ナポリMFダビド・ロペス、積極補強のエスパニョールに4年契約で復帰2016.08.27 00:53 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エスパニョールは26日、ナポリのスペイン人MFダビド・ロペス(26)の獲得を発表した。契約期間は2020年6月までの4年間で、移籍金は450万ユーロ(約5億1000万円)と報じられている。

▽2014年夏にカンテラ時代から過ごすエスパニョールを離れてナポリへ移籍したダビド・ロペスは守備的MFを本職とするプレーヤー。前監督のラファエル・ベニテス監督に重用され、2014-15シーズンはセリエAで32試合に出場していた。昨季もマウリシオ・サッリ監督の下で25試合に出場したが、出番を減らしていた。

▽この夏、中国企業に買収されたエスパニョールはMFレジェスやMFピアッティ、MFハビ・フエゴ、DFデミチェリスら、積極的な補強を行っている。なお、ダビド・ロペスはこの夏エスパニョールにとって8選手目の新戦力だ。
コメント
関連ニュース
thumb

乾vsウー・レイの日中対決実現! アラベス、エスパニョールに敗れEL権争いからさらに後退《リーガエスパニューラ》

日本代表MF乾貴士が所属するアラベスは13日、敵地でリーガエスパニューラ第32節のエスパニョール戦に臨み、1-2で落とした。 勝ち点1差でEL出場圏の6位バレンシアを追うアラベスは乾が3試合連続のスタメン入り。中国代表FWウー・レイを先発起用してきた13位のエスパニョールから4試合ぶりの白星を目指した。 エスパニョールが立ち上がりからボールの主導権を握った試合は、アラベスが守勢の展開に。16分に右CKからボルハ・イグレシアスにゴールネットを揺らされたが、オフサイドの判定に助けられ、事なきを得る。 だが、アラベスは耐え凌げない。19分、メレンドのスルーパスに反応したペドロサが左サイドの最終ライン背後を抜け出して、相手のマークも突破。ボックス左から右足シュートを決め、エスパニョールが先制する。 リードを許したアラベスは26分、右サイドからボックス右にドリブルを仕掛けた乾が積極的にゴールを狙っていき、反撃の急先鋒に。28分にロサレスの負傷交代に見舞われた相手を徐々に攻め立て始める。 ところが、無得点で後半に入ったアラベスは早々に2失点目。ボックス右のボルハ・イグレシアスがゴール正面のウー・レイにクロスを試みると、これがラグアルディアのオウンゴールを誘い、エスパニョールが突き放す。 出鼻を挫かれたアラベスだったが、56分に左サイドのジョニーが左足クロスに最終ラインの背後を抜け出す動きを見せたカレリが反応。VAR判定に引っかかったが、得点が無事に認められ、1点差に詰め寄る。 その後、エスパニョールが64分にウー・レイをベンチに下げると、アラベスも79分に2枚替えに動き、その1枠で乾もお役御免。結局、アラベスは最後までエスパニョールに追いつけず、4試合白星なしの結果に終わった。 2019.04.13 22:05 Sat
twitterfacebook
thumb

メッシの“パネンカ風”技ありFK炸裂! 今季公式戦40得点目を含む2Gでバルセロナ・ダービー快勝!《リーガエスパニョーラ》

バルセロナは30日、リーガエスパニョーラ第29節でエスパニョールとのバルセロナ・ダービーに望み、2-0で勝利した。 前節の結果から、首位のバルセロナと2位のアトレティコ・マドリーの勝ち点差が「10」に広がり、すでにバルセロナ優勝の声も多いラ・リーガ。残り10試合となる今節はバルセロナ・ダービー。スタメンには、代表戦で負傷したメッシや、足首を痛めていたスアレスが揃って名を連ねた。 試合は大方の予想通り、バルセロナが主導権を握る展開に。それでもファーストシュートが生まれたのは9分のことだった。オフサイドラインギリギリで抜け出したメッシがジョルディ・アルバからパスを受けると、粘り強いキープから左足でシュートに持ち込む。しかし、これは相手に当たって枠の外へ流れた。 次のシュートは21分、自陣でスアレスからメッシへ、メッシからワンタッチでもう一度スアレスに渡り素早くカウンターを発動。逆サイドを駆け上がったラキティッチは、敵を引き付けたスアレスからボールを受けてボックス手前右からミドルシュート。強烈なシュートだったが、僅かに左に外れた。 23分に左サイドのアルバのクロスからスアレスがゴールに近づいたバルセロナは、再三のセットプレーのチャンスも生かせず、ゴールレスで試合を折り返した。 バルセロナが再三のチャンスを生み出すも1点が遠い後半戦。59分にN・セメドとアルトゥールを下げて、セルジ・ロベルトとマウコムを同時投入し、状況打破を試みる。 すると試合は72分に動いた。メッシが単独突破から獲得したゴール正面FKの場面。メッシは短い助走から、GKをからかうような“パネンカ風”キックを放り込むと、これがビクトル・サンチェスの頭に当たってゴールイン。記録はメッシのゴールとなり、今季リーグ戦30得点目及び公式戦40得点目で、バルセロナが先制した。 ここから相手のゴールに迫る回数が増えたバルセロナは89分、メッシとラキティッチのパス交換からカウンターを発動。ラキティッチの長距離スルーパスを受けたマウコムが左サイドを独走。最後は折り返しをメッシが流し込んで決着。 終始相手を圧倒したバルセロナがリーグ戦6連勝を収め、勝ち点を「69」とした。 2019.03.31 02:17 Sun
twitterfacebook
thumb

今夜ダービー! ピケの挑発にエスパニョール指揮官が反応

エスパニョールを率いるルビ監督が、バルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケの発言に反応している。スペイン『アス』が伝えた。 バルセロナは30日、リーガエスパニョーラ第29節でエスパニョールをホームに迎え、“バルセロナ・ダービー”に臨む。首位バルセロナ(勝ち点66)と13位エスパニョール(勝ち点34)による大きく差が開いた2チームの対戦ではあるものの、激しいライバル関係にある両クラブの激突は激しい火花を散らす。 そして、度々メディアを賑わせているピケが、この一戦の前にも燃料を投下。26日にTVに出演した際に、「僕は今年のエスパニョールの予算よりも多くの資産を抱えているんだ」と冗談交じりに煽った。 そして、ピケの発言について問われたルビ監督は、以下のように冷静に返している。 「今回はダービー前の2度目の会見だし、ピケについては既に語ったよ」 「ドレッシングルームは勝利を求めているし、それ以外のことは気にも留めていない。そして、私もクラブの姿勢を順守する」 「経済的なことよりも謙虚さの方が重要だ。だが、あれはコメディ番組で、だから彼はああしたんだろう」 「私は自分が素晴らしいクラブにいると思っている。私たちには歴史と謙虚さがあるんだ」 「私たちはあの愚行を飲み込んだ。彼らは気にしないし、(所属する)ボルハ・イグレシアスが得点しようがしまいが構わないんだ。(試合後に)私たちが得点について語ることが出来るといいね」 2019.03.30 14:15 Sat
twitterfacebook
thumb

“ダイブ疑惑”のスアレスに批判…「生涯活動禁止にされるべき」

バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスの行いが、批判を集めている。スペイン『アス』が伝えた。 バルセロナは13日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでリヨンに5-1で勝利。試合の中では、バルセロナがPKにより先制し、一方的な展開に。1stレグを0-0で終えていた不安を払しょくするかのような圧勝で、2戦合計5-1でベスト8進出を決めた。 しかし、バルセロナの先制点の場面について、PKを獲得したスアレスに“ダイブ疑惑”が浮上しており、物議。当人は「完全に無意識。相手と交錯してバランスを崩して倒れた」と弁明していたが、エスパニョールのユースコーチを務めるモイセス・ウルタード氏は、SNSを通じて以下のように糾弾している。 「L・スアレス…。常にレフェリーを欺こうと試みる選手は、生涯活動禁止にされるべきだ。VARの有無にかかわらずね」 また、『アス』の専属審判であり、元FIFAオフィシャルのエドゥアルド・イトゥラルデ氏も、「私の見解として、あれはペナルティーじゃない。スアレスの方から立っているディフェンダーに当たりに行ったからだ」とPKの判定に異議を唱えている。 2019.03.15 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ウー・レイ効果が凄すぎる! 中国の全国放送がエスパニョール一色

今冬に加入した中国代表FWウー・レイの活躍により、エスパニョールの人気が中国で爆発的に高まっている。スペイン『マルカ』が報じた。 2016年に中国の資本家チェン・ヤンシェン氏が会長になったことで中国で人気が出始めているエスパニョール。今冬には中国代表のウー・レイも獲得し、その勢いに拍車がかかっている。 また、ウー・レイは2月3日のリーガエスパニョーラ第22節ビジャレアル戦でデビューを飾り、今月2日の第26節バジャドリー戦では初得点を記録して3-1の勝利に大きく貢献。順調にステップを上っている。 そして、『マルカ』によると、デビュー戦の中国での視聴者数は4000万人、初得点のバジャドリー戦は2500万人超と怪物級の数字を記録。さらに、中国の検索エンジン『百度』では、1,100万人以上のユーザーがウー・レイを検索していたという。 さらに、中国の全国放送では定期的にウー・レイのハイライトが取り扱われ、報道ルームはエスパニョールカラー一色。キャスターがホームユニフォームに身を包み、まさに社会現象とでも呼べるような事態となっている。 『マルカ』は、「ウー・レイの到着が、アジア市場におけるラ・リーガ・サンタンデールの事業に大きな影響を与える可能性が高いことがはっきりとした」と結んだ。今後は、アジア人がリーガでプレーする姿もそれ程珍しいものではなくなるかもしれない。 2019.03.05 13:10 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース