ウエスカ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 ウエスカ 27 5 12 15 31 48 -17 32
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-25
21:00
ラ・リーガ
第32節
ウエスカ vs ヘタフェ
2021-05-01
25:30
ラ・リーガ
第34節
ウエスカ vs レアル・ソシエダ
2021-05-08
25:30
ラ・リーガ
第35節
カディス vs ウエスカ
2021-05-12
27:00
ラ・リーガ
第36節
ウエスカ vs アスレティック・ビルバオ

ラ・リーガ
第37節
レアル・ベティス vs ウエスカ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.22
26:00
ラ・リーガ
第31節
アトレティコ・マドリー 2 - 0 ウエスカ
2021.04.18
23:15
ラ・リーガ
第33節
アラベス 1 - 0 ウエスカ
2021.04.09
28:00
ラ・リーガ
第30節
ウエスカ 3 - 1 エルチェ
2021.04.02
28:00
ラ・リーガ
第29節
レバンテ 0 - 2 ウエスカ
2021.03.20
26:30
ラ・リーガ
第28節
ウエスカ 0 - 0 オサスナ
基本データ

正式名称:SDウエスカ

原語表記:Sociedad Deportiva Huesca

創立:1960年

ホームタウン:ウエスカ

チームカラー:青と赤

関連ニュース
thumb

コレア&カラスコ弾で岡崎先発のウエスカを下したアトレティコが首位を堅守!《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは22日、ラ・リーガ第31節でウエスカと対戦し、2-0で勝利した。ウエスカのFW岡崎慎司は63分までプレーした。 前節のエイバル戦で3試合ぶりの勝利を飾った首位アトレティコ(勝ち点70)は、その試合と同じスタメンを選出。この試合での戦列復帰が噂されたスアレスはベンチ外となった。 2トップの一角で岡崎が9試合ぶりの先発出場となった17位ウエスカ(勝ち点27)に対し、アトレティコは開始早々にピンチを迎える。3分、ボックス左横で与えたFKからセルヒオ・ゴメスがクロスを入れると、ゴール前の混戦からシオバスにシュートを許したが、これはGKオブラクの好セーブで難を逃れた。 開始早々のピンチを凌いだアトレティコは10分、ロングパスで右サイドを突破したM・ジョレンテがボックス右から折り返しを供給すると、ボックス左に流れたボールをカラスコがダイレクトシュート。さらに相手GKの弾いたボールにサウールが詰めたが、このシュートもGKアルバロ・フェルナンデスのブロックに阻まれた。 その後はペースを掴み始めたアトレティコが押し込む展開が続くと、39分に試合が動く。自陣からのロングフィードでボックス右横まで駆け上がったトリッピアーのパスをボックス右手前で受けたM・ジョレンテが縦につけると、ボックス右で受けたコレアが素早いターンからカットインで相手DFをかわしシュート。相手DFにディフレクトしたボールはそのままゴール右隅に吸い込まれた。 後半に入っても主導権を握るアトレティコは49分、左サイドライン際まで駆け上がったロージ折り返しをボックス左で受けたコレアのラストパスからコケが決定機を迎えたが、シュートは飛び出した相手GKのファインセーブに阻まれた。 1点を追うウエスカは、63分に岡崎とラファ・ミル、モスケラを下げてサンドロ・ラミレス、フェレイロ、ガランを投入する3枚替えを敢行。すると65分、バイタルエリア中央右でフェレイロが倒されて獲得したFKからセルヒオ・ゴメスが直接ゴールを狙ったが、これはゴール右に逸れた。 膠着状態が続く中、アトレティコは72分にコケのパスで抜け出したM・ジョレンテがボックス右深くから侵入。マイナスの折り返しを走り込んだサウールが左足で合わせたが、このシュートは相手GKのセーブに防がれた。 追加点を狙うアトレティコは、76分にエレーラを下げてデンベレ投入。すると80分、自陣からのロングパスで抜け出したデンベレがボックス右横から折り返しを供給。これは相手DFにカットされたが、すぐにプレスをかけたM・ジョレンテがボックス付近で奪い返すと、ボックス右からの折り返しをカラスコがゴールに流し込んだ。 結局、試合巧者ぶりを発揮したアトレティコが2-0で勝利し、首位キープに成功している。 2021.04.23 04:01 Fri
twitterfacebook
thumb

岡崎欠場のウエスカが不調アラベスに痛恨の敗戦…アラベスは9戦ぶりの白星《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは18日、ラ・リーガ第33節でアラベスと対戦し0-1で敗戦した。岡崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 2連勝中の16位ウエスカ(勝ち点27)が、8試合勝利のない19位アラベス(勝ち点24)のホームに乗り込んだ一戦。岡崎は8試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりからやや押し込まれる展開となったウエスカは、25分にチャンス。左クロスのセカンドボールをボックス外で拾ったヴァヴロが素早くミドルシュート。これがゴール左下を捉えたが、シュートはGKパチェコのセーブに弾かれた。 その後も一進一退の展開が続いたが、アタッキングサードでの精度を欠いてチャンスを生み出すには至らず、前半をゴールレスで終了した。 迎えた後半、ウエスカは開始早々にセットプレーからゴールを脅かされる。47分、L・ペレスの左CKをホセルに頭で合わせられたが、これはクロスバーに救われた。 膠着状態が続く中、ウエスカは68分にサンドロ・ラミレスを下げてセルヒオ・ゴメスを投入。しかし、先に再びチャンスを迎えたのはホームチームだった。 アラベスは73分、右サイドを持ち上がったペリストリの折り返しをボックス手前で受けたジョタがミドルシュート。これをGKアンドレス・フェルナンデスが弾くと、ゴール前のL・ペレスが押し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ピンチを凌いだウエスカは、77分にセオアネ、モスケラ、フェレイロを下げてミケル・リコ、ドゥンビア、エスクリチェを投入する3枚替えを敢行した。 対するアラベスは、84分にグイデッティとデイベルソンという攻撃的なタレントを投入すると、直後にスコアが動く。85分、中盤からのFKをボックス右手前のラグアルディアが頭でゴール前に折り返すと、ペドロ・ロペスのクリアミスを走り込んだバッタリアがダイレクトシュート。これがゴール右に突き刺さった。 先制を許したウエスカは88分、パスで右サイドを抜け出したペドロ・ロペスの右クロスをエスクリチェが頭で合わせたが、これはクロスバーを直撃した。 結局、試合はそのまま0-1でタイムアップを迎え、ウエスカは4試合ぶりの敗戦を喫した。一方、アラベスは9試合ぶりに白星となった。 2021.04.19 01:16 Mon
twitterfacebook
thumb

岡崎相棒のラファ・ミルにラ・リーガ強豪3クラブが関心!

ウエスカに所属するスペイン人FWラファ・ミル(23)にラ・リーガの強豪3クラブが関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 バルセロナのマシアに在籍経験もある191cmの大型ストライカーのラファ・ミルは、バレンシアでトップチームデビュー。その後、2018年1月にウォルバーハンプトンに新天地を求めるも、トップチーム定着とはならず。 以降はラス・パルマス、ノッティンガム・フォレスト、2020年1月には当時セグンダAに所属していたウエスカに1年半のレンタル移籍で加入し、日本代表FW岡崎慎司とのコンビでプリメーラ昇格の立役者となった。 すると、今シーズンのラ・リーガではチームが厳しい残留争いに身を置く中で30試合12ゴールを挙げる見事な活躍を披露。屈強なフィジカルを生かしたボールキープ、空中戦の強さに加え、ウイングでもプレー可能なスピードを生かした個での打開と、地上戦でも空中戦でも戦える万能型のセンターフォワードとして評価を高めている。 その活躍を受け、古巣バルセロナとセビージャ、アトレティコ・マドリーの強豪3クラブが獲得に関心を寄せているという。 とりわけ、リヨンからレンタル中のフランス人FWムサ・デンベレの買い取りオプションの行使を見送る意向を持ち、ユベントスに貸し出しているスペイン代表FWアルバロ・モラタの復帰の可能性が低いアトレティコはより強い関心を示しているという。 なお、シメオネ好みのプロフィールを持つラファ・ミルに対して、保有元のウルブスは今夏に1500万ユーロ(約19億6000万円)前後での売却を考慮しており、十分に手が出させる金額と思われる。 一方、バルセロナに関してはジョアン・ラポルタ新会長と、ラファ・ミルの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏の良好な関係性が交渉をスムーズに運ばせる可能性があるという。 2021.04.15 00:32 Thu
twitterfacebook
thumb

岡崎欠場のウエスカが残留圏内を争う直接対決で完勝し今季初のリーグ戦連勝!《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは9日、ラ・リーガ第30節でエルチェと対戦し3-1で勝利した。岡崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節のレバンテ戦で5試合ぶりに白星を飾った18位ウエスカ(勝ち点24)が、17位エルチェ(勝ち点26)をホームに迎えた一戦。岡崎は7試合連続のベンチスタートとなった。 残留圏内を争う両者の一戦は、開始早々にスコアが動く。ウエスカは3分、ショートコーナを受けたフェレイロの右クロスをゴール前のラファ・ミルが頭で合わせると、これがゴール右に吸い込まれた。 しかし、リードしたのも束の間、ウエスカはその2分後に同点を許す。5分、細かなパスワークで右サイドを崩されると、ボックス右から侵入したバラガンのクロスがブロックに入ったヴァヴロの足に当たりゴールに吸い込まれた。 一進一退の展開が続いたが、ウエスカは23分に勝ち越しのチャンスを迎える。ドリブルでボックス左から侵入したサンドロ・ラミレスの折り返しをボックス中央に走り込んだペドロ・ロペスがモヒカに倒されると、主審はPKを宣告。しかし、VARの末に判定が覆り、PKは取り消された。 それでもウエスカは30分、敵陣バイタルエリア左でパスカットに成功したサンドロ・ラミレスがカットインからミドルシュート。GKバディアがこのシュートに触れるも弾ききれずにゴール左隅に吸い込まれた。 ウエスカのリードで迎えた後半は、立ち上がりから拮抗した展開が続く。その後も互いに決定機の作れないまま試合は終盤に突入。すると86分、ウエスカはスローインをボックス右深くで受けたミケル・リコのクロスがモヒカのハンドを誘いPKを獲得。 ラファ・ミルのPKは、GKバディアにコースを読まれたがボールは右脇下を抜けてゴールマウスに吸い込まれた。 結局、試合はそのまま3-1でウエスカが勝利。今季リーグ戦初の連勝となったウエスカは、暫定ながら16位まで順位を上げた。 2021.04.10 06:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ラファ・ミルのドブレーテで岡崎不出場のウエスカがレバンテに快勝、暫定で最下位脱出《ラ・リーガ》

ウエスカは2日、ラ・リーガ第29節でレバンテとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。ウエスカのFW岡崎慎司はベンチ入りも出場機会はなかった。 代表ウィーク前に行われた前節オサスナ戦をゴールレスドローで終え、4試合勝利のない最下位ウエスカ(勝ち点21)は、岡崎が6試合連続ベンチスタートとなった。 10位レバンテ(勝ち点35)に対し、[3-5-2]で臨んだウエスカはラファ・ミルとサンドロ・ラミレスの2トップでスタート。そのウエスカは5分にモラレスにGK強襲のシュートを打たれたが、一進一退の攻防に持ち込むと、15分に先制する。 右サイドのフェレイロが左足で上げたインスウィングクロスをファーサイドのラファ・ミルが左足ダイレクトで押し込んだ。 先制後は自陣に引いたウエスカがリードを保ったままハーフタイムに入った。 迎えた後半、カウンターで牽制していたウエスカは54分に追加点。セオアネのスルーパスに反応したラファ・ミルがボックス手前右から意表を突いたループシュートでネットを揺らした。 2点をリードしたウエスカはレバンテの反撃を許さずに時間を進めていく。終盤にかけても危なげない試合運びを見せたウエスカがそのまま2-0で快勝。 5試合ぶりの白星を収めたウエスカが暫定ながら最下位を脱出し、18位に浮上している。 2021.04.03 05:53 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング