「遠藤」の記事

thumb

遠藤航がシュツットガルトとの契約を2024年まで延長

シュツットガルトは26日、日本代表MF遠藤航(27)との契約延長を発表した。新契約は、現行の2022年6月30日から2年間延長した2024年6月30日までとなる。 新契約にサインした遠藤は、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「契約延長にとても満足しているし、シュツットガルトでのこれからがとても楽しみだ 2020.11.26 23:15 Thu
twitterfacebook
thumb

熊谷紗希が唯一の海外組で初選出が3名! なでしこジャパン候補トレーニングキャンプのメンバーが発表!

日本サッカー協会(JFA)は19日、なでしこジャパン候補トレーニングキャンプのメンバーを発表した。 先月に続いて行われる今回のキャンプは23〜29日にかけて『ナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ』で行われ、ふたば未来学園高校やいわきFC U-18との合同トレーニングも予定されている。 今回は27名を 2020.11.19 16:05 Thu
twitterfacebook
thumb

遠藤渓太が初先発初ゴールも前半で負傷交代…堂安との日本人対決はウニオン・ベルリンが快勝!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第7節のウニオン・ベルリンvsビーレフェルトが7日に行われ、5-0でウニオン・ベルリンが快勝した。ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は3分に移籍後初ゴールを記録するも20分に負傷交代、ビーレフェルトのMF堂安律は82分までプレーした。 前節3試合ぶりの白星を飾った8位ウニオン・ベルリンが、本拠地に4連 2020.11.08 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤フル出場のシュツットガルトが2試合連続ドロー…不調シャルケは未勝利が続く《ブンデスリーガ》

遠藤航の所属するシュツットガルトは30日、ブンデスリーガ第6節でシャルケとアウェイで対戦し1-1の引き分けに終わった。遠藤はフル出場した。 前節ケルン戦を1-1のドローで終えたシュツットガルトは、その試合からスタメンを2人変更。ディダヴィとワマンギトゥカに代えてソサとクリモビッツをスタメンで起用。遠藤もボランチで 2020.10.31 06:35 Sat
twitterfacebook
thumb

宮市のザンクト・パウリが再開初戦で白星! 遠藤のシュツットガルトは後半AT被弾で敗戦《ブンデスリーガ2部》

17日にブンデスリーガ2部第26節がドイツ各地で行われた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的なパンデミックを受け、3月から中断に入っていたブンデスリーガ2部。しかし、ドイツ政府による開催許可が下りたことにより、欧州主要リーグの先陣を切って16日から約2カ月ぶりに再開した。 宮市亮の所属するザン 2020.05.17 23:15 Sun
twitterfacebook
thumb

橋岡、遠藤、森島の3人がA代表デビューで3バック採用か? 中国戦の日本代表スタメンが発表!《E-1選手権》

本日10日の19時30分にキックオフを迎えるEAFF E-1選手権第1節の中国代表戦に向けた日本代表のスターティングメンバーが発表された。 2013年大会を最後に2大会続けて優勝を逃している日本。今回は連覇中の韓国で開催されるなか、インターナショナルマッチウィーク外の開催になるため、海外組が呼べず、国内組での参戦 2019.12.10 18:51 Tue
twitterfacebook
thumb

長谷部誠がアジア国際年間最優秀賞に2年連続ノミネート! アジア年間最優秀選手賞には槙野智章が候補に

アジアサッカー連盟(AFC)が、AFCアニュアルアウォーズ2019のノミネート選手を発表した。 AFCに所属する国やその代表選手、指導者などが表彰されるAFCアニュアルアウォーズ。2018年は長谷部誠(フランクフルト)がアジア国際年間最優秀選手賞を受賞したほか、アジア年間最優秀監督賞を男子は大岩剛監督(鹿島アント 2019.11.17 01:24 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤が同点弾をアシスト! シント=トロイデンが土壇場ドローもPO2首位の可能性が消滅…《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは15日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ(PO2)第9節でオーステンデとアウェイで対戦し、1-1の引き分けに終わった。 プレーオフ2(PO2)は、レギュラーシーズン7~15位のチーム+2部に属する3チームの計12チームが2つのグループに分かれ、各組6チームが総当たり。各グループを首位で勝ち上 2019.05.16 06:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly