川島同僚のベルギー代表DF、娘の治療のためMLS移籍を決断2015.01.23 05:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本代表GK川島永嗣と日本人FW小野裕二の所属するスタンダール・リエージュのベルギー代表DFが、意外な理由でMLS(メジャー・リーグ・サッカー)への移籍を決断した。

▽MLSに所属するモントリオール・インパクトは22日、スタンダール・リエージュからベルギー代表DFローラン・シマン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。シマンとクラブは3年契約を結んでいる。

▽『ESPN』によると、ベルギー代表として昨年行われたブラジル・ワールドカップに参加するなど、ヨーロッパで実績十分のシマンだが、モントリオール・インパクトとの契約はサラリーキャップ制の範囲外となるデザインプレーヤーとしてではなく、通常の選手契約となるため、スタンダール・リエージュ時代よりも大幅な減給となるという。

▽シマンは同クラブの公式サイトのインタビューで、キャリアの最盛期においてお金のためでなくヨーロッパに比べ競争力の劣るMLS行きを決断した理由について、自閉症を患う娘の治療を優先するためだと語った。

「僕はモントリオール・インパクトとMLSに加わることにとても興奮している。これは僕と家族にとって新たな冒険となる。それは娘にとっても素晴らしい機会となるだろう。彼女はここで適切なサポートと教育を受けることができるはずだ」

▽なお、シマンと前所属先のスタンダール・リエージュの間には契約が残っていたものの、娘にカナダでの最新治療を受けさせたいという同選手の希望を快く受け入れた同クラブが双方合意の下で契約を解除したという。そのため、シマンは移籍金という障壁なしでモントリオール・インパクトへ移籍することができた。

▽キャリア全盛期においてプレーヤーとしての幸せよりも家族の幸せを最優先にしたシマンの勇気のいる決断を支持したい。また、クラブの利益よりも在籍する選手の利益を優先したスタンダール・リエージュの心ある対応にも称賛の言葉を送りたいところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

モナコ解任のアンリ氏、古巣NYレッドブルズで再起図る?

今年1月にモナコの監督を解任されたティエリ・アンリ氏(41)がメジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・レッドブルズの指揮官就任に向けて交渉を進めているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現役時代にワールドクラスのストライカーとしてモナコやアーセナル、バルセロナでプレーした元フランス代表FWのアンリ氏。現役引退後は、『スカイ・スポーツ』などで解説者を務める傍ら、古巣アーセナルのU-18チームのコーチ、2016年からはベルギー代表でロベルト・マルティネス監督のアシスタントコーチを務めていた。 その後、昨年10月に解任されたレオナルド・ジャルディム前監督の解任に伴い、モナコの新指揮官に就任。低迷する古巣の再建を託されたアンリ氏だが、就任からリーグ戦12試合でわずか2勝と、チームを立て直せず。監督初挑戦はわずか3カ月ほどで終焉を迎えた。 『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、指導者として再起を図るアンリ氏に対して、選手時代の2010年から2014年まで在籍していた古巣NYレッドブルズが新指揮官として招へいを目指しているという。 今季ここまでの6試合でわずかに1勝と、MLS東カンファレンスで12チーム9位と低迷している同クラブはクリス・アルマス監督を更迭して、抜群の知名度を持つアンリ氏を招へいしピッチ内外でのクラブ立て直しを目指しているようだ。 2019.04.18 01:47 Thu
twitterfacebook
thumb

フランク・デ・ブールが900日ぶりのリーグ白星! 昨季MLS王者アトランタが今季初勝利!《MLS》

メジャーリーグサッカー(MLS)のニューイングランド・レボリューションvsアトランタ・ユナイテッドが13日に行われ、アウェイのアトランタ・ユナイテッドが2-0で勝利した。 昨季MLS王者のアトランタはタタ・マルティーノ前監督のメキシコ代表監督就任に伴い、フランク・デ・ブール監督を今季から招へい。しかし、開幕からの4戦未勝利(2敗2分け)と厳しい戦いを強いられた。 それでも、今回のニューイングランド戦では前半立ち上がりに味方の負傷で急遽投入されたFWエセキエル・バルコが29分、49分と続けてゴールネットを揺らす。また、守備陣も粘り強い対応でこのリードを無失点で守り切り、待望の今季初勝利に導いた。 なお、『ESPN』が伝えるところによれば、今回の勝利はデ・ブール監督にとってインテル指揮官時代の2016年10月26日(トリノ戦)以来、900日ぶりのリーグ戦での勝利となった。 デ・ブール監督は前述のトリノ戦後のサンプドリア戦の敗戦後にインテルの指揮官の座を追われると、2017-18シーズンから就任したクリスタル・パレスでも4戦連続無得点の4連敗でプレミアリーグ史上最速での解任を経験。心機一転を図ったアトランタでも4戦未勝利と苦戦を強いられたが、今回の試合で900日ぶりの勝利を手にした。 2019.04.14 15:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ロッベン、新天地はMLSか

バイエルンに所属する元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)はアメリカ行きに心が惹かれているという。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 バイエルンとの契約が最終年のロッベン。既にシーズン終了後の退団を表明していることから、新天地を巡り、様々な憶測が取り沙汰され続けている。 そのなかで、インテルの関心が囁かれるロッベンだが、メジャーリーグ・サッカー(MLS)挑戦に熱心であり、その方面からの興味もある模様だ。 なお、そのロッベンは現在、昨年11月末の試合を最後に負傷離脱が続いており、復帰のめどが立っていない。 2019.04.07 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ズラタン劇場! イブラが絶妙“パネンカ”に跳躍いらずのアクロバティックフィニッシュで勝利に貢献《MLS》

ロサンゼルス・ギャラクシーは3月31日、メジャーリーグサッカー(MLS)の西カンファレンスのポートランド・ティンバース戦に臨んで2-1の勝利を収めた。 元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを擁するLAギャラクシーはリーグ2連勝を目指してポートランドをホームで迎え撃った。前半の33分にイブラヒモビッチのPKによるゴールで先制に成功したホームチームは前半終了間際に同点に追い付かれる。 それでも、後半の65分に再びPKのチャンスを獲得すると、再びキッカーを務めたのはイブラヒモビッチ。ここでイブラヒモビッチはここ最近再流行の兆しを見せている“パネンカ”を試みると、やや相手GKとタイミングが合ってしまったものの、クロスバーの内側を掠めるような厳しいコースに飛ばしたことでボールはきっちりゴールネットに吸い込まれた。 そして、イブラヒモビッチの2ゴールによってチームは2-1の勝利を収めた。 また、2つのPKを冷静に決め切るさすがの勝負強さを発揮したイブラヒモビッチだが、37歳とは思えない身体能力でゴールに迫る場面も作った。 0-0の状態だった前半に右サイドから味方のクロスが入ると、これをボックス中央で待ち構えていたイブラヒモビッチは相手DFに後ろから抱え込まれながらもテコンドーで培った柔軟なキックを武器に、通常の選手であればジャンプしてのオーバーヘッドでようやく届くという軌道のボールをハイキックで難なく合わせた。惜しくもシュートはポストを叩いたものの、ホームサポーターは相変わらずの妙技に大いに沸いた。 ◆イブラも流行に乗る https://twitter.com/goal/status/1112602036602851328 ◆それ届くんですか https://twitter.com/HotSpotSoccer/status/1112526732005801984 2019.04.01 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

負傷明けイブラ、インパクトを残すには何分必要? 本人の見解は…

ロサンゼルス・ギャラクシー(MLS)に所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、独特の表現で自身の負傷状態が問題ないことを伝えている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 イブラヒモビッチは、3日のMLS開幕節シカゴ・ファイヤー戦に先発出場し、80分に決勝点をマーク。しかし、フル出場したその試合の後、アキレス腱に問題があったことが発覚し、続く第2節、第3節を欠場している。 そして、イブラヒモビッチは3月26日にトレーニングに復帰。次戦は4月1日の第4節テンバース戦となっており、実戦復帰も期待されている。さらに、復帰に向けてどの程度の感触に仕上がっているか尋ねられたイブラヒモビッチは、以下のように自信を漲らせた。 「1年間離脱していた俺は、ここに来て20分間でお前らのお気に入りのチームを相手に今までに見たことがないようなものを見せた」 「分かっているんだ。俺(がインパクトを残すため)には20分も要らない」 「(アキレス腱の)張りを感じていて、それは強く、痛くなっていった。だが、俺はあまりにも大量のアドレナリンが出ていたからプレーし続けた。自分が得点を決めると分かっていたから、(ピッチの)外に出たくなかったんだ」 イブラヒモビッチは、昨年3月22日にマンチェスター・ユナイテッド、との契約を解除し、その翌日にLAギャラクシーとの契約を発表。その前年4月に右ヒザの前十字靭帯を断裂し、約7ヵ月後に一度は復活したものの、同年12月に再び離脱していた。 そして、復帰戦は舞台をアメリカに移した昨シーズンのMLS第2節ロサンゼルスFC戦、LAギャラクシーでのデビュー戦となったが、71分からの出場で19分間のみをプレーし、2ゴールをマーク。新たな所属クラブを4-3での逆転勝利に導いていた。 2019.03.30 20:55 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース