アンデルレヒト、サンプドリアからオカカを獲得2015.07.29 01:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽アンデルレヒトは28日、サンプドリアからイタリア代表FWステファーノ・オカカ(25)を獲得したことを発表した。背番号は99番。契約の詳細は明らかにされていないが、ベルギー『Het Laatste Nieuws』によると移籍金は300万ユーロ(約4億1000万円)程度になる模様だ。▽28日にメディカルチェックを終えたオカカは、ベルギーを新天地に選んだことについて以下のように語っている。

「僕はアンデルレヒトを選んだ。大きな組織を持っているクラブだね。この素晴らしい家族に魅了された。ここには偉大な選手がいたし、ベルギーで最も有名なクラブだということを知っている。僕は楽しむつもりだ。そして、チームに適応するために監督の指示に従い、チームメートとうまくやって全ての試合に勝ちたい。ここでプレーできることを光栄に思う。サポーターを喜ばせたいね」

▽ローマの下部組織出身であるオカカは、2014年1月にパルマからサンプドリアに移籍。現ミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督の下で屈強なセンターフォワードとして復活を遂げ、昨シーズンはリーグ戦32試合に出場して4ゴールを記録した。また、2014年にはイタリア代表デビューも果たしている。

▽同選手には以前からセリエA昇格を果たしたボローニャやプレミアリーグのワトフォードが関心を示していると言われていたが、セルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチ(20)をニューカッスルに放出したアンデルレヒトが後釜の確保に成功している。
コメント
関連ニュース
thumb

アンデルレヒト監督就任のコンパニ、シティから指導者を勧誘 “チーム・コンパニ”始動

アンデルレヒトは25日、マンチェスター・シティでコーチを務めていたシモン・デイビス氏をヘッドコーチに招へいしたことを発表した。 ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニの選手兼監督就任で話題を呼んでいるアンデルレヒト。コンパニ新監督はすでに来季に向けた改革を進めている。 シモン・デイビス氏はこれまで9年間、シティでコーチを務めてきた人物。現役時代はマンチェスター・ユナイテッドでプレーした経験を持ち、シティでは2016年からパトリック・ヴィエイラが監督を務めていたクラブの育成組織のアシスタント、2018年からはU-18からU-23チームまでのアカデミーのヘッドコーチとして、ジョゼップ・グアルディオラ監督のイロハを若手に教えてきた。 コンパニ新監督からの誘いを受けたという同氏は「ヴィニーが私をアンデルレヒトに誘ってきた時、疑いの余地はなかった。我々はこれから美しいプロジェクトを始める。アンデルレヒトが相応しい場所に居られるためのね」と意気込みを語っている。 また、シモン・デイビス氏の他、シティからは5人のコーチを招へい。アンデルレヒトはコンパニを含めた彼ら指導者らを“チーム・コンパニ”と称している。 2019.05.26 16:50 Sun
twitterfacebook
thumb

コンパニ監督就任のアンデルレヒト、56年ぶりに欧州舞台逃す

アンデルレヒトが56年ぶりに欧州大会出場を逃した。 今季のレギュラーシーズンを4位で終えたアンデルレヒトは、上位6チームで争われる決勝ステージに進出。こちらで再びホームとアウェイに分けて戦い優勝者を決めるのだが、決勝ステージでは19日に行われた最終節のヘント戦を含め、1勝3分け6敗という成績で最下位の6位でフィニッシュした。 これにより、34回もの国内リーグ優勝を誇るアンデルレヒトは来シーズンのチャンピオンズリーグおよびヨーロッパリーグの出場権は得られず、56年ぶりに欧州大会出場を逃した。 アンデルレヒトは先日、マンチェスター・シティ退団を発表したベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが選手権監督として復帰することが明かされ話題に。コンパニ監督の1年目は国内の戦いに集中することになるようだ。 また、今年1月からシャルルロワへレンタル移籍していたMF森岡亮太はアンデルレヒトに戻る予定だが、ベルギーメディアによると、同クラブは放出も考慮しているという。 2019.05.20 15:35 Mon
twitterfacebook
thumb

シティ退団のコンパニ、古巣・アンデルレヒトに選手兼監督として13年ぶりに帰還!「次世代に今まで得た知識を提供したい」

今シーズン限りでマンチェスター・シティを退団するベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(33)が、アンデルレヒトの選手兼監督になることを自身のフェイスブックで発表した。契約期間は2019年7月から3年間となっている。 2003年にアンデルレヒトでプロキャリアをスタートさせたコンパニは、ハンブルガーSVを経て、2008年8月にシティに加入した。以降、シチズンズに必要不可欠な守備の柱として君臨し、負傷に悩まされるシーズンもありながら、在籍11年間で公式戦360試合20ゴール11アシストを記録。4度のプレミアリーグ優勝を経験した他、FAカップを2度、EFLカップを4度制覇するなど、数々のタイトル獲得に貢献してきた。今シーズンも公式戦26試合に出場し、国内3冠の力になっていた。 そのコンパニは19日にシティ退団を発表。その際、フェイスブック(Vincent Kompany)での投稿では自身のシティへの想いを綴った文章を第1章とし、同章の最後に「僕の将来についての発表はまもなく第2章で」と去就を明かすことを報告していた。 そして、13年ぶりに古巣帰還を報告。コンパニは以下のように語った。 「僕はキャリアを終えるという決断にまだ抗うことを選んだ。過去に感謝しながら、野心と共に未来に突き進む決断を下した。そこで、今後3年間、アンデルレヒトで選手兼監督を務める。ベルギーは最高だ」 「これはみんなにとって驚く決断かもしれない。でもこれは、僕がこれまでやってきたことの中で最も情熱的で合理的な判断によって下されたものだ」 「僕はフットボーラーとして、アンデルレヒトに生まれ、6歳の頃からアンデルレヒトと共にあった。34回、リーグタイトルを獲得しているどこにも引けを取らないクラブだ」 (省略) 「僕は昨年、代表活動の中でアンデルレヒトに訪れた。その時は挨拶をするためだけだった。その時、会長、スポーツディレクターたちからクラブが困難な状況にあったこともあり、僕に意見を訪ねてきたんだ。そして、自分の考えを明かすとと共に、彼らの考えを聞いた。野心的で勇敢だった。だからこそ戻ることを決意した。彼らが必要とするならば、助けたいと」 (省略) 「そしてこの間、アンデルレヒトから電話がきた。本当に予想外で、彼らは選手兼監督というポジションを提供してきたんだ。スポーツディレクターとテクニカルディレクターが詳細や展望について説明してくれた。そして、考え抜いた中でサポートを誓ったんだ。オーナーは時間、予算、スタッフ、設備など、全面的な支援を約束してくれた。それに興味をそそられたよ」 「僕はここ(マンチェスター・シティ)で夢を見た。そしてこの3年間は多くを学んだ。驚くべき指揮官から。グアルディオラは僕のゲームに対する愛情を再燃させた。それを目の当たりにし、分析し、夢中になり、学んだ。シティのフットボールは僕がプレーしたいフットボールだった。それは僕が指導し、実現させたいフットボールでもある」 「僕はアンデルレヒトでの挑戦を選んだ。選手兼監督。アンデルレヒトの次世代に今まで得た知識を提供したい」 「これは別れではない。また会おう」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=355114" terget="_blank">コンパニ、シティ退団ニュース&コメントはコチラ</a><hr></div> 2019.05.19 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

アンデルレヒト、ベルギーサッカー協会に資金洗浄疑惑

ベルギーの名門クラブ・アンデルレヒトが、マネー・ロンダリング(資金洗浄)の疑惑をかけられ、警察の調査を受けているとのことだ。イギリス『BBC』が報じた。 今回疑惑を向けられているのは、代理人と選手の移籍に関するマネー・ロンダリングとのこと。また、アンデルレヒトだけでなく、ベルギーサッカー協会も疑われているとのことだ。 検察のスポークスマンは「移籍を担当した代理人に行くつか質問をした。それがマネー・ロンダリングの問題だ」とコメントしている。なお、アンデルレヒトは警察の調査に協力しているとのことだ。 アンデルレヒトは、ベルギーで最も成功したクラブであり、リーグ優勝は34回。UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)も制したことがある。 なお、今シーズンは苦戦が続いており、プレーオフ1に進出するもここまで1分け3敗と結果を残せておらず5位に位置。55シーズンぶりにヨーロッパの大会への出場権を失う可能性があり、ピッチ内外で困難を抱えるシーズンとなっている。 2019.04.25 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートン復帰のボラシエがアンデルレヒトに即レンタル

アンデルレヒト(ベルギー)は2月1日、DRコンゴ代表MFヤニク・ボラシエ(29)がエバートンからのレンタルで加入することを発表した。期限は今シーズン終了まで。 爆発的なスピードを持つウインガーのボラシエは、2012年から2016年まで在籍したクリスタル・パレスで活躍。今シーズンは、エバートンからアストン・ビラにレンタル移籍し、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)21試合2ゴール5アシストと主力としてプレーしていた。 しかし、チームは28試合を終えたリーグ戦で13位に沈み、昇格が厳しい状況に。先日にはエバートンへの復帰が発表されていたが、すぐにベルギーの地に活躍の場を移すこととなった。 2019.02.01 13:35 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース