ポーランド

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 ポーランド 22 7 1 1 24 12 12 9
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.11.18
28:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ1
第6節
ポーランド 1 - 2 オランダ
2020.11.15
28:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ1
第5節
イタリア 2 - 0 ポーランド
2020.10.14
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ1
第4節
ポーランド 3 - 0 ボスニア・ヘルツェゴビナ
2020.10.11
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ1
第3節
ポーランド 0 - 0 イタリア
2020.09.07
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ1
第2節
ボスニア・ヘルツェゴビナ 1 - 2 ポーランド
基本データ

正式名称:ポーランド代表

ホームタウン:ワルシャワ

チームカラー:白、赤

関連ニュース
thumb

パウロ・ソウザ氏がポーランド代表監督に就任!

ポーランドサッカー協会(PZPN)は21日、新しい代表監督にポルトガル指揮官パウロ・ソウザ氏(50)を任命したことを発表した。 PZPNは今夏に行われるユーロ2020を前に、イェジー・ブジェンチェク監督(49)を解任。2018年7月から続いた政権に終止符を打った。 後任として白羽の矢が立ったのは、現役時代にポルトガル代表としても活躍したパウロ・ソウザ氏。引退後は、QPRやスウォンジー、レスター・シティ、マッカビ・テル・アビブ、バーゼル、フィオレンティーナ、天津天海などの監督を歴任。 直近では、2019年3月に成績不振に陥っていたボルドーの指揮官に就任。何とかチームを残留に導くと、2019-20シーズンは28試合で9勝10分け9敗の12位でシーズンを終了。2022年まで契約を残していたが、2019-20シーズン終了後に辞任していた。 パウロ・ソウザ新監督は今回の発表に際し、「ポーランド代表監督になれたことはとても光栄だし誇りに思っているよ。この機会を与えてくれたズビグニェフ・ボニエク会長や理事会には感謝している。ポーランドはサッカーの国であり、皆さんの熱意が力を与えれくれると確信している。我々は一緒にユーロの勝利を目指して戦うことが出来るだろう」とコメントしている。 2021.01.22 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

終盤のデパイ&ワイナルドゥム弾のオランダがポーランドに逆転勝利で2位フィニッシュ《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1最終節、ポーランド代表vsオランダ代表が18日に行われ、1-2でオランダが逆転勝利した。 首位イタリア代表を2ポイント差で追う3位ポーランドと、1ポイント差で追う2位オランダの一戦。 レヴァンドフスキやジエリンスキ、GKファビアンスキらが先発となったポーランドと、F・デ・ヨングやデパイ、ワイナルドゥムらが先発となったオランダの試合は、開始6分にポーランドが先制する。 左サイドを持ち上がったジョジアクがドリブルでボックス左まで侵入。ブリントをかわしてシュートをねじ込んだ。 まずい立ち上がりとなったオランダがボールを持つ中、11分にはワイナルドゥムがディフェンスライン裏を取ってシュートに持ち込むも、威力を欠いてGKファビアンスキにセーブされる。 さらに14分、マレンが際どいヘディングシュートを浴びせたオランダが押し込む展開が続く中、前半終盤の40分に決定機。マレンのスルーパスでボックス左に侵入したF・デ・ヨングがシュートに持ち込んだが、GKファビアンスキにセーブされた。 後半からレヴァンドフスキに代えてピョンテクを投入したポーランドは開始2分に決定機。だが、カウンターからボックス右のプラチェタがフリーで放ったシュートは枠の右に外してしまった。 助かったオランダが前半同様にポゼッションを高めていく中、64分にはデパイがカットインシュートで枠の右を捉えるも、GKファビアンスキの好守に阻まれた。 ゴールが遠いオランダは70分に3枚替えを敢行。ファン・デ・ベークやベルフハイスを投入した。すると76分、デパイがボックス内でベドナレクに倒されたとしてPKを獲得。このPKをデパイ自ら決めてオランダが同点とした。 追いついたオランダが攻勢を強める中、84分に逆転する。ベルフハイスの右CKからワイナルドゥムがヘディングで押し込んだ。 これが決勝点となってオランダが逆転勝利。ただ、イタリアもボスニア・Hに勝利したため、オランダは2位でのフィニッシュとなった。 2020.11.19 06:42 Thu
twitterfacebook
thumb

レヴィ封殺のイタリアがポーランドに快勝で首位浮上!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1第5節、イタリア代表vsポーランド代表が15日に行われ、2-0でイタリアが快勝した。 1ポイント差の2位イタリア(勝ち点6)と首位ポーランド(勝ち点7)による上位対決。直前に行われた試合でオランダ代表がボスニア・ヘルツェゴビナ代表に勝利して暫定首位に立っているグループ1。 インモービレやローマ勢をコロナで、ボヌッチやヴェッラッティを負傷で欠くイタリアは[4-3-3]で臨み、3トップに右からベルナルデスキ、ベロッティ、インシーニェと並べ、中盤アンカーにジョルジーニョ、インサイドにロカテッリとバレッラを据えた。 レヴァンドフスキやGKシュチェスニーが先発となったポーランドに対し、立ち上がりから攻勢に出たイタリアは7分、ベルナルデスキがカットインシュートでGKシュチェスニーを強襲。 そして20分には先制しかける。ボックス右深くまで侵入したバレッラの折り返しをインシーニェがダイレクトでゴールに蹴り込んだが、ゴール前に居たベロッティがオフサイドと判定され、ノーゴールに。 それでも26分、CKの流れからボックス内のベロッティがクリホヴィアクに倒されてPKを獲得。このPKをジョルジーニョが決めてイタリアが先制した。 その後もイタリアが一方的にボールを持った中、1点をリードしたまま前半を終えた。迎えた後半、ジエリンスキやグロシツキら3選手を投入したポーランドに対し、やはりイタリアが流れを引き寄せていく。 53分にはインシーニェがカットインからのコントロールシュートでゴールに迫った中、64分には好プレーを見せていたベルナルデスキに代えてベラルディを投入する。 すると76分、ゴラルスキがベロッティへのハードタックルで2枚目のイエローカードを受け、ポーランドは数的不利に。そして83分、インシーニェのパスをボックス右で受けたベラルディがDFをかわしてカットインシュートを決めきって勝負あり。 首位に浮上したイタリアは3日後、リーグB降格が決まっているボスニア・Hと、ポーランドはオランダと最終戦で対戦する。 2020.11.16 06:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリで構想外のポーランド代表FWミリク、サッカー協会会長がユーロを懸念「このままだと難しい」

ポーランドサッカー協会のズビグニェフ・ボニエク会長が、ナポリのFWアルカディウシュ・ミリク(26)についてコメントした。 ミリクは、レバークーゼンやアウグスブルク、アヤックスでプレーしたのち、2016年8月からナポリでプレー。これまで公式戦122試合に出場し48ゴール5アシストを記録していた。 しかし、今夏はローマやトッテナム、フィオレンティーナなどから関心が寄せられ、ユベントスへの移籍が近づいていたものの、結局ユベントスはアトレティコ・マドリーからスペイン代表FWアルバロ・モラタを獲得。ミリクの移籍は叶わず、チームからも構想外になることが伝えられていた。 ボニエク会長は、イタリアの『Radio anch'io』でミリクについてコメント。このままナポリで不遇の時間を過ごすと、来年行われるユーロ2020の出場に影響があるだろうと懸念。プレーすべきだと語った。 「ミリクはコンディションは良いし、元気いっぱいだ」 「彼はプレーしたい。ナポリで賢い解決策を見つけられることを願っている」 「議論は誰の人生にとっても役立たないし、私が言えることはこれだかで。彼は少なくとも1月からはプレーをしなければいけない」 「そうしなければ、ユーロに行くのが難しくなる。アレックは覚えておくべきだろう。ナポリはケガの間、彼のそばにいたこと。いつものように、これはお金の問題だ」 2020.10.12 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

グロシツキの1G1Aでポーランドがボスニア・Hに逆転勝利で初白星《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1の第2節、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表vsポーランド代表が7日に行われ、1-2でポーランドが逆転勝利した。 3日前に行われた初戦のイタリア代表戦を1-1で引き分けたボスニア・Hは、イタリア戦のスタメンから7選手を変更。ジェコやコラシナツがベンチスタートとなった。 一方、レヴァンドフスキが招集外のポーランドはオランダ代表戦を0-1と敗れた中、オランダ戦のスタメンから7選手を変更。ピョンテクやGKシュチェスニーがベンチスタートとなり、ミリクやジエリンスキらが先発となった。 立ち上がりからボールを保持したのはポーランド。しかし22分、ベドナレクがボックス内でコルイッチを倒したとしてPKを献上する。 これをハイラディノビッチに決められて先制を許したが、36分に右CKからグリクが際どいヘディングシュートを浴びせると、45分に追いつく。再びグロシツキの右CKからグリクのヘディングシュートが今度はネットを揺らした。 後半もボールを持ったポーランドだったが、ボスニア・Hは59分に決定機。しかし、左クロスにヴィスチャがボレーで合わせたシュートは枠を外れた。 60分にジェコを投入したボスニア・Hに対し、ポーランドが67分に逆転する。リブスの左クロスからグロシツキのヘディングシュートが決まった。 逆転されたボスニア・Hは72分、ボックス左でフリーとなったコルイッチがボレーシュートを狙うも、ここも枠を捉えきれない。そして78分のジェコの枠内シュートはGKファビアンスキのセーブに阻まれ、1-2で敗戦。 ポーランドが逆転勝利し、今大会初勝利を飾っている。 2020.09.08 05:55 Tue
twitterfacebook

順位表

得点ランキング