ピュリス監督がアーセナルからレンタル中のグナブリーを非難「ここでプレーするレベルにない」2015.10.28 02:44 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽WBAを率いるトニー・ピュリス監督が、アーセナルからレンタル中のU-21ドイツ代表FWセルジュ・グナブリー(20)を非難している。イギリス『Express & Star』が伝えている。▽アーセナル期待のグナブリーは、出場機会を求めて今夏の移籍市場でWBAにレンタルで加入した。だが、ここまでのリーグ戦の出場時間はわずかに18分(1試合)と思うように出場機会を得ることができていない。

▽ピュリス監督は、グナブリーが出場機会を得られていない理由について「プレミアリーグでプレーするレベルにない」と語っている。

「セルジュは試合に出るためにここに来た。だが、私個人の見解としては彼が試合に出るレベルに達していないと考えている」

「彼はアカデミーのフットボールからここに来ており、フットボールリーグ(プロのカテゴリー)での経験がない。アカデミーのフットボールが本当にフットボールリーグでプレーするための準備になると思うか? 私はそうは思わない」

▽また、ピュリス監督はたとえビッグクラブからレンタルしている選手であっても、チームの力にならなければ、起用するつもりはないと主張している。

「監督としては試合で勝利するためのチームを選ぶのが当然のことであり、最高のチームを選ぶ。したがって、個人的な好き嫌いやその他のあれこれで、プレーヤーを選ぶことはない」
コメント
関連ニュース
thumb

WBAやストークなどで活躍した元ナイジェリア代表FWオデムウィンギーが現役引退

元ナイジェリア代表FWピーター・オデムウィンギー(37)が、3日にウェンブリーで行われたUEFA EqualGameカンファレンスで現役引退を発表した。 CSKAモスクワやラシーヌ・ラゴスの下部組織に在籍したオデムウィンギーは、2000年にナイジェリアのベンデル・インシュランスでプロデビュー。その後、リールやロコモティフ・モスクワでプレー。 2010年からイングランドに活躍の場を移したオデムウィンギーは、WBAやカーディフ、ストーク・シティ、ブリストル・シティ、ロザラム・ユナイテッドなどでプレーし、2017年4月からはインドネシア・スーパーリーグのマドゥーラ・ユナイテッドに活躍の場を移していた。 また、2002年にデビューしたナイジェリア代表では、62試合に出場し11得点を記録。2度のワールドカップ(2010,2014)や4度のアフリカネーションズカップ(2004,2006,2008,2010)に加え、2008年に行われた北京オリンピックにもオーバーエイジ枠として出場していた。 2019.04.05 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

武藤にも影響? ニューカッスルが主砲ロンドン流出の可能性…

ニューカッスルがエースストライカーのベネズエラ代表FWサロモン・ロンドン(29)を今夏に失う可能性があるようだ。イギリス『Star on Sunday』が伝えている。 ニューカッスルは昨夏、チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したWBAから1年間のレンタル移籍でロンドンを獲得。そして、屈強な大型ストライカーは攻め手に乏しいニューカッスルの中でここまでチームトップの9ゴールを挙げるなど、エースストライカーとして活躍している。 そのため、ニューカッスルは今季終了後にWBAから同選手を完全移籍で買い取りたい意向のようだが、現時点で優先交渉権は存在せず、WBAが来シーズンにプレミアリーグに昇格できない場合、1650万ポンド(約24億円)以上の金額を出せば、どのクラブにも獲得のチャンスがあるという。 ただ、財布の紐が堅いことで知られるマイク・アシュリーオーナーは、今年9月に30歳を迎えるロンドンに前述の金額を支払う意思はないようだ。 その一方で、ベルギー代表FWロメル・ルカクのマンチェスター・ユナイテッド移籍以降、メインストライカー不在のエバートンがロンドンの獲得に興味を示しており、同クラブは前述の移籍金を支払う意思を持っているようだ。 したがって、アシュリーオーナーが考えを変えない限り、ロンドンの今夏流出は濃厚な情勢だ。 仮に、ロンドンが退団した場合、日本代表FW武藤嘉紀の起用法などに関しても影響を及ぼしそうだ。 2019.03.24 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

セルティック、WBAから21歳のスコットランド代表MFをレンタルで獲得

セルティックは5日、WBAからスコットランド代表MFオリヴァー・バーク(21)をレンタルで獲得したことを発表した。移籍期間は今シーズン終了時まで。 ノッティンガムでプロキャリアをスタートさせたバークは、2016年8月にライプツィヒへ完全移籍。2017年8月にWBAに活躍の場を移し、今シーズンはここまで公式戦11試合4ゴール3アシストを記録していた。 2019.01.05 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートンDFホルゲイトが2部のWBAへレンタル移籍

エバートンは1日、イングランド人DFメイソン・ホルゲイト(23)がチャンピオンシップ(イングランド2部)のWBAに今季終了までのレンタルで移籍することを発表した。 2015年8月にバーンズリーからエバートンに加入したセンターバック兼右サイドバックのホルゲイトは、2016年8月にプレミアリーグデビュー。これまでエバートンで公式戦48試合に出場していたが、今季はリーグ戦5試合の出場に留まっていた。 昨季、2部に降格したWBAは25試合を終えてチャンピオンシップで3位に位置している。 2019.01.01 22:55 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア復帰を目指すWBAがMFリバモアと2022年まで契約延長

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のWBAは14日、元イングランド代表MFジェイク・リバモア(29)との契約延長を発表した。新契約は2022年までとなる。 ▽トッテナムの下部組織出身のリバモアは、MKドンズやダービー、ピーターボロ、イプスウィッチ、リーズ、ハル・シティとレンタル移籍を繰り返し、2014年7月にハル・シティへと完全移籍。WBAには2017年1月に加入した。 ▽今シーズンはチャンピオンシップで戦うリバモアだが、20試合に出場し2アシストを記録していた。チームは21試合を終えて勝ち点36の5位に位置している。 ▽ダレン・ムーア監督はリバモアとの契約延長について「ジェイクが契約延長を結んでくれて本当に嬉しい。中盤に豊富な経験を加える重要なメンバーだ」とコメント。リバモアの契約延長を喜んだ。 ▽夏にはプレミアリーグのクラブへの移籍も噂されたリバモア。WBAの1年でのプレミアリーグ復帰に力を貸すことを決断した。 2018.12.14 20:30 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース