サンテチェンヌ移籍から一転、ムニエがアタランタへレンタル移籍2017.02.01 00:06 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アタランタは1月31日、ボローニャのフランス人MFアントニー・ムニエ(29)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。▽4日前に買い取りオプション付きの今シーズン終了までのレンタルでサンテチェンヌへの移籍が発表されていたムニエだったが、一転してアタランタへのレンタル移籍となった。

▽2015年夏にモンペリエからボローニャに加入したムニエは、左ウイングを主戦場にリーグ戦30試合に出場し、4ゴールを記録。だが、今シーズンここまではリーグ戦6試合の出場にとどまっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

コロンビア代表を負傷離脱のFWムリエルが、アタランタ移籍で合意

アタランタが、セビージャのコロンビア代表FWルイス・ムリエル(28)の獲得で合意したようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 ウディネーゼやグラナダ、レッチェ、サンプドリアでプレーしたムリエルは、2017年7月にセビージャへと完全移籍。しかし、2018-19シーズンはリーガエスパニョーラで6試合に出場し1ゴール1アシストにとどまると、1月にフィオレンティーナへとレンタル移籍。セリエAで19試合で6ゴールを記録するなど、活躍を見せていた。 そんなムリエルに対し、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場が決定しているアタランタが興味。数日前から交渉を始めていたところ、コパ・アメリカのアルゼンチン代表戦でムリエルが負傷。ヒザの側副じん帯を損傷しており、5〜7週間は復帰できないとコロンビアサッカー連盟が発表し、チームから離脱していた。 この負傷により交渉がストップするかと思われていたが、アタランタは交渉を継続。移籍金1500万ユーロ(約18億2500万円)+300万ユーロ(約3億6500万円)のボーナスで合意したと報じられている。 フィオレンティーナは1300万ユーロ(約15億8000万円)での買い取りオプションを持っていたものの、買取らないことを決断。ムリエルは、コロンビア代表でも同僚のFWドゥヴァン・サパタとともに、アタランタでチャンピオンズリーグを戦うことになりそうだ。 2019.06.18 16:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、若手イタリア代表2選手の獲得に接近か

ミランがサッスオーロのイタリア代表MFステファノ・センシ(23)とアタランタのイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニ(23)の獲得に接近しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』と『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 報道によれば、両選手の代理人を務めるベッペ・リソ氏が11日午後にミラノへ赴き、スポーツ戦略及び開発部門の責任者を務めるパオロ・マルディーニ氏と会談を行ったとのことだ。 セントラルMFのセンシは2018年11月にイタリア代表初招集を受け、今季はセリエAで28試合に出場し2ゴール4アシストを記録。一方、センターバックのG・マンチーニは2019年3月にイタリア代表初招集を受け、今季のセリエAで30試合に出場し、5ゴール1アシストを記録していた。 イタリア代表の今後を担うであろう両選手の獲得にはそれぞれ1500万ユーロ(約18億4000万円)の移籍金が必要になると同メディアは報じている。 2019.06.12 00:01 Wed
twitterfacebook
thumb

CL初参戦のアタランタ、ナポリ行き濃厚のヴィオラMFにオファーか

アタランタが、フィオレンティーナのフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥ(26)の獲得に動いているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 2017年にアストン・ビラからフィオレンティーナに加入したヴェレトゥは、セントラルMFやアンカーを主戦場に高いパスセンスと相手の逆を突く巧みなドリブルを武器に、レジスタやチャンスメーカーとして主力に定着。 ヴィオラで2年目となった今季はリーグ戦33試合に出場し5ゴール3アシストを記録。持ち味のプレースキックの精度にも磨きをかけ、リーグ屈指の万能型MFとしての評価を確立した。 そのヴェレトゥには中盤の強化を目指すナポリが以前から強い関心を示しており、先日には個人間合意に至ったとの報道も出ていた。 しかし、『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによれば、今シーズンのリーグ戦を3位で終えてクラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を手にしたアタランタは、セリエAとCLの二足のわらじに向けてヴェレトゥを新戦力候補に挙げているようだ。 2019.06.08 17:42 Sat
twitterfacebook
thumb

今季23発飛躍のドゥヴァン・サパタ、ナポリ復帰で個人合意か

アタランタに所属するコロンビア代表FWドゥヴァン・サパタ(28)に対して、ナポリ復帰の可能性だ。イタリア『スカイ』が報じた。 2013〜2018年までナポリでプレーしたドゥヴァン・サパタは昨夏、買取オプションが付随した2年間のレンタルでサンプドリアからアタランタに加入。圧倒的なフィジカルを生かしたフィニッシャーとしてブレイクを遂げ、得点王に輝いたサンプドリアのイタリア代表FWファビオ・クアリャレッラに次ぐ23ゴールをマークした。 ナポリは、そのドゥヴァン・サパタ陣営と今夏復帰で個人合意。残すアタランタとの交渉で、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が興味を抱くイタリア人ロベルト・イングレーゼ(27)の譲渡案を提示することで、クラブ間合意を目指しているという。 そのイングレーゼは昨夏、2500万ユーロ(約30億3000万円)の買取オプションが付いたレンタルでナポリからパルマに移籍。だが、パルマ側の財政上、買い取る余裕がないため、ナポリ復帰の見通しとのことだ。 2019.06.04 12:25 Tue
twitterfacebook
thumb

欧州強豪注目も…D・サパタ、アタランタ残留を希望「CL初出場という目標も達成したしね」

コロンビア代表FWドゥバン・サパタ(28)が、アタランタ残留を希望している。『フットボール・イタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』を引用して伝えた。 昨夏にサンプドリアから2年間のレンタル移籍でアタランタに加入したD・サパタ。今シーズンは、セリエAに37試合出場し、得点ランク2位となる23ゴールを挙げ、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場に導いた。 この活躍にインテルやナポリと行った国内強豪クラブに加え、ドルトムント、最近ではレアル・マドリーも関心を示していることが伝えられた。 しかし、本人は他クラブへの移籍は希望せず。アタランタでトロフィーを掲げることを希み、自らの手で掴んだクラブ初のCLへの挑戦を心待ちにしている。 「僕はアタランタでトロフィーを掲げることを夢見ているんだ」 「ラ・デア(アタランタの愛称)に考えているし、ここに残りたい。僕はとても幸せだし、チャンピオンズリーグ出場という歴史的な目標を達成したしね。このような多くの努力をしたことで、僕らはその幸せを楽しむことができるんだ」 2019.06.03 13:40 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース