全北現代

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 全北現代 13 4 1 1 7 3 4 6
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-05-20
19:00
ACL2020グループH
第2節
全北現代 vs 上海上港

ACL2020グループH
第4節
全北現代 vs シドニーFC

ACL2020グループH
第5節
横浜F・マリノス vs 全北現代

ACL2020グループH
第6節
上海上港 vs 全北現代
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.03.04
17:30
ACL2020グループH
第3節
シドニーFC 2 - 2 全北現代
2020.02.12
19:00
ACL2020グループH
第1節
全北現代 1 - 2 横浜F・マリノス
基本データ

正式名称:全北現代モータース

原語表記:Jeonbuk Hyundai Motors Football Club

ホームタウン:全州

チームカラー:緑

関連ニュース
thumb

全北現代がコリンチャンスから長身FWグスタボを獲得! 今冬に横浜FMも関心

全北現代は22日、コリンチャンスからブラジル人FWグスタボ(26)を獲得したことを発表した。移籍形態や契約期間は明かされていない。 全北現代への移籍が決まったグスタボは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「全北のユニフォームを着るまでに長い時間を待っていた。一日でも早く新たなチームメイトとピッチでプレーしたいね。全北のリーグ4連覇、そしてアジア制覇に貢献できるよう全力を尽くすよ」 クリシューマやバイーア、ゴイアス、フォルタレーザなど多くの国内クラブに加え、ポルトガルのナシオナルでもプレー経験があるグスタボは、189cmの長身FW。2018年11月にコリンチャンスに復帰すると、昨シーズンはブラジル・セリエAで25試合に出場し5ゴール2アシスト、コパ・リベルタドーレスで9試合出場2ゴールをマーク。インテルナシオナウへレンタル加入していた今シーズンは、これまでコパ・リベルタドーレス2試合に出場していた。 Kリーグ3連覇中の全北現代は、今季第12節まで終了しているKリーグで蔚山現代に次ぐ2位に位置。また、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では、今冬にグスタボへの関心が報じられた横浜FMとグループステージで同居している。 2020.07.23 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国のレジェンドFWイ・ドングクがKリーグで22年連続ゴール! 開幕戦で劇的一発

全北現代モータースに所属する元韓国代表FWイ・ドングク(41)が、Kリーグで出場22シーズン連続ゴールを達成した。イギリス『@Squawka』が伝えている。 2月29日に開幕予定だったKリーグ1だが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、無期限延期を決断。その後、5月8日の開幕が発表されていた。 そして、韓国サッカー界にとって待ちわびた新シーズン開幕で魅せたのは、歴代最多得点記録を持つ41歳のレジェンドだった。 水原三星ブルーウィングスとの一戦で、後半に日本人FW邦本宜裕と共に攻撃の活性化を期待されて投入された百戦錬磨のストライカーは、84分に左CKからMFソン・ジュンホのクロスをニアサイドでヘディングで合わせて待望の先制点を奪取。そのままチームは逃げ切り、1-0で開幕戦を制することになった。 まさにレジェンドという値千金の活躍で開幕戦勝利の立役者となったイ・ドングクだが、今回のゴールによって出場22シーズン連続ゴールという偉大な記録を更新することに。 イ・ドングクは1998年に浦項スティーラースでデビューして以降、ブレーメン、ミドルズブラでプレーした期間を除き、Kリーグで22シーズンを過ごしている。 そして、前述の浦項スティーラース、光州尚武(現尚州尚武)、城南一和天馬(現城南FC)、全北現代で毎年のようにゴールを量産してきた。なお、歴代最多得点記録を保持しているものの、得点王は全北現代時代の2009シーズンに1度獲得したのみだ。 ちなみにJリーグでの連続シーズン得点記録はガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁(40)の22シーズン(J2リーグ含む)となっており、今後Jリーグが再開した場合、記録更新が期待されるところだ。 2020.05.09 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

韓国のKリーグ1が無観客で開幕!王者・全北現代が土壇場で勝ち点3を獲得《Kリーグ1》

8日、韓国のKリーグ1が開幕。全北現代モータースvs水原三星ブルーウィングスの試合が行われた。 2月29日に開幕予定だったKリーグ1だが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、無期限延期を決断。4月25日に韓国プロサッカー連盟が5月8日に開幕することを発表していた。 アジアでは台湾ではプロ野球とプロサッカーが行われているものの、日本や中国などはいまだ再開の目処がたっていない。その中で、Kリーグ1が無事に再開した。 昨シーズンのリーグ戦王者である全北現代と韓国FAカップ王者の水原三星の試合。全北現代の日本人FW邦本宜裕はベンチスタートとなった。 試合は互いに硬い入りとなり、ゴールレスのまま推移。後半に入り全北現代は韓国代表FWイ・ドングクと邦本を投入し攻撃の活性化を図る。 水原三星は75分にMFテリー・アントニスが一発退場。数的不利となるも粘りを見せ試合は終盤へ。すると84分、左CKを得た全北現代はMFソン・ジュンホのクロスをイ・ドングクがニアサイドでヘディングで合わせて待望の先制点を奪取。そのまま逃げ切り、1-0で開幕戦を制した。 全北現代 1-0 水原三星 【全北現代】 イ・ドングク(84) 2020.05.08 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京MFナ・サンホ、母国王者の全北現代へ?

FC東京に所属する韓国代表MFナ・サンホ(23)が全北現代モータースに移籍するようだ。韓国『donga』が報じた。 2017年に光州FCでプロキャリアをスタートさせたナ・サンホは、プロ2年目の2018年に韓国2部31試合16ゴールの成績を収め、リーグMVPや得点王、ベストイレブンなど全個人賞を獲得。昨シーズンからFC東京に加わり、明治安田生命J1リーグ25試合2ゴール、YBCルヴァンカップ7試合1ゴールを記録し、天皇杯1試合にも出場した。 今回伝えられるところによれば、ブラジル人FWリカルド・ロペスに中国スーパーリーグの上海上港移籍の可能性があるという全北現代は、その後釜として、複数の攻撃的なポジションをこなせるナ・サンホに注目。Kリーグの複数関係者は、「ナ・サンホは1年間のレンタルでFC東京から全北に加入する」と明かしたという。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフからスタートする2020シーズンに向け、MFアダイウトンやMFレアンドロといったアタッカーを獲得したFC東京。韓国代表の常連になりつつあるナ・サンホがKリーグ3連覇中の全北現代へ移籍するとなれば痛手となるが、去就はいかに。 2020.01.25 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

チアゴ・アウベスが鳥栖に完全移籍! 昨夏からレンタル加入

サガン鳥栖は17日、FWチアゴ・アウベス(27)が全北現代モータース(韓国)より完全移籍で加入すると発表した。 2011年にサントスでプロ生活をスタートさせたチアゴ・アウベスはブラジル国内の複数クラブやサウジアラビア、韓国を渡り歩いた後、2017年3月に期限付き移籍でアル・ヒラルから清水エスパルスに加入。2018年から全北現代に移ると、昨夏からレンタルで鳥栖に加わり、明治安田生命J1リーグ4試合、天皇杯1試合に出場した。今年から鳥栖に完全移籍で加入することが決まったチアゴ・アウベスは、クラブ公式サイトを通じてコメントしている。 「サガン鳥栖サポーターの皆さん、おはようございます! チアゴ アウベスです。今シーズンも、このクラブでプレーできることを本当に嬉しく思っています。今年は、間違いなく、神様の御加護の下、私たちの目標を達成できると信じています。熱い応援、宜しくお願いします」 2020.01.17 10:28 Fri
twitterfacebook

順位表




得点ランキング