フェネルバフチェがヴァルブエナ獲得を発表2017.06.12 19:48 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フェネルバフチェは12日、リヨンから元フランス代表MFマテュー・ヴァルブエナ(32)を獲得することで合意したと発表した。移籍金に関しては公表されていないものの、フランス『レキップ』によれば、300~400万ユーロ(約3億7000万円~5億円)とのこと。また、フェネルバフチェとは3年契約と交わすとみられている。▽2006-07シーズンから8シーズンにわたって過ごしたマルセイユで頭角を現したヴァルブエナは、2014-15シーズンからディナモ・モスクワでプレー。2015-16シーズンからはマルセイユのライバルクラブであるリヨンに在籍し、公式戦76試合12得点の記録を残した。また、これまでフランス代表として52キャップを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、インテル行きも噂されるフェネルバフチェの逸材MF確保か

アトレティコ・マドリーが、フェネルバフチェに所属する北マケドニア代表MFエリフ・エルマス(19)の獲得に近づいているようだ。トルコ方面の情報を引用してスペイン『マルカ』が伝えている。 母国ラボトニツキでプロデビューを飾ったエルマスは、2017年12月にフェネルバフチェへ加入。足元の技術が高く、縦への推進力も兼ね備えているセントラルMFは、今シーズンの公式戦40試合で4ゴールを記録した。また、10代ながらフル代表では10キャップを誇り2得点を記録している。 その若きMFを巡っては、セリエA複数クラブが関心を抱いていることが報じられている。とりわけ、先日にはインテル行きで合意との報道も出ていた。しかし、『マルカ』によれば、アトレティコもエルマスに熱視線を送っており、最大1400万ユーロ(約16億9000万円)を投じる準備ができているという。 なお、フェネルバフチェ側はクロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(31)の獲得を希望しており、今回のエルマスの交渉材料に使うことを検討しているようだ。 2019.06.03 15:38 Mon
twitterfacebook
thumb

元フランス代表MFヴァルブエナがオリンピアコスへ移籍

オリンピアコスは27日、フェネルバフチェの元フランス代表MFマテュー・ヴァルブエナ(34)を獲得したことを発表した。 マルセイユで活躍した小柄なアタッカーのヴァルブエナは、マルセイユ退団後、ディナモ・モスクワやリヨンでプレー。2017年夏からフェネルバフチェでプレーし、在籍2シーズンで公式戦71試合に出場して12ゴール24アシストを記録。今季はリーグ戦22試合の出場で3ゴール7アシストをマークしていた。 また、これまでフランス代表として52キャップを記録し、8ゴールを決めている。 2019.05.28 03:24 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル、コンテ就任ならルカク&モーゼス両獲りか

インテルがマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク(26)とフェネルバフチェに所属するナイジェリア代表FWヴィクター・モーゼス(28)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現時点のセリエAで4位につけるインテル。しかし、首脳陣は8連覇を達成したユベントスに大きく水をあけられている状況を良しとせず、今シーズン終了後、ルチアーノ・スパレッティ監督を解任することが既定路線に。最近では、昨シーズン終了後にチェルシーを退任して以降、フリーの状態が続いていたアントニオ・コンテ氏(49)の就任が決定的となっている。 そして今回伝えられるところによると、インテルはコンテ氏が後任指揮官として就任した場合、ルカクとモーゼスの両獲りを目指す模様。ルカクはコンテ氏がチェルシー監督時代、同選手がエバートンからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した当時、復帰を希望していた選手だ。ルカクは現在、ユナイテッドの退団候補の一人として見られており、本人も先月、セリエAでのプレーが「夢」であることを明かしていた。 一方のモーゼスは、コンテ氏がチェルシー時代に右ウイングバックという新境地を開拓させ、重宝してきた選手。コンテ氏が退団してマウリツィオ・サッリ監督が就任した今シーズンは、戦力外と見なされ、今冬の移籍市場でフェネルバフチェにレンタル加入している。 2019.05.23 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

先発わずか7試合のアトレティコFWカリニッチにトルコから本気オファー?

アトレティコ・マドリーのクロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(31)の獲得に、トルコクラブが本気で動き出しているようだ。トルコ『Fanatik』が報じた。 カリニッチは、ミランからアトレティコへ今シーズン移籍加入。1500万ユーロ(約18億4600万円)の移籍金で獲得し、新天地での活躍が期待されたものの、ここまでリーガエスパニョーラでは先発出場がわずかに7試合、通算でも17試合に出場し2ゴールと結果を出せず。コパ・デル・レイでは4試合に出場し2ゴール、チャンピオンズリーグでは3試合に出場と、こちらでも結果を出せていない。さらに、今年に入ってからはベンチに座る機会が増えており、厳しい状況が続いている。 そんなカリニッチに興味を示しているのがフェネルバフチェだ。2シーズン続けてトップチームで結果を残せていないカリニッチだが、その能力を評価しており、獲得を真剣に検討しているようだ。 カリニッチは1月にモナコやレアル・ベティス、セビージャへの移籍も噂されたものの実現していなかった。なお、契約期間は2021年6月まで。このままアトレティコに残ることは最善策とは思えず、今夏の退団が予想されている。 2019.05.09 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍後初先発の香川がフェネルバフチェとのダービーで躍動! 初アシスト記録もチームは3点のリードを守れずドロー《スュペル・リグ》

ベシクタシュは25日、スュペル・リグ第23節でフェネルバフチェをホームに迎え、3-3で引き分けた。 前節マラティヤスポル戦を競り勝ち3位を死守したベシクタシュ(勝ち点39)が、16位に低迷するフェネルバフチェ(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。 リャイッチの出場停止の影響もあって移籍後初先発を飾った香川が[4-2-3-1]のトップ下で先発となった。 共にイスタンブールを本拠地とするフェネルバフチェとのダービー。立ち上がりから圧力をかけたベシクタシュは10分に先制する。右サイド絞った位置からの香川のFKが起点となり、ルーズとなったボールをギョニュルがボレーで叩き込んだ。 さらに14分、香川の右CKを起点にPKが宣告される。ショートコーナーを使った流れから、ルーズボールをボックス内で拾いにかかったギョニュルがアリ・カルディリムに蹴られ、VARの末にPKとなった。このPKをユルマズが決めてベシクタシュがリードを広げた。 その後もフェネルバフチェを攻守に上回るベシクタシュが主導権を握り続けると、追加タイム2分、香川に移籍後初アシストが生まれる。カウンターを発動すると、香川のスルーパスからユルマズが独走してGKとの一対一を制し、3点目を奪って前半を終えた。 迎えた後半、ヴァルブエナとA・アイェウを投入して前がかるフェネルバフチェは55分にザイツのゴールで1点を返した。 さらに62分、右サイドのヴァルブエナのFKからチフトプナルのヘディングシュートが決まり、1点差に詰め寄った。 止まらないフェネルバフチェは67分、3点差を追いついて見せる。中央からアリ・カルディリムの放った強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さった。 結局、後半にペースを握れなかったベシクタシュは85分に香川をベンチに下げた中、3-3でタイムアップ。後半にフェネルバフチェの猛反撃を受けたベシクタシュは3点のリードを守りきれなかった。 2019.02.26 05:09 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース