シェフィールド・ユナイテッド

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 シェフィールド・ユナイテッド 14 4 2 26 17 56 -39 32
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-24
28:00
プレミアリーグ
第33節
シェフィールド・ユナイテッド vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン
2021-05-02
27:15
プレミアリーグ
第34節
トッテナム vs シェフィールド・ユナイテッド
2021-05-08
23:00
プレミアリーグ
第35節
シェフィールド・ユナイテッド vs クリスタル・パレス
2021-05-11
27:45
プレミアリーグ
第36節
エバートン vs シェフィールド・ユナイテッド
2021-05-15
23:00
プレミアリーグ
第37節
ニューカッスル vs シェフィールド・ユナイテッド
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.17
28:15
プレミアリーグ
第32節
ウォルバーハンプトン 1 - 0 シェフィールド・ユナイテッド
2021.04.11
27:00
プレミアリーグ
第31節
シェフィールド・ユナイテッド 0 - 3 アーセナル
2021.04.03
23:00
プレミアリーグ
第30節
リーズ 2 - 1 シェフィールド・ユナイテッド
2021.03.21
22:30
FAカップ
準々決勝
チェルシー 2 - 0 シェフィールド・ユナイテッド
2021.03.14
23:00
プレミアリーグ
第28節
レスター・シティ 5 - 0 シェフィールド・ユナイテッド
基本データ

正式名称:シェフィールド・ユナイテッドFC

原語表記:Sheffield United Football Club

創立:1889年

ホームタウン:シェフィールド

チームカラー:赤/黒

関連ニュース
thumb

史上最速タイでの降格となったシェフィールド・ユナイテッド、3月就任の指揮官は1年での復帰を口に

シェフィールド・ユナイテッドのポール・ヘッキングボトム監督が、チャンピオンシップ(イングランド2部)への降格を語った。イギリス『BBC』が伝えた。 シェフィールド・ユナイテッドは17日、プレミアリーグ第32節でウォルバーハンプトンと対戦。試合は1-0で敗れ、6試合を残してのチャンピオンシップ降格が決まった。 これは史上最速タイという不名誉な記録での降格となってしまった。 今年3月にクリス・ワイルダー監督の後任として指揮官に就任したヘッキングボトム監督だが、就任後の4試合で4連敗。わずか1ゴールしか奪えずにチームを立て直すことなく降格となってしまった。 試合後ヘッキングボトム監督は「ストレートに戻ることが目標でなければならない」とコメントし、1年でのプレミアリーグ復帰が必要だとコメントしている。 シェフィールド・ユナイテッドは2010-11シーズンにリーグ1(イングランド3部)へと降格。しばらくリーグ1でのプレーが続いたが、2016-17シーズンにチャンピオンシップへと昇格。2018-19シーズンには2位となりプレミアリーグに昇格すると、2019-20シーズンは独特な戦術が台風の目となり、9位でフィニッシュしていた。 しかし、今シーズンは守護神としてチームを支えていたGKディーン・ヘンダーソンがマンチェスター・ユナイテッドにレンタルバックするなどし戦力が低下。開幕から低迷すると、2020年中は勝利がなく、今年1月に初勝利。4勝2分け26敗で降格が決定してしまった。 ヘッキングボトム監督は、昨季降格したチームが今季のチャンピオンシップで昇格争いをしていることを例に挙げ、チームのレベルを保つことが必要だとした。 「この信じられないような旅は、リーグ1からスタートした。ノリッジ、ワトフォード、ボーンマスなど、昨シーズン降格した後に上手くやっているチームを見て欲しい。このグループを維持することが優先されなければならない」 2021.04.18 13:05 Sun
twitterfacebook
thumb

シェフィールド・ユナイテッドが2部降格…6節残しての決定は史上最速タイ

プレミアリーグを戦うシェフィールド・ユナイテッドのチャンピオンシップ降格が決定した。 最下位に沈むシェフィールド・ユナイテッドは17日に行われた第32節で12位のウォルバーハンプトンと対戦。ゴールレスで試合を折り返したが、59分にブラジル人FWウィリアン・ジョゼのゴールで崩れ、そのまま0-1の敗戦を喫した。 これで5連敗となり、今季通算でも26敗目(4勝2分け)。まだ6節を残しているが、残留圏の17位につけるバーンリーと19ポイント差となり、降格が決まってしまった。 昇格2年目の今季は開幕4連敗スタートを切ると、2020年内に1勝もできず、新年へ。初白星を手にしたのは今年1月12月に行われた第18節のニューカッスル戦だった。 第20節のマンチェスター・ユナイテッド戦で2-1のアップセットもやってのけたが、復調のきっかけにならず、その後も負けが先行。3部時代からチームを率いたクリス・ワイルダー前監督も上層部との確執などで今年3月に退任した。 後任としてポール・ヘッキングボトム氏に暫定的な指揮を託したが、盛り返しの一手にならず、来季から3シーズンぶりに2部の戦いに舞い戻ることが決定した。 なお、データ集計サイト『Opta』によると、6節を残しての降格は1994-95シーズンのイプスウィッチ・タウン、2007-08シーズンのダービー・カウンティ、2018-19シーズンのハダースフィールドと並ぶ史上最速タイ記録となる。 2021.04.18 08:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「個人的な理由」でサウジの王子がシェフィールド・ユナイテッドの会長を辞任、チームは最下位

シェフィールド・ユナイテッドのムサード・ビン・ハリド・アル・サウド会長が、突如辞任することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ムサ-ド氏は、サウジアラビアの王子であり実業家。2019年9月にはシェフィールド・ユナイテッドの会長に任命。プレミアリーグで最年少の会長となった。 また、日本代表FW鈴木武蔵が所属しているベールスホットのディレクターも務めている。 クラブの発表によると、ムサード会長は「個人的な理由」で辞任するとのこと。後任は暫定的にユスフ・ジアンシラクサ副会長が務めるとのことだ。 オーナーであるアブドゥラー・ビン・ムサード・ビン・アブドゥラジズ・アル・サウド氏は「取締役会を代表し、ムサド王子の努力に感謝します。彼はクラブの発展に貴重な貢献をしてくれました」とコメントしている。 辞任についてはムサード氏がコメント。クラブへの感謝の気持ちを述べた。 「この素晴らしいクラブの会長になる事は絶対的な喜びであり、本当に光栄な事だった。私は常にクラブの価値観を守り、真の管理者として行動するように務めてきた」 「シェフィールド・ユナイテッドFCの会長になる機会をくれたアブドゥラー王子に感謝します。また、理事会、スティーブン・ベティス氏、そして私の在籍期間中ずっとサポートしてくれた副会長にも感謝します」 「感謝したいことがたくさんあります。何よりも、プレミアリーグに戻った最初のシーズンで、たくさんの素晴らしい思い出をくれたファンの皆さん。あなた方は本当に最高です」 「クラブで頑張っているスタッフ、バックルームのスタッフ、そして選手たちにも心から感謝します。クラブで働く良い人たちがいて、みなさんと一緒に仕事ができたことをとても誇りに思います」 「今シーズンの状況に失望しているというのは、控え目な表現です。我々は明るい未来があると信じており、ブラモール・レーンに戻ってきた全ての人が健康でブレイズを応援してくれることを楽しみにしています」 「シェフィールド・ユナイテッドの会長ができて光栄でした。後継者のみなさんの活躍をお祈りします。幸運と、神のご加護を」 2021.04.17 22:02 Sat
twitterfacebook
thumb

最下位ブレイズ、主力FWマクバーニーが今季絶望…

シェフィールド・ユナイテッドに所属するスコットランド代表FWオリヴァー・マクバーニーの今シーズン中の復帰が絶望的となった。イギリス『アスレティック』が伝えている。 マクバーニーは11日に行われたプレミアリーグ第31節のアーセナル戦の後半半ばに途中出場。しかし、投入から約15分後に左足を痛めて負傷交代を強いられていた。 17日に第32節のウォルバーハンプトン戦を控える中、公式会見に出席したポール・ヘッキングボトム暫定監督は、同選手が左足の第5中足骨の疲労骨折によって今シーズン中の復帰が絶望的となったことを明かした。 「ビリー・シャープの負傷に続いて、新たな痛手を負ってしまった。彼は第5中足骨を疲労骨折している」 今シーズン、スウォンジー・シティからクラブレコードで加入したマクバーニーは、今シーズンここまでのリーグ戦23試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 得点面の貢献は乏しいものの、前線のターゲットマンとして計算できるマクバーニーの離脱は、降格目前の最下位ブレイズにとって大きな痛手だ。 なお、現時点ではスコットランド代表として臨むユーロ2020本大会出場に向けてどの程度の影響が出るかは不明となっている。 2021.04.16 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルが15戦ぶりのクリーンシートで公式戦5戦ぶりの白星! ラカゼットが汚名返上の2発にマルティネッリが今季初弾!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第31節、シェフィールド・ユナイテッドvsアーセナルが11日にブラモール・レーンで行われ、アウェイのアーセナルが0-3で快勝した。   前節、リバプールにホームで0-3の大敗を喫して逆転でのトップ4フィニッシュが崖っぷちとなった10位のアーセナルは、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のスラビア・プラハ戦でも再三の決定機逸、後半ラストプレーでの失点によってアウェイゴールを与えての痛恨の1-1のドローとなった。   公式戦4戦未勝利と厳しい状況が続く中、最下位のブレイズを相手に4戦ぶりの白星を目指すチームは、スラビア・プラハ戦から先発5人を変更。ホールディングを除く最終ラインを変更し、チャンバース、パブロ・マリと共にジャカを左サイドバックで起用。さらに、2列目は右からペペ、サカ、マルティネッリの並びとなった。   立ち上がりはサカ、マクゴールドリックと互いに決定機を作り合う五分五分の展開となったが、時間の経過と共に地力で勝るアウェイチームが試合の主導権を掌握する。   攻撃時はトーマスをアンカーに置き、サカとセバージョスがインサイドハーフに近い立ち位置を取る変則的な形で相手の守備を揺さぶるアーセナルは左サイドに張るマルティネッリの積極的な仕掛けと、中央でのダイレクトプレーを織り交ぜながら幾度もボックス付近でフィニッシュまで持ち込んでいくが、相手守備の粘りの対応もあってゴールをこじ開けるまでには至らない。   それでも、30分過ぎにはヴェンゲル時代を彷彿とさせる鮮やかなコンビネーションから見事な形で先制点を奪う。33分、相手陣内中央のトーマスから縦パスを受けたボックス手前左のラカゼットがワンタッチで中央のサカに預けて動き出すと、サカのワンタッチパスをセバージョスがダイレクトヒールでゴール前に流したところに3人目の動きで抜け出し、右足の丁寧なシュートを難なくゴールネットへ流し込んだ。   幸先よく先制に成功した前半終盤にかけてもマルティネッリ、ラカゼットと相手のシュートブロックに遭ったものの、良い形の仕掛けで2点目に迫る良い形の仕掛けを見せるなど、上々の内容で試合を折り返した。   後半はやや相手に押し込まれる入りとなった中、56分にはペペのお膳立てからペナルティアーク付近でフリーのラカゼットに2点目のチャンスも、ここはシュートを枠の上に外してしまう。   以降、なかなか決定機を作り出せないアーセナルはアクシデントに見舞われる。左腿を痛めたサカがプレー続行不可能となり、69分にウィリアンが緊急投入される。だが、結果的にこのアクシデントが2点目をもたらすことになった。   71分、ウィリアンがスイッチを入れた前線からのプレスでランドストラムのミスパスを誘発すると、インターセプトしたペペがそのままボックス内に持ち込んで左足のシュート。これはGKラムズデールにはじき出されるが、こぼれ球をマルティネッリが押し込んで待望の今季リーグ戦初ゴールとした。   この2点目で勝利を大きく引き寄せたアーセナルは久々のクリーンシートを意識してか、殊勲のマルティネッリを下げて守備的MFのエルネニーを投入。ここから試合を締めにかかるが、スラビア・プラハ戦の決定機逸で多くの批判を招いた背番号9が再び魅せる。   85分、ハーフウェイライン付近でホールディングから足元にパスを受けたトーマスが鮮やかなターンで前を向くと、最終ラインの背後を狙うラカゼットへ完璧なグラウンダーのスルーパスを通す。そして、スラビア・プラハ戦では枠に当ててしまったGKとの一対一を今度はラカゼットが冷静にモノにし、試合を決定づける3点目とした。   その後、ブレイズの反撃を危なげなく凌ぎ切ったアーセナルが公式戦15試合ぶりとなるクリーンシートを達成すると共に、公式戦5試合ぶりの白星を手にした。負傷交代のサカの状態は懸念材料も敵地でのELスラビア・プラハ戦に向けて弾みを付けた。 2021.04.12 05:01 Mon
twitterfacebook

順位表

得点ランキング