フェネルバフチェがヴァルブエナ獲得を発表

2017.06.12 19:48 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フェネルバフチェは12日、リヨンから元フランス代表MFマテュー・ヴァルブエナ(32)を獲得することで合意したと発表した。移籍金に関しては公表されていないものの、フランス『レキップ』によれば、300~400万ユーロ(約3億7000万円~5億円)とのこと。また、フェネルバフチェとは3年契約と交わすとみられている。

▽2006-07シーズンから8シーズンにわたって過ごしたマルセイユで頭角を現したヴァルブエナは、2014-15シーズンからディナモ・モスクワでプレー。2015-16シーズンからはマルセイユのライバルクラブであるリヨンに在籍し、公式戦76試合12得点の記録を残した。また、これまでフランス代表として52キャップを記録している。



関連ニュース
thumb

クタラララス・デルビで退席処分のガラタサライ指揮官、最大8試合のベンチ入り禁止の可能性

ガラタサライのファティ・テリム監督に重たい処分が科される見込みだ。トルコ『fotoMac』など複数メディアが伝えている。 21日に行われたガラタサライvsフェネルバフチェのクタラララス・デルビ。共に首都イスタンブールを拠点とする両クラブの一戦は100年以上続いており、国内全土が高い関心を見せる催し物となっている。 熾烈なライバル関係にある両クラブの激突は数あるダービー・マッチの中でも指折りの過激さで知られ、選手同士の乱闘もしばしば。今回もフェネルバフチェ側に退場者を出した中、話題となっているのは、ガラタサライ指揮官だ。 この試合でテリム監督は2度の警告で退場処分となっている。前半アディショナルタイムの際に、サイドラインを越えていないボールに触ったとして1枚目のイエローカードが提示されると、後半アディショナルタイムには主審に対して暴言を浴びせたとして2枚目のイエローカードを出され退場となった。 さらに試合後には、退場処分となったにもかかわらずロッカールームに入ったと、主審からレポートが提出されており、これらを踏まえて、トルコメディアは最大8試合のベンチ入り禁止処分が科される可能性があると報じている。 なお、試合は後半アディショナルタイムのゴールでフェネルバフチェが1-2で勝利。8位のガラタサライは首位トラブゾンスポルと12ポイント差となっている。 2021.11.24 15:06 Wed
twitterfacebook
thumb

「サッカーに集中しろ!」フェネルバフチェ会長がエジルに喝

今年1月からフェネルバフチェでプレーする元ドイツ代表MFメスト・エジルだが、心ここにあらずの状況が続いているようだ。 昨シーズンのアーセナルでミケル・アルテタ監督の構想外となっていたエジルは、1月に契約を解除しフェネルバフチェに加入。今季はここまで13試合に出場している中で、時にキャプテンマークを任されるなど、チームの中心選手としてプレーしている。 ところが、会長のアリ・コチュ氏は、近頃のエジルの態度に不満を溜めている様子だ。 同選手は10月に、自身が経営するアパレルブランドの『M10Streetwear』の事業拡大のため、暗号通貨を発行することを発表した。現在はそちらに気を散らすあまり、本職であるサッカーをおざなりにしていると、コチュ会長が不満をあらわにしている。 「チームも同様だが、彼にも良い成績を残してほしい。今、彼は自分の仕事に集中しなければならない。商業的な問題を脇に置いて、フェネルバフチェのために何をするかに集中すべきだ」 「当然もっとプレーしたいと思っているはずだ。我々の監督(ヴィトール・ペレイラ)は彼の能力を知っているし、偏見も持っていない」 「愛する国に戻り、自分自身を世界に証明したいのだ。ここでは誰もがメストを愛している。彼と同じようにね」 2021.11.12 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ハンガリー代表DFアティラ・サライ獲得でフェネルバフチェと合意か

チェルシーが、ハンガリー代表DFアティラ・サライ(23)獲得に関して、フェネルバフチェと合意に達したようだ。トルコ『CNN』が報じている。 同選手はハンガリーのヴァーツやヴァシャシュの下部組織で育ち、2012年1月に加入したオーストリアのラピド・ウィーンの下部組織からプロデビューを果たした。ただ、同クラブでの出場はその1試合にとどまり、2017年夏に母国のメゼーケヴェシュド=ジョーリで、本格的なプロキャリアをスタートさせることになる。 その2年後にはキプロスのアポロン・リマソール、そして今年1月にフェネルバフチェに移籍し、今季はここまで主力として全公式戦に当たる18試合に出場中だ。また、2019年11月にデビューしたハンガリー代表でも主力を張っており、ユーロ2020ではグループステージの3試合にフル出場。その後のワールドカップ欧州予選でも全試合にフル出場している。 アティラ・サライは身長192センチのセンターバックで、読みの鋭さやスピードが魅力。また、キック精度にも定評があり、加えて左利きでその関心度は高い。スペイン方面ではバルセロナをはじめ、アトレティコ・マドリーやセビージャも興味を持っている模様だ。 そんな争奪戦を制したとされるチェルシーは、移籍金2340万ユーロ(約30億円)でフェネルバフチェと合意した模様。個人的には年俸400万ユーロ(約5億2000万円)の6年契約となるようだ。 6年契約であれば来夏の加入が見込まれるが、『CNN』は1月の加入の可能性も残しており、おそらくレンタルでチェルシー加入か、フェネルバフチェ残留となりそうだ。 なお、チェルシーではDFアントニオ・リュディガーとDFアンドレアス・クリステンセンの主力2名が、今季限りで契約満了を迎えるにもかかわらず依然として契約延長に至っておらず、センターバックに問題を抱えている状況にある。 2021.11.11 18:51 Thu
twitterfacebook
thumb

交代後に怒りを露わにしたエジル、ボトル蹴り上げシャツを投げ捨てる 後日SNSで謝罪文も

フェネルバフチェの元ドイツ代表MFメスト・エジルが荒れた。イギリス『サン』が伝えている。 21日にホームで行われたヨーロッパリーグ(EL)グループD第3節のアントワープ戦に先発出場したエジル。チームはエネル・バレンシアの2得点もあって2-1で試合を折り返したが、エジル自身は相手のマークに苦しめられた。 フェネルバフチェは62分に同点に追い付かれると、直後にエジルを下げてディミトリス・ペルカスを投入。交代を告げられてベンチに下がったエジルはフラストレーションが溜まっていたのだろうか。近くにあったドリンクボトルを蹴り飛ばし、着ていたユニフォームを投げ捨てた。 関係の悪化が囁かれているヴィトール・ペレイラ監督だが、エジルの怒りには一定の理解を示している様子だ。「我々はもっとインテンシティとフレッシュさが必要だった。メストはよくやってくれた。ボールを収めるのには苦労したけれども」とフォローを入れている。 この行為についてエジルは、後に自身のツイッターで弁明。負けられない一戦で気持ちの高ぶりから起こしてしまったのだと、次のように釈明した。 「親愛なるフェネルバフチェファンへ。昨夜僕がゲームから離れるときに行ったことは、試合の緊張感と勝利への重要性のためだったんだ。誰かを狙ったわけじゃ決してないけれど、あのようなことをすべきではなかった。フェネルバフチェのために戦い続けてくれ」 11月4日にはアウェイでアントワープと再戦するフェネルバフチェ。エジルは周囲の雑音をかき消すような結果を残すことができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ボトルを蹴り飛ばすエジル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="in" dir="ltr">Jana Mchezaji wa klabu ya <a href="https://twitter.com/Fenerbahce?ref_src=twsrc%5Etfw">@fenerbahce</a> Mesut Ozil alikasirika baada ya kifanyiwa mabadiliko katika Mchezo wa EUROPE League dhidi ya Royal Antwerp dakika ya 66 ya Mchezo <br><br>Mchezo Huo ulimalizika kwa sare ya Magoli 2-2<a href="https://twitter.com/hashtag/sokaplaceupdates?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#sokaplaceupdates</a> <a href="https://t.co/PHIuWb0MUY">pic.twitter.com/PHIuWb0MUY</a></p>&mdash; SokaPlace (@SokaPlace) <a href="https://twitter.com/SokaPlace/status/1451439149681201153?ref_src=twsrc%5Etfw">October 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.23 20:01 Sat
twitterfacebook
thumb

元フェネルバフチェ、ベシクタシュのトルコ人MFが死傷事件の容疑者に…

かつてフェネルバフチェやベシクタシュ、レバークーゼンでプレーしたトルコ人MFセゼル・オズトゥルク(35)が、5人の被害者を出した銃撃事件に関与した疑いがあることが判明した。トルコ『NTVSpor』が報じている。 『NTVSpor』が伝えるところによれば、オズトゥルクは27日にイスタンブールのシレ地区の路上で起きた諍いから対立したグループに対して、銃を発砲した疑いがかけられているという。そして、この銃撃によってハリル・イブラヒム・ゲンチ氏(24)が死亡した他、4人が負傷を負ったことが確認されている。 現在、SNS上にはオズトゥルクと被害者グループの口論の様子が映された動画が出回っているが、現時点ではオズトゥルクが事件に関与したとの決定的な証拠には繋がっていない。 ただ、オズトゥルクは警察の捜査から逃れるため、どこかに身を隠しており、トルコの地元当局は近隣住民などを含め同容疑者の所在が明らかとなるような情報提供を求めている。 トルコ人両親の下、ドイツのフェルバートで生まれ育ったオズトゥルクは、2004年にレバークーゼンでプロキャリアをスタート。その後、ニュルンベルクやマニサスポル、エスキシェヒルスポルなどを経て、2011年にフェネルバフチェに加入。2013年にはベシクタシュに完全移籍したものの、キャリアを通じて目立った活躍を見せられずにいた。 2015年にイスタンブール・バシャクシェヒルへレンタル移籍した際にはオーバーウエイトや素行問題によって、スカッドから外されることもあったという。 2021.09.28 23:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly