【質疑応答】香川真司「若い世代の力は必要」…中山雅史は中澤佑二に「引退を口にするな」のススメ《TAG Heuer YOUNG GUNS AWARDキックオフイベント》

2017.06.27 19:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽『TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD(タグ・ホイヤー ヤングガン アワード)キックオフイベント』が27日に東京都内で行われた。

▽同イベント後、ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(28)、横浜F・マリノスの元同代表DF中澤佑二(39)、アスルクラロ沼津でプレーする元同代表FW中山雅史(49)の特別ゲスト陣がメディアのインタビューに応対。イベントの感想や、若い選手に対するメッセージ、ワールドカップ出場を目前とする現在の日本代表について言及した。

――イベントの感想
中澤「こういった賞の場に参加させていただくことは非常に嬉しいですし、スーパースターの2人とご一緒できたことは一生の思い出になりました」
香川「こういうイベントはなかなか経験してこなかったのですごく新鮮。そして、2人とこういう場で(ご一緒できて)、改めてトーク力を含めて偉大だなと思いました」

中山「この2人と一緒のステージに立てて、色々なことを話せたのは良かったんですけど、2人がうるさくてね(笑) 若い選手にとって非常に刺激のあるものができてくれて嬉しく思いますし、悔しいところは自分が若いときにこういう賞があったら良かったかなと。これを糧に飛躍してもらいたいという気持ちが強くなりました」

――若い選手の育成を促す賞だと思う。若い選手にメッセージを
中澤「僕はまだまだ若い子たちに負けるつもりはないです。逆に、おじさん軍団をやっつけるぐらいの気持ちで臨んできてもらえればなと。それがJリーグのレベルアップにもつながると思います。お互いが切磋琢磨しながらやっていきたいです」

香川「若い世代の力は絶対に必要になる。それは日本代表でも感じます。そういう世代がどんどん出てくることを願っていますし、まだまだ負ける気はないです。そういう戦いをどんどん勝ち上がってきて欲しいです」

中山「ハチャメチャはおかしいかもしれないけど、ハツラツに、思いっきりプレーしていってもらいたいのと同時に、どうすれば成長できるのかを考えて、取り込み、それを表現していってもらいたいです。なかなか身体で若い選手に勝つことは難しいので、気持ちだけでも負けないように突っ走っていきたいです」

――こういうイベントで3人が一緒になったことは?
中澤「ないです」

中山「ないですね。佑二は10時に寝ちゃうんで、時間がないんですよ(笑)」

中澤「まだ早い(笑)」

――改めて顔を合わせてそれぞれの印象
香川「僕自身、本当に2人ともレジェンドですし、長いこと日本のサッカー界で結果を残されてきた方。人としてもプロフェッショナルですし、サッカーに対する姿勢も間近で感じることができている。自分自身、勉強したいなと。これぐらい長くサッカーをしていきたいと思っています」

中澤「僕はもう真司も海外でプレーしているので、なかなか喋る機会はないですし、代表からもだいぶ遠ざかっている。テレビの中の人っていうイメージだったので、久しぶりに会えて他愛もない話ができて、良い思い出になりました。中山さんとは、天皇杯であたるので、ここからバチバチ戦っていこうかなと(笑)」

中山「真司は、チームの取材を行かせてもらっていて、向こうのドイツでのプレーも、代表でのプレーも見せてもらっています。僕が引っ張らなければいけない、中心にならなければいけないという意思が強くなってきていると感じています。そういった意味で日本代表の中心として、日本をワールドカップに連れて行ってくれる存在だと思っています。そこに大きな期待を寄せています」

「あと佑二はね、先ほどから引退だの、なんだの言っていますけど、そういうことを口に出しちゃダメ。口にすると、ずーっと先行しちゃうから、口にせず、若手に負けないという気持ちをグラウンドの上で出してもらいたいです。やはり佑二にはね、もっともっと頑張ってもらいたいなと思いますね」

――香川選手に質問です。左肩の状態は
香川「ちょうど3週間が経ちまして、固定していたんですけど、これからどんどん本格的なリハビリが始まります。来シーズンに影響はないですし、代表までに時間もあるので、ゆっくりと、しっかりと治していきたい」

――次の最終予選でオーストラリアと対戦
香川「そうですね。本当にホームで(ワールドカップ出場を)決めたいですし、その覚悟で準備していきたい。何も恐れることなく、試合に集中して、最後結果を手にしたいです」

――中澤選手、中山選手、今の日本代表にエールを
中澤「何も心配はいらないと思います。自分たちのサッカーはあると思いますし、今までやってきた、信じてやってきたこともあると思います。埼玉スタジアム2002で最後にオーストラリアを倒して、良い形で終わることができればなと。今まで色々なことはありましたけど、(勝てば)丸く収まるのかなと思いますので、僕はいちファンとして応援させてもらいます」

中山「内容も問いたいところですけど、勝てば良いんです。勝って決めれば良いんです。そして、世界に挑戦というか、世界に日本というものを知らしめてもらいたい。やはり真司にはね、グラウンドでハツラツとプレーしてもらいたいですし、真司が決めて勝つ、それが最高です。絶対負けられない戦いですからね。絶対負けられない戦いがそこにはありますから、頑張ってもらいたいなと思っています」

関連ニュース
thumb

G大阪のホーム開幕戦にM-1王者・ウエストランドが来場! 共にサッカー経験者「あの時の僕に自慢したい」

ガンバ大阪は3日、25日に開催される2023シーズンの明治安田生命J1リーグのホーム開幕戦に、M-1グランプリ2022チャンピオンのウエストランドが来場することを発表した。 ウエストランドは井口浩之さんと河本太さんからなるお笑いコンビ。タイタン所属で、井口さんの毒舌キャラが大ウケし、見事にM-1王者に輝いた。 サガン鳥栖との第2節に来場するウエストランドは、ロート Well-being パーク(スタジアム場外)にある吹田 G ステージやスタジアム内番組「HEAT UP TIME」に出演。ネタを披露する他、熱くサッカーについて語っていく。 2人はサッカー部に所属し、井口さんは小学4年から大学4年まで、河本さんは高校でプレーしていた。2人は今回の来場に向けてコメントしている。 井口浩之さん 「93 年の J リーグ開幕から観てたガンバ大阪のホーム開幕戦に行かせて頂くのは本当に感慨深いです!ずっと行きたかった、パナソニックスタジアム吹田も楽しみ!!」 河本 太さん 「J リーグが開幕した時は小学生で、その中でもガンバ大阪は地元も近く 1 番応援していました。そんなガンバ大阪の開幕戦を応援させて頂ける日が来るなんて、あの時の僕に自慢したいです」 <span class="paragraph-title">【動画】M-1王者・ウエストランドからメッセージ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XzDbCOqHf3E";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.03 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「決断に時間は要らなかった」浦和の新助っ人・ホイブラーテン、ピッチで見せたい強み「ゲームの流れを読んでプレーする」

浦和レッズに加入したノルウェー人DFマリウス・ホイブラーテンが入団会見を行った。 ノルウェーのボデ/グリムトから完全移籍で加入したホイブラーテン。これまでは母国のノルウェーでプレーを続け、エリテセリエン(ノルウェー1部)では185試合で4ゴール6アシストを記録していた。 左利きのセンターバックであり、DFアレクサンダー・ショルツとともに浦和の守備を支えることが期待されるホイブラーテン。浦和への移籍を決めた理由については「非常に速いプロセスで物事が進んだ。レッズから興味をもらって、代理人と話、重要なチャレンジ、トライしていきたいと思った。グリムトとのプロセスも早く進んで現在に至る」とコメント。オファーをもらい、興味を持ったと明かした。 ノルウェーでしかキャリアを過ごしていないホイブラーテンだが、「この話をもらった時に何か違った物を体感できると思った」とコメント。「元々アジアの国でプレーすることは目標にあった」と、国外、そしてアジアでのプレーに興味はあったという。その中での浦和からのオファー。「日本という文化的にも優れた国、浦和レッズというビッグクラブでプレーするということは、決断するには時間は要らなかった」と、大きなチャンスと感じたようだ。 浦和やJリーグの印象については「強度が高く、スキルもあり、技術も高い印象。パスの技術も高く、自分にとっても素晴らしいチャレンジになると思う」と語ったホイブラーテン。浦和はマチェイ・スコツツァ監督を新たに迎え、新チームとして立ち上がる中、監督とのコミュニケーションについては「コーチングスタッフや監督とは色々と話をした。自分がどのような役割を担うのか、プランは明確だった。そこにフィットできる感覚もある」と、監督のやり方にマッチするだろうと見解を述べた。 自身のストロングポイントについては「1番の強みはゲームの流れを読んでプレーすること。カバーリング、対人のところが強み。そこをしっかり表現したい」と語るホイブラーテン。土田尚史SD(スポーツダイレクター)は「浦和が志向したい、表現したいサッカーでCBに求める物を全て兼ね備えた選手」と評価。「そして左利きということ。マチェイ監督からのオーダーでもあり、リストの中から精査し、彼の獲得に至った」と、獲得の経緯を説明。監督とクラブが求めていた人材だったとした。 ボデ/グリムトといえば、今シーズンは名古屋グランパスへと期限付き移籍しているFWキャスパー・ユンカーもプレーしたクラブ。ホイブラーテンはユンカーから多くの話を聞いていたと明かした。 「様々な情報をもらっていた。生活面、日本の文化、浦和というクラブの話。全てがポジティブな話だった。自分にとってはベストなチョイスだなと確信を持つことができた。物凄く安心できる話を色々とキャスパーから聞いている」 「キャスパーから言われたのは、いろいろなことがしっかり準備され、オーガナイズされていると聞いている。実際にそうだなと実感している。ノルウェーだと移籍すると自分達で何もかもやらなければいけないことが多いが、日本のオーガナイズは実感して驚いている」 日本とノルウェーの差をすでに感じているというホイブラーテン。ユンカーからは浦和のファン・サポーターについても聞かされていたという。 「情熱だったりというものは物凄く伝わっている。すでに、ホテルの外を歩いていた時にサインを求められたり、浦和のファンの方々の人生そのものなんだなと感じている」 “マリウス”とこれまでは呼ばれてきたホイブラーテン。「逆に日本らしいクールなニックネームをつけてもらうのも良い」と語ったが、浦和のファン・サポーターはなんと呼んでいくのか。最後にファン・サポーターに向けてコメントした。 「早くみんなの前でプレーしたくてうずうずしている。ぜひスタジアムに足を運んで欲しい。よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【動画】浦和に合流、別メニューで調整するホイブラーテン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/urawareds?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#urawareds</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和レッズ</a> <a href="https://t.co/c6EVuWvuJ9">pic.twitter.com/c6EVuWvuJ9</a></p>&mdash; 浦和レッズオフィシャル (@REDSOFFICIAL) <a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL/status/1621359147236356097?ref_src=twsrc%5Etfw">February 3, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.03 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京がユニフォームの仕様変更を発表! 背面の「You’ll Never Walk Alone」が規則に抵触し前面へ移動、販売用や展示用は変更せず

FC東京は3日、2023シーズンの選手ユニフォームに関して、規則に抵触し仕様変更することを発表した。 今回問題となったのが背面の襟下に入っていた「You’ll Never Walk Alone」ラバープリント。「サッカー競技規則 第4条 5.競技者の用具 」および「ユニフォーム要項第 12条②」に抵触していることが発覚したという。 「ユニフォーム要項第 12条②」では、「クラブの紋章やロゴ、サッカーの試合におけるリスペクトおよび高潔性(インテグリティ)の促進を首唱するクラブのスローガンおよびエンブレム」は表示できるとされているが、「前面または左袖のうち2か所」と場所が指定されており、背面のエリ下は認められていない位置となる。 FC東京は「関係各所との協議の結果、選手が着用する公式戦用ユニフォームにつきましては、メッセージプリントの位置および素材を変更し、シャツ前面の裏側に配置することといたしました」と説明。前面裾裏側に転写プリントで表示することに変更したという。 なお、選手が公式試合で着用する以外のユニフォーム(展示用・販売用のオーセンティックユニフォーム)につきましては、仕様は変更せずに背面に配置されるという。 クラブは今回の件を謝罪。ただ、想いは変わらず、サポートをお願いした。 「FC東京がファン・サポーターのみなさまとともに大切にしてきた「You’ll Never Walk Alone」のメッセージは、2020シーズン途中から継続してユニフォーム内に配置してまいりました」 「今回は直前での配置変更となり誠に申し訳ございませんが、2023シーズンも想いは変わらず、選手たちはこのメッセージを内に秘めて戦います。ぜひみなさまの熱いサポートを引き続きよろしくお願いいたします」 <span class="paragraph-title">【写真】規則に抵触したFC東京のエリ下の「You’ll Never Walk Alone」</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/fctokyo20230203_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️CWS Brains,LTD.<hr></div> 2023.02.03 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

シティが再び来日か…この夏に日本&タイを巡るツアー

マンチェスター・シティがこの夏に再び来日するようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今季のプレミアリーグでこそアーセナルに上を走られているが、近年は強さを誇示するシティ。2019年夏のプレシーズン中にアジアツアーの一環で来日したが、今夏も来季に向けた準備で日本を訪ねるという。 今年7月中旬に行われるとされる今回のアジアツアーでは日本のほかにも、タイを訪問する予定。計画はまだ未確定ながら、日本により長く滞在して、短期間の訪問地としてタイに移動する見込みとのことだ。 2019年夏の来日時はシティ・フットボール・グループの繋がりで横浜F・マリノスと対戦。横浜FMが前半のうちにMF遠藤渓太のゴールで一時追いついたが、そこからシティが引き離して、3-1で勝利している。 なお、Jリーグは先月、今年7月にJリーグワールドチャレンジと銘打ち、海外の強豪クラブを招いて試合を行うと発表済み。その参戦クラブがシティなのか。正式発表が待たれる。 2023.02.03 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

元豪州代表スピラノビッチが34歳で現役引退…かつて浦和所属のセンターバック

Aリーグ・メンのメルボルン・ビクトリーでプレーする元オーストラリア代表DFマシュー・スピラノビッチ(34)が現役を引退した。 代表として2014年のワールドカップ(W杯)に出場するなど、通算36キャップのスピラノビッチはメルボルン・ビクトリーでのプロ入りから、ドイツ、日本、カタール、中国でもプレー。日本では2010年から2012年途中まで浦和レッズに所属して、通算48試合で1得点5アシストの数字をマークした。 その浦和を退団してからはカタール、オーストラリア、中国ときて、2018年夏からパース・グローリーで改めて母国復帰。2021年夏から古巣のメルボルン・ビクトリーに戻り、今季はここまでAリーグ・メン4試合の出場にどどまっていた。 17年間のプロキャリアに終止符を打つセンターバックはメルボルン・ビクトリーの公式サイトで「この場を借りて、プロ選手としての引退を発表させてもらう」と表明。そして、感謝の言葉を送っている。 「この4カ月は足のケガに悩まされ続け、ついに現役を退くときが来た。今季を戦い抜いて、メルボルン・ビクトリーの上位進出を手助けしたかっただけに、複雑な心境だ。チームメイト、コーチングスタッフ、トニー・ポポヴィッチ、そしてクラブ全体に感謝したい。キャリアを通じて、僕は恵まれ、誇りを感じる。過去にいたクラブ、チームメイト、コーチ、ファンにも楽しい思い出と特別な時間をありがとうと言う」 また、現役時代のいち時期をサンフレッチェ広島で過ごしたトニー・ポポヴィッチ監督は「マティは私が何年も指導し、一緒に仕事をしてきた選手。非常に才能のある守備者で、ピッチ内外ですべてが完璧なプロだ」などと労った。 2023.02.03 14:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly