千金の決勝弾を決めるなど、4度目の優勝に大きく貢献した。 なお、キンテロとの契約期間は2022年6月30日までで、契約解除金は3900万ユーロ(約49億円)となる。 2019.02.28 00:01 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ロシアW杯日本代表戦でFK弾のコロンビア代表MFに関心か

アーセナルが、リーベル・プレートに所属するコロンビア代表MFフアン・フェルナンド・キンテーロ(26)に関心を寄せているようだ。スペイン『ドン・バロン』が伝えている。 アーセナルでは現在、今シーズン出場機会が激減しているドイツ代表MFメスト・エジル(30)がチームを退団する可能性がある。同クラブを率いるウナイ・エメリ監督は、後釜としてレアル・マドリーからバイエルンに期限付き移籍しているコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)の獲得を目指していた。しかし、獲得は難しいと判断し、代替案としてキンテーロの獲得を検討しているという。 同メディアによると、移籍金は2200万ユーロ(約28億円)。しかしながらキンテーロには、レアル・マドリーやバルセロナ、バレンシア、ビジャレアルなどのスペイン方面からの関心に加えイングランド国内でもエバートン、ウェストハム、クリスタル・パレス、トッテナム、レスター、ウォルバーハンプトンが興味を示しており、引く手数多な存在となっている。 母国のエンビガドでプロキャリアをスタートさせたキンテーロは、ペスカーラ(セリエB)を経て2014年夏にポルトへ加入。加入当初こそ、出場機会を得ていたが徐々にベンチに座る機会が増えると、2015-16シーズンはレンヌへ2016-17シーズン途中にはインデペンディエンテ(コロンビア)に期限付き移籍をした。その後、2018年にリーベル・プレートへ期限付き移籍で加入すると、コパ・リベルタ・ドーレス12試合に出場し、南米制覇に貢献。今年1月に完全移籍に切り替わった。 また、コロンビア代表としては2018年に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)に出場。グループリーグ初戦では、日本代表と対戦し、直接フリーキックを決めている。 2019.02.26 19:47 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー、獲得濃厚のパラシオスの状態を確認か

レアル・マドリーが、リーベル・プレートのアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(20)状態を確認するために医師を派遣したようだ。アルゼンチン『Radio LaRed』の情報をもとにスペイン『マルカ』が伝えている。 リーベル・プレート下部組織出身のパラシオスは、2015年11月にトップチームデビュー。昨シーズンまではなかなか出番が回ってこなかったものの、今シーズンは公式戦27試合に出場。献身的な守備と豊富な運動量を武器に、攻守両面で活躍できるポテンシャルを秘めるセントラルMFであり、アルゼンチンのトニ・クロースと称されている。 そんなパラシオスを巡って、有力各紙はマドリーが契約解除金2000万ユーロ(約26億円)を支払い、今冬の5年半契約に合意したと報道。しかし、リーベル・プレートのロドルフォ・ドノフリオ会長が「彼は移籍市場に出ていない」と発言しており、今冬での移籍は叶っていない。 マドリーは今夏にも交渉を行う構えを見せているが、パラシオスは10日に行われたアルゼンチンリーグ第18節のラシン戦で右足腓骨を骨折。少なくとも2か月の負傷離脱を強いられており、マドリーの医療班がブエノスアイレスにいるパラシオスを訪問するようだ。 2019.02.22 20:56 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース