ラツィオのイタリア代表MFカタルディがジェノアへレンタル移籍2017.01.14 01:32 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアは13日、ラツィオのイタリア代表MFダニーロ・カタルディ(22)を2017年6月30日までのレンタルで獲得したことを発表した。

▽ラツィオのユース出身であるセントラルMFのカタルディは、2015年1月にトップチームデビュー。昨季はセリエAで20試合に出場して1ゴールをマークし、今季は10試合に出場して1ゴールを記録していた。イタリア代表としては2016年11月に初招集を受けている。

▽ジェノアでは今冬、中盤の主軸であったベネズエラ代表MFトマス・リンコンがユベントスへ移籍していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ミリンコビッチ=サビッチ愚行退場のラツィオ、降格決定済みの最下位キエーボにまさかの敗戦でミラン追撃失敗《セリエA》

ラツィオは20日、セリエA第33節でキエーボをホームに迎え、1-2で敗戦した。 3日前に行われた未消化試合のウディネーゼ戦を制してチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ミランに3ポイント差とした7位ラツィオ(勝ち点52)が、降格の決まっている最下位キエーボ(勝ち点11)をホームに迎えた一戦。 試合は34分、ラツィオが退場者を出してしまう。ステピンスキとの小競り合いでミリンコビッチ=サビッチが蹴りを入れて一発退場となってしまった。 そして10人となったラツィオは迎えた後半開始4分、ヴィニャートにボックス左からゴール右にコントロールシュートを決められ、先制されてしまう。 さらに2分後、右クロスからヘテマイのヘディングシュートで加点され、ラツィオは2点のビハインドを負ってしまった。 その後、バデリを削ってアタッカーのコレアを投入したラツィオは、68分に1点差に詰め寄る。カイセドがボックス左でコレアのダイレクトパスを受け、シュートをねじ込んだ。 終盤にかけても攻め込んだラツィオだったが、追加タイム1分のコレアのミドルシュートは左ポストに直撃し、同点には追いつけず。痛恨の敗戦により、同日行われた試合でパルマに引き分けたミランに迫ることはできなかった。 2019.04.20 23:56 Sat
twitterfacebook
thumb

イタリアでまたも人種差別… バカヨコが標的に

ミランのフランス代表MFティエムエ・バカヨコが人種差別の標的となった。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 バカヨコは13日に行われ、1-0で勝利したセリエA第32節ラツィオ戦で、試合前にSNS上で舌戦を繰り広げていた相手DFフランチェスコ・アチェルビとユニフォーム交換をした後、そのユニフォームをミラニスタが陣取るゴール裏にMFフランク・ケシエと共に掲げていた。 ユニフォーム交換をした時点でバカヨコはこの件を水に流したと思われていたが、アチェルビのユニフォームを晒した行為がラツィオサポーターの反感を買っていた。 本人はこの行為を冗談として既に謝罪しているが、17日に行われたセリエA第25節延期分のウディネーゼ戦でラツィオサポーターがバカヨコに対し、「このバナナはバカヨコに食わせるものだ」というような趣旨の歌を歌い、人種差別行為が行われてしまった。 イタリアでは今季、ナポリDFカリドゥ・クリバリ、ユベントスFWモイゼ・ケアンに対する人種差別が行われていた。 2019.04.19 01:50 Fri
twitterfacebook
thumb

カイセド弾とGKストラコシャのPKストップで快勝のラツィオがCL出場権争い生き残り《セリエA》

ラツィオは17日、セリエA第25節延期分でウディネーゼをホームに迎え、2-0で快勝した。 4日前に行われた前節ミランとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を懸けたシックスポインターを落とした暫定8位のラツィオ(勝ち点49)が、16位ウディネーゼ(勝ち点32)をホームに迎えた一戦。 勝利すればCL圏内の4位ミランに3ポイント差に迫れる中、ミラン戦のスタメンから3選手を変更したラツィオは、2トップにインモービレとカイセドを起用した。 そのラツィオが立ち上がりから押し込むと、14分にインモービレのスルーパスでボックス左に侵入したカイセドがGKを強襲するシュートを浴びせた。 その後、20分にCKの流れからバドゥのヘディングシュートがバーを直撃してひやりとしたラツィオだったが、21分に先制した。インモービレのパスを受けたカイセドがボックス左に侵入してGKのニアサイドを破った。 さらに24分、右CKからニアサイドのミリンコビッチ=サビッチがヘッドで合わせると、ルーズボールがサンドロに当たってゴールに吸い込まれ、ラツィオに追加点が生まれた。 その後もラツィオがボールを握りハーフコートでゲームを進めると、45分にFKの流れからアチェルビがボレーで押し込んだが、VARの末にノーゴールに覆り、2-0で前半を終えた。 迎えた後半開始5分、ラツィオはルリッチがボックス内でラザーニャを倒してPKを献上する。しかし、キッカーのデ・パウルが枠の右を狙ったシュートをGKストラコシャが止めて、2点のリードを保った。 その後もラツィオがペースを握る中、68分にカイセドに代えてバデリを投入。アタッカーを削って中盤の枚数を増やし、守備の強度を上げにかかった。 78分にはインモービレが決定的なシュートを浴びせて3点目に迫ったラツィオが、終盤にかけてもウディネーゼの反撃を許さずに2-0で快勝。ミランに3ポイント差に迫り、CL出場権争いに生き残っている。 2019.04.18 03:53 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: ミラン 1-0 ラツィオ《セリエA》

セリエA第32節、ミランvsラツィオが13日に行われ、1-0でミランが辛勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190414_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 レイナ 6.0 開始早々のピンチをファインセーブで凌いだ DF 2 カラブリア 5.5 守備面でやられることはなかったが、攻撃面で雑だった (→ラクサール 5.5) 左サイドバックに入って終盤は攻撃面で仕事 22 ムサッキオ 6.5 値千金のPK獲得。守備もそつなし 13 ロマニョーリ 6.0 的確なカバーリングを見せていたが、負傷交代 (→サパタ 6.0) 緊急投入だったが、思いがけぬチャンスメークなど存在感 68 R・ロドリゲス 5.5 守備に重点を置いて破綻を防ぐ。ロマニョーリ負傷後はセンターバックでプレー MF 79 ケシエ 6.0 プレッシャーのかかるPKを決め切って決勝点 14 バカヨコ 6.0 好調を持続。攻守に存在感を示す 10 チャルハノール 5.5 やや軽いプレーも散見されたが、ミドルシュートの意識が高かった FW 8 スソ 5.5 ややボールをこねて攻撃をトーンダウンさせる場面もあったが、ミドルシュートでゴールを狙った 19 ピョンテク 6.0 動きの質は高かった。だが、3戦連続ゴールはならず (→クトローネ -) 11 ボリーニ 5.5 打開するプレーはほぼ見られなかったが、守備はさぼらず 監督 ガットゥーゾ 6.0 押し込み続けて終盤にPKで勝ち切った ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190414_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 6.0 スソのミドルシュートを止め、ピョンテクとの一対一も凌いだ DF 3 ルイス・フェリペ 6.0 ボリーニを零封 33 アチェルビ 6.0 守備を統率。安定していた 15 バストス 6.0 対人の強さを見せつけていた (→パローロ -) MF 27 ロムロ 5.5 右サイドで攻守に奮闘 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.0 ほぼ消えていた 6 ルーカス・レイバ 5.5 中盤のバランスを取った 10 L・アルベルト 5.5 前半はミドルシュートやスルーパスで好機演出 19 ルリッチ 5.5 相変らずの泥臭いプレーでサイドに蓋をした (→ドゥルミジ 4.5) 痛恨のPK献上 FW 17 インモービレ 5.5 入ってもおかしくないシュートを数本打った。後半は消える 11 コレア 5.5 ドリブルでアクセントを付けていたが、後半早々に負傷交代 (→カイセド 5.0) 仕事ができなかった 監督 S・インザーギ 5.5 堅実な守備から一刺しを狙うも、あと一歩及ばず ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ムサッキオ(ミラン) PK獲得に加え、守備面でもぎりぎりのプレーでピンチを凌いでいた。 ミラン 1-0 ラツィオ 【ミラン】 ケシエ(後34)【PK】 2019.04.14 05:32 Sun
twitterfacebook
thumb

PK弾でラツィオ撃破のミランが5戦ぶり勝利! 4位死守《セリエA》

セリエA第32節、ミランvsラツィオが13日に行われ、1-0でミランが辛勝した。 前節ユベントス戦をピョンテクの2試合連続ゴールで先制したものの、逆転負けして4戦勝利のない4位ミラン(勝ち点52)は、5位アタランタに勝ち点で並ばれ、6位ローマにも1ポイント差に迫られてしまった中、GKドンナルンマとパケタが引き続き欠場となった。 一方、前節サッスオーロ戦をラストプレー弾で何とか引き分け、ここ2試合勝利のない7位ラツィオ(勝ち点49)は、ミランとは消化試合が一つ少ないながら勝利すれば勝ち点で並べる中、ラドゥを除いてベストメンバーで臨んだ。 試合は開始3分、ラツィオに決定機。コレアのドリブルを起点にボックス中央のインモービレがシュート。だが、GKレイナのファインセーブに阻まれた。 早々の失点を免れたミランが押し込む展開で推移していく中、カウンターを狙うラツィオは19分にL・アルベルトがミドルシュートでGKレイナを強襲。続く21分にもコレアのゴール至近距離からのボレーシュートでラツィオがゴールに迫った。 引き続きボールを持つミランは28分、ショートコーナーの流れからケシエがミドルシュートでオンターゲットを記録。続く31分、ピョンテクの落としをボックス中央で受けたスソが際どいシュートを浴びせた。さらに1分後、カラブリアの右クロスに頭で合わせたピョンテクのシュートはわずかに枠の右に外れる。 ハーフタイムにかけてもミランが押し込む中、42分にチャルハノールがミドルシュートでゴールに迫れば、ラツィオは44分にインモービレがボックス左に侵入して左ポスト直撃のシュートを浴びせるなど、互いにゴールに迫ったものの0-0で前半を終えた。 後半早々、コレアの負傷によりカイセドを投入したラツィオは50分、L・レイバのボレーシュートでゴールに迫るも、前半同様にミランが押し込む展開で推移していく。 しかし、アタッキングサードでの工夫が少なくチャンスを生み出せないミランにアクシデント。ロマニョーリが左足を負傷してプレー続行不可能となり、67分にサパタが投入された。 するとそのサパタが71分にチャンスメーク。中央をドリブルで持ち上がってラストパス。ピョンテクがシュートに持ち込んだが、GKストラコシャのセーブに阻まれた。 76分にはアチェルビの手にクロスボールが当たったとしてミランにPKが与えられるも、身体に手が付いていたとしてVARの末にノーファウルと判定される。しかし78分、ミランに正真正銘のPKが与えられる。ロングボールに反応したムサッキオがボックス内でドゥルミジに倒された。これをケシエが決めてミランが先制に成功した。 終盤はオープンな展開となった中、スソやクトローネが決定的なシュートを放っていったミランだったが、GKストラコシャのセーブもあって追加点は生まれず。それでも1-0で逃げ切り、5試合ぶりの勝利で4位を死守している。 2019.04.14 05:31 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース