リヨン、チェルシーから若手FWバートランド・トラオレを獲得!2017.06.27 04:18 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リヨンは26日、チェルシーからブルキナファソ代表FWバートランド・トラオレ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。リヨンはトラオレの移籍金として1000万ユーロ(約12億5000万円)+ボーナスをチェルシーに支払うことになる。▽リヨンを率いるブルーノ・ジェネシオ監督は、ジャン=ミシェル・オラス会長と共に出席した公式会見の場でトラオレへの大きな期待を口にしている。

「彼の多様性は我々にとって非常に興味深い。センターフォワードに加え、両サイドでもプレー可能だ。同様にスペースにおいてもスピードを発揮してくれる」

▽2013年にオセールのユースチームからチェルシーの下部組織に加入したトラオレは、すぐさまフィテッセにレンタル移籍。同クラブで2シーズンを過ごした後、復帰したチェルシーでは2015-16シーズンに公式戦16試合に出場し、4ゴールを記録した。

▽今シーズンは再びレンタルで加入したアヤックスで公式戦39試合に出場し、13ゴール6アシストを記録。ヨーロッパリーグ準決勝では、今回移籍が決まったリヨン相手の1stレグで2ゴール1アシストの大暴れを見せていた。
コメント
関連ニュース
thumb

リヨン会長、フェキル&エンドンベレの今夏退団の可能性を明言…F・ルイスへの興味も明かす

リヨンの会長を務めるジャン・ミシェル・オラス氏が、フランス代表FWナビル・フェキル(25)とフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(22)の2人が今夏に退団する可能性があると明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』がフランス『レキップ』を引用して伝えている。 リヨンでキャプテンを務めるフェキルは今シーズン、複数のポジションをこなしながら公式戦39試合に出場し、12ゴール9アシストを記録。一方、中盤の要として君臨するエンドンベレは、公式戦49試合3ゴール8アシストを記録した。現在、前者には昨夏にも加入に迫ったリバプールに加えレアル・マドリーらが、後者にはトッテナム、マンチェスター・シティ、ユベントスらが獲得に関心を抱いている。 リヨンのジャン・ミシェル・オラス会長は先日、フェキルに関して移籍の容認を明言。そして今回、エンドンベレも退団する可能性があると口にした。 「(フェキルについて)彼は移籍に前向きだ。我々は(他クラブからの)話を聞くつもりである。ただ、まだ新しいことは起きていない。オファーを待っているが、現時点では何もない」 「タンギ・エンドンベレもまだ何も決まっていない。たくさんのオファーは届いているが、我々が納得いく金額に達していない」 リヨンはすでにフランス代表DFフェルラン・メンディ(23)がレアル・マドリーへ移籍。その後釜としてアトレティコ・マドリーの退団が濃厚となっているブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)を狙っているようだが、合意には近づいていないようだ。 「彼(フィリペ・ルイス)は、我々が興味を持っている選手の1人だ。我々は最近、彼に会った。しかし、合意からはまだほど遠い状況だ」 「彼は決断するのに時間が欲しいようだ。コパ・アメリカが終わるまでは何もしないだろう」 2019.06.19 10:36 Wed
twitterfacebook
thumb

エンドンベレがスパーズ移籍に言及「素晴らしいチームでビッグクラブ」

今夏にステップアップすることが確実視されているリヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(22)がトッテナム移籍について言及した。イギリス『メトロ』が報じた。 2016年にアミアンでプロデビューを飾ったエンドンベレは中盤の要としてクラブ史上初となるリーグ・アン昇格に貢献。その翌年にリヨンへ完全移籍を果たすと、今シーズンは公式戦49試合に出場し3ゴール8アシストを記録した。 得点力にこそ課題はあるものの、豊富な運動量と高い身体能力を生かしたボール奪取能力に加え、トリッキーな足技も兼ね備えた万能型MFに対して、マンチェスター・シティやユベントスなどが関心。中でも、争奪戦を優位に立っていると報じられたトッテナム移籍について、エンドンベレがフランス『Telefoot』で言及した。 「トッテナムは素晴らしいチームでビッグクラブだ。リーグ戦では4位でフィニッシュしているし、チャンピオンズリーグ(CL)でもファイナルまで進んでいるからね」 「ビッグクラブでプレーすることに興味ない選手なんているのかい?」 2019.06.16 22:09 Sun
twitterfacebook
thumb

リヨンとマドリーで今夏2回目の取引? セバージョスに関心か

リヨンが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『Cadena Sur』の情報を引用してフランス『Foot01』が報じている。 ベティスの下部組織出身であるセバージョスは大会MVPに選出された2017年6月のU-21欧州選手権後にマドリーに入団。加入2年目の今シーズンは、公式戦34試合に出場し3ゴール2アシストを記録した。昨シーズンの公式戦22試合と比べるとステップアップした1年だった。 だが、ジネディーヌ・ジダン監督が復任してからは逆戻り。公式戦3試合のみの出場に留まっており、同監督から戦力外通告を受けたことも報じられ、今夏の有力な放出候補となっている。 そのセバージョスに関して、すでにリヨンはマドリーに獲得可能か問い合わせており、返答待ちだという。しかし、トッテナムも関心を示していることから競合する可能性があるようだ。 とはいえ、今夏にフランス代表DFフェルラン・メンディがエル・ブランコに加入したこともあり、リヨンのジャン・ミシェル・オラス会長とマドリーのフロンティーノ・ペレス会長の関係は良好なことから、交渉がスムーズに進む可能性があるとのことだ。 2019.06.14 19:10 Fri
twitterfacebook
thumb

リヨン、ナントからルーマニア代表GKタタルサヌを獲得

リヨンは13日、ナントのルーマニア代表GKチプリアン・タタルサヌ(33)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年までの3年間となっている。 2017年夏にフィオレンティーナからナントに加入したタタルサヌは、移籍初年度にリーグ・アン37試合に出場し正GKとして活躍。今季もリーグ・アン27試合に出場していたが、シーズン終盤の7試合はメンバー外が続いていた。 今季のリーグ・アンを3位でフィニッシュしたリヨンは来季、チャンピオンズリーグに出場する。 2019.06.14 01:44 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー移籍決定のメンディがリヨンへ感謝「今後の成功を願っている」

リヨンからレアル・マドリーへの移籍が決まったフランス代表DFフェルラン・メンディ(23)が自身のツイッター(ferland_mendy)に思いを綴っている。 リーグ・ドゥ(フランス2部)のル・アーヴルから2017年6月にリヨンへ加入したメンディ。驚異的な加速力と突破力を兼ね備え、今シーズンの公式戦30試合で2ゴールを記録した。 この活躍にジネディーヌ・ジダン監督が獲得を熱望。そして、ユベントスなども獲得に興味を示す中、12日に移籍金4800万ユーロ+ボーナス500万ユーロの総額5300万ユーロ(約65億円)でマドリー移籍が決定した。 その後、メンディはツイッターを更新。2年過ごしたリヨンへの感謝と、マドリー加入の喜びを綴っている。 「世界最大のクラブとサインできたことを誇りに思う。僕が成長するために、偉大な監督に教えてもらうことができるのはとても光栄だ」 「リヨンや会長、スタッフ、ファン、そしてチームメイトに感謝している。これからの成功を願っているよ」 「僕の家族にも感謝を忘れるわけにはいかない。この道のりを助けてくれたのは僕に関わってくれた全ての人だ」 2019.06.13 14:26 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース