シェフィールド・ユナイテッド

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 シェフィールド・ユナイテッド 1 0 1 4 2 7 -5 5
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-10-24
28:00
プレミアリーグ
第6節
リバプール vs シェフィールド・ユナイテッド
2020-10-31
21:30
プレミアリーグ
第7節
シェフィールド・ユナイテッド vs マンチェスター・シティ
2020-11-07
24:00
プレミアリーグ
第8節
チェルシー vs シェフィールド・ユナイテッド
2020-11-21
24:00
プレミアリーグ
第9節
シェフィールド・ユナイテッド vs ウェストハム
2020-11-28
24:00
プレミアリーグ
第10節
ウェスト・ブロムウィッチ vs シェフィールド・ユナイテッド
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.10.18
20:00
プレミアリーグ
第5節
シェフィールド・ユナイテッド 1 - 1 フルアム
2020.10.04
22:00
プレミアリーグ
第4節
アーセナル 2 - 1 シェフィールド・ユナイテッド
2020.09.27
20:00
プレミアリーグ
第3節
シェフィールド・ユナイテッド 0 - 1 リーズ
2020.09.21
26:00
プレミアリーグ
第2節
アストン・ビラ 1 - 0 シェフィールド・ユナイテッド
2020.09.14
26:00
プレミアリーグ
第1節
シェフィールド・ユナイテッド 0 - 2 ウォルバーハンプトン
基本データ

正式名称:シェフィールド・ユナイテッドFC

原語表記:Sheffield United Football Club

創立:1889年

ホームタウン:シェフィールド

チームカラー:赤/黒

関連ニュース
thumb

サカ&ペペの今季初弾で辛勝のアーセナルが2戦ぶりの白星! 昨季躍進もブレイズは開幕4連敗…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第4節、アーセナルvsシェフィールド・ユナイテッドが4日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが2-1で勝利した。 前節、リバプールとの上位対決に1-3で敗れ、今季初黒星を喫したアーセナル。それでも、ミッドウィークのEFLカップ4回戦ではそのリバプールをPK戦の末に破ってリベンジ達成。きっちりリバウンドメンタリティを示した中、開幕3連敗中のブレイズをホームで迎え撃った一戦でリーグ戦2試合ぶりの白星を目指した。 3日前のリバプール戦は先発6人を変更。[4-3-3]の可変式システムを継続し、3トップはエンケティア、オーバメヤン、ウィリアンが並んだ。 ボール保持にこだわらないアウェイチームを相手に70%を超えるボール支配率を記録したホームのアーセナルは、攻撃時にティアニー、ブカヨ・サカがポジションを一列ずつ上げる左肩上がりの攻撃で攻め手を窺う。しかし、堅固な[5-3-2]の守備ブロックを敷く相手の守備をなかなか崩せない。 互いに前半半ばを過ぎてもフィニッシュまで持ち込めないクローズな状況が続く中、28分にはティアニーの左クロスをエンケティアが頭で合わせ、ようやく両チームを通じてファーストシュートを放つ。これで徐々に流れを掴んだアーセナルは、前半終盤にかけてオーバメヤンがバイシクルシュートなど2本の枠内シュートを飛ばしたが、ゴールをこじ開けるまでには至らず。 迎えた後半、互いによりリスクを攻め合う入りとなった中、アーセナルは58分にエンケティアを下げてペペを投入。すると、この交代が連続ゴールをもたらす。 まずは61分、右サイドでの仕掛けからベジェリン、エルネニー、オーバメヤンとボックス付近でワンタッチのパスが繋がり、最後はオーバメヤンの絶妙な落しに抜け出したベジェリンがボックス右から浮き球で折り返す。これをファーでフリーのサカが冷静にゴールカバーのDFを外すヘディングシュートで流し込み、今季初ゴールを記録。 さらに、直後の64分には右サイドでベジェリンとのワンツーから斜めのランニングでボックス内まで抜け出したペペがDF2枚の間を抜く絶妙なグラウンダーの左足シュートをゴール左下隅の完璧なコースに流し込み、こちらも今季初ゴールとした。 一方、守備的に戦いながらも2失点を喫したブレイズは75分過ぎまでに3枚の交代カードを使い切り、DFを1枚削ってアタッカーをピッチに送り出す。78分にマクバーニーがようやく最初の枠内シュートを放つと、84分にはペナルティアーク付近でパスを受けたマクゴールドリックが見事な左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺し、開幕4戦目にして待望のチーム初ゴールを挙げた。 その後は今季初勝ち点に向けて決死の攻めを見せるブレイズが得意のパワープレーで完全にアーセナルを押し込んでいく。試合最終盤にはGKラムズデールまで攻撃参加させ、ゴールをこじ開けにかかるが、アーセナルも粘りの守備で応対。 そして、何とか逃げ切ったアーセナルがリーグ2戦ぶりの白星を収め、代表ウィークに突入することになった。一方、昨季躍進のブレイズはチーム初ゴールが生まれたものの、厳しい開幕4連敗となった。 2020.10.05 00:04 Mon
twitterfacebook
thumb

昨季躍進のブレイズとぶつかるアーセナル、アルテタは警戒 「チームとしての成長は素晴らしい」

アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督がシェフィールド・ユナイテッド戦に気を引き締めた。クラブ公式サイトが伝えている。 アーセナルは4日にホームで行われるプレミアリーグ第4節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦する。アルテタ監督は試合に先駆けた会見で昇格初年度の昨季に9位躍進を遂げたシェフィールド・ユナイテッドに敬意を払いつつ、警戒心を強めた。 「結果よりも細部こそ重要だ。今季の彼らは毎試合でビッグチャンスを作り出せており、勝てていないというのは本当に不運だったと思う。彼らとはプレミアリーグやFAカップでも対戦経験があるから、どれほど難しい相手なのかを知っている。プレミアリーグ昇格後のチームとしての成長は素晴らしい。監督がコーチングスタッフとともに行ってきた仕事ぶりは目を見張るものがある。気を抜かず、最善を尽くさなければならない」 また、アルテタ体制2年目のアーセナルは今季開幕からここまで公式戦6試合を消化して、5勝1敗(うち2勝がPK戦)と好調をキープ。アルテタ監督はここまでの戦いぶりをこう評している。 「結果という点では勢いに乗ってシーズンを始められたと思う。それに、これまで戦ってきたチームを考えると、大きな挑戦だったと言えるだろう。我々は過去8週間に3回もリバプールと戦った。それから抜け出せるのは本当に良いことだ。だが、まだ数試合しかしていない。これから難しいのは、3日おきの試合で一貫性のあるパフォーマンスを続けて、可能な限り良い結果を手にすることだ。今はそれに取り組んでいる」 2020.10.04 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ブレイズがリバプールからブリュースターを約32億円で獲得!買戻しのOP付き

シェフィールド・ユナイテッドは2日、リバプールのU-21イングランド代表FWリアン・ブリュースター(20)の獲得を発表した。移籍金は最大で2350万ポンド(約32億円)となり、リバプールは今後3年間、買い戻しのオプションを行使できる契約となっている。 チェルシーとリバプールの下部組織出身であるブリュースターは、2017年10月に行われたFIFA U-17ワールドカップ(W杯)で得点王となり、イングランドの優勝に貢献した逸材ストライカーだ。 リバプールでは2019年9月に行われたEFLカップのMKドンズ戦で待望のトップチームデビューを飾り、ここまで公式戦4試合に出場している。 今年1月にはチャンピオンシップ(イングランド2部)のスウォンジー・シティに半年間の武者修行に出て、22試合11ゴールという見事な数字を残した。そして、レンタルバックした中でプレシーズンマッチでも好アピールを続け、直近のコミュニティー・シールドでは途中出場を果たすも、PK戦で唯一失敗するほろ苦い経験もしていた。 アストン・ビラやニューカッスル、バーンリー、ブライトン、クリスタル・パレス、フルアムといったプレミアリーグの各クラブからオファーが届いていたと報じられたブリュースターだったが、昨季躍進したブレイズを新天地とした。 2020.10.03 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドのラヴェル・モリソン、ADO加入が決定! キャリア11クラブ目

ADOデンハーグは21日、イングランド人MFラヴェル・モリソン(27)の加入を発表した。契約は今季終了までとなる。 モリソンは2009年からユナイテッドの下部組織に加わり、翌年にトップチームデビュー。フランス代表MFポール・ポグバやイングランド代表MFジェシー・リンガードが同世代にいたが、先んじて才能を認められ、将来を嘱望されたのがモリソンだった。 しかし、素行が悪く、暴行事件などのピッチ外トラブルもしばしばあり、ユナイテッドのトップチーム入りからわずか2シーズンで放出。イングランドやイタリアだけでなく、メキシコやスウェーデンでプレーするなど、キャリアが暗転してしまった。 そんな元神童は昨夏にトライアルを経て、1年契約でシェフィールド・ユナイテッド入団を果たしたが、出場機会に恵まれず、今年1月からミドルズブラにレンタル。今夏にシェフィールド・ユナイテッドとの契約満了を受け、フリーの状況だった。 プロキャリアを通じて11クラブ目となるモリソンはクラブ公式サイトで「ここでたくさんプレーしたい。昨季はかなり我慢を強いられたが、フットボールは僕の情熱だ。それをファンにも披露したい」と意気込みを語っている。 2020.09.22 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

WBAが昨季途中レンタルのアイルランド代表FWロビンソンをシェフィールド・ユナイテッドから完全移籍で獲得

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)は9日、シェフィールド・ユナイテッドからアイルランド代表FWカラム・ロビンソン(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年間となる ロビンソンはアストン・ビラの下部組織出身。プレストン・ノースエンドやブリストル・シティへのレンタル移籍を経験し、2016年7月にプレストンへ完全移籍。2019年7月にシェフィールド・ユナイテッドへ完全移籍していた。 2019-20シーズンはシェフィールド・ユナイテッドで19試合に出場し2ゴール2アシストを記録。2020年1月からWBAへレンタル移籍すると、チャンピオンシップ(イングランド2部)で16試合に出場し3ゴール2アシストを記録。チームのプレミアリーグ昇格に貢献していた。 昨シーズンはレンタルで加入していたWBAへ完全移籍を果たしたロビンソンは、「議論は夏の間行われていたけど、こういったことは時間がかかる。今は全てが終わり、感謝している。ここに戻ってこられて本当に嬉しい」と移籍を喜んだ。 2020.09.09 22:35 Wed
twitterfacebook

順位表




得点ランキング