酒井所属のマルセイユ、モンペリエの至宝MFサンソンを獲得!2017.01.18 22:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マルセイユは17日、モンペリエからフランス人MFモルガン・サンソン(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年半となる。

▽2013年にル・マンからモンペリエ加入したサンソンは、卓越した戦術眼と攻撃センスを武器に、すぐさまレギュラーポジションを掴むと、ここまで4シーズンに渡ってレギュラーを務めた。また、セントラルMFを主戦場に2列目のポジションでもプレー可能な同選手は、今シーズンのリーグ・アンで3ゴール5アシストを記録するなど、リーグ屈指の若手プレーメーカーとの評判を得ている。

▽フランス『フランス・フットボール』の伝えるところによれば、マルセイユは予てよりパリ・サンジェルマンやリヨンといった国内強豪クラブに加え、プレミアリーグの複数クラブの関心を集めてきたサンソン獲得に向けて、ボーナスを含め総額1200万ユーロ(約14億5000万円)のオファーを掲示し、獲得にこぎ着けたようだ。

▽なお、U-21フランス代表で背番号10を背負っていた国内屈指のヤングタレントは、マルセイユ移籍を機に今後のフル代表招集も期待される。
コメント
関連ニュース
thumb

酒井宏樹の相棒が今夏イタリア行きか ミラン、マルセイユのトヴァン獲得に急接近!?

ミランが、マルセイユに所属するフランス代表FWフロリアン・トヴァン(26)の獲得に近づいているようだ。『フットボール・イタリア』が『フランス・フットボール』を引用して伝えている。 2016年1月からの半年間のレンタル移籍を経て、ニューカッスルからマルセイユに復帰したトヴァン。ドリブル技術と高いシュートセンスを武器に昨シーズンは公式戦54試合26ゴール18アシストの大活躍を見せた。今シーズンもここまで公式戦33試合15ゴール9アシストを記録している。 そんなトヴァンに対しては、バイエルンやアトレティコ・マドリー、ローマなどが関心。しかし、ここに来てミランが急接近しているという。ミランは移籍金3000万ユーロ(約37億8000万円)から4000万ユーロ(約50億5000万円)を支払うことに躊躇いはなく、同メディアは合意寸前とも伝えている。 日本代表DF酒井宏樹と共にマルセイユの右サイドを支え、昨シーズンにはクラブのヨーロッパリーグ(EL)決勝進出にも貢献してきたトヴァン。今夏、セリエAに活躍の場を移すことになるのだろうか。 2019.04.16 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

マルセイユ守護神が2試合の出場停止に…PSG戦で飛び出しハンドで一発退場

マルセイユに所属するフランス代表GKスティーブ・マンダンダが、リーグ戦2試合の出場禁止処分を科されたようだ。フランス『フランス・フットボール』が伝えている。 マンダンダは17日に行われたリーグ・アン第29節、パリ・サンジェルマン(PSG)とのル・クラスィクに先発出場。安定したセービングや得点に絡む活躍を披露していたが、62分にマルセイユの最終ラインの裏に抜け出したMFアンヘル・ディ・マリアを止めようとゴールエリアを飛び出したところ、ディ・マリアの浮かせたボールが腕に当たり、ハンドで一発退場となった。 リーグ・アン機構の懲戒委員会はマンダンダに対し、リーグ戦2試合の出場停止を科した。今後、30日の第30節アンジェ戦と、来月5日のボルドー戦に出場できなくなった。 マルセイユは現在勝ち点47でヨーロッパ出場圏内の4位に位置。チャンピオンズリーグ出場圏内の3位リヨンとは勝ち点差「6」、5位のサンテチェンヌとは勝ち点差「1」に迫られている。 2019.03.28 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

中傷に苦悩するバロテッリ「俺はロボットじゃない」

マルセイユに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、度重なる誹謗中傷への不快感を露わにした。スペイン『マルカ』が報じている。 これまでインテルやマンチェスター・シティ、ミラン、リバプールとビッグクラブを渡り歩き、そのポテンシャルの高さで大きな期待を集めてきたバロテッリ。しかし、ピッチ内外で様々なトラブルを起こすなど、素行が問題視され、安定した活躍は披露できなかった。 それでも、2016年夏に加入したニースで完全復活を果たし、今冬の移籍市場では日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユに加入。ここまでのリーグ・アン8試合で5ゴールと活躍している。 しかし、以前から派手な行動の多かったバロテッリに対しては、一部の否定的な人々が根強く批判や誹謗中傷を繰り返しており、それは同選手がやや落ち着いた振る舞いを学んだかに思われる現在でも変わらず。自身SNSを更新したバロテッリは、以下のように苦しい心の内を伝えた。 「聞け。俺を侮辱、軽蔑し、何年も過小評価している奴らよ。俺だって精神的に疲れることもあるんだ」 「俺はロボットでもなければ、流行り病でも、馬鹿野郎でもない。問題を起こしたくないし、必要のない緊張を招きたくないから何回もは反応しない。だが、全てを見ているし、感じているんだ」 「それ(批判)に気付いているし、もう凄く疲れた」 「俺がイタリアをリスペクトするのと同じくらい、俺のことをリスペクトしてくれ」 2019.03.27 09:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ハリル、母国メディアで酒井宏樹を絶賛「愛すべき男だ」

ナントを率いる元日本代表指揮官のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹を絶賛している。フランス『Le Phoceen』が伝えた。 2016年6月にハノーファーからマルセイユに加入した酒井。1年目から右サイドバックとしてレギュラーを掴み、2年目からは左サイドバック、センターバックも務め、フランスの名門クラブで必要不可欠な存在となっている。日本代表でも不動の右サイドバックとして活躍しており、昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)にも4試合すべてにフル出場した。 そんな酒井と2015年3月から2018年4月まで指揮した日本代表で共に戦い、現在は対戦相手としてフランスの舞台で戦っているハリルホジッチ監督が、母国メディアでのインタビューで同選手について言及。性格、能力などあらゆる面で日本屈指の右サイドバックを褒め称えた。 「決して問題を引き起こさない愛すべき男だ。ハードワーク、応用力、そして寛大さ。欠点がない。それをマルセイユのファンもよく知っている。完成された選手であり、ルディ・ガルシアの下、欠かせない選手となっている」 ─日本人選手がヨーロッパで成功するのは難しい。酒井宏樹のフィットに驚いているか 「いいえ。彼はドイツでプレーしたことで、ハイレベルなフットボールに必要なものを身に着けることができた。彼のフィットは当然のことだよ」 ─彼の特徴は 「フィジカル面ではモンスター。天性のクオリティだ。左サイドよりも明らかに右サイドのほうが適しているね。守備がとても良い選手だが、攻撃参加も狙えることができる。唯一、欠点を挙げるとすれば、アグレッシブさとデュエルに悪意がないこと。誠実すぎるのだ。ただ、私はマルセイユでの1試合1試合で進歩している」 ─あなたの中で酒井はリーグ・アンでベストなサイドバックか 「もちろんベストな選手の人だ。彼がマルセイユに移籍する前には、スカウトから連絡が来て彼について話をしたよ。選手として、そしてキャラクターについて話した。彼からも相談を受けた。躊躇せずに挑戦するようアドバイスした」 2019.03.21 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

熱狂のル・クラスィクはディ・マリアの大車輪の活躍でPSGが快勝! 酒井フル出場のマルセイユはGK退場の事態に《リーグ・アン》

リーグ・アン第29節、パリ・サンジェルマン(PSG)とマルセイユによる“ル・クラスィク”が17日に行われ、3-1でPSGが勝利した。 首位のPSG(勝ち点74)と4位のマルセイユ(同47)がパルク・デ・プランスで激突。チャンピオンズリーグ出場圏内の3位浮上を目指すマルセイユは酒井が7試合連続の先発出場。その他、チーム内得点ランクトップのトヴァンや、冬の加入後、リーグ戦7試合で5ゴールのバロテッリがスタメンに顔をそろえた。 ファーストシュートはマルセイユ。2分、バロテッリがボックス手前まで持ち込み、抑えの効いたシュートを放つ。6分にはGKマンダンダの処理ミスからCKのピンチを招くが、バロテッリがヘディングでクリアし事なきを得た。 ムバッペやディ・マリアの攻撃で徐々にPSGが圧力を強めてくる中、15分にディ・マリアがネットを揺らすが、VARによりオフサイドと判定され取り消しに。25分には、ムニルが右サイドからシュートを狙うが、ここは酒井とGKマンダンダの対応により、ピンチを防いだ。 拮抗した試合が30分を過ぎたころ、PSGがアクシデントが見舞う。ダニエル・アウベスとムニエが負傷し、代わりにダグバとケーラーを投入せざるを得ない緊急事態に。 それでも主導権は次第にPSGが掴んでいく。マルセイユはなかなか攻撃に出られない中で、前半アディショナルタイムにCKを獲得。このクロスをPSGはチアゴ・シウバが跳ね返すと、粘ってボールを繋いだディ・マリアからカウンターが発動。一旦右サイドに展開し、前線に走り込んだディ・マリアに再びボールが渡る。敵陣中央で後ろから来たボールを巧みなトラップで受けると、ボックス左のムバッペへラストパス。ムバッペはこれをダイレクトで蹴り込んでゴール。フランス・ダービはPSGが先制して試合を折り返した。 迎えた後半、キックオフしたマルセイユの最初のプレーでGKマンダンダが大きく前線へ蹴りだすと、センターサークル付近でバロテッリが潰れてボールはオカンポスへ。ケーラーと上手く入れ替わったオカンポスはドリブルでボックス左に侵攻しグラウンダーのクロスを供給。これをジェルマンがニアで押し込んで、後半開始早々の46分にマルセイユが試合を振り出しに戻した。 ジェルマンの今季5ゴール目で同点に追いついたマルセイユだったが喜びも束の間、PSGは55分に、ケーラーからオフサイドギリギリでパスを受けたディ・マリアがボックス右の角度のないところから左足で流し込んで追加点を挙げた。 再び勝ち越されてしまったマルセイユはさらなる窮地に立たされる。62分、最終ラインの裏を抜けたディ・マリアを止めようと、GKマンダンダがゴールエリアを飛び出して対応に行ったが、ディ・マリアの浮かせたボールが手に当たってしまい一発退場。さらに、ゴール正面30メートル弱からのFKをそのディ・マリアに直接決められてしまい、スコアは2点差となってしまった。 ここから立て続けに3枚の交代カードを切ったマルセイユだったが、最後まで守勢を強いられゴールは奪えず。逆に、後半アディショナルタイムには酒井がムバッペを倒しPKを献上。しかし、自らキッカーを務めたムバッペのシュートはマンダンダの代わりにゴールマウスを守ったプレが見事にストップ。 結局、試合は2ゴール1アシストを記録したディ・マリアの活躍でホームのPSGが快勝。マルセイユはリーグ戦7試合ぶり黒星となった。 2019.03.18 07:00 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース