ロアッソ熊本

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
21 ロアッソ熊本 34 9 7 26 50 79 -29 42
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-07-27
19:00
明治安田生命J3リーグ
第18節
ガイナーレ鳥取 vs ロアッソ熊本
2019-08-04
19:00
明治安田生命J3リーグ
第19節
ロアッソ熊本 vs ブラウブリッツ秋田
2019-08-10
19:00
明治安田生命J3リーグ
第20節
ロアッソ熊本 vs Y.S.C.C.横浜
2019-08-31
19:00
明治安田生命J3リーグ
第21節
セレッソ大阪U-23 vs ロアッソ熊本
2019-09-07
19:00
明治安田生命J3リーグ
第22節
ロアッソ熊本 vs ガンバ大阪U-23
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.07.21
15:00
明治安田生命J3リーグ
第17節
福島ユナイテッド 1 - 0 ロアッソ熊本
2019.07.14
19:00
明治安田生命J3リーグ
第16節
ロアッソ熊本 2 - 1 カターレ富山
2019.07.07
17:00
明治安田生命J3リーグ
第15節
Y.S.C.C.横浜 2 - 2 ロアッソ熊本
2019.06.30
18:00
明治安田生命J3リーグ
第14節
ロアッソ熊本 2 - 1 ザスパクサツ群馬
2019.06.23
15:00
明治安田生命J3リーグ
第13節
ブラウブリッツ秋田 1 - 2 ロアッソ熊本
基本データ

正式名称:ロアッソ熊本

原語表記:Roasso Kumamoto

ホームタウン:熊本市

チームカラー:赤

関連ニュース
thumb

熊本、国士舘大FW高橋利樹の来季加入内定を発表

ロアッソ熊本は17日、国士舘大学に在籍するFW高橋利樹(21)の来シーズン加入内定を発表した。 髙橋は埼玉栄高校から国士舘大学に進学。身長182㎝、体重76㎏のフォワードだ。 熊本への加入が内定した髙橋は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2020シーズンからロアッソ熊本に加入することが決まりました国士舘大学の高橋利樹です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手を、ロアッソ熊本という素晴らしいクラブでスタートできることをとても嬉しく思います」 「私のサッカー人生に携わってくださった指導者の方々、友人、そしてここまで育ててくれた両親、家族には感謝の気持ちでいっぱいです」 「ピッチで活躍するという姿で恩返しできるよう、これからも頑張りたいと思います。ロアッソ熊本の勝利に貢献できるよう頑張ります! 応援よろしくお願いします!」 2019.07.17 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

熊本に痛手…MF岡本知剛が右ヒザ外側半月板損傷

ロアッソ熊本は15日、MF岡本知剛が右ヒザ外側半月板損傷と診断されたことを発表した。なお、近日中に手術を行う予定となっており、加療期間は後日発表するとのこと。 クラブの発表によれば岡本は13日のトレーニング中に受傷した。 岡本は2019年に松本山雅FCから熊本に完全移籍。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグで12試合に出場し1ゴールを記録している。 2019.07.15 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

熊本が首位返り咲き! G大阪23の塚元が初のハットトリック達成《J3》

明治安田生命J3リーグ第13節の7試合が23日に各地で行われた。 ブラウブリッツ秋田vsロアッソ熊本は2-1で熊本が勝利した。 前節の敗戦で2位に転落した熊本はこの日も先制点を奪われてしまう。14分、秋田の左CKの場面。田中が左足で上げたクロスをファーサイドで山田がボレーで合わせネットを揺らした。 だが、これで熊本も目が覚めたのかその5分後の19分、自陣からの華麗なカウンターで左サイドの高瀬が一気にゴール前へ。ボックス左から自ら流し込んで試合を振り出しに戻した。 さらに熊本はその3分後、敵陣中央で相手のパスを北村が奪うと、ドリブルでボックス左に運んでシュート。これが相手に当たって高く上がりゴールに吸い込まれた。 その後は互いに追加点のチャンスもあり、秋田は相手を上回る9本のシュートを放ったが試合は2-1のまま終了。熊本が2試合ぶりの勝利で首位に返り咲いた。一方の秋田は順位を一つ下げ17位となった。 ガンバ大阪U-23vsガイナーレ鳥取ではG大阪23の塚本がハットトリックを達成。 まずは8分、右サイドの細かいパスワークから芝本のスルーパスを受けた川崎が最終ラインを突破。GKを躱して最後はプレゼントパスを受けた塚元がDFが一人で守っていたゴールに冷静に流し込み1点目を挙げた。 追加点は59分、今度は左サイドを突破し高木がボックス左へ。その折り返しをゴール前で塚元がらくらく押し込んで2点目。 87分にG大阪23は1点を返されるものの、90分にディフェンスラインからのロングボールが相手のクリアミスもあり塚元に渡ると、GKと一対一の場面でにくすぎる裏街道。最後は技あり弾で3点目を決めてハットトリックを達成。 塚元にとってもチームにとっても初のハットトリックで快勝を収めたG大阪23は8位に浮上した。鳥取は14位に後退した。 ◆明治安田生命J3リーグ第13節 ▽6/23 ブラウブリッツ秋田 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC東京U-23 1</span>-0 アスルクラロ沼津 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガンバ大阪U-23 3</span>-1 ガイナーレ鳥取 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">Y.S.C.C.横浜 3</span>-0 AC長野パルセイロ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">セレッソ大阪U-23 3</span>-0 SC相模原 カターレ富山 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ヴァンラーレ八戸</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ザスパクサツ群馬 3</span>-1 カマタマーレ讃岐 ▽6/22 ギラヴァンツ北九州 0-0 藤枝MYFC ▽8/18※雷雨中止の延期分 《15:00》 いわてグルージャ盛岡 vs 福島ユナイテッドFC 2019.06.23 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

熊本、原一樹&坂本広大ら4選手が負傷

ロアッソ熊本は17日、4人の負傷選手を発表した。 今回発表された負傷選手は、FW原一樹(写真は左上)、GK内山圭(写真は右下)、MF坂本広大(写真は右上)、DF衛藤幹弥(写真は左下)。原は6月2日に行われた明治安田生命J3リーグ第10節のギラヴァンツ北九州戦で負傷し、右足関節三角じん帯損傷と診断された。加療期間は受傷日より約8週間だ。 内山は北九州戦のハーフタイム練習時に負傷。右第5指基節骨骨折と診断された。加療期間は受傷日より約3カ月。坂本は6日のトレーニング中に負傷し、右大腿二頭筋肉離れと診断された。加療期間は受傷日より約6週間。衛藤は5月24日のトレーニング中に負傷。右内腹斜筋肉離れと診断された。加療期間は受傷日より約6週間だ。 2019.06.17 11:55 Mon
twitterfacebook
thumb

J1は浦和戦で劇的逆転ゴールの湘南DF山根視来! J2は京都FW小屋松、J3は熊本MF黒木が受賞《月間ベストゴール》

Jリーグは10日、5月度の「月間ベストゴール」として、J1では湘南ベルマーレのDF山根視来、J2では京都サンガF.C.のFW小屋松知哉、J3リーグではロアッソ熊本のMF黒木晃平のゴールを選出した。 同賞は各月のリーグ戦を対象に、最も優れたゴールを表彰する賞。各月のリーグ戦全ゴールから選考委員が選出する。なお、J1の「月間ベストゴール」は、12月に開催予定の2019Jリーグアウォーズで表彰される「年間最優秀ゴール賞」にノミネートされる。 山根のゴールは、5月17日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節、浦和レッズ戦で決めた94分のゴール。明らかなゴールが取り消されるなど前半に2点のビハインドを背負った湘南は、このゴールで劇的な逆転勝利を収めた。山根のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆DF山根視来(湘南ベルマーレ) 「この度は5月度のベストゴールに選んでいただき、ありがとうございます」 「あのシチュエーションで決められたこと、みんなで作り出した雰囲気の中、サポーターも含めて全員が一丸となって戦い逆転できたことは本当に嬉しかったです。実はシュートコースは全くなかったんですけど、もうゴールしか見ていなかったし、絶対に最後まで自分で行き切るという気持ちでした」 「湘南がチームとして、普段の練習から積み重ねてきたことが発揮できた試合だったと思います。皆さんに感謝しています。ありがとうございます」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ――総評 アディショナルタイムに生まれた迫力の決勝ゴール ――柱谷幸一委員 「劇的な決勝ゴールは歴史に残るゴールとして語り継がれる」 ――北條聡委員 「感動的決勝弾。独りで運び、ねじ込むド迫力。誤審に揺れた試合を大団円に」 小屋松のゴールは、5月25日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節、レノファ山口FCで決めた85分のゴール。小屋松のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆小屋松知哉(京都サンガF.C.) 「5月のJ2月間ベストゴール賞をいただくことができ、とても嬉しく思います」 「チームとして調子をあげている中で、自分としてもしっかりと結果を残していきたいと思っていました。賞をいただけたことはチーム全体の力を結集した結果だと思いますので、これからもひとりひとりがチームの為にプレーして、みんなで笑顔になれるような結果が残せるように、これからも戦っていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ――総評 冷静なプレーで敵陣に切り込んだ独走ドリブルシュート ――原博実委員 「自陣のペナルティエリア前からスピードに乗ったドリブルで相手DFを抜き去り、GKとの1対1も冷静に浮かせてゴールを決めた」 ――福西崇史委員 「長いドリブルからループシュートと落ち着いていた」 ――柱谷幸一委員 「50メートルの独走ドリブルからの落ち着いたシュートは素晴らしかった」 ――寺嶋朋也委員 「自陣から一人でゴールまで持っていった。相手DFに迫られても態勢を崩さず、落ち着いてゴールに流し込んだところに、いい意味での余裕を感じた」 黒木のゴールは、5月19日に行われた明治安田生命J3リーグ第9節、ガイナーレ鳥取戦で決めた57分ゴール。黒木のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆黒木晃平(ロアッソ熊本) 「この度は5月度の月間ベストゴール賞に選んでいただき、ありがとうございます。とても嬉しく思います!」 「選手、スタッフ、サポーター、そしてロアッソ熊本に関わってくださる皆さんの気持ちが乗って掴み取ったゴールだったと思います!」 「また今後もチームの勝利に少しでも貢献できるよう精進していきたいと思います」 ――総評 美麗弾道ロングシュートによる勝ちにつながる同点弾 ――柱谷幸一委員 「同点に追いつく貴重な超ロングシュートでのゴール。ダイレクトで振り抜いたシュートは弾丸ライナーでゴールに突き刺さった!」 ――寺嶋朋也委員 「1点ビハインドの状況で、ミドルシュートを選択した冷静な判断と思い切りの良さ、そしてなにより弾道の美しさが印象的だった」 2019.06.13 20:19 Thu
twitterfacebook




順位表

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

得点ランキング