【質疑応答】香川真司「若い世代の力は必要」…中山雅史は中澤佑二に「引退を口にするな」のススメ《TAG Heuer YOUNG GUNS AWARDキックオフイベント》

2017.06.27 19:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽『TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD(タグ・ホイヤー ヤングガン アワード)キックオフイベント』が27日に東京都内で行われた。

▽同イベント後、ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(28)、横浜F・マリノスの元同代表DF中澤佑二(39)、アスルクラロ沼津でプレーする元同代表FW中山雅史(49)の特別ゲスト陣がメディアのインタビューに応対。イベントの感想や、若い選手に対するメッセージ、ワールドカップ出場を目前とする現在の日本代表について言及した。

――イベントの感想
中澤「こういった賞の場に参加させていただくことは非常に嬉しいですし、スーパースターの2人とご一緒できたことは一生の思い出になりました」
香川「こういうイベントはなかなか経験してこなかったのですごく新鮮。そして、2人とこういう場で(ご一緒できて)、改めてトーク力を含めて偉大だなと思いました」

中山「この2人と一緒のステージに立てて、色々なことを話せたのは良かったんですけど、2人がうるさくてね(笑) 若い選手にとって非常に刺激のあるものができてくれて嬉しく思いますし、悔しいところは自分が若いときにこういう賞があったら良かったかなと。これを糧に飛躍してもらいたいという気持ちが強くなりました」

――若い選手の育成を促す賞だと思う。若い選手にメッセージを
中澤「僕はまだまだ若い子たちに負けるつもりはないです。逆に、おじさん軍団をやっつけるぐらいの気持ちで臨んできてもらえればなと。それがJリーグのレベルアップにもつながると思います。お互いが切磋琢磨しながらやっていきたいです」

香川「若い世代の力は絶対に必要になる。それは日本代表でも感じます。そういう世代がどんどん出てくることを願っていますし、まだまだ負ける気はないです。そういう戦いをどんどん勝ち上がってきて欲しいです」

中山「ハチャメチャはおかしいかもしれないけど、ハツラツに、思いっきりプレーしていってもらいたいのと同時に、どうすれば成長できるのかを考えて、取り込み、それを表現していってもらいたいです。なかなか身体で若い選手に勝つことは難しいので、気持ちだけでも負けないように突っ走っていきたいです」

――こういうイベントで3人が一緒になったことは?
中澤「ないです」

中山「ないですね。佑二は10時に寝ちゃうんで、時間がないんですよ(笑)」

中澤「まだ早い(笑)」

――改めて顔を合わせてそれぞれの印象
香川「僕自身、本当に2人ともレジェンドですし、長いこと日本のサッカー界で結果を残されてきた方。人としてもプロフェッショナルですし、サッカーに対する姿勢も間近で感じることができている。自分自身、勉強したいなと。これぐらい長くサッカーをしていきたいと思っています」

中澤「僕はもう真司も海外でプレーしているので、なかなか喋る機会はないですし、代表からもだいぶ遠ざかっている。テレビの中の人っていうイメージだったので、久しぶりに会えて他愛もない話ができて、良い思い出になりました。中山さんとは、天皇杯であたるので、ここからバチバチ戦っていこうかなと(笑)」

中山「真司は、チームの取材を行かせてもらっていて、向こうのドイツでのプレーも、代表でのプレーも見せてもらっています。僕が引っ張らなければいけない、中心にならなければいけないという意思が強くなってきていると感じています。そういった意味で日本代表の中心として、日本をワールドカップに連れて行ってくれる存在だと思っています。そこに大きな期待を寄せています」

「あと佑二はね、先ほどから引退だの、なんだの言っていますけど、そういうことを口に出しちゃダメ。口にすると、ずーっと先行しちゃうから、口にせず、若手に負けないという気持ちをグラウンドの上で出してもらいたいです。やはり佑二にはね、もっともっと頑張ってもらいたいなと思いますね」

――香川選手に質問です。左肩の状態は
香川「ちょうど3週間が経ちまして、固定していたんですけど、これからどんどん本格的なリハビリが始まります。来シーズンに影響はないですし、代表までに時間もあるので、ゆっくりと、しっかりと治していきたい」

――次の最終予選でオーストラリアと対戦
香川「そうですね。本当にホームで(ワールドカップ出場を)決めたいですし、その覚悟で準備していきたい。何も恐れることなく、試合に集中して、最後結果を手にしたいです」

――中澤選手、中山選手、今の日本代表にエールを
中澤「何も心配はいらないと思います。自分たちのサッカーはあると思いますし、今までやってきた、信じてやってきたこともあると思います。埼玉スタジアム2002で最後にオーストラリアを倒して、良い形で終わることができればなと。今まで色々なことはありましたけど、(勝てば)丸く収まるのかなと思いますので、僕はいちファンとして応援させてもらいます」

中山「内容も問いたいところですけど、勝てば良いんです。勝って決めれば良いんです。そして、世界に挑戦というか、世界に日本というものを知らしめてもらいたい。やはり真司にはね、グラウンドでハツラツとプレーしてもらいたいですし、真司が決めて勝つ、それが最高です。絶対負けられない戦いですからね。絶対負けられない戦いがそこにはありますから、頑張ってもらいたいなと思っています」

関連ニュース
thumb

横浜FM退団のDF池田航が関東2部のエスペランサSCへ移籍

横浜F・マリノスは31日、DF池田航(21)がエスペランサSCへ完全移籍することを発表した。 池田は横浜FMの下部組織育ちで、プライマリー追浜からジュニアユース追浜、ユースと昇格。2020年にトップチームに昇格していた。 1年目の途中からSC相模原へ育成型期限付き移籍すると、2021年はカマタマーレ讃岐へ、2022シーズンは7月にJFLのFCマルヤス岡崎へ育成型期限付き移籍していた。 横浜FMでは試合の出番はなく、Jリーグでは讃岐時代にJ3で2試合に出場したのみ。岡崎ではJFLで7試合に出場していた。 池田はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン共に闘わせてもらう事になりました池田航です。個人として成長と経験をこのチームでしていきたいと思います。そしてチームを昇格という目標に向かって頑張ります!エスペランサファミリーの皆さん1年間よろしくお願いします」 エスペランサSCは2022シーズンは関東サッカーリーグ1部を戦っていたが最下位で終了。2023シーズンは2部に降格することが決定している。 2023.01.31 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

京都がDF飯田貴敬の契約更新を発表「成長するには必要な1年だった」

京都サンガF.C.は31日、DF飯田貴敬(28)との契約更新を発表した。 飯田は茨城県出身で、野洲高校、専修大学へと進学し、2017年に清水エスパルスへと入団。2020年から京都でプレーしている。 2022シーズンは3年ぶりのJ1の舞台となった中、6試合に出場。YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で2試合に出場していた。 飯田はクラブを通じてコメントしている。 「今年も京都サンガF.C.でプレーさせていただきます。早いもので、京都に来て4年目のシーズンが始まります」 「昨年は自分のサッカー人生において、貴重な1年でした。色々ありましたが全て経験となり、成長するには必要な1年だったと感じてます。今シーズンもよろしくお願いします!」 2023.01.31 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

最後の「Jリーグマスコット総選挙」の中間発表!1位は横浜FMのマリン、2位は川崎Fのワルンタ

Jリーグは30日、「Jリーグマスコット総選挙2023」の中間結果を発表した。 1月23日から投票期間がスタートした今回の「マスコット総選挙」。今回が最後のマスコット総選挙となる。 中間点で首位に立っているのは、横浜F・マリノスのマリン。初エントリーとなったが、昨シーズンはマリノス君が優勝しており、チームとしての連覇がかかっている。 また、2位には川崎フロンターレのワルンタ。こちらも初エントリーとなっている。3位は2021年王者のヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)が続いている。 投票期間は2月3日(金)の18時まで。Jリーグ公式アプリの「ClubJ.LEAGUE」からか、Jリーグ公式Twitterの当該ツイートをリツイートするかの2つとなる。 【中間発表順位】 1位:マリン(横浜F・マリノス) 2位:ワルンタ(川崎フロンターレ) 3位:ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎) 4位:グランパスくん(名古屋グランパス) 5位:サンチェ(サンフレッチェ広島) 6位:ニータン(大分トリニータ) 7位:パルちゃん(清水エスパルス) 8位:ベガッ太(ベガルタ仙台) 9位:ドーレくん(北海道コンサドーレ札幌) 10位:アントン(鹿島アントラーズ) 11位:ジュビロくん(ジュビロ磐田) 12位:アルビくん(アルビレックス新潟) 13位:ガンズくん(松本山雅FC) 14位:ガンバボーイ(ガンバ大阪) 15位:ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府) 16位:ハーマー&ドリー(いわきFC) 17位:ウィントス(サガン鳥栖) 18位:キングベルⅠ世(湘南ベルマーレ) 19位:ロビー(セレッソ大阪) 20位:アビーくん(アビスパ福岡) 21位:レノ丸(レノファ山口FC) 22位:パーサくん(京都サンガF.C.) 23位:フリ丸(横浜FC) 24位:リヴェルン(東京ヴェルディ) 25位:アルディ(大宮アルディージャ) 26位:ブラウゴン(ブラウブリッツ秋田) 26位:ディーオ(モンテディオ山形) 28位:モーヴィ(ヴィッセル神戸) 29位:レイくん(柏レイソル) 30位:ホーリーくん(水戸ホーリーホック) 31位:ヴォルタくん(徳島ヴォルティス) 32位:ゼルビー(FC町田ゼルビア) 33位:ギッフィー(FC岐阜) 34位:ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC) 35位:ファジ丸(ファジアーノ岡山) 36位:ユニティ(ジェフユナイテッド千葉) 37位:福嶋火之助(福島ユナイテッドFC) 38位:トッキー(栃木SC) 39位:レディア(浦和レッズ) 40位:ライオー(AC長野パルセイロ) 41位:キヅール(いわてグルージャ盛岡) 42位:ロアッソくん(ロアッソ熊本) 43位:湯友(ゆうと)(ザスパクサツ群馬) 44位:ギラン(ギラヴァンツ北九州) 45位:ガミティ(SC相模原) 45位:ジンベーニョ(FC琉球) 47位:ゲンゾー(ツエーゲン金沢) 48位:たま媛ちゃん(愛媛FC) 49位:ライカくん(カターレ富山) 50位:ヴァン太(ヴァンラーレ八戸) 51位:Jリーグキング(Jリーグ) 52位:蹴っとばし小僧(藤枝MYFC) 53位:さぬぴー(カマタマーレ讃岐) 54位:えふしくん(FC大阪) 55位:ガイナマン(ガイナーレ鳥取) 56位:ハマピィ(Y.S.C.C.横浜) <span class="paragraph-title">【写真】歴代のマスコット集合写真をチェック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cn_jfQhvpYP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cn_jfQhvpYP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cn_jfQhvpYP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)(@jleaguejp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.30 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和MF松尾佑介がベルギー1部ウェステルローに1年レンタル 「年齢的にも僕にとってのラストチャンス」

浦和レッズは30日、MF松尾佑介(25)がジュピラー・プロ・リーグのウェステルローに期限付き移籍すると発表した。移籍期間は今年末までの1年間となる。 浦和のアカデミー出身だが、仙台大学に進み、2020年に横浜FCでプロ入りした松尾。スピードとドリブルが売りのアタッカーは特別指定選手だった2019年から試合に絡み、2022年に浦和移籍を決断した。 浦和では1トップとしての新境地も開拓し、公式戦40試合に出場して11得点をマーク。今季も戦力として計算されるが、20日のトレーニングキャンプから海外移籍を前提とした手続き準備でチームを離脱していた。 ベルギーで初の欧州挑戦を果たす松尾は浦和の公式サイトを通じて、移籍の報告とともに意気込みを語っている。 「このたび、KVCウェステルローに期限付き移籍することになりました。ジュニアユース、ユースと浦和レッズの育成組織で育った僕でしたが、悔しいことばかりで浦和レッズへの移籍が決まったときは、絶対にこのクラブで僕の存在を認めさせてやるという反骨精神でやってきました」 「そんな僕でしたが1シーズン浦和レッズのエンブレムを胸に戦い、最高に浦和レッズというチームが好きになりました。年齢的にも僕にとってのラストチャンスかもしれない海外挑戦。チャレンジしない自分が想像できませんでした。浦和レッズに来たから僕は、このチャンスを貰えたと思っています。行ってきます」 2023.01.30 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

川崎Fに打撃…家長昭博が最大4週間の負傷離脱、開幕微妙に

川崎フロンターレは30日、MF家長昭博の戦線離脱を報告した。 大宮アルディージャから加入して今季で7年目の家長。昨季も明治安田生命J1リーグでキャリアハイの12ゴールと奮闘した36歳だが、トレーニング中に左足関節外側じん帯損傷のケガを負ってしまったという。 全治は受傷日の25日から数えて、3~4週間程度を要する見込み。川崎FではFWレアンドロ・ダミアン、FW小林悠が出遅れるが、家長も2月17日に行われる横浜F・マリノスとのJ1開幕節が微妙な情勢となった。 2023.01.30 16:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly