シェフィールド・ユナイテッド

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 シェフィールド・ユナイテッド 8 2 2 16 12 33 -21 20
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-30
24:00
プレミアリーグ
第21節
マンチェスター・シティ vs シェフィールド・ユナイテッド
2021-02-02
27:00
プレミアリーグ
第22節
シェフィールド・ユナイテッド vs ウェスト・ブロムウィッチ
2021-02-06
24:00
プレミアリーグ
第23節
シェフィールド・ユナイテッド vs チェルシー
2021-02-13
24:00
プレミアリーグ
第24節
ウェストハム vs シェフィールド・ユナイテッド
2021-02-20
24:00
プレミアリーグ
第25節
フルアム vs シェフィールド・ユナイテッド
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.27
29:15
プレミアリーグ
第20節
マンチェスター・ユナイテッド 1 - 2 シェフィールド・ユナイテッド
2021.01.17
23:00
プレミアリーグ
第19節
シェフィールド・ユナイテッド 1 - 3 トッテナム
2021.01.12
27:00
プレミアリーグ
第18節
シェフィールド・ユナイテッド 1 - 0 ニューカッスル
2021.01.02
24:00
プレミアリーグ
第17節
クリスタル・パレス 2 - 0 シェフィールド・ユナイテッド
2020.12.29
27:00
プレミアリーグ
第16節
バーンリー 1 - 0 シェフィールド・ユナイテッド
基本データ

正式名称:シェフィールド・ユナイテッドFC

原語表記:Sheffield United Football Club

創立:1889年

ホームタウン:シェフィールド

チームカラー:赤/黒

関連ニュース
thumb

ユナイテッドが最下位ブレイズにまさかの不覚…14戦ぶりの黒星で首位陥落…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第20節、マンチェスター・ユナイテッドvsシェフィールド・ユナイテッドが27日にオールド・トラフォードで行われ、アウェイのブレイズが1-2で勝利した。 前節、フルアムに競り勝って首位キープに成功したユナイテッド(勝ち点40)は、直近のFAカップでもリバプールとの接戦を3-2で制して勢いに乗る。 最下位のブレイズ(勝ち点5)をホームで迎え撃った後半戦初戦では、リバプール戦から先発6人を変更。最終ラインではリンデロフ、ショーに代わってトゥアンゼベ、テレス。中盤から前線ではマクトミネイ、ファン・デ・ベーク、カバーニに代わってマティッチ、ブルーノ・フェルナンデス、マルシャルが起用された。 立ち上がりからボールを握って相手を押し込むユナイテッドは11分に最初の決定機を創出。相手陣内左のハーフスペースでボールを持ったラッシュフォードからB・フェルナンデス、ワン=ビサカとスムーズに右へボールが展開される。そして、ワン=ビサカの鋭いグラウンダーの折り返しに反応したラッシュフォードがペナルティアーク付近で右足のダイレクトシュートを放つ。だが、抑えの利いたシュートはわずかに枠の左へ外れた。 その後、相手を自陣に引き込んでロングカウンターを狙うブレイズに対して、やや攻めあぐねるユナイテッドは16分、フレックのスルーパスに抜け出したシャープにボックス内まで持ち込まれるが、ここはGKデ・ヘアの好守で凌ぐ。だが、23分には相手の右CKの場面でフレックの正確な左足インスウィングのボールをブライアンに頭で合わせられ、先にゴールをこじ開けられた。 失点後、すぐさま反撃に転じたユナイテッドはボックス内でグリーンウッドが積極的に足を振っていくが、これは相手のシュートブロックに阻まれる。ここから攻勢を強めたいところだったが、連戦の疲労の影響か、細かいミスが目立ち専守防衛のアウェイチームを揺さぶり切れない。40分にはB・フェルナンデスが局面を変えるフリーランでマティッチのフィードを引き出し、ボックス右から際どい折り返しを入れるが、飛び込んだマルシャルの手前でDFにクリアされた。 1点ビハインドで試合を折り返したユナイテッドは後半も引き続き同じメンバーで臨む。立ち上がりの49分には鋭い縦への仕掛けでボックス右に抜け出したグリーンウッドがファーストシュートを放つが、ここは角度がなく枠の左に外れる。 相手の中央をきっちり締める勤勉な守備に手を焼く中、60分過ぎにはボックス手前の好位置で続けて得たFKをラッシュフォード、B・フェルナンデスと直接狙うが、いずれもゴールには繋がらない。 それでも、64分には左CKの場面でキッカーのテレスが左足アウトスウィングで低くて速いボールを入れると、ファーから中央に猛スピードで走り込んだマグワイアが強烈なヘディングシュートを枠の右隅に流し込み、ようやく同点に追いついた。 そして、得点が入る前から準備していたカバーニをグリーンウッドに代えてピッチに送り込んだユナイテッドは、ここから一気に逆転まで持っていくかに思われたが、一瞬の隙からまさかの勝ち越しゴールを献上してしまう。 74分、ブレイズのカウンターから自陣左サイドを破られると、一度はGKデ・ヘアにクリアチャンスがあったものの、大きく蹴り出すことができない。すると、ボックス内であっさりとボールを繋がれてランドストラムの折り返しをゴール前のバークに蹴り込まれると、DFトゥアンゼベの足にディフレクトしたボールがデ・ヘアの反応の逆を突く形でゴールに決まった。 拙守から再び追う展開になったユナイテッドは失点直後にテレスの強烈なミドルシュート、そのプレーで得た左CKからポグバが際どいヘディングシュートを放っていく。さらに、82分にはテレスとトゥアンゼベを下げてショーとファン・デ・ベークを同時投入。マティッチをセンターバックに下げる攻撃的な布陣でゴールをこじ開けにかかる。 その後、試合終盤にかけて猛攻を仕掛けていくユナイテッドだったが、今季2勝目を目指して決死の守備を見せるブレイズを相手に最後まで押し切ることができず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ホームで最下位相手に屈辱の敗戦を喫したユナイテッドはリーグ14戦ぶりの黒星を喫し、首位陥落となった。さらに、次節は好調のアーセナルとのアウェイゲームとリーグ制覇に向けた正念場を迎えることに。 2021.01.28 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

好調ユナイテッドをけん引するスールシャール、チームの成長に手応え「すべてのチームに勝つことができる」

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督がチームの成長を実感している。クラブ公式サイトが伝えた。 好調を維持するユナイテッドは24日に行われたFAカップ4回戦でリバプールを3-2で下し、士気もますます上昇。プレミアリーグでは昨シーズン同様にスタートダッシュに失敗も早期立て直しに成功し、現在は4連勝を含む13試合無敗中で2位に位置して首位を争っている。 27日に行われる第20節シェフィールド・ユナイテッド戦前の記者会見に出席したスールシャール監督は、「このような試合は非常に重要」だとコメント。さらに、優勝候補に挙げられるビッグクラブとの激闘に手応えを感じている。 「リバプールとの2試合(第19節0-0△、FAカップ4回戦3-2○)、マンチェスター・シティ(第12節0-0△、EFLカップ準決勝0-2●)との2試合で自分たちの形でプレーすれば戦えることを示してきたと思う」 「我々は何年にもわたって1試合の中でシステムを変化させ微調整することで何試合か勝利を収めてきた。それができた上で競争力を感じられるような順位で戦いたいと思っていた。それができているね」 「リバプールには勝ってシティには負けたが、このような厳しいゲームではどちらも簡単に逆の結果になっていた可能性がある。しかし、このようなゲームで自分たちのペースでプレーした結果、チャンスが作れている。そして、すべてのチームに勝つことができると感じている。これは我々にとって大きな前進だ」 「過去のシーズンを振り返ってみると、以前はシティ相手にも結果を残している。リバプール戦でも良いパフォーマンスを見せていたが、昨年は0-2で我々が敗れた。それが、我々が昨季彼ら相手に喫した唯一の黒星だ」 2021.01.27 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズが最下位ブレイズに快勝! ケイン2戦連発にエンドンベレが驚愕のロブショット!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第19節、シェフィールド・ユナイテッドvsトッテナムが17日にブラモール・レーンで行われ、アウェイのトッテナムが1-3で勝利した。   前節、格下フルアム相手に逃げ切りに失敗して痛恨のドローに終わった6位のトッテナムは3位浮上のチャンスを逸した。仕切り直しの勝利を目指すこの一戦では前節18戦目にして今季初白星を手にした最下位のブレイズとのアウェイゲームに臨んだ。   そのフルアム戦からは先発3人を変更。ダビンソン・サンチェス、ウィンクス、ムサ・シソコに代えてベン・デイビス、ロドン、ベルフワインを起用。システムを[3-4-3]に変更した。また、パリ・サンジェルマン行きの可能性が報じられるデレ・アリはベンチ外となった。   2戦ぶりの白星を目指して勢いを持った入りを見せたアウェイチームが押し込む入りを見せる。開始4分にケインとのコンビネーションからベルフワインが決定的な枠内シュートを放つが、これはGKラムズデールの好守に阻まれる。だが、このプレーで得た左CKの場面でキッカーのソン・フンミンが入れた正確なクロスを、ニアでボーグルに競り勝ったオーリエが頭で合わせ、いきなりゴールをこじ開けた。   畳みかけるトッテナムは直後の8分にもケインの絶妙なスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したソン・フンミンが、ボックス右で飛び出したGKの脇を抜くループシュートを放つが、これは右ポストの外側を叩き電光石火の追加点とはならず。   ここ数試合、追加点が課題に挙がる中で最初のチャンスを逸したトッテナムはここからブレイズの反撃に晒され、12分には左CKの場面でバシャムに打点の高いヘディングシュートを許すが、これはベン・デイビスが何とかはじき返した。   その後はトッテナムが圧倒的にボールを握って試合を落ち着けることに成功。相手のプレスをうまくいなしてアタッキングサードまでボールを運ぶ。だが、ボックス付近にしっかりと人数をかけるブレイズの守備を前にパスの出し手と受け手の呼吸がなかなか合わず、決定機には至らない。また、幾度かカウンターチャンスを得たものの、こちらも最後の質を欠く。   それでも、このまま1-0で前半終了かに思われた40分に待望の追加点が生まれる。GKラムズデールのスローからのリスタートにソン・フンミンが猛烈なプレスバックで圧力をかけると、これにホイビュルクが連動して2人でボールを奪い切る。そして、ホイビュルクからボックス手前のケインの足元にパスが繋がり、イングランド代表FWが絶妙な右足のグラウンダーシュートをゴール右下隅に流し込み、2試合連続となる今季12点目とした。   課題の追加点を奪い切って試合を折り返したトッテナムは後半に入って相手にボールを持たせながらカウンターで3点目を狙う。50分と55分にはケインが際どいシュートを続けて放つが、ここはGKラムズデールのセーブに遭う。   すると、59分には一瞬の隙から左サイドのフレックをフリーにして正確なクロスを入れられると、ゴール前にタイミング良く飛び込んできたマクゴールドリックに豪快なヘディングシュートを叩き込まれて1点を返される。   この失点によって嫌な空気が漂うアウェイチームだったが、フランス代表MFが圧巻の個人技によるゴールで払しょくする。ボックス手前で相手の不用意な横パスを引っかけ、ベルフワインとのパス交換からエンドンベレがボックス左へ抜け出す。相手に寄せられた上、シュート角度はなかったが、右足アウトで叩いたロブショットをゴール右隅に流し込んだ。   エンドンベレの芸術的なゴールでブレイズを引き離したトッテナムは再び落ち着きを取り戻してここから冷静にゲームをコントロール。これに対してブレイズはブライアン、ブリュースター、シャープを投入し、後ろを1枚削ってリスクを冒して反撃に出る。   4点目こそ奪えないものの試合の主導権を握り続けるトッテナムは、試合最終盤にベルフワイン、ソン・フンミン、レギロンを下げてルーカス・モウラ、ヴィニシウス、D・サンチェスをピッチに送り込み、このまま試合をクローズ。最下位相手の快勝で2戦ぶりの白星を手にしたトッテナムは暫定4位に浮上した。 2021.01.18 00:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ポグバ豪快ボレー弾でバーンリー撃破のユナイテッドが3年4カ月ぶりの首位浮上! 最下位ブレイズが待望の今季初勝利!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第1節延期分、バーンリーvsマンチェスター・ユナイテッドが12日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのユナイテッドが0-1で勝利した。 リーグ戦10戦無敗で首位のリバプールと同勝ち点の2位に浮上したユナイテッドが、今季初の首位浮上を懸けて臨んだ16位バーンリーとの第1節の延期分。 EFLカップ準決勝で宿敵マンチェスター・シティに敗戦も、直近のFAカップでは格下ワトフォードを退けてバウンスバックを達成したスールシャール率いるアウェイチームは、その試合で温存したGKデ・ヘア、ブルーノ・フェルナンデスやポグバを復帰させたほか、SNSの人種差別的投稿で3試合の出場停止を強いられたカバーニ、ワトフォード戦で頭部を打って負傷交代したバイリーがスタメンに名を連ねた。 今季アウェイゲームで圧倒的な強さを見せるユナイテッドだが、試合の入りはインテンシティで勝るバーンリーに押し込まれる状況が続く。 それでも、15分を過ぎて相手を押し返したホームチームは17分にB・フェルナンデスがファーストシュートを放つと、20分過ぎにはマルシャルがアクロバティックなボレー、ボックス手前左の得意の角度からミドルシュートと際どい場面を作り出した。 その後も拮抗した展開が続く中、前半半ばを過ぎると、微妙な判定が試合の流れに影響を与える。 28分、バーンリーのCKの流れからショーとグズムンドソンが交錯もそのままプレーが流されると、その流れからユナイテッドのロングカウンターが発動。ボックス付近に抜け出したカバーニがブレイディからアフターチャージを見舞われ、このファウルでブレイディにイエローカードが掲示される。 だが、VARでショーとグズムンドソンの交錯場面までプレーが遡ると、足裏を見せたショーのチャレンジがファウルと判断され、ブレイディのイエローカードが取り消され、逆にショーにイエローカードが掲示される。 さらに、36分にはユナイテッドのCKの二次攻撃からボックス手前左でショーが上げたクロスをファーで競り勝ったマグワイアが頭でゴール左隅に流し込むが、ここはマグワイアのDFピーテルスへのファウルが取られてゴールは認められず。その後はユナイテッドが押し込む展開となったが、45分にボックス手前左でマルシャルが放った決定的なシュートはGKポープのビッグセーブに遭い、試合はゴールレスで折り返すことになった。 迎えた後半、立ち上がりから攻撃のギアを上げたユナイテッドが完全に試合の主導権を掴む。52分にはポグバの豪快な中央突破からボックス左のマルシャルにパスが繋がり、そこからゴール前のカバーニを狙った折り返しが入るも、ここはウルグアイ代表FWがうまくミートできず。さらに、56分、60分と相手を押し込んだ状態でB・フェルナンデスが鋭いミドルシュートを続けて放つが、いずれもGKポープの守備範囲。 押し込みながらも最後のところで相手の堅守をこじ開けられないユナイテッドだったが、個の力でゴールをこじ開ける。71分、中盤でルーズボールを回収したB・フェルナンデスから右サイドのラッシュフォードにパスが繋がる。ここでタメを作って味方の攻め上がりを促したラッシュフォードがペナルティアーク付近へ浮き球のパスを入れると、ポグバが右足のダイレクトボレー。ゴール前でDFロートンにディフレクトしたボールがGKの反応の逆を突く形でゴールネットに突き刺さった。 ポグバの見事なダイレクトボレーで均衡を破ったユナイテッドはリスクを冒して2点目を奪いに行くことはせず、ゲームコントロールを優先しつつ逃げ切り態勢に入る。 試合終盤にかけてはバーンリーのパワープレー気味の攻撃に押し下げられる中、B・フェルナンデスを下げてマクトミネイをピッチに送り込むなど、割り切った戦い方で虎の子の1点を守り抜く選択を取る。 85分を過ぎると、完全に自陣深くに押し込められた中、ブラウンヒル、ヴィドラとボックス内で再三のシュートを浴びる。さらに、89分にはバーンリーのCKの場面で競り合ったマグワイアの上げた腕にボールが当たってあわやPK献上という場面もあったが、ここはVARのレビューの結果お咎めなしに。 その後、マルシャルが絶好のカウンターチャンスを逃したことで最後まで冷や冷やの展開が続いたものの、何とか逃げ切りに成功したユナイテッドがリーグ3連勝を達成。 この結果、リバプールを抜きモウリーニョ体制以来、3年4カ月ぶりの首位に立った。そして、次節はリバプールとの首位攻防戦に臨む。 また、同日行われたプレミアリーグ第18節、ウォルバーハンプトンvsエバートンは、アウェイのエバートンが1-2で勝利した。 試合は開始直後にイウォビのミドルシュートでエバートンが先制も、ウルブスも直後の14分にセットプレーの流れからネヴェスが鮮烈なボレーシュートを叩き込み、両者譲らず1-1のスコアで試合を折り返す。 後半も一進一退の攻防が続いたが、エバートンは77分にセットプレーの二次攻撃からアンドレ・ゴメスの左クロスをキーンが豪快なヘディングで合わせ、勝ち越しに成功。その後、ホームチームの反撃を凌ぎ切ったエバートンが4位に浮上している。 同じくシェフィールド・ユナイテッドvsニューカッスルは、ホームのシェフィールド・ユナイテッドが1-0で競り勝ち、今季18戦目にして待望の今季初白星を手にした。 開幕から15敗2分けと大不振に陥っていたブレイズだが、この試合では前半終了間際に続けて2枚の警告を受けた相手MFフレイザーが退場となり数的優位を手にした。 そして、後半半ばにはボックス内での競り合いの際に微妙な判定ながら相手DFフェルナンデスのハンドでPKを獲得。これをシャープがきっちり決めてブレイズでのリーグ通算100点目とした。 その後、1人少ないニューカッスルの反撃を凌ぎ切ったブレイズが待望の今季初勝利を手にした。なお、開幕18試合目での初勝利はイングランドのトップカテゴリーにおいて1902-03シーズンのボルトン(22試合目)に次ぐワースト2位の記録だ。 2021.01.13 07:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレイズFWバークがベイル超えのPL不名誉記録を更新…デビューから25戦未勝利…

シェフィールド・ユナイテッドのスコットランド代表FWオリヴァー・バークがウェールズ代表FWガレス・ベイルの不名誉記録を更新した。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 バークは29日に行われたプレミアリーグ第16節のバーンリー戦に後半半ばから途中出場も、チームは0-1で敗戦となり今季リーグ戦14敗目を喫した。 そして、バークはこの試合の結果により、前所属先であるウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)時代を含め、プレミアリーグデビューから25試合連続未勝利(21敗4分け)という不名誉記録を打ち立てることになった。 これまで同記録を持っていたのは2007年にトッテナムでプレミアリーグデビュー以降、24試合連続未勝利だったベイル。約2年に渡って出場試合で勝利がなかったベイルの不運を見かねた当時の指揮官であるハリー・レドナップ監督は、4-0で勝利していたバーンリー戦の試合終盤に途中投入し、不名誉記録に終止符を打っていた。 なお、ノッティンガム・フォレストの下部組織出身のバークは、2014年にトップチームへ昇格。その後、2016年にRBライプツィヒへと完全移籍するも、その翌年にはWBAへ活躍の場を移していた。 WBA加入後はセルティック、アラベスとレンタル移籍を経験。2019-20シーズンはアラベスでラ・リーガ31試合に出場し1ゴール2アシストを記録していた。 利き足は異なるものの、ベイルと同じアスリート能力の高い大型ウイングとして10代の頃から注目を集めたバークは、2021年以降の戦いでこの不名誉記録をストップできるか…。 2020.12.30 23:10 Wed
twitterfacebook

順位表



得点ランキング