グラナダ、ローマから逸材FWポンセをレンタルで獲得2016.08.05 22:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽グラナダは5日、ローマからアルゼンチン人FWエセキエル・ポンセ(19)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。▽2015年にアルゼンチンのニューウェルス・オールドボーイズからローマに加入したポンセは、アルゼンチン国内で“テベスの後継者”と称される有望な若手アタッカー。ローマでは昨年11月に前十字じん帯断裂の大ケガを負うも、復帰後のプリマヴェーラの公式戦11試合で10ゴールを挙げるなど、その才能の片りんを見せていた。

▽なお、ローマからリーガエスパニョーラのクラブへの移籍では、昨夏スポルティング・ヒホンに加入したパラグアイ代表FWアントニオ・サナブリア(20)が11ゴールを挙げる活躍を披露しており、ポンセにも同様の活躍が期待されるところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

グラナダが3シーズンぶりのプリメーラ復帰!《セグンダA》

リーガエスパニョーラ・セグンダA(スペイン2部)の第41節が行われ、最終節を前に2位を確定したグラナダ(勝ち点76)の2016-17シーズン以来のプリメーラ復帰が決定した。 今シーズンのセグンダAではすでに優勝を決めているオサスナの昇格が決定していたが、残り1枠の自動昇格枠を巡る争いは混戦となっていた。その中、2位をキープしていたグラナダは4日に行われたマジョルカとの上位対決を1-1のドローで終えた結果、最終節を前に2位が確定。この結果、3シーズンぶりのプリメーラ復帰が決定した。 2016-17シーズンのプリメーラを最下位で終えて降格したグラナダは、1年での復帰を目指した昨シーズンは昇格プレーオフ圏外の10フィニッシュとなっていた。 迎えた今シーズン、過去にセビージャでユースチームの監督、トップチームのアシスタントコーチを務め、昨季はオサスナを率いた38歳のディエゴ・マルティネス氏を新指揮官に招へい。ここまでリーグ最少失点(27)の堅守を武器に、最長の連勝こそ「4」も連敗が1度しかない安定した戦いぶりで順調に勝ち点を積み上げた。 なお、最終節を前に昇格プレーオフ行きの可能性があるのは、3位のマラガ(勝ち点71)、4位のアルバセテ(勝ち点71)、5位のマジョルカ(勝ち点68)、6位のデポルティボ・ラ・コルーニャ(勝ち点65)。また、昇格プレーオフ圏外も7位のカディス(勝ち点64)、8位のオビエド(勝ち点63)の2チームにも可能性がある。 2019.06.05 15:26 Wed
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼがベネズエラ代表FWマチスを獲得、昨季リーガ2部で14ゴール

▽ウディネーゼは18日、グラナダのベネズエラ代表FWダーウィン・マチス(25)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。 ▽2012年にグラナダに移籍した170cmの小柄なアタッカーであるマチスは、左ウイングを主戦場とするプレーヤー。これまでエルクレスやウエスカ、レガネスにレンタル移籍し、2017-18シーズンはグラナダに復帰してリーガエスパニョーラ2部で33試合に出場して14ゴール6アシストと活躍していた。 ▽なお、ウディネーゼとグラナダは共にジャンパオロ・ポッツォ氏が会長を務めており、これまでも両クラブ間で移籍が頻繁に行われている。 2018.07.19 01:51 Thu
twitterfacebook
thumb

レガネスがスペイン人MFルベン・ペレスと2022年まで契約

▽レガネスは6日、グラナダとの契約を解除したスペイン人MFルベン・ペレス(29)と2022年6月30日まで契約したことを発表した。 ▽アトレティコ・マドリーの下部組織出身であるディフェンシブMFのルベン・ペレスは、これまでデポルティボやベティス、エルチェにグラナダといったクラブでプレー。2016年8月からレガネスにレンタル移籍し、在籍2シーズンで公式戦68試合に出場して、クラブのリーガ残留に貢献していた。 ▽グラナダとは契約が1年残っていたが、レガネスとの良好な関係により契約解除に至ったとのことだ。 2018.07.06 23:35 Fri
twitterfacebook
thumb

レバンテ、今季グラナダからレンタルのGKオラサバルを完全移籍で獲得

▽レバンテは14日、グラナダからスペイン人GKオイエル・オラサバル(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までとなる。 ▽2007-08シーズンにレアル・ウニオンからバルセロナに加入したオイエルは、当時ジョゼップ・グアルディオラ監督(現バイエルン)が指揮したバルセロナBで正GKの座を掴むと、チームの2部昇格に大きく貢献。また、2007-08シーズンのコパ・デル・レイ、アルコジャーノ戦でトップチームデビューも経験した。 ▽バルセロナのトップチーム昇格後は、スペイン人GKビクトル・バルデス、スペイン人GKホセ・マヌエル・ピントに次ぐ第3GKの役割を担ったものの、出場機会を求めて2014年の夏にグラナダへ完全移籍。 ▽しかし、グラナダでも出場機会が限られると、2015-16シーズンはソシエダへレンタル移籍。今シーズンは、レバンテにレンタル移籍で加入すると、リーグ戦26試合に出場しチームのリーガエスパニョーラ残留に貢献していた。 2018.06.15 03:22 Fri
twitterfacebook
thumb

MF堂安律が先発! フローニンヘンvsグラナダのトレーニングマッチは2-2のドロー《フレンドリーマッチ》

▽22日、フローニンヘンvsグラナダのフレンドリーマッチが行わレ、2-2のドローに終わった。MF堂安律は先発出場し58分までプレーした。 ▽試合は9分、ヴェルドウィクがダイレクトでシュート。GKが弾くも、こぼれ球をイドリッシがこぼれ球を流し込みフローニンヘンが先制する。 ▽堂安は右サイドでバクーナとの素晴らしい連携で攻撃を牽引。ワンツーを繰り返しボックス内に侵入するも、シュートは打てない。 ▽すると21分、堂安がドリブルで持ち上がると、そこからパスをつなぎ、最後はうまく抜け出したバクーナがネットを揺らし、フローニンヘンがリードを2点に広げる。 ▽グラナダは50分、左サイドからのクロスにペドロがボックス中央で頭で合わせ1点を返す。後半はグラナダが攻め込む展開が続くと、80分にPKを獲得。これをマチスがしっかりと沈め同点に。そのまま試合は終了し、2-2のドローに終わった。 フローニンヘン 2-2 グラナダ 【フローニンヘン】 ヴェルドウィク(前9) イドリッシ(前21) 【グラナダ】 ペドロ(後5) マチス(後35) 2017.07.23 13:02 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース