長谷部フル出場のフランクフルト、好調ボルシアMGとゴールレス《ブンデスリーガ》

2015.04.18 05:37 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
▽ブンデスリーガ第29節のフランクフルトvsボルシアMGが17日に行われ、0-0の引き分けに終わった。なお、フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部はボランチでフル出場。同国代表MF乾はベンチ入りも出場機会はなかった。▽前節、首位バイエルンに大敗しリーグ戦3試合勝利がない8位フランクフルトが、ホームにリーグ4連勝中の3位ボルシアMGをホームに迎えた一戦。開始直後にセフェロビッチがファーストシュートを放つなど、立ち上がりはフランクフルトが攻勢を見せるが、時間の経過と共に試合の流れはアウェイチームに傾く。

▽10分、左サイドに流れたクルーズの絶妙な折り返しに反応したヘアマンが見事なダイレクトボレーを放つが、ここは飛び出したGKトラップにセーブされる。さらに2分後にはクルーズのスルーパスに抜け出したラファエルがゴールネットを揺らすも、ここはオフサイドの判定でノーゴールとなった。

▽前半半ばを過ぎても攻守の安定度で勝るボルシアMGが試合の主導権をがっちりと握る。だが、最後のところで身体を投げ出す相手の粘り強い守備を崩し切れない。すると34分にはイグニョフスキの右クロスからネルソン・バルデスに決定的なヘディングシュートを許すが、ここはGKゾンマーのビッグセーブで何とか凌いだ。その後はフランクフルトが盛り返しオープンな展開が続くが、前半はゴールレスで終了した。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半は、前半終盤の勢いを継続したフランクフルトが良い入りを見せる。前半に比べてより高い位置でボール奪取が可能となったホームチームは積極的にショートカウンターを狙うが、ラストプレーの精度を欠いた。

▽その後もフランクフルトペースで時間が進む中、76分に絶好の先制機が訪れる。ボックス右でバルデスからパスを受けたアイグナーが深い切り返しでDFをかわし左足のシュートを放つが、このシュートはわずかに右ポストの外に外れた。

▽一方、後半は守勢が続いたボルシアMGは試合終了間際のラストプレーの場面で途中出場のトラオレの突破からボックス右でマイナスのパスを受けたトルガン・アザールが決定的なシュートを放つも、ここはGKトラップのビッグセーブに阻まれた。結局、試合はゴールレスのままタイムアップ。好調ボルシアMGの連勝を4でストップしたフランクフルトだったが、4試合ぶりの白星にはあと一歩及ばなかった。
関連ニュース
thumb

日本代表のレジェンド、MF長谷部誠とGK川島永嗣が対決後に2ショット「まこが反対のチームにいるのはいつぶりだろうか」

日本代表を支えたレジェンドが共演した。 24日、プレシーズンマッチでドイツのフランクフルトとフランスのストラスブールが対戦。2-3でストラスブールが勝利した。 フランクフルトの本拠地ヴァルトシュタディオンで行われた一戦。ストラスブールの日本代表GK川島永嗣はフル出場。フランクフルトは日本代表MF鎌田大地が先発出場し前半のみプレー。MF長谷部誠は後半45分間をプレーした。 試合は6分、カウンターからフランクフルトが先制。ボックス左からのフィリップ・コスティッチのクロスに鎌田が飛び込むもあわず。それでも、ファーサイドに走り込んだアルディン・フルスティッチがダイレクトで蹴り込み、フランクフルトが先制する。 しかし20分、GKからのフィードが相手に奪われると、そこからまずい対応が続き、最後はリュドヴィク・アジョルクが蹴り込んでストラスブールが追いつく。 追いつかれたフランクフルトだったが、22分にすぐさま反撃。またしても左サイドに展開すると、ボックス左からのコスティッチのグラウンダーのクロスにフルスティッチがダイレクトシュート。これが決まり、フランクフルトがリードする。 後半に入り互いにメンバー交代。すると52分、大きな展開からアジョルクがダイレクトで折り返すと、FWアドリアン・トマソンがシュート。長谷部が懸命に戻るがブロックが間に合わずに2-2の同点となる。 追いつかれたフランクフルトは終盤にもミス。82分、ハーフウェイライン付近でバックパスを試みると、これが絶妙なライン裏へのパスになってしまい、最後はハビブ・ディアロが落ち着いて蹴り込み、逆転。ストラスブールが2-3で勝利した。 試合後、川島が自身のインスタグラムを更新。長谷部との久々の対戦を喜び、2ショットを披露。そこに鎌田の姿がなくツッコミを入れていた。 「練習試合で長谷部おじいちゃんと対戦。 「よく考えたら、まこが反対のチームにいるのはいつぶりだろうか(笑)」 「フットボールが見せてくれる素晴らしい景色でした。…大地はどこいった(笑)。」 両者はヨーロッパでの対戦経験はなく、ともに川崎フロンターレ、浦和レッズに在籍していた2007年11月11日まで遡るとみられる。 フランクフルト 2-3 ストラスブール 【フランクフルト】 アルディン・フルスティッチ(6分、22分) 【ストラスブール】 リュドヴィク・アジョルク(20分) アドリアン・トマソン(52分) ハビブ・ディアロ(82分) <span class="paragraph-title">【写真】日本を支えたレジェンドの2ショット、「大地はどこいった(笑)」</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CRubtcZMBg_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CRubtcZMBg_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CRubtcZMBg_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">川島永嗣 Eiji Kawashima(@eijikawashima01)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】日本人3選手出場のフランクフルトvsストラスブール ハイライト</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="Jikvjbz3sLg";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.07.25 13:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、フランクフルトからのハウゲへの約10億円オファーを拒否か

ミランは、ノルウェー代表FWイェンス・ペッター・ハウゲ(21)に対するフランクフルトからのオファーを拒否したようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 ハウゲは昨夏、母国ノルウェーのボデ/グリムトからミランへと加入した若手ウインガー。昨シーズンは公式戦28試合に出場し、8ゴール3アシストと1年目ながら結果を残した。 しかし、出場した試合のうち、大半が後半途中からの出場と定位置確保に至らず。2025年まで契約を残しているミランも、適切な移籍金のオファーが来れば売却を視野に入れているとのことだ。 そんなハウゲの獲得に興味を持っているとされるのが、日本代表MF鎌田大地や元同国代表MF長谷部誠も所属するフランクフルトだ。 『スカイ』によれば、フランクフルトはすでに700~800万ユーロ(約9億1000万円~約10億4000万円)のオファーを提示。しかし、ミランは最低でも1200万ユーロ(約15億6000万円)の移籍金を要求しており、今回のオファーを拒否したとのことだ。 なお、同紙はフランクフルトはハウゲの獲得を諦めておらず、移籍金を増額して再挑戦すると予想している。 2021.07.22 02:43 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルトで8シーズン目に臨む長谷部誠は心身ともに充実! 去就や主将の役割にも言及

フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠が新体制でのプレシーズントレーニングを振り返っている。クラブ公式サイトが8シーズン目を戦う重鎮MFのコメントを伝えた。 ニュルンベルク時代に仕事をした経験があるオリバー・グラスナー新監督の下で新シーズンに向けた準備を進めるフランクフルト。 その中でピッチ内外のリーダーとして存在感を示すことが期待される37歳のMFは、ここまでのチームの歩むに満足感を示している。 「個人的に良い気分ですし、チーム自体も非常にうまくやっています。昨日は完成したProfiCampと新しいトレーニングエリアを見ることもできました。トレーニング環境は本当に素晴らしいと思います」 「新しい監督が来て、すべての選手がゼロからのスタートになっています。競争は熾烈で、僕自身もチームの一員として一生懸命努力しなければならないです。ただ、僕らはそういったことに慣れていますし、毎シーズンの初めはそういうものですね」 久々の再会となったグラスナー監督の下では2週間程度トレーニングを行っている段階だが、良いコミュニケーションを取れているようだ。 「僕らは彼の下でまだ2週間半しかトレーニングをしていません。彼は攻撃面、守備面的の両方の細部について僕らと考えを共有しています。これまでは守備的な仕事により注意を払ってきましたが、今は攻撃の部分の仕事に取り組んでいます」 「個人的に彼の性格に非常に感銘を受けています。それは僕にとって非常に重要な要素です。彼はとてもオープンでコミュニケーションがうまく取れています」 「僕らは彼のゲーム哲学とアイントラハトのスタイルについて広く話しをしています。(グラスナー監督の前所属先の)ヴォルフスブルクは昨シーズン、ほとんどゴールを与えなかったので、その安定性をここでもゲームに取り入れたいと考えています。僕らは昨シーズンにたくさんのゴールを決めましたが、あまりにも多くの失点を喫していました。それを変えたいと思っています」 また、プレシーズンの時期には多くの若手プレーヤーとトレーニングを共にすることが多いが、長谷場は「自分の息子でもおかしくない」と自身がプロキャリアで過ごしてきた年月の長さを実感しながらも、ベテランプレーヤーとして良いお手本になりたいと考えている。 「少しおかしな気分ですね。16歳の若手は僕の息子であってもおかしくないです。(笑) たとえば、(19歳のトルコ人MF)アリ・アクマンはいつも僕の後ろでウォームアップし、僕のエクササイズをじっと見守っています。彼は同時に僕がロッカールームで何をしているのかを観察しています。だから、ピッチとロッカールームのどちらでもロールモデルになりたいと思っています」 さらに、新シーズンに向けて気になるポジションに関しては昨シーズンと同様に3バックの一角、ボランチの2ポジションで試されていることを明かしている。 「ヴィースバーデン戦では6番(ボランチ)でプレーし、土曜日の試合では3バックの一角でプレーしました。監督は、僕らがどのフォーメーションでプレーし、どのポジションで自分を起用したいかをまだ決めていないと思っています」 「僕らはすべてのオプションを試している最中で、個人的には2つのポジションでプレーすることができると思っています。いつでも準備ができていますし、僕自身驚いているところですが、自分の年齢にも関わらず、昨シーズンは6番でも良いプレーができました。体調はすこぶる良いと感じています」 また、前体制ではキャプテンを任されていた長谷部だが、現時点では新シーズンも引き続きキャプテンを務めるかは不透明な状況だ。長谷部自身はキャプテンの役割を気に入っているが、若い選手たちにより責任を持ったプレーすることも求めている。 「キャプテンになるのは本当に楽しいことですが、監督がそれを決めなければなりません。また、若い選手はもっと責任を持って取り組むべきだと思っています。私はその役割を対処することができますが、一部の若い選手はまだそれを対処できません。おそらく、それは次の世代が引き継ぐときだと感じています。そして、候補者はたくさんいます。ただ、現時点で自分が誰かを推すことはできませんし、そうしたくないですね」 最後に、昨夏にも現役引退の可能性が伝えられ、来年1月に38歳となるベテランMFは、自身の引き際に関しても言及。 「僕は自分自身をさらに成長させ、チームでのポジションを獲得したいと思っています。ほぼ一年前、僕は実際に夏にキャリアを終えることを計画していました。だけど、計画は常に変わる可能性があるものです。 自分が健康で、気分が良い限りサッカーを続けられると思っています」 新生フランクフルトにおいて心身ともに充実の様子を見せる長谷部。今シーズンのブンデスリーガでもチームをけん引する仕事が期待できそうだ。 2021.07.20 21:09 Tue
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリン、フランクフルトからデンマーク代表GKを獲得!

ウニオン・ベルリンは20日、フランクフルトからデンマーク代表GKフレデリク・レノウ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。 ウニオンで正GK争いに挑む28歳は、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「ウニオンへの移籍にとても満足しているよ。昨シーズンは僕にとって簡単ではなかったけど、すべてを過去のものとし、ベルリンでの新しいチャレンジを楽しみにしているよ」 「昨シーズン、チームが見せたものは印象的だった。今シーズンも成功するために自分の力を発揮し、3つのコンペティションで良い役割を果たしたいと思っているよ」 母国のACホーセンスでプロキャリアをスタートしたレノウはエスビャウへのレンタル、ブレンビーを経て2018年夏にフランクフルトへ完全移籍。当初はフィンランド代表GKルーカス・フラデツキーの後釜候補だったが、同時期に加入したドイツ代表GKケビン・トラップとのポジション争いに敗れ、セカンドGKに甘んじていた。 昨シーズンはシャルケに1年間のレンタル移籍で加入し、公式戦11試合に出場していた。 なお、出場機会はなかったものの、デンマーク代表としてユーロ2020に参加していたレノウの合流は7月30日となる。 2021.07.20 18:52 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがシュツットガルトGKグラールを3年契約で獲得

フランクフルトは19日、シュツットガルトのドイツ人GKイェンス・グラール(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2024年6月30日までの3年間となる。背番号は「40」をつける。 グラールは、シュツットガルトの下部組織出身で、グロイター・フュルトへと移籍。その後、ホッフェンハイム、パーダーボルンへと移籍。2016年7月にシュツットガルトへと完全移籍していた。 シュツットガルトでは試合に出場することはなく5シーズンを過ごしていた。 シュツットガルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるスヴェン・ミスリンタート氏は「来シーズンのGKチームの重要なメンバーとして、イェンスを計画していたので、手放すことはとても消極的だった」とコメントしている。 現在のフランクフルトは、ドイツ代表GKケビン・トラップが正守護神を務めている状況。グラールも「ケビン・トラップは明らかにナンバーワンだ。それについて疑いの余地はない」とコメントしている。 2021.07.20 12:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly